アラフォー退職(予定)から転職への推移キロク


何が記録済で何がまだだったか分からなくなってる;
忘れる前にとりあえず近況というか経過を記録しておく。



まず3月半ば
自分の生き方、働き方、つーか在り方そのものに
ここ数カ月モヤモヤしていたので個人コンサル受けた。



実は、現職の仕事内容に2年前から飽き始めていた
こと、でもK隊長との関係が良好で、日々さらに良く
進化し続けていたため、本心に気付けてなかった。
そのことに、コンサル(つーかほぼカウンセリング)を
受けたことで気付いてしまい、現職卒業を決意。
新たにやってみたい職種をいくつかピックアップ。



翌日、K隊長に率直にぜ~~んぶ伝えた。

・通算20年やってきたデザイン業だが、一旦手放したい
・自分に飽きてしまい、今後クオリティーが保証できない
・今の待遇には感謝しかないが卒業の時期だと強く感じる
・年齢的にターニングポイント、異業種に挑戦したい!
・双子の成長に伴い、収入を大きく上げる必要性を感じる
・夫がまた独立したい言いだしたのでその危機感もある
・本社に支障が出ないよう引き継ぎは責任もってやる
・K隊長個人の仕事は、出来る限り今後もサポートしたい


という旨を、「本当はもっと前から限界がきてたのに、
隊長と働くのが楽しすぎて気付けてなかった^^;」と
打ち明けた。隊長、なぜか「ごめんね、ごめんね」って
何度も謝りながら泣いてしまい、謝るのは私の方!!
と何度も頭を下げ、2人してごめんの応酬に…;;

隊長が謝ることなんて何もないのにと本当に焦った。


だいたい夫がふわふわドリーム発動しなかったら
私もモヤることなく現状維持した可能性が高いし><;;
(それはそれで長期的に見ると良し悪しなのだけど…)


しかしとにかく、私は様々な理由によって前進せねば
ならない状況に至っており、そうすることに決めた。



一番やってみたい職種に応募。面接日が決まる。



現職の本社から呼び出しを受ける。

・A社長に「辞めたいそうだけどK隊長のせいでしょ」と
しょっぱなからあり得ない事を言われて驚愕。
全力否定するが「いや、絶対そうとしか思えない」と
断言するオッサンもといA社長に思わずブチ切れ。

しばらく、「全くちがいます!」「いやいや僕にはそう
見えます」「本当に違うんですけど!」「いやいや~」
もう腹が立ちすぎて涙でてきた;;

本当のこというと、私は本社がずっと嫌いだった^^;
てかA社長が苦手だった。壮大な目標を掲げるけど
具体的な策は全く練らず、低賃金のパート女性達に
丸投げとメチャ振りを繰り返すあの経営スタイルが
ずっと嫌いだった。でも冒頭からそれは言えんので;;
あくまで自分の問題で転職が必要なのだと伝えた。




「正直、仕事に飽きちゃった☆彡」「自分のデザインに
魅力を感じられなくなってて、会社にとってプラスになる
仕事をしていける自信がない」「K隊長がいたからこそ
こんな私でも今までやってこられたが、限界だと感じる」
夫がフワフワなので今すぐ収入を上げる必要がある
「やってみたい職種があり、近々面接を受ける予定」
「そっちもパートなので、突然辞めたりはせず、現職の
引継ぎもしながら、ご迷惑にならないよう進めたい」




A社長の答え
その職種はきみに合ってない、きみはデザインの人。
本社勤めになるのはどう?


もうムリ、飽きたの。てか本社で今やってるあの仕事と
この仕事って無駄じゃない?無くてよくないか?

A社長
必要な仕事。でも大きな改善がいるとボクも思ってる
ちょっと、みんな来て~



本社のスタッフが集合。。


(長いのでつづき畳む;;)






応接セットの横に本社スタッフさんが揃ったところで…

私、もう辞めるし、今まで本社に対して謎に思っていた
アレコレを遠慮なく羅列。アホなりに改善点も羅列。

すると驚くことに、今までみんなして全ての問題点を
K隊長に丸投げし続けていたことが判明。
(まじで何でもかんでも!)
で、ここでも揃いに揃って口々に、この場にいない
K隊長に責任をなすりつけ始めたので唖然とした。


その流れからまた疑問に思ったことをスタッフさんに
聞いてみるも、天然の人が多すぎて、質問の内容に
対して全く違う答えが返ってくる×数回…。あまりに
伝わらないので私の言い方がおかしいのかと思うと
唯一話の通じるリーダーが「違うよね」とスタッフに
つっこみ、私の求めていた答えをくれる…

のような感じで、とりあえず会話だけで一苦労!!



K隊長が、今までここでどんだけ苦労していたかが
めちゃくちゃよく分かってしまった><!!

てか隊長、一緒に辞めようよ、と思った。

本社勤め…?! ありえない!!!!!




K隊長の「ごめんね」は、私が入社して以来4年以上
本社のぼけぼけパヤパヤ具合をどうにもできなかった
という事に対するごめんねだったんだろうと思うけど…

A社長もああだし、驚きの安月給なのに何年もいる
あの天然スタッフさん達の天然っぷりは加齢と共に
増すばかりだし(平日も土日も出勤、一日に何時間
働いても定額制で、月数万しかもらえないらしい;;)

本社に数時間いただけで
うわもうマジで縁切りたい、もうほんとやだ!と思った。



完全にプッツンし、とにかくK隊長が背負わされている
一番大きな問題をぶった切ってきた!あの日はまだ
気管支炎まっただ中で、声もカッスカスだったけど
言葉が止まらず…。A社長が「今日はよく喋るねー!」
と嬉しそうにヤジを入れてきたがイヤ元々こうなんで!



で、A社長「僕もそう思ってた」「僕もそう指示してた」の
おんぱれーど。本当に指示してたのか…?!だったら
なんで誰もやってないんだ!みんなめっちゃ社長を
畏れ敬ってるけど、敬ってるならなぜ指示聞かない?
イミフだったなら内容を詳しく聞き込みに行かんと!!
尻ごみして聞き込まずに見切り発車して結局叱られてるやんいつもっ



まあでも分かるよ、A社長の指示ってまじイミフだよね…
この話の中でも、「僕はあの仕事は、お客さんの家に
まるで木の葉がハラッと舞い込んできたような、そんな
ものにしたいんだよね」とおっしゃっていたが、それを
イメージとしてるならまだしもそれが全貌だもんね!

あんな指示?だけじゃ、超有能な魔法使いでもない限り
あなたの夢を形にできる人なんていませんからーっ
少なくともあなたの所の超低賃金スタッフじゃ間違いなく;


A社長は、私なら職種的に伝わると思ったのかもだが
思わず「それ全然イミわからないです」て言っちゃった。
あえてスタッフさん側に移動してから。
日々あんな指示しかもらえないんじゃ可哀そうすぎる;;


今までずっと、あの指示とも言えない指示からK隊長が
内容を何とか発展させて、仕事と言える形にしてから
本社のスタッフや私に作業を持ってきてくれてたのだ。。

そのK隊長に、社長含めみんなしてあんな言い草。
確かに昔の隊長はキツかったかもしれんけど
それもこれも私含めスタッフがみんなポケポケだったからだわ;;



うおああーーー
私、どんな顔でどんな風にまくしたててたんだろ。
(絶対怖かったやろうからみたくないけど)


でも最終的に、A社長の口から

「K隊長のことは、処分しない」←イヤむしろ給料上げてよ!
「スタッフみんなでK隊長の負担を分担する」
「院長会議の内容をちゃんと議事録にし、出た案を実行する」
(↑これビビる!今まで何のために会議してたんだい!!)
「あの仕事は一旦ストップする」
「惰性的な業務は排除し、レビューの回収に力を入れる」
「K隊長のことは責めない、叱らない」※最重要なので念押し
「面接の結果が出たら教えてね」
「また遊びにきてね」


という言葉をゲット。ンガーーースッキリほっとした!!!

でも彼らが変わるとはぜんぜん思えないけど^^!!

少なくとも私はこれでまた変わるよ><
アホなりにまだまだ伸びてみせる!
みせるて誰も私を見てないけど!特にふわふわ夫。
(彼こそホント変わらないわーーー^^;)




…と、言うわけで。途中から経過記録じゃなくて
愚痴記録になっちゃったや。すっきりー!!



そんで、あのおバカなひと時から早3週間。

無事、新職場の面接に受かり、双子との春休みは
非常に清々しい気持ちで過ごすことができた☆

K隊長の事務所へは、今のところ週1回の頻度で
サポートさせてもらいに行っている。
隊長は、冬からヘトヘトで明らかに精神的にも
疲弊してたから、一時的に本社の仕事を休憩…
してたけど、こないだもう復活してた。


で、
本社のチームリーダーが還暦超えて任期満了となり
次期リーダーがこれまた還暦間近の女性に決まって
いたのだが、今回のことでそれが変更になった。


リーダー候補はアラ還に1人、アラフィフに2人居たが
なんと彼女らをすっとばしてアラフォーのキーさん
大抜擢されたらしい。ずっと年功序列ぽかったのに
本社外から、しかもちゃんと実力で抜擢したっぽい
展開にめっちゃ驚いた@@(…って世間じゃ普通か)


しかも本社事務所、急に引っ越すことにしたらしい。
理由は「心機一転!」だって。…えええ~~~~~
正直もう畳めば?なんて思っちゃってた私なので
マジか~またお金使って大丈夫なの?;;と心配に
なりつつ、ちょっとだけ今後の展開が楽しみ^^;
てか事務所リニュのお金あるならスタッフに還元しなよと思う…


私は半分部外者というか本社勤めじゃないから
『飛ぶ鳥あとを濁さず』で行きたかったはずなのに
思いきり濁してしまった気がする;御免なさいねぇ…
でもK隊長の不毛な疲弊の元凶を断ち切ってきた
ことに後悔はない!!私の役目はあれだったんだ。
と自分では納得しております。ごめんね隊長><!

でもあれからすごく雰囲気が変わった隊長を見て
昨日も「よかったなぁ」って感じたのよわたし。
絶対これからもっと良くなるし。
たぶん結果オーライやあ~☆彡






…そんなこんなで、
我が家の春休みは平和に終わりまして…

今週から双子娘は2年生になり、元気に登校してます。


リポは両想いの男子と同じクラスになれてニコニコ。
机に2人並んだ写真を飾って隙あらば見つめてる。

カポは両想いの男子と離れ離れになってしまったが
帰り道が一緒なので、待ち合わせて公園で遊んでる。

幸せそうです。春だねえ~~

でも漢字の画数が増えたからドリルに時間がかかる
ようになったね!算数もじきそうなるね^^;ファイト―

ママも来週月曜からの、新ジャンルでの初出勤
がんばるよー☆





あ!ちなみにドリーム発動しかけていた夫ですが
妻の説得に一応耳を傾け、踏みとどまってくれてます;
でも奴は先の読めない男;;どうなるかしら。

逃げずに物事の本質と向き合って見極めてほしいけど
夫だけに;;逃げと挑戦を履き違えたまま発射しかねん…
(パワーとデザイン力は私なんかの100倍はあるのに)

もし逃げなら、逃げても同じことが繰り返されるってのは
定説だし知ってると思うから、しっかり完全燃焼してから
卒業してほしいせめて。。明らかに劣悪な環境だったら
逃げるが勝ちだけど、どう見ても恵まれてるもん夫><
気付けーーー!!そして出し切ってくれーーーー

てか娘らがせめて高学年になるまで大黒柱頑張ってくれ~
状況判断できるようになってくれ~~T▽T
私もリポカポに負担かけない範囲で頑張るからさっ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleCalendarsidetitle
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle