FC2ブログ

中途半端なら要らないもんね

私は今、1週間のお小遣いを2,000円に設定している。
私1人分ではなく、双子娘と3人分でのお小遣いです。
そしてこのお小遣いは、100%、飲食に使われまーす。

週1回、すき屋とかサイゼ、ココ壱あたりで安く食べると
3人分で1000円ちょい。残ったお金で2回ミスド行ける。
その際ドーナツは108円のやつを1人1個までね♪
ジュースは絶対に頼まないぞ^^ 無料のお水一筋だ!
(糖分摂取量をマシにするためにも☆)
という感じで、制限しなければいくらでも使って(食べて)
しまう自分に、1週間単位で縛りをかけておるわけです。



一昨日、先輩ママとのランチでこの話をしたら驚嘆され、
めっさ笑われた。「まじで?!足りるの?!すごい!」
3人分ならもっと使おうよ~と彼女は苦しげであった。

私としては、1週間で2000円も食い物(それもジャンク)に
払うのは自分では使い過ぎかもー;;という認識だったから
「もっと使おうよ」と言われて安心しかけちゃったのだが(笑 

これをやめられたら、きっとこの下っ腹も引っ込むだろうし
月に8000円も貯められるじゃん?!ってやっぱ思うのー;


……ま、やめらんないんだけども。



2017_0617_0911a.jpg



で、この時のランチが1500円のコースで(おいしかった♪)
月曜日だったから、「今週、私とリポカポあと500円だわ」
つったらまた爆笑された。先輩にゃ~ありえないらしい

調子に乗って、今やってるあらゆる節約倹約ネタを語ると
彼女の笑いは止まらなくなり、私はかなりの快感を得た。
やっぱ私、ピエロになってる瞬間が最高に気持ち良くて
我ながら輝いてると思う。(←

いやいや、そんでも一応、あんまりケチくさいというか
みじめっぽいのは笑えないから気をつけてんだけどね?

見た目と暮らしがちゃんとしつつ、けなげなネタがいっぱい
ある主婦って、良くない?良くないっ??(しらない)



で。この日一番、熱く語ったどうでもいいテーマは、
「たくさん働いてたくさん稼いで贅沢にお金使って暮らす」のと、
「週に2日働いて、あとは家でゴロ寝もとい超省エネ節約生活」
今ならどっち選びたい?みたいな話で、

現状がたくさん働きガッツリ稼いで贅沢できてる先輩ママは、
断然ゴロ寝を選択。彼女ほど働けないパートの私も、同じく!


「残業も厭わず稼ぎに稼いで、家事は外注、エステ行き
放題で、ランチにディナーお洒落し放題!にも憧れるけど
今は、虫が草ァ食って満足してる程度でいい気分~~」

「なにそれwww」

言葉足らずで通じなかったが、今の私は一時期までと違い、
過剰な労力も無駄な消費も抑え、ある物で静かに生きたい。
そんな気分なのだーーーー…


この心境は、間違いなく去年からしばらく続けていた
やりたいこと全部やる・欲しいもの全部買う活動を
全うした賜物というか成れの果てだと思われるのだが…



いや~~~

今、ますます不満がないわあ~

満たされてるよーーー?ワダスーーー?

ローンとか長期のお金の縛りは一切ないし、(賃貸やし)
老後に備えての貯金と投資はうまくいってるし、
将来の生き方がこの先どういう風にでも転がせる。



モテ体質の先輩ママは、未来の夫も現在
選び中だから、その楽しみもあるというね!

彼女は、いわゆる一般的な女性が求める高条件の
男性を探して、離婚以来ここ2年ほど婚活していて、
最近「顔よし」の条件だけ外し、活動を新たにした所。
↑顔は福山級が良かったそうだが、さすがにな。笑


「バツイチ子なし」の条件も絶対!!という中、
ちゃんとコンスタントにお相手が現れてて、
この夏は年収1千万超えの男性とお付き合い。

「僕が君の住みたい街に引っ越すし、
家もそこに2軒目を新築するよ」
って言われたそうだ!

見た目タイプじゃないけど、ちょっとだけハゲてるけど、
いい人だし話も合う、心を決めちゃおうかなっ…って
思ったけど、最後の最後で判明した彼の職種が原因で
先日別れを告げてきたとのこと。

「ええーーー!!なんで!ラブホ経営でもしてたの?」

「笑。それもアレだけど、違うの。〇〇〇ェ〇の人だったの。
 昔でいう、ねずみ講みたいな商売の」

「ああ~~;;; で、でも一応立派な自社ビルもあって
 ちゃんとした会社ではあるって聞いたことあるけど」

「うーん、そうなんだけど、やっぱりどうにも気になって
 結局、『お別れしましょう』って言ったの」

そうなのーー@@もったいないような気がしまくった私
だったが、それから何度もその彼に引き留められたと
いう話の中で、彼のLINEの文章に毎度くっついてくる
とあるものを聞いて思わず大爆笑。

職業病なのか?先輩ママさんを引き留めようと頑張る
切なそうな彼のメッセージの末尾には、新発売らしき
ドライヤー等、〇〇ェ〇商品へのリンク画像が!

さすが副業なのにこれだけで年収1千万いってる理由が
分かったわーーーっちゅかコレまじで病気じゃないっ?
普通に流れ的におかしいし、フラれて追いすがる中でも
商品リンク貼ってしまう神経って一体(笑笑笑

さすがに、「明らかに変な人だねw」と私も納得できた。

いや~。しかし今回の人とは、穏やかに続いてそう
だったから、ついにゴールか?!とそわそわしてた
だけに残念だった…けど、件のLINEを見返しては
吹き出す先輩ママを見て、もっかい笑っちまったよ。
あー可笑しかった… 世の中ふしぎな人がいるわ~

営業手法だと思おうにも、あれじゃ手間暇かかりすぎ
だし、流れ的に成功率めちゃ低そうだしな;;笑




先輩ママは、バツイチ子持ちで今40代半ばであっても
絶対に妥協しない。もし私がその立場で、婚活3年目
だったら変人でも妥協しちゃったかもーなんて思えたので、
その気高さ(?いや、マトモさ慎重さ)見習わねばだわ

一見、理想高すぎで非現実的にも見られそうだけども、
仕事でも子育てでもしっかり成果出してる先輩ママを
尊敬している私なのだった。
(ちなみにモテ体質同士で大変だった元旦那さんには
 ずっと復縁を迫られているらしい)


なんせ娘さんがね~とっても素晴らしいんだよね!!
心優しき秀才に育ってる。いつ会っても素晴らしい。
同じ1年生なんだけど、育て方が私と全然違ってる;;

一言で表すと、何もかもが丁寧なの。

名前の呼び方、促し方、注意の仕方、遊ばせ方
娘さんへの関わり方のすべてが丁寧!
時間がない時でも『尊重すること』を欠かさない。

フルタイム勤務で忙しいはずなのになあ~。


この日は我が家の双子についての悩みも聞いてもらい、
私でも、そしてお金をかけなくても出来る良いことが
まだちゃんとあることに気付かせてもらいました^^;

最近、うちは私と夫のDNA的にもう仕方がないわー
くらいに思ってしまっていたところもあったしね。。。


あっ、また自分のついでに夫もバカみたいに
書いてしまったけどもし結婚相手を福山か夫で
選べるとしても私は断然夫がいいんだけどね
あっ誰もそんなこと聞いてないねっ



2017_0913.jpg

どうしてもLUSHUを覗くのが好きな双子娘。


話変わって、今日は夫が、一体全体どうしたのか
魔物にでも憑かれたかのような機嫌の悪さで帰ってきた。

こんなことは初めてだ;;

夫がこんな露骨に「機嫌が悪い」と全身トゲトゲした
雰囲気になったことって、今まであっただろうか。。

3年前とか夫婦仲が最悪の頃に喧嘩した時には、
そりゃあ「怒っている」って状態にはなってたけど…

どうしたの?と聞いても「別に」しか言わない夫。
なんかあった?と聞いても疲れ切ったような溜息を
吐いただけで黙々と晩御飯を食べていた。

その後、喧嘩をおっぱじめた双子娘に大激怒!

こわかった;;; まじでどうした夫。

今日はもう何も聞かないけど;;;



もやもやしつつ、私は読書でもして穏やかに寝よう。

夫も明日には穏やかに戻れてるといいけど…



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleCalendarsidetitle
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle