FC2ブログ

「オバサン」と呼ばれて


↓久々にこんな写真を撮った。
 (もうこういう事するのが気恥ずかしいお年頃…)


2019_0109a.jpg



ちょうど1年前の今頃、私は毎日のように
「そろそろ、大きく変わる必要がある」
という漠然とした焦りを感じ始めていた。

もうすぐ40歳になってしまう!という年齢的な
ものも当然大きかったと思うし、今考えると
まさに人生折り返し地点にさしかかった私の
過去最大ターニングポイントだったんだと思う。

あれから、新しい職種を目指して無事に転職し、
子供の頃からずっと好きだった文章に携わる
仕事につくことができたのは、本当に幸運だった。


昔からの日記を読み返すと、手書きの日記でも
サイトを立ち上げて書いていた頃の日記でも、
もちろんこのブログでも、
あちこちで文章を書く喜びについて叫んでいる。
私にとって、何よりの息抜きで癒しになるのが
日記を書いたり文字を打ったりすることだった。


紆余曲折ありつつも、自分で自分に納得できる
おめでたい人生を歩んできたこの40年。

この転職でとりあえず一区切りついたものの…!

ここからはまた違った方面の戸惑いや躓きが
待ち構えているわけなんだな~~…



中でも一番衝撃が大きいのは、やはり老化問題!!


今までは、何だかんだと若い頃の延長線上を
だましだまし進んでこられていた肉体が、
40を超えてからは、自分の知ってる自分とは
大きくかけ離れた様相になり始めている~…



数か月前までは、たまに鏡を見て「うわっ!
今日老けてる!!」と感じても、数日後には
復活していたのに、今では毎日が「うわ!!
今日老けてる!!!」のままになっちゃった。


鏡を見るたび、「うわ…今日も老けてる……」
「うっ、また老けた…」 「うげ!誰この中年女」
と衝撃の繰り返しになり、最近はだんだんと
鏡を見てガッカリするのが日常になってきた。

そのうちこの見慣れないオバサンに驚くことも
なくなって、わざわざ毎度ガッカリすることも
なくなっていくのかなと最近は思えてきた所。。。
(それも哀しいんだけどさ;;;)



よく思うのが、いっそのこと一気に、今流行りの
グレイヘアが素敵な壮年マダムになりたい……

でも、まだあと15年20年は許されないよなーー

今65歳の母ですら、まだまだ黒髪の方が多くて
今後の方向性を思案している段階なワケで;;
(メンタルはさすがにしっかり壮年マダムだが)



2019_0109c.jpg

↑いつまでも若い、うちのばぁば。(2018夏の水族館にて)
 私は髪型が30代のまま、後ろ姿と正面とのギャップが
 怖いことになってきて、ソワソワと落ち着かなかった頃…




そんなこんなで、40歳の中年期ド真ん中に入った
2018年は、今までになく服選びや髪型や、
言動そのものにも迷いと違和感を覚えまくった。

たまにちょっとビビッドな色の服を着ると
「この歳でこんなの着ちゃって」と気がひけ、
会話中に盛り上がるとつい大声になったり
下品なギャグをかましてしまったりするたび
帰宅後「やってもうた」と反省したり……



それまでは全然大丈夫だった行為が、今やると
なぜか非常に残念な感じになってしまう恐さ!

自分のために書きなぐってきたこのブログすら
「40歳でこんなノリでええんやろうか」なんて
思ったりして;;(でもここだけはお許しを~~)



夏頃なんかは特に、「どうやったら、うまいこと
いい塩梅のオバサンになっていけるんだろう」
と、そればかり考えていた気がする。なのに、
まだ可愛いものや可愛い世代にも目が行き、
「もう暫くは、まだあっち側に残る努力を
するべきなのでは?」と迷ったりもしてね;;;



そんなある日だ。
私に決定的瞬間が訪れたのは。


職場で席替えがあり、PCモニターをせっせと
運んでいた時、同チームの21歳の女子が

「あ!モニターおばさん!」

と私を指さして言い放ってくれちゃったのだ。


彼女は人懐こい子で、間違いなく悪気のない
軽口だったわけだが、実際まじで中年であり
ちょうどオバサンがMYテーマである私には、
正真正銘の『オバサン認定』としか思えず…!

なにせこれが生まれて初めての
オバサン呼ばわりwだったもんだから
自分でも驚くほどの衝撃を受けたのだった!


今だったら、「オバサンじゃないぞ、
エロいオジサンだ」と言いながらその子の
ケツをなでるくらいの返しが可能なのだが
あの時はできなかったなぁぁああ~~~~

(とっさに聞こえなかったという設定にして
「このモニターってどこに運ぶのかなあ」
と通常会話にもってった^^;; 青い~)



しかし、あれは非常に重要な出来事だった!!
いい意味で吹っ切れる大きなキッカケになり、
そこから私は迷いなくミセスでマダムな女を
目指すことを徹底することができたのだった。


そして、「オバサン」と呼ばれた翌月。

さらなるステップが私を待っていた。。。


ある日、チームで重要なミーティングがあり
私はこの職場では初のプレゼンをしていた。
かなり気合の入った内容を求められていて
私はそれに応えたくて前日自宅でほぼ徹夜まで
して企画書を仕上げ、プレゼンに臨んでいた。

私も上司も、20代のチームメイト達もほどよく
熱が入っており… 熱気で汗ばんできた例の
21歳の女子が、「暑いっ!私、更年期かな?
Nさんはどうですかっ、更年期の方はっ?」と
どえらい質問を私に振ってくれたのだ@@


一瞬、ずらりと並ぶチームメイト達と上司・30代男性
の顔が凍り付いたような気が…。
(凍り付くよねフツー)

いやその前に私が普通に超おったまげてしまい、

「えっ???更年期?わたしっっ!?!?」

と、声が甲高くひっくり返ってしまった。

ええっと、、、どうする?;;
今度は聞こえなかったフリもできない……
(みんな聞いてたし!)



とりあえず、間が空くとマズイ気がしたので回答した。

私「まだです…♡」

21「まだですかっ♡」

私「んーでも回りのママ達は命の母~命の母~て
  言い始めてますネ♡」(みんなまだネタだが;)

21「それ知ってます!ピンクの瓶のですよねっ?」

私「(そ、そうなん?)…そうそう♡」←変な知ったか

上司(「…CMやってるよね~」←たぶん助け舟

私「今はまだですが、そろそろ予感がしてるので
 急に様子がおかしくなったら察してください…」


寂れた声色で図らずもチームの爆笑をゲットでき、
ミーティングの空気は無事アゲアゲ?のまま
いい感じでプレゼンを終えることができた。


ふい~~~~っ^^; 焦った~~~~~;;;


これ、もっと上手な人だったら
どう切り返すんだろう、知りたいよっっ@@
(てかこんなネタ振りフツーされないか;)



ちなみに、これだけ書くとこの21女子ちゃんが
ただのおバカさんみたいに思われるかもだが
最近、この若さで新リーダーに抜擢された
優秀な子なのだ!頭の回転とリーダーシップ
力が半端なく、上司をも言いくるめることが
できる唯一の存在で、私も超頼りにしている。

(あれから一気に砕けて喋れる仲になったしw)


そういや昨日も、『ネタが当たるか当たらないか
書いちゃう前にカンで分かるようになりたいね』
という話をその子としていて、「30年後くらいには
なれるかね~」「30年後じゃ私おばあちゃんです」
「私は死んでる」「wwww」というやりとりをした。笑

↑実際は51歳と71歳なので、まだ私だけ婆さんだな




後日、この更年期事件を笑い話として同い年の
ママ友に聞いてもらったところ、私を思ってか
ウケるどころか若干キレていた。(笑ってくれ~

というか、21女子ちゃんの今後の言動をママ友は
不安視していた。 ←それは私も非常に心配だ!

ウケ流しつつ、「メッ!そゆこと言わないのっ」
ってレッドカードも示してあげた方が
たぶんあの子の今後のためになったんだろな^^;;
もし本当に更年期で苦しんでいる真っ最中の女性に
あのネタを繰り出しちゃったらキケン極まりない;;



でもあん時ゃまだ私は一皮むけてなかったのっ
次回の課題だね~~(次回、ないといいけどw)



でもって…、
オバサン認定と初プレゼンの相乗効果なのか
あのミーティング以降、職場がひっじょーに
居心地良くなってきた。
もとから良かったのに
ますます良くなったので、最近気をつけないと
通勤途中にスキップしてしまうほどのレベル!


上司がだいぶリラックスモードで絡んでくれて
笑えるのと、何より、仕事内容が変わった…!

チーム内の最重要案件を任せてもらえるようになり、
思う存分じっくり調べて練りに練っていい提案する!
っていう流れを生み出せる日々になってきた><!

これだよ~~~私はこれを願っていたの~~><!!

(そして先日ブログでも狂喜していた昇給に繋がる☆)



ウヒョヒョッどうだ半年前の私よ!安心したかっ
お前は哀愁のオバサン過渡期をそこそこ華麗に
クリアできそうな感じだぞっっ?? …たぶん。。


とはいえ今後もあれこれありそうだけど、、、

旨く老いて、味のあるマダムに熟成されたいな…


(本音:若返れたら一番うれしいけど)







2019_0109e.jpg


↑ついに揃った『マダム3種の神器』!!
プラチナ×ダイヤのネックレスとピアスと
結婚指輪サマをさらっと身に着け、
仕事運のお守りである人差し指のリングも欠かさず!

ミセスでマダムなファッションに身を包んだら
今日もまた上質なオバサンを探求する1日が始まる。


とりあえず確かなのは、

どんなにめかし込んだって、オバサンはオバサン☆彡


その事実に吹き出しそうになったり物哀しくなったり
我ながら忙しいが……

好きな色や可愛い要素は小物使いで満たすに留めて
これからも気分よく生きていけたらいいなと思っている。

来週も、地下鉄の窓は見ないで楽しく出勤するぞー!!




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 働くママ
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleCalendarsidetitle
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle