FC2ブログ

久しぶりに緊張してる

つぶやキロク。



23日から、とあるスクールに通いまっす!
23は、私のラッキーナンバー。
偶然その日からのスタートになりました。

今から穏やかにドキドキしています。どきどきどきどきエンドレス

店長さんからは、
「この仕事が合うか合わないか二日で判断してきてふるーつ☆Cultivation・キラキラ星
と言われている………。


カンペキに初めての世界なので、今はもちろん、その二日だけで
果たしてそれを判断できるのか全く予測できませんが
第一条件として、楽しんでこられたらいいなと。


こないだ職安で職員さんに、「あなたのケースですと更に60日
受給期間が延長できる可能性があります」とゆわれたばかりで、
気持ち的にますますゆとりが持てて、大変に有難い状態の私。

なので、ほんとうに、あせらず、ガっつかず、早まらず、正しく、
新たな学びを堪能すべし、と心に決めました。
例えもうすぐ夫までもが職安に通う人になろうとも…焦りませぬ。動じませぬ!(笑)



全てのものごとにおいて
大切なことは、たったひとつだけ。だな、と
感じることだけはできるようになってきた最近。

どんな時も、なにをしようとする瞬間にもデフォルトで
「既に自分が満たされている」こと。

その状態でないことには、なにをしても結局は成されない。

それこそ、これから私が飛び込もうとしている世界はなおさらそう。



頑張って掴み取る、という形態の修行はもう充分やったから、
その代わりに、過去最良である今を愛でながら、
新しい事を学んでいってみたいと思う(あくまで純粋に)。





うむむむ、話によると覚えることがいっぱいあるそうなので
呆けた脳みそに油を差しておかないと…




神様、皆様、様々サマ。
いつも私に多くのチャンスをありがとうございます。
頭から飛び込んでみます。
もう既に多くの気づきを貰えているような気もしています。
どうかいつものように、見守っていてください。


----------------------------------------

明日はN島カメラマンと久々の会食!
楽しい話ができそうで嬉しい。
パワー交換し合えるといいな。
そのためにも今日はしっかり眠ってパワーチャージしとこう。
関連記事

テーマ : 楽しく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleCalendarsidetitle
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleProfilesidetitle

のん

Author:のん


2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。




★愛用した双子用ベビーカー★
ベビージョガーシティミニダブル
(使用レポのリストはコチラ)

大活躍の後2人が年中さんの時、
同じ園で双子ちゃんを授かった
ママさんにお譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ超現役な状態だったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 


★双子が乳幼児の頃の育児環境★
賃貸2LDK、車なし(キッツゥウ!)
食材や日用品は全てネットで調達、
実家は隣県で緊急時しか頼れず…
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児





2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場も小回りバッチリ!
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
ベビーカーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高です♪

双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになっていきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;


双子が小学生になり帰宅が14時台に
なった2017年春より午前中勤務に。

小3になった現在は9時~14時勤務。
(双子は早くも思春期に突入した)


そんな感じで現在に至る。

双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
その先なんかほぼ天国ですよ…!
(お勉強は大変ですが)笑
がんばりましょうね><!!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、マイペースに
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle