FC2ブログ

まだよく知らないママさんと2人でランチした結果


ランチして帰宅後、
夕飯までリビングのソファベッドで撃沈…!



いや、楽しかったのよとてもー!
お店も可愛くてランチもおいしかったし。

しかも出迎えてくれた店員さんがなんと
小学校から中学まで一番よく遊んで
姉妹みたいだった幼なじみだったし!!


初めて一緒するママさん&旧友の登場で
私のテンションは大分おかしいことになり
3時間で1日分のパワーを全放出してしまった



さて突然ですが
私が仲良くなりかけのママさんに対して
徹底して心掛けていることがあるので
ここで突然、箇条書きにしてみる。



・絶対に絶対に絶対に自慢話をしない

・自慢話と取られる可能性が1ミリでもある発言はしない

・自慢しない

・全く自慢でなくても羨やまれる可能性があれば言わない

・自慢をしない

・自慢した後で謙遜しても無意味なので最初から自慢しない

・自慢はしない

・何か褒めて頂けた時に備えて切り返しネタを用意しておく

↑今回は「ねぇ口座番号教えて」(送金するから)で沸いた

・ちょっとイイ話をしたらすかさず自虐ネタもブッこむ
↑って別に狙わずとも日頃悲惨ネタだらけだで自然そうなる;

・相手の話で羨ましい点があれば素直に羨望の眼差し大全開!

・共通の知人の話などで流れが怪しくなったらギャグで絶つ

↑ギャグつっても「じゃ帰りに〇〇さんにこのケーキ届けよう」
 「食べかけじゃん!」 程度のやつ。

・相手がウケを狙ってなくても、変だったら遠慮なく大爆笑する
↑バカにするわけじゃなくw 心から笑われると喜ぶ人は多い。

・話をよく聞く。どんどん詳細を聞き出す。
そして可能な限り賞賛もしくはツッコミを入れて差し上げる♡

・愚痴でなく、コンプレックスを打ち明ける。オープンハ~ト。
すごく嬉しい励ましをもらえたりするし、打ち解けて仲良くなれる。

・相手が口下手さんなら私も口下手に戻り、素朴な話を楽しむ

・自慢をしない





・・・とはいえ、
最初っからフルオープンで自慢話も聞いてもらえて
愚痴も言えちゃうような奇跡の出会いも稀にある。
私のために涙してくれ、幸せを手放しで喜んでくれる
そんな天使みたいな人との出会いは超貴重・・・
彼女たちに相応しい人間でありたいといつも思う!








つーわけで以下、話をタイトルの件に戻す。



この日私がランチにお誘いしたママさんは
娘さんが双子娘と同学年。下校班も同じ。
で、おうちが思いっきり通学路沿いにある。

そのため、一時はみんなのトイレ休憩所
みたいに利用されてしまい、最近我が家の
双子までお世話になっていたことが判明…。

しかも、何度かオモチャやお菓子まで
いただいて帰ってきて、さらにはリポが
帰り道にミミズを触ったとかで洗面所を
お借りしていたらしく;;(まじやめろ)


前々からお話してみたいなーと思ってて
…でもまさかこんなキッカケでとは思って
なかったもんでアレだけど@@
今回ランチへお誘いするに至ったのだった。




で、2人で会ってみたら、イメージしてたより
めっちゃ喋れる人だった!!落ち合ってすぐ
「旦那からいつも黙っててくれって言われる
くらいうるさいよ、ごめんねっ」から始まり
じゃあ私もうるさいからちょうどいいね~♪と
早速双方のマシンガントークがスタート。


何しゃべったんだっけ?
3秒と間があくことなく賑やかに語り合った。
喋った内容が多すぎて大半覚えてないくらい;;

しかし喋り笑い続けて2時間経過したあたりから、
私だけ明らかに電池切れになってきたんだけど
ママさんは
「すっごい楽しい!話が尽きないね!!」と
まだまだエンジン全開モード。タフやこの人~!

そして3時間が過ぎたら、もう私はヘロヘロに…
(それでもしっかり喋ってたからバレてなかったが)



子供達が帰宅する時間になり、おうちへお送りしたら
「まだ話し足りないくらい!次いつにするっ??
〇曜と〇曜で空いてる日にまたランチしましょ!」
と次回プラン発動!場所も決定。
アグレッシブや~この人!私とパワー値が違う~~っ


思わず普段何を食べてらっしゃるのか聞いてみた。
和食とレバーだって!ヘルシーかつ血気盛ん的な!
いいねいいねと思った。レバー食べたくなったわ。
今一番欲しいもの=心身のエネルギーなもんだから;




そんで、本題の双子娘が図々しい件については
とっても快く「いいのいいのー♪」と許してくださり…

でも甘えないようにせねばと、当人達には

「いつも言うけど下校前は絶対トイレに行くこと!
あと、帰りにミミズを触らない;;;
通学路沿いに公園のトイレと水道があるんだから
どうしてもって時はそっちを使うように」

と指導した。

…てか、これまでも何度も言ってるのだが;



「はーい」とお返事してくれた双子娘だったけど、
なんと翌日!また件のママさん宅に現れたらしく
「きたよー^▽^」と連絡が;;;



…は?



……もう、昨日の今日すぎて、
「えーーーーっ!」という返信しか浮かばなかった。。



この日はリポと、いつも一緒に帰宅するUちゃんが
「漏れそう」だったらしく、また寄ってしまったらしい。

やれやれ。。。

いくらママさんがニッコニコで優しいからって、
頼むよ~

人の話きけよー双子ーーーーー





1年生の頃は、心配すぎて毎日学校近くまで迎えに
行っていたので、その頃からしたら随分頼もしく
状況判断もできるようになってきた?双子。

その分、変な余裕が出て道草も増えつつある。。

ばぁばにこの話をしたら、
「あんたは毎日2時間たっても3時間たっても
帰ってこなかったよ。学年が上がるほど、
どんっどん遅くなってったよ」と笑い飛ばされた。


…そういえば、自分は川に入ってザリガニ獲ったり
田んぼに入ってドジョウ捕まえたりしてたっけ;;;
(ランドセルは仲間みんなで路上に転がして)

それこそランチしたお店で再会した旧友も一緒で、
当時その子の家でトイレ借りたりお茶もらったり、
しょっちゅうしてたわーーーー;;;



懐かしいし、なんか思い出したら切なくなった。
私の小学生時代は相当楽しいものだったと思う。
あと宿題しなくても親に電話はかかって来なかったw



件のママさんも言ってたけど、
「今って宿題多いよね。可哀そう。うちも毎日6時まで
宿題やってるよ。終わらないから遊びに行けないの」

私らの頃はもっと遊べたのにね~~


ほんと、そう思う。。
でも今の体制のおかげで、双子娘は塾へ行かずに
何とか授業について行けてる。先生方のチェックと
宿題の強制力が立派に効いてるんだよなーー…

(3年生になったら宿題だけじゃヤバそうだけど;;)



何にせよ、今は今の時代に合わせて
親がバランスを見てあげるしかないわけだ~。


昔の超自由だった自分達を思い出したら、
どうにも切なさが拭い切れなくなってきたけど;;

今の時代ならではの恩恵もきっとどっかであるんだろう。
そう思って、ほどよくやっていかねばね~~



2018_0628a.jpg



というわけで我が子に幸あれ。
関わっていただくみなさんにいっぱい幸あれ。
私にもめっちゃたくさん幸あれ。笑


ラジオでaikoの「君にいいことがあるように~♪」って
のが流れてくると、あるように~♪あるように~♪と
続けてから、必ず「自分にいいことあるように~♪」と
替え歌して満足している^^ aikoはいつまでも若いな♪



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleCalendarsidetitle
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle