FC2ブログ

双子育児もう限界、いつ楽になる?の答え

いまだにタイトルの検索ワードで
訪れる方が少なくない、このブログ。

今回は双子育児がいつ楽になったか?
について振り返ってみようと思う。



2011_1008a.jpg



記憶を遡ること7年分。

『双子育児が楽になったキッカケ』なら
このブログにも大小さまざまな変化を
山ほど綴ったし、何とか覚えてもいる。

でも、
去年双子が小学生になり、本当に楽に
なった今、改めて振り返ってみると…


2人の赤ちゃんが見せてくれた数々の
成長の殆どは、喜びを与えこそすれ
さほど「楽さ」は与えてくれなかった^^;

それどころか「余計大変になったわ!」
と発狂が収まらない時期をひたすら
繰り返すだけに思えた、怒涛の日々。。

→生後10カ月 「キレまくるノーメイク乱れ髪の女」



極論、双子育児の苦しみを一発で激減
させてくれたのは、時期もなにも保育園!
とにかく園に入園してくれ、育児のプロが
我が子を見てくださる時代に入った時が
最も「楽になった!」と思えた時だった。笑



2011_1005b.jpg


そもそもがまさかの双子だったわけで。

赤子は1人でも大変なのにイキナリ2人。

2人同時授乳という無体をさせられるし
→『もっと爆乳であったなら』
最初は当然2人とも首がグラッグラで、
両手両足を使っても全然手が足りず、
1つの体と1つの脳みそで2人を同時に
抱いて背負ってあやしてキャパオーバー!

昼も夜も交互に泣かれ座れない眠れない。


すぐ、「死にそう」と思ったなぁ;;;
なんかいつもウンコまみれだったし。
『寝室プチ模様替えと風邪とウンコ』

そしてその状況はかなりの長期、続いた…



2011_1009h.jpg



まんま、地獄にでも堕ちたかのように
心身ズタボロになった私が、やっと
「死にそう」と思わなくなったのは。

先述の通り双子が入園して、悪夢のような
ダブル泣きやダブル抱っこ、双子バトル等
から解放される時間がぐぐっと増えた時と、
まともに眠れる日が増えてきた頃!


…でも、それは一体いつだったろう;;

双子が夜泣きを全くしなくなり、
自分だけで静かに眠れるようになった
時は、「これで生き返れる」と、ようやく
地獄の出口から這い出た気分になれた。

(その先は躾や教育という別の大変さが
激化していくわけだが;;)



睡眠命の私には、家事と育児に仕事も
しながら細切れ睡眠が年単位で続くのは
本当に命が削れ、何よりも辛かった…!


この辛さは、どんなママも一番に手放し
たいものだと思う。でも、悲しいかな…
赤ちゃんの夜泣き卒業の時期ときたら
余りにも個人差があるもので。。だから
みんな余計に悩み苦しめられるのよね…
(最初からよく寝る赤ちゃんもいるし!)


2012_0921b.jpg

↑眠っても、突然双子の片方から腹に踵落としを
くらわされ、同時にもう1人の踵が私の口の中に
突っ込まれたりして、まじでまともに眠れない!
毎晩左右からの攻撃にビクビク。いつも首から上を
腕でガードして眠っていた覚えがある…
双子同士でもそんな感じで起こしあうので
夜はベッドガードでそれぞれ隔離していた;;




双子ならなおさら、両方ともが揃って
夜泣きしなくならないことには、あの
喜ばしい最初の「地獄からの開放日」
を迎えることはできないわけで@@;



でも、もしこの日を迎えることができた
ならば、もう「双子育児楽になった!」
と宣言することが可能だと私は言いたい。


防ぐ手段が乏しいダブル夜泣きと違い、
昼間の双子育児には、いっくらでも
手抜きして楽になる方法があるからだ。


使えるお金があるのならば、尚よし!!
園や施設の利用、シッターさんを雇う等
一発で楽になれる選択肢がズラリとある。

↑この当たり前の選択肢を使うことに
罪悪感を感じる必要なんて全くない!
夜泣きで眠れないママなら尚さら!!



もしお金がなかったとしても、
不毛な「理想の母親像」を捨てちゃえば
無料で双子育児を楽にすることも可能☆彡

悟り(つーか開き直り)レベルによるが
本人しだいで即日、『双子育児楽勝』と
まで言い放つことも可能だと思う。



2012_0510c.jpg



なので、タイトルの

「双子育児いつ楽になる?」の答えは

『双子が入園した時!!!!』←絶叫

『まともな睡眠が取れるようになった時』


それと、

『いわゆる良い母親でなく、
 押さえるとこだけ押さえた
 調子のいい母親になれた時』


だと私は考えます^^;

↑なんて残念な考察



以下、続きは例によって長くなるので畳む。



世間が言う『大変さ2倍』、そんなのの斜め上
ゆく超過酷な日々を強いられ続ける事になる
双子の母…。家庭の中でだけは『自己中』な
お調子者になれるかどうか。コレが鍵に…!


…というか、自己中になることを許さねば、
逆に失うものがあまりにも多くなってしまう。
双子育児7年目の私は、そう実感している。。



2013_0729c.jpg




さて。
我が家の場合、夫は平日も土日も仕事で
毎日夜中まで不在。実家の両親は闘病中、
夫の実家は離散してる…という状況で
私1人で頑張るしかない時期が長かった。

(両親がまだ元気な頃、長期里帰りできた
事が、以降の私の命を繋いでたと思う;;)



就職してからも、双子が5歳になるまで
私は夜泣きと睡眠不足に苦しみ続けた。
一度は職場でそれを見抜かれ心配され、
恥ずかしながら泣いてしまったことも;

色々やってみたけれど、二人分の夜泣きを
自分の策で解決する事は叶わなかったのだ。

(※無念の夜泣き対策については、また別記事にて)



乳児から幼児の間ずっと続いた不眠と
疲労MAXの暗黒期の中、私は

「双子が早く成長するよう仕向ける行為」
を、無理にやらないようになっていった。

…例えば離乳食を積極的に進めるとか、
まだ膀胱が未熟なのにトイトレするとか
まだ脳がアババなのに知育してみるとか

の、ような事。一度はやってみたとしても、
すぐに「あ、今はまだ早いな。やっても
お互いイライラするだけだ」と判断し、
アッサリ先送りするよう心がけた。

例え周囲の子たちがみんな出来てても!


コレ、なかなかやれないことなんだな;
一度は先送りしても、またすぐ周囲に
影響されて気にしてしまう。で、疲れる。

疲れると理想的な母とはますます正反対に
なってしまい、ろくなことにならない!
ので、
例えば園や学校に何かをうながされても
私は「目安」として丁重に受け取りつつ、
基本は「我が家のペース」で運んでいる。


子が成長し、スルッとやれる時期が
そのうち来るから、お互い楽しんで
できるタイミングを見極めれると楽だ。


2014_0304b.jpg



子供の成長のどれをとっても、別に
周囲に「早いね」と言われる必要ナシ。



うちは何でも遅かったけど
今はすっかり追いついた…!

それこそ生活面も運動面も勉強面も全部。
2人がある日突然ひらめいたりコツを掴んで、
できない→できるへと自然に移行してくれた。

(そうなってから、サポートさせてもらうと
めちゃくちゃ伸びるし、お互いご機嫌で
磨き上げていけるので、驚くほど楽!)



暗黒期は、精神を病まずに生き抜くため
他にも私はこんなことを手放した。


×まだ大変で疲れるのに外遊びを頑張る
(せっかく2人いるんだから家でいいやん。
 外に出ないと自分の気が変になりそう!
 って場合は出ればいい。無理しない)


×1日3回ある食事を毎度きちんと作る
(ちゃんと作るのは1回だけにしてみる。
 手をかけるほど栄養消える。かえって
果物だけとかのが体に良かったりする。
おにぎりだけ!というのも悪くないそう)


×食器をあれこれ使う
(セリアの14センチくらいのスープ皿に
サラダ→お肉や魚→ご飯の順に入れて
使う食器はコレ1つに。「三角食べ」は
気にしない。食べ順の方が体には大切)
しかもこの方法だと最初のサラダの食いつき抜群


×好き嫌いしない子に育てようとする
(好き嫌い…食育など超越した「生理的な好き
嫌い」ってもんがある!同じDNAでも好み違うし。
自分がしんどい日は、2人ともが進んで食べて
くれる食材しか使わない。命を削ってまで無理に
料理に組み込んで、結果双子とバトるなど不毛)


×省けばいいのに毎日お風呂に入れる
(2人洗って更に自分も洗わねばならぬ
面倒さ。風呂は3日省いても死なない。
自分だけ入っちゃうとかも今はアリで!)


×テレビ観せては律儀に罪悪感に浸る
(離れて観させる、を徹底すれば良しとする。
寝不足極まりない日には、映画とか長編を
見せて、夜泣き分の睡眠を補うべし!!



×双子の喧嘩を忍耐強く見守り、仲裁する
(一緒に叫ぶ、ぬいぐるみを壁に叩きつける、
耳栓、イヤホンで音楽大音量にし逃避する…
色々あるが、それよりそんな時こそ食べ物や
大好きなアニメで瞬時に喧嘩を強制終了!)


×叱ったり怒ったりした後、いちいち凹む
(誰が好きで怒るもんか…今は仕方ない。
ママが分かりやすく怒りを放出することで
生まれる絆もある。ただ子が眠る直前と、
朝起きた時だけは笑顔!って決めとく)


×わがまま言われたら丁寧に説得する
(話せば話すほどこじれていく場合多し。
「今日ママそれ嫌だ」「ママできない」
「ママ今つらいの。また今度ね!」と
自分の気分を伝えバッサリ話を終える。
これ以上言っても無駄だと子供が分かっ
てくれる流れを作ると両者浅手で済む)


〇片方だけ可愛い=「別に普通」と知る
(そもそも、双子だからって同じなわけがない!
どうしても愛情差が態度に出てしまったら、
せめて常にそれをしっかり自覚して過ごす。
片方だけにイラついてしまう自分を責めない。
できる時に、自制。できる時に、埋め合わせ。
たまに片方だけと過ごす日を設け、その時
精一杯…それ以上に愛情を注げるといい)


2012_0912a.jpg

「どっちの蛇口も私のもの!」 「…いいなー…」
暴君タイプと、譲ってあげるタイプに分かれがち?
それでも親が『完全に平等に』接するのも、却って
理不尽なはず。姉も妹もないだけに、本当に難しい。
でも、これも『双子あるある』に過ぎない。悩まない!



…のように。日常の育児ルーティンから
無駄に気力体力を消耗しがちなことを
一切捨て去り、あえて悩まない思考を選ぶ
事で、双子育児の「楽」を構築していった。


私にとっては、大きな価値ある開き直り
だったと言える。夫の助けがない時期も
それで自分を救済でき、今があるから。



2015_0404dd.jpg


ちなみに今現在の私も相変わらず、
いつも笑顔の朗らかママなんぞを
目指せてはいないけど、
双子が変な日本語や作文で笑かすので
自然に笑ってる時間が増えてきた。
(元があまり笑わない人なんで
 当社比、ではありますが;)





『大変』って時ほど、余計な焦りは捨て、
華麗に手抜きしてのんびり傍観してみる。

後に、その時々で徐々に取り戻せることを
信じて、(でも期待はせずw)楽しみに待つ。


繰り返しになるが、すべては
『チョロく楽しくやれる時期になってから』!

地味なようで、これが大幅に双子ママの
疲弊と消耗を防げる手段…
=『双子育児楽になった』と言える日を
早く手繰り寄せる方法!になると思う。




1人っ子や、いわゆる育てやすい子×2で
わりと全力で育児できる環境にあるママは
もっと熱くパワー注いでくのも楽しいだろう。

でもそうではない状況の、それも地獄の
双子夜泣き期
におけるママの「手抜きと楽」は
家庭にとって最も大切なものだと思う!

ママの楽がなければその家庭は崩壊する。

少なくともママの体や精神の一部が死ぬ。
それは、一番避けるべきことでした…。
夫婦仲も親子関係も、完全修復が望めない
くらいにこじれてしまいかねないから。





離婚率が一般家庭より高いという調査
結果が出ている双子家庭ならば尚さら!

ママは可能な限り自分に甘く、徹底して
自分優先、手抜き上等をスローガンに、
家族分の愛情を切らさぬよう努めたい


そして余裕が出てきたら、外でたくさん
遊ばせてあげたり、食器を色々使ったり
わがままにゆっくり耳を傾けてあげたり
できたら、万々万々歳!!かと


そこまでまだできなくても、最低限
朝の笑顔とハグ、夜の笑顔とハグ、
これだけ徹底できてたら、
きっとなんとか未来に繋げる…><



今日、今すぐにでも育児を楽に。
双子の可愛さを味わえる自分で
いられるように。

調子よく手抜き&先送りスキルを
磨くことを自分に許してみちゃいませう



2017_0408_2.jpg



…はい。
以上、『双子育児、いつ楽になる?』の
答えについて考えてみたブログでした



生後いつ何時っちゅう明確な答えには程遠い
んだけど;;私にはこれが限界のようです

あとは他にも、みんなに呆れられる系の
恥ずかしい手抜き家事・手抜き育児
アレコレがあるので、今後もそれらを
洗いざらい記録していけたらと思う。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

双子を妊娠中から、かれこれ5年以上ブログを読んでいる者です。
これまで何度もコメントしようと試みましたが、熱い気持ちが込み上げて引くほどの長文になり、毎度断念してきました。
けれど、今日は言わせてください!
…今回の内容、死ぬほど同感です!!!
私自身、このブログに何度助けられたかわかりません。双子育児母を救うバイブルですホント。建前一切なしの本音が書き綴ってあるからこそ、胸に響くことばかりでした。
壁にぶち当たった時、我が子の月齢と同じ時期の記事をもう一度読み返して答えを見つけてきました。本当は具体的なエピソードと共に感謝したいことが山ほどあるんです!!が、今回は公開コメントにしたいので、この辺りに留めようと思います。既に長いし。
私のように潜伏しながらも救われている人が大勢いると思います!!このブログに出会えて本当に良かったです。感謝しかありません!
徐々に楽になりつつも、次々と新種の壁が立ちはだかってきますが、これからもこのブログに学び、笑い、なんとか頑張ろうと思います。応援しています〜!

匿名さま

死ぬほど嬉しいメッセージをありがとうございます!
こんなに嬉しいのは久しぶりかも!ってほど、
お言葉嬉しかったです。5年以上もここへ遊びに来て
くださっているとのこと、ありがとうございます^^!

幻の熱い長文コメント、読みたかったなあ~
もし私が長文で引く人だったら、あれですね、
自分のブログが一番ムリですね!笑 

(でもお気持ちわかります、文ってすぐ長くなっちゃう;
 なのでこのコメントも長文ですよーーすみません笑)


照れてしまってここに引用できませんが
コメント全文、嬉しすぎました><!


育児については、建前も書けずヤバいくらい本音ダダ漏れになっておりますが、それで笑っていただけたり、和んでいただけたりする事は私にとって一番嬉しいことなのです。

日常でも、コレ母親としてどうなんだ?と思いつつも、ママ友さん等に、ここで吐き出しているような事を吐露してしまいますが;;バカ丸出しでいることで、日頃完璧そうに見えたママさんからも驚愕の失敗・暴言w・手抜きエピソードを聞くことができたりして、それに何度も救われてきました。

ご近所でもなくリアルで会う事もできない匿名さんのような遠い地の双子ママさん同志に、この変な育児記録がこれからも気晴らしの一つになってくれたら…それがまた私の支えになります。

長らく独りごと日記のスタイルではありますが、アクセスがあるだけで不思議な安心感があるんです^^


今は不眠の地獄期を抜け、波乱の卒園・入学も済み、穏やかな時期に入ったように見える我が家ですが^^;先輩方によるとこの先はじわじわと胃が痛む系の嵐が待っているようです。(イジメとか思春期とか受験とか就職とかとか@@?)

それらを嵐と受け止めず、親子でマイルドに乗り越えていけるものなのか…今はまだ計り知れませんが;;今後の私の右往左往っぷりも楽しく観察していただけたらと思います♪笑


温かいコメント本当にありがとうございました^^!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさまへ♪

あーー!!お名前覚えてます!1度だけでしたか?
北の大地からもう5年も見守っててくださると
思うと感涙ですよっ ありがとうございます。

入院中から… あはは>▽<過酷な状態の人の
入院ブログって物凄く支えになりますよね。
(私は確か、双子妊娠でキャパオーバーして
肋骨が折れたまま、治療できずに出産まで
頑張られた方のブログが支えになってました!)

年長さんの甘えん坊ツインズ、可愛いだろうなあ♡
お子様四人とは、頭が上がりません。でもなんだか
とてもハッピーなご家族の団らんが浮かびました。

>お互いにゆるーく頑張っていきましょう!

ですね^^♪ この先も楽しみましょうねー!

意を決し初めてコメントします。
告白しますと、我が双子が生後半年の頃から貴ブログを勝手に愛読しております。
「双子母のバイブル」だと思っています。
双子育児がつらくて苦しいとき、夜な夜な、時には双子を放ったらかして真昼間から、何度も何度も読み返し励まされました。
顔も知らない赤の他人なのに気持ち悪いですよね… ごめんなさい。でも本当に大好きなブログなので、閲覧制限せず太っ腹に公開されていることを日々感謝しています。
私が一番響いたのは2012年秋に投稿されました、双子育児で一番病んでいた頃という記事です。検索でたどり着き、泣きながら読みました。
そして育児はこうあるべきという既存の概念にとらわれない自由な発想の数々(褒めてます!)、離乳食やトイトレの流れ、家族との関わり(私にも介護必要な母がいます)、等々どれも参考にしながら私なりの双子育児を頑張ってきました。
ひとこと御礼を伝えたくて出てきてしまいました。
いつもありがとうございます。
これからも楽しみにしています!

4歳双子のかあさん様

こちらこそお礼を言わせてください。
コメントの端々から私も力をいただきました><

眠るか休むかすればいいのに、狂ったように
ここで書き殴っていた当時の病んだ自分も
今になって報われたような気持ちです。
真っすぐで優しいお言葉ありがとうございました。
(褒めてます、で爆笑しました!!笑)


4歳というと、ここまできた手ごたえを感じると同時に
まだまだ大変な時期…今日もおつかれさまさまです!
4歳頃の育児記録、もっとマメにしておけば~~…と
悔やまれます。他にも辛すぎて書けなかったことや
眠すぎて書けなかったこと等wまだまだあったのです;
実家の親の病気や介護のことも。。

近い境遇の方からの激励はこんなに響くものなのですね。
お言葉を励みに、私もまた楽しくここでの日記を
続けていきたいと思っております^^

明日からも、お互い自分に優しくがんばりましょうね♪

はじめまして

年中の双子(女の子2人)、0歳の息子がいます。
数年前、たぶん「双子育児 辛い」とか「双子育児 しんどい」などのワード検索でたまたまこちらのブログにたどりつきずっと読んでいます。
会ったことない方のブログに初めてコメントします。
私も親、親戚の手助け無く育児をしています。
双子育児が辛すぎて双子から逃げるように、まだ寝返りもできない双子を保育園に入れ働き始めました。
何度泣きながらこちらのブログを読んだことでしょう。
ブログ続けて欲しいです。長文失礼しました。

3人育児 四苦八苦さまへ

はじめまして!

>「双子育児 辛い」とか「双子育児 しんどい」などのワード検索

いつも画面の向こうから「うぉぉお><!握手願いたい!」
と思っていたキーワードです。涙
私もよくそのワードで検索していました。。

早期の就職、よく思い切られましたね…!!
そのケースならではの悩みやトラブルも少なくなかったのではと
想像しますが、三人目まで授かられ…なんて素晴らしいのでしょうか><
時間なんてほとんどないはずなのに、お声がけくださって
本当に嬉しいです。
まだまだ小さな双子ちゃんと0歳の赤ちゃんのママ、
それも働くママ!尊敬します。手が6本は必要でしょう?!


保育園の存在は、親・親戚を頼れない人にも頼れる人にも
第二の家族のように温かくて有難い存在ですよね…
もし保育園がなかったら、私は死んでたと思うのです。
(年少と言わず、もっと早く仕事を探して
 入園させてあげれば良かったと思うくらい^^;
 公園よりも教室のお友達の方がはるかに多いし)


ブログ、続けます^^

自分を励ますための日記ブログ(笑;)なので
どうも読み苦しい部分だらけで申し訳ないですが;
今後も恥ずかしく垂れ流していきますね☆
(今は夫の愚痴が書きたくて仕方ないです。。)


3人の天使さんとのワーママライフ、応援しております!!

ごめんなさい本日2回目

言いたい事全部書いてある内容にこっちがスッキリ。そして心の底から分かります、死ぬほど(^^;成長過程がほぼ一緒です笑 うちも5歳まで夜泣き&保育園入園で落ち着く双子。今もたまに興奮し過ぎた日は夜泣きします。わたしも素直にぶちギレます笑 本当、いい母親ぶるのやめました(^^;これが一番育児を大変にしてママを苦しめている気がします。わたしも双子が小さい時に一時保育とか利用すれば良かったと思います。今思うと使えるものは何でも使っとけですよね(>_<)ママの精神状態が一番大事(´Д`)そして片方に愛情偏るの、本当分かります。けど愛してない訳じゃないし可愛い瞬間もたくさんあるって事で結果オーライですよね✨そして最後に爆弾落とすようであれなんですけど…わたし離婚したんですよ💔笑 けど元旦那も生きてるし元気です笑 なんでわたしもワーキングママしてます(^^)それより何より双子離婚率高いんですね!初めて聞いたけどうなずけますわ~笑

この記事は何故かコメントのキーワードが「死ぬほど」になってる?w


キースケママさんちも夜泣き5歳まででしたか@@

うちの周りはまだ夜泣きしてる子が全くいなかったので
当時は誰ともあの苦しみは共有できず、辛かった~
お互いがんばりましたよね……(とても遠い目)

ほんと、一時保育使えば良かったですよね。。
てかどうせ夜泣きで眠れないなら、もっと早く就職して
4年保育にすれば良かったかも、と思ったりします^^;

って、キースケママさんフリーダムになられたんですね?!
一瞬「先輩」と思ってしまった私ですよどうしましょう!

そうなんですよ、双子親の離婚率について、双子育児の本
だったか育児雑誌だったか?に掲載されていました。
何割だったか失念しましたが;一般家庭より数割高かったです。

でも驚きませんよね。これほど夫婦として(夫というパートナー
として)存在価値を問われ続ける状況に陥ることってない…
協力し合えないなら、夫いない方がマシというか楽ですもん!!
生活費をたくさんくれて家事育児を外注できるならまだしもっ

とと、つい熱くなってしまいましたが…
ワーママ頑張りましょうね!私もやっぱり夫を頼りに生きるのは
やめることにしたのです。今は一生働こうと思っています^^
働いただけ家事がズサンになるから悩む時もありましたが;
お互い今後も息抜き上手にやっていきましょうねー!

sidetitleCalendarsidetitle
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle