FC2ブログ

最低気温が12度。インコの夜の保温どーしよ

本日無事に小学校での初めての運動会がおわり、
完全燃焼の双子娘とパパが布団に撃沈してから
せっせと食器や弁当箱を洗って、風呂すませて、
今やっと私もベッドにもぐりこんだところ。

はーーーー つかれた。日焼けした。


運動会の記録はまた今度PCでゆっくり。



2017100100011945d.jpg

セキセイインコのポポタくん、
今日もどこまでも私についてくる。

テーブルで遊ばせてても、
私が洗濯物を干しに南の窓際へ行けば
ブーンと飛んできてすぐ目の前にとまるか、
肩に着地する。鷹匠にでもなった気分だぞ…



201710010001214dc.jpg

昨日から続けて、夜が12度まで冷え込む。。
10月を目前にして急激に秋深まってきてる~。

慌てて鳥かご保温対策にブランケットを出した。
包んだら、でかい忍者の頭部みたいになって怖い。



20171001000122fc2.jpg

餌入れの辺りだけ光があたるようにして
あとはすっぽり包んであげた。
実験的に、カゴの天井にレンジでチンの保温材
ゆたぽんを乗せてみた。

室温が25度ある状態で、カゴの中は3度くらいしか
上がらず、朝には室温と同じに下がっていたので
真冬にはこれじゃ駄目そうだった。


小鳥用のヒーターを買わなきゃだな。
なしでも越冬できるだろうけど、
ストレスなく長生きしてほしい。


昔から秋冬支度が大好きな性分なので
トリに関してもやはりワクワクする。

この週末で家族分の衣替えもしておきたいな。


2ヶ月続けて旅行に行くことが決まったので
その準備もしておかないと…っ

なんか運動会終わったそばから
またそわそわする。。
身体だけはしっかり休めておくべしだな!


ちゅわけで、おやすも。

疲れたからいい夢見たい…


スポンサーサイト

テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

明日は運動会なのに脳内がトリすぎて困る

20170929220348bef.jpg

窓際のドリームキャッチャーがお気に入りで
放鳥中は時々ここにいる。
心地良いのかすぐ寝る。



201709292203505f3.jpg

朝から癒される…

もう可愛すぎて頭がおかしくなり
ポポタを握ったり口の中に入れたりしています。

※嫌がりません。

私の両手の中でピッピ言いながらうっとり
目を閉じて、頭をなでて欲しい角度にして
差し出してきます。まじ食べたい…!!!!


双子娘のほっぺは実際にかぶりついて
愛でているのだけど、トリは小さすぎて
かぶりつく加減が危ういので
口の中に入れるだけで耐えているのです。


ちなみに私が小学生の頃に雛から育てた
セキセイインコも、私の口の中に
つっこまれていました。

中学の時に妹が育てていたセキセイインコも
私の口の中につっこまれていましたし、
高校生の時に私が育てたセキセイインコも
やはりつっこまれていました。


ああ、懐かしい味わい…


明日は小学校の運動会なので、
一旦人間のお母さんに戻って
正気でお弁当作りしなくては…


お天気も良さそうだし、
規模もでかいし、はりきってかんとなー!


つわけで今夜は早寝!
おやすみなさい。
ポポタ食べたい


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

トリが手の中にズボッと入ってきます

出勤前に更新したいのにトリが…
タイピング中の手の形がツボすぎるらしく
右手と左手交互にズボズボ入ってくるので
その状態でタイプしてるとちっとも進まない

マウスのカチカチも大好きらしくクリックに興奮してるし
キーボードにうんこしまくってる困るーがわいすぎるっ



2017_0928a.jpg



2017_0928b.jpg



2017_0928c.jpg




夜にカゴから出した時も、やっぱりこうなる


2017_0928d.jpg


手が離れると慌ててチャカチャカ詰めよって
一生懸命手の中に入りなおそうとする。

まだ雛っぽくてかわいい…



2017_0928e.jpg


ウチに来て三日目でこれやるようになった。
でもなぜかキーボードの上でしかこうならない。
つーかテーブルの上は好きじゃないっぽいのに
ノート広げるとすぐ乗ってくる!足場感が好きなのか?
電磁波の影響が気になるからほどほどにしないとな;;





テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

双子娘6歳9か月、とうとう眼鏡デビュー

眼科からの処方箋をもとに作っていただいた
双子娘のレンズ。フレームは、ずれ落ちない
子供用シリーズのトマトグラッシーを選んだ。

一番肌の色に馴染んで違和感がなかったピンクで
2人とも統一。ネジの位置でしか見分けがつかない;;



2017_0927a.jpg

眼鏡を嫌がる2人に、パパがこのケースをプレゼント。
おかげで宝物のように扱ってくれてはいる。
眼鏡をつけるのはまだ嫌そうだし
おっかなびっくりな様子だけど…



2017_0927b.jpg

↑2人の店員さんにサイズ調節をしてもらっている双子娘。


早速お店から眼鏡をしてウィンドーショッピングに挑戦
してみたけど、二人とも気づくとすぐおばあさん風に
鼻眼鏡にしちゃってて、レンズ越しに見ていない;;
だめじゃーん@@

いつ慣れてくれるかなあ・・・


店員さんによると、レンズの度自体に慣れるのは
早い子で1~2日。遅い子で半月くらいだそう。
ざっくりで平気な子が多い男子はだいたい1週間だけど
女子はわりと長くかかる傾向だとか。なるほど~^^;



あまり負担にならないように、
まず初日は1時間、翌日は2時間…というふうに
少しずつならしていくといいとのことだった。


昨日は20分も付けてられなかった2人なので
今日は1時間、慣らせるといいなあ。。


ちょうど運動会が終わったころに
学校でつけられる段階までいけるかも。




ぼちぼち、がんばろうね~リポカポさんっ


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

インコのポポタと、ワタシの馴れ初め


ほんとは、去年からずっと文鳥に惹かれていて、
いつもペットショップに寄っては鳥さんコーナーを
親子で眺めておりました。


私の妹が、白文鳥とノーマル文鳥を飼っていて
その子たちのあまりの可愛さにすっかり虜に
なってしまったのが、最初のきっかけだったかな?

文鳥の雛がショップに出始める秋ごろに、
ピンと来る子がいたらお迎えしようと考えていた。
(春もシーズンなのだが双子の入学等で忙しく、見送った)


鳥さんを迎える前に、今年は思いがけず金魚にハマり、
メダカにハマり、次はエビか?
レッドチェリーシュリンプいっとく?
…という感じでアクアリスト見習い期に突入し、
色んなペットショップを親子で見て回るのが日常になり…


カポはハムスターとゲテモノ系、リポはなぜか鯉にハマって
それぞれ楽しく見て回る日々が続いておったのでした。



で、今は9月なので
まだまだ店頭に文鳥はいないシーズン。

なので、昔実家にいたボタンインコやコザクラインコ、
セキセイインコたちを懐かしいなーと毎回見ているうちに
ある日、とってもきれいな色の一羽を見かけ…


「うわーやっぱセキセイの可愛さはたまらんわあ」と
執拗に眺めていたら、上段のとまり木にいたその子が
私をじーっと見つめ、なぜか下のとまり木に降りてきた。

おっ?と、お互いしばらく見つめあっていたら、
さらにすぐ手前のエサ入れの所まで寄ってくる。

そしてさらに私の顔スレスレの籠の網にへばりついて
じーーーっと見つめ続けてくれるではあーりませんか。


そんな子、今まで他にいなかった…@@
(大抵の子は自分の世界でピロピロと独り言ってる)

もうワタシ、それでハートをズビシとやられてしまった。

実家の愛猫ビスと出会った時のことを思い出すくらい
「あ、これは…」というしっくり感をビシビシ感じてしまった。

わーーーー
台湾旅行が終わってから運命の文鳥さんと出会う、って
予定だったのが、大きく筋書が書き換えられていくーーっ

どどどうしよう…アパートだから静かで小さな文鳥さんを
選ぶって決めてたのにああでももう店員さんに言ってる私
「この子って触らせてもらうことできますか」「できますよー」

あ、もうだめだーー この子うちに来るわーー…っっっ



2017_0926a.jpg

↑手続きの書類を書きながら撮らせてもらったポポタ


店員さんに籠から出してもらったポポタは、ホヤホヤの
手乗りインコとして上手に私の指にとまってくれ、
抜群にパッチリとした綺麗な丸いおめめと、
しっかりした両足と、きれいなお尻(健康の証)を間近に
披露してくれた。…もう迷う理由も見つからなーい><!

という流れのまま、ポポタはうちの子になることに決定。


そこから超高速の鳥さんグッズ収集が始まり
準備が整ったその足でポポタを迎えに行き、今に至る。



2017_0926b.jpg

↑リポカポと朝ご飯&グルーミング中のポポタ。このあと
テーブルにこぼれたカポの豆乳やリポの卵焼きを試食;;




ポポタ、お店にいたどの子よりもお目目がでっかくて
キラキラしているわりに、とーーっても小声な子だった。
動きはしっかりしてるんだけど、とーーっても物静か。

どこかフクロウに似た知的な雰囲気を醸し出している。

お喋りでひょうきんな子が多い印象のセキセイインコ
なので、私の中ではニュータイプな印象だ。




2017_0926c.jpg


昨日は、
11月の台湾旅行中にあずかってもらうことになった
実家のばぁばにポポタを紹介してきたのだが…

片道45分の道すがら、シートベルトをした籠の中で
ポポタは余裕で毛づくろいをし、急カーブの多い山道でも
ガツガツと餌を食べていた。明らかに普段と違う状況に
置かれているのに、めっちゃ通常運転だったポポタ…



2017_0926d.jpg


これはこれは、心臓に毛の生えたセキセイインコ様だぞ。

強い男・強い女が大好きな私は
そんなポポタの余裕っぷりを見るたびに胸躍らせている。



2017_0926e.jpg

実家に到着後、周囲を見回すとものの数分で寝た人↑



うちに来た当日にはリポカポの手から餌食べてたしな…
ショップの店員さんたちに、これまですっごく可愛がられて
育ててもらったのだと思われる。素敵なことだ><!



と、いまブログぽちぽちやってるキーボードの上で、
ポポタは私の高速に動く指とタイピング音に興奮して
膨らみ、ピヨピヨいいながら手の中に潜ったり出たり
して遊んでいる。これがツボなの?ツボなんだね??
かつてない興奮具合だね??そういう面もあるのねw
てかタイピングしづらいんですけど笑



まだまだ生後2か月未満なもんで、
これから声がでっかくなる可能性もあったり
全然知的なフクロウじゃなくてヒョウキンなインコかも
しれないんだけど、この先どんな風に成長してって
くれるのか、とっても楽しみにしている。



リポカポは初日から「ポポちゃん来てくれてよかったね」
「かわいいね」「うれしいね」ときゃあきゃあ言っており、
パパも指にポポタをとまらせるとしばらく返してくれない。
あっという間に人気者になったポポタ。

もちろん一番夢中になってるのは
金魚の時同様にこの私なのだが…;;

私がお世話するんだから、いいんだもんねーっ



というわけでポポタ馴れ初め記録おわり。

明日はリポカポの眼鏡のことを記録しにこようかな。


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

ポポタとブランコ


全く揺らされることのないブランコ。笑




そろそろいつもの長文書きなぐりブログに戻りたいところ
なんだけど、あっちゃこっちゃでアレコレしてて
なんだか落ち着いて座ってられない


夜にもう一回ゆっくりブログアップしたいな~



出勤前にメダカ卵の小鉢を水替えせねば@@
(な、なんかすぐカビてしまうのよね;;;)

テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

ポポタとファミリー

201709251627051d5.jpg

わたしとポポタ。(基本ずっと手にとまってる)



20170925162706791.jpg

パパとポポタ。(肩にいる)



201709251627083cc.jpg

カポとポポタ。(手からエサ食べてる)



2017092516270980c.jpg

リポとポポタ。(おはようの挨拶タイム)



実家が動物好きで、
いろんなインコを育ててきたけど、
この子は特別賢い予感。
順応性もめちゃくちゃ高い!


この子に影響されて、家族も私も
またちょっと成長できそう(*^_^*)


TORI・・・


TORI・・・!TORI・・・!!


2017_0624a.jpg

私の荒い鼻息が止まらない・・・





生後1か月20日のセキセイインコさんと
また産卵したメダカさん


しばらくメダカ&トリトリフィーバー旋風の予定


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

トリ…


トリ…


20170923174254685.jpg


トリ…

テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

とり…


とり…

2017092222491365c.jpg

とり…



鳥…

鳥・・・

鳥・・・・・・

鳥・・・・・・・・・

鳥・・・・・・・・・・・・

鳥・・・・・・・・・・・・・・・

ハアハアハアハアハアハアハアハア・・・

テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

メダカ退屈日記 白目全開のコワモテ新入り


Uちゃん宅にメダカを届けに行く前に
念のため何匹いるか再確認していたら

ばぁばが気を利かせて入れてくれた
一匹だけ大きめの白メダカの様子が変。


バケツなので上から見ていたのだが、
なんとも言えない気味の悪さがあり、
動きも狂ったように泳ぎ続けている。


なんだか見てて落ち着かないので、
試しにバケツから我が家のメダカ水槽に
移してみることにした。

で、真横からその白メダカを見てびっくり!

目がないよーーー!!!

いや、眼球はある?んだけど、白目だよー!!

水槽内を動き回るその様子は、ホラー映画で
白目全開のゾンビが彷徨ってる雰囲気と完全一致。

こえーーー!!
どの角度から見てもこえー!!!






↑見るの最初の5秒でいい



うわーん、どうしよう?!
とりあえずこの子をUちゃんにあげるのは絶対NG…
きっとメダカ恐怖症になってしまう

かといってこのまま我が家の水槽に仲間入り
させたら、一気に雰囲気変わっちゃうぞ(*_*)


黒目がないのでほぼ盲目?らしく、とにかく
泳ぎ方が突飛で常にグルグルしてる。
嗅覚と、水中の波動?を皮膚感覚で察知して
進行方向を決めてる様子。

でもたまに濾過器のチューブや先住メダカに
ニアミスしてる。(ギリギリぶつからない)



それにしてもギラリと光る白目がホラーすぎる。
暴れ泳ぐ白目ダカに先住メダカも慌ただしく
かき回されてるし…

うう、ばぁばんちの水槽に返させてもらおうかな(>_<)


と思ったのだが…

一夜明けてみたら、水槽の範囲を覚えたのか?
白目ダカはわりと落ち着いた泳ぎになっていた。

エサをあげたら、ちゃんと匂いで気づいて
水面まで急上昇!白目をカッとギラつかせながら
口を半開きにして当てずっぽうに泳ぎ回る。(怖い)

でも、空振り時々ゲットー!を激しく繰り返す姿は
応援するしかない光景。。。



調べたら、画像でその白目ダカと全く同じ風貌の
メダカ画像がたくさんネットに上がっていた。

点目、もしくはスモールアイと呼ばれるメダカらしい。
「眼光が鋭くてかっこいい」と繁殖させる愛好家も
少なくないようだ。。そして、弱視らしい。


メダカにも弱視とかあるんやー(*_*)
…切ない親近感。。。

ばぁばに電話すると、「そうなのー!ごめんね、
うちに返しにおいで」と言ってくれたが
我が家の水槽の方が同居人が少ないから、弱視でも
ゆったりエサゲットできるんじゃないかと思い
このまま迎え入れることにした。


でも、スモールアイは普通に遺伝するようなので
気をつけないと繁殖しちゃって、来シーズンには
うちの水槽が白目でいっぱいになる恐れが(◎-◎;)

さすがにそれはホラーすぎて避けたいので、
よく様子を見ておかないとだ…



20170920214359fde.jpg

↑今日も仲良し赤メダカ夫婦と記念撮影…




バケツに残ったノーマルなメダカの稚魚(7ミリ位)は
4匹いて、Uちゃん宅に貰われて行った。

とってもキレイな居心地良さそうな水槽に移され
ちびメダカ達はピコピコ泳いでいた。
学校から帰ったUちゃん、
「可愛いすぎーーー!」と大喜びだったとのこと。

よかったよかった♪♪



今、このブログは夜のコメダ珈琲店で書いている。
さっきひっさびさに夫と喧嘩して、憂さ晴らしに来た。

アホなことに、喧嘩のきっかけは炒め物の具材で、
エリンギか舞茸どっちを使うかからどう転がったのか
別件の口論になり、最終的には本格的な喧嘩に発展。


めっちゃムカついたんだけど、ほんとに久し振りの
喧嘩だったので、今ちょっと新鮮な気分。笑

お茶しに出ちゃって良かったわ…
あのまま一緒に並んで夕飯食べてたら
こんな早くこの気分には至れなかったはず。。


双子娘の風呂と寝かすの丸投げしてきたから
帰ったら楽だわ(^.^)


もうしばし、夜カフェで読書を楽しんだら
帰るとしましょう。




ではでは♪

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

1日世界旅行 リトルワールド2017(5)

愛知県犬山市の野外民族博物館リトルワールドに
行った時の記録のつづきでーす

2017_0617_10a.jpg

ここはフランスのワインとチーズのお店、アルザス

10年以上前、それぞれ東京と京都に住む友人4人が
愛知まで遊びに来てくれた時にも、リトルワールドに
一緒に行ったんだけど、ドイツのお店メルヘンバルトと
このアルザスでみんなキャーキャー言ってたな~。

グルメはもちろん、女性にはたまらない、レトロ可愛い
ポストカードや雑貨なんかに次々目移りしちゃってね。
美味しそうなクリームチーズもたらふく買ってた覚えが…

当時買ったポストカード、今も大事にとってある^^


2017_0617_10b.jpg

写真中央の建物で貸出されているアルザス伝統衣装
めっちゃおすすめです!
(きっと誰もが目にしたことのあるあの衣装~♪)



2017_0617_10c.jpg

アルザスのショップでワインとチーズに興奮しているパパを
置き去りに、双子娘はイタリアへと猛ダッシュ!
あのスタンプ台が見えてしまったのねーw



2017_0617_10d.jpg

ドイツで酔っ払った母親にポーズを付き合わされるリポ。



2017_0617_10e.jpg

フランスから追いついたパパが、イタリアのレストラン
アルベロベッロで、ピスタチオのジェラートをゲットし、
あっという間に双子娘にたいらげられていた。

あのピスタチオジェラートは、うますぎたと思う…!

『イタリアのジェラート協会に認可を受けた本物の味』
なんだそうだ。←今サイトで調べた

次は私も買いたい。そして絶対に1人で食べるぞ。



2017_0617_10f.jpg

ドイツビールの酔いが冷めないまま、今度は母娘で
イタリアの貸衣装(ロミオとジュリエットの衣装らしい!)
を着てみることに。私はたぶん、例の東京京都の友人
たちとドイツで男装した時以来のチャレンジ。

パパはさっきの王子様で疲れ切っていたので、パス。笑

2017_0617_10g.jpg

ハンガリーの衣装をチョイスしたリポも加わり、記念の一枚!
ああ~いい写真…と思ったら、私の首から上がまだまっ赤。
これだと見えないけど、目つきもモロ酔っ払いであります。
(コップ半分も飲んでないのに;;もう分解できないのよね)



2017_0617z.jpg

300~500円と気軽な料金で着られるのが魅力的な
リトルワールドの貸衣装。(↑はどれも500円)

でも、一応15分程度で返却ってことになっており、
時間になっても呼び戻されはしないものの
あまりゆっくりとは着られないので、
子供には事前の言い聞かせが必要かも^^;

双子娘、毎度脱ぐ時には名残惜しがって仏頂面に…



でも、可愛く撮れた写真を見せるとなんとか納得して
くれていた。着たまま世界旅行できたら素敵だけどね♪
その場合この値段じゃ到底すまないからね♪♪




このエリアでやっとこさ、リトルワールド半周あたり。

ここからは上り坂で、国的にも喉が渇いてくる感じの
エリアに突入する。そして写真が激減~。

リトル記録はあと2回くらいで終わるかな?



というわけで、今回はここまでーー

おやすみーっす


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

敬老のメダカ退屈日記

今日が敬老の日とは知らず、偶然ケーキを買って
実家の両親の顔を見に行った。珍しく夫も一緒に。

ちょうどMステスペシャルをやってて、数年ぶりに見た
タッキー&翼に衝撃…(私の中で彼らは二十代半ばで
時が止まっていた@@自宅にテレビがないから)。

ディーンフジオカも、今日初めてテレビで見た。

湧いて出てくるように止まらないジャニーズ軍団が
全員思ってる姿よりもかなり大人になっており、
思わずお決まりの「そりゃ私もアラフォーになるよ」
という台詞をこぼしてしまった。ばぁばも、「私だって
すぐ70歳だよ。笑っちゃうよね!」と実際笑っていた。

まだ気が早いけど、そのまま元気な姿で70代に
なってね、とお願いしておいた。


今日のじぃじは、覗き込むと目線は合うんだけど
チャンネルがいまいち合わない日で、
気持ちを通わせられた感じはしなかった。
ちょっとだけ笑ってたけど、曖昧な笑い方だったな…


最近は、私だと分かると泣いてしまうので、
じぃじが泣くのは可哀そうで悲しいんだけれど、
ああ、私だって分かってくれてるなと思える
貴重なサインにもなっていたりする。


じぃじが泣くと、いつも「ありがとうね、だいすき
だいすきだいすき」と肩をさすりながら伝える。

身体も動かず思うように会話もできず、もう涙でしか
何かを伝えるすべがないじぃじ。
死にたいっていつも思ってるのかもしれないし、
私だったら間違いなく死にたいと思うに違いない病状。

でも、もう滅多に目を覚まさないじぃじの意思は分からなくて、
目を覚ましてくれた時は、ありがとう、いてくれるだけで
私たちはうれしいし、安心できてるの、ありがとうね
と、それだけは伝えたいなと思い、いつもそうしている。
それしかできない。



そうだ、書いてなかったけどたしか先月だったか?

じぃじが唾液でむせてしまって、めちゃくちゃ苦しそうで
慌てて私とばぁばで背中やら胸やらさすってさすって
なんとか呼吸が整ったあとに、じぃじがはっきりと

「あ~~あ、た~~~のしかったなぁぁぁああ」

と喋り…

えええっ?アナタ今ちょっと死にかけてましたがー!と
ばぁばと大笑いしてしまった。

久しぶりに喋ってくれた嬉しさと、状況的にトンチンカンな
台詞が面白すぎた。今思い出しても癒されるw


なんでもいいから、また喋ってほしいなあ…

元気な時に、写真だけじゃなくてもっと家族で動画を
撮っておけばよかったなあ…






今日は、またばぁばにメダカの稚魚をもらった。

うちのメダカの若夫婦、やっぱり卵を産んでたようなのだが
無精卵?ってやつだったのか、水草に残ってた卵は
孵化する前に白く濁って駄目になってしまった。。

二匹だけにして別水槽に移していたけれど
産卵の続きはなかったので、また元の水槽に戻した。

今日新しくもらった稚魚は、Uちゃん宅に迎えられる。



2017_0918a.jpg

LINEのやりとりの中に、「メダカ今日も可愛いよー」と
写真も添えようとしたのだが、せっかく5匹とも見切れず
撮れたのに、やっぱり存在感が全くない……!

あまりの目立たなさに改めて衝撃を受けたので
写真は送らなかった…

Uちゃんママ、私と同じでお祭り金魚が全滅だったので、
今度はメダカだけど「もう一度育ててみたい」と楽しみに
してくれている。Uちゃんも喜んでくれるといいな~^^




もしじぃじが元気だったら、庭で盛大にビオトープとか
作ってたかもしんない、などと想像してみる、敬老の日の夜。
今日、もっともっともっと話しかけてから帰ってこれば良かった、
と思いながら。

3連休、もう終わってしまった。
明日っからまた仕事だ。

あなたから譲り受けた力を使って
今週もしっかり、仕事楽しんでくるね。じぃじ。


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

1日世界旅行 リトルワールド2017(4)

ちょっと間が空いたけど、初夏に家族で愛知県
犬山市にある野外民族博物館リトルワールド
行った時の記録のつづきでーす



2017_0617_9a_20170917164449433.jpg

ヨーロッパのエリアに入ってすぐにスタンプ台を発見。
喜び勇んでスタンプする双子娘。



2017_0617_9b.jpg

ここまで一つも逃さず順調に集めております。
パスポートの旅行遍歴、充実してきました^^
楽しいね♪



2017_0617_9c.jpg

ドイツバイエルン州の村の、全景が伝わるような写真を
撮る間もなく、いきなり白雪姫コスプレタイムっす!
せっかく広々として建物も可愛いのに、全然撮ってない;;



2017_0617_9d.jpg

私に無理やり王子様の衣装を着せられて、ヤケを起こし
ものすごい笑顔をキメているパパと、嬉しさにはにかむ
双子娘。2人とも理想の恋人がパパなもんで;;
これは願ってもない状況なわけっすよ



2017_0617_9e.jpg

不本意なはずなのに、全ポーズがきまってるパパ王子。
マントのなびき具合まで完璧。
ちなみに、、
ここへ同じドレスを着たママが乱入しようものなら
途端にバランスが崩れちゃうんだなーw
(ママ身長162cm×パパ身長158cm)



2017_0617aa.jpg

ははははっっっwww



2017_0617_9f.jpg

出会いのシーンを演じる人たち。
(あっ、後ろにちょっとドイツの建物が写ってる)



2017_0617_9g.jpg

愛と喜びの舞を踊る人たち。

あっ!後ろ左に写ってるお店で、洞窟熟成ラクレットと
ドイツビールとソーセージ盛合わせ
を買って食べたよ!
酔っぱらっちゃったもんで、これまた写真が一枚もない;;

外でいただくビールとグルメ、最高だったー♪



2017_0617_9h.jpg

白雪姫になりきって、あらゆるシチュエーションを
要求する双子娘。うれしくてたまらない様子。



2017_0617_9i.jpg

そして王子と白雪はふたり、…いえ3人、いや4人で
手を取り合い、誓いの場所へ…



2017_0617_9j.jpg

小さな丘の上にある、聖ゲオルグ礼拝堂。
ここはいつも外せないんだな~

よく見ると「えっ、ナニコレ」ってなるチープな部分が
あるんだけど(面白いよ!)それでも神聖な空気は
しっかりとあり、ずらりと並ぶ椅子に腰掛けると
ほっと落ち着くことができる。



2017_0617_9k.jpg

(まだ続いてる寸劇。もうしばしお付き合いください)



2017_0617_9l.jpg

はい、大満足のフィナーレです。
夫、リポカポ2人ともにキッチリ全シーンをこなしていた。
あのテンションには恐れ入る。おつかれさんだよー
ママも爆笑できて大満足だったよーーーww




このエリアの民族衣装は6種類以上あって
300円~500円で着られる。
大体男女ペアであって、男性用の衣装を女性が
着るのも楽しかったりする。(昔、女子ばかりで
遊びに行くと、好んで男役をやっていた)


あと、ドイツのショップ、メルヘンバルト!!
ここがとっても素敵なの。シュタイフのテディベアや
色とりどりの鳩時計、可愛いジオラマの数々は
いつ来ても見飽きない。今年はもう一度、クリスマス
シーズンに覗きにきたいなあ~~><!



白雪姫コスプレばかりで、マジでろくなリトル写真が
なくて残念すぎるのだが、ドイツはここまで。


お次は、すぐ隣のフランスとイタリアへ~~♪


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

信じたくなかった双子の弱視

発覚して以来、もう気が重くて重くて
一度もブログに書けていなかったのだが、
弱視なんです。我が家の双子娘。



何時間もかかる検査をして、弱視が確定してしまって、
眼鏡屋さんを回り、「めがねなんかかけたくない」と
嫌がる2人に無理くりフレームを選ばせ…

またそのフレームがね、私が断固、安全性最優先で
決めたブランドの中からしか選ばせなかったので、
カポのピンクはあってもリポの好きな水色がなくて
不本意すぎる色(カポと同じピンク)にするしか
なかったという残念ぶり。。



2017_0916a.jpg

↑何度目かの検査中のカポ。リポより視力が悪く
 数えきれないくらいのレンズで検査しまくっていた。




カポも本当は別のブランドのフレームにしたがってたけど
リポと一緒に、眼鏡に慣れてお姉さんサイズになってから
一番好きなフレームにしようね、と納得してもらった…


パパがプレゼントしてくれた眼鏡ケースで
ひとまずテンション上げてくれた2人だったけど、
弱視の改善が期待できる8歳までの間で
どれだけ眼鏡とうまく付き合ってくれるか。。


勉強面と、登下校の安全面の心配だけでも
ヘトヘトだった私に、この「努力ではどうにもならない
かもしれない問題」である視力の悩みが加わったことは
けっこうなダメージだった。


なまじ私自身がかなり視力がいいので、
双子がこの便利な機能を持っていないのかと思うと
表現できない悲しみに襲われてしまうのだった。


発覚が遅れてしまったくらいなので
今まで見えないことでの大きなトラブルは
起きていなかったんだけど…

まだまだ幼くて、不器用の塊みたいな2人に
眼鏡というハンデ(助けでもあるけれど)が加わる。

なんとか小学校生活には先に慣れてくれたので
このタイミングでなら、乗り越えてくれるだろうか><


偶然が重なり、ご近所のUちゃんも最近になって弱視が
発覚し、運動会が終わったら学校にも毎日眼鏡をして
登校するので、我が家の2人も一緒に頑張る予定。


悲しいかな。3人とも3歳児検診など、過去の検診では
言葉の遅れ等から詳細なコミュニケーションがはかれず
弱視を見つけることが出来なかったのだった。。。

(入学前検診の視力検査では、カンで当たっていた率が
高かったらしいことも発覚。いざひらがなで検査したら
数値が全然違っていた



しかし…こうして見ていると今の7歳目前の3人であっても
眼鏡をかけさせることに不安が山盛りで(即日割りそう!)
タイミングは今だったんだと思う他ないのかもしれない。。


成長が遅れてる分だけ、視力の発達が止まってしまう
時期も、平均の8歳より遅れてくれたらいいのに・・・><



2017_0916b.jpg


視力が0,1以下で幼少からずっと眼鏡をしてる夫に、
眼鏡先輩として色々尋ねるも、「?覚えてない」ばっかりで
まるで育児の参考にならなかったばぁばみたい。。。笑


まぁでも、双子が実際の眼鏡を手にした時には
眼鏡の正しい置き方?などをレクチャーしてくれていた。

これから頼りにしてますよ~~眼鏡の大先輩パパ。




それにしても、2人分の眼鏡代金、約8万円。
きっついねコレ!!弱視なので補助金が出て
7割カバーしてもらえたんだけど、それでも@@

だいたい弱視じゃなかったとしても、視力が弱い子は
絶対に眼鏡が必要になってくるのに、なぜ弱視しか
補助の対象にならないのか、それも謎だ。
(家庭の事情でどうにも買えないような子たちはどうなる)



はぁ、、、

どれもこれも憂いてもどうにもならんことなので、
とにかく今後も少しでも双子に良い選択を
繰り返していくしかない。



当の双子娘は、パパが見せてくれた
石原さとみの眼鏡姿にきゃーきゃー言っていた。



いいぞ、その調子だ。笑



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

毎週恒例のフライデーナイトフィーバー

金曜日は毎週、双子娘の同級生でご近所さんの
Uちゃん親子と一緒にショッピングモールに行く。

家が歩いて1分の距離。
1年生の双子娘とUちゃんは誕生日も近く、
私とUちゃんママも奇遇なことに誕生日が近くて同い歳。

3歳児検診で言葉の発達などがひっかかった点も同じ。
お互いに我が子に手を焼き尽くしぎみで、もうすっかり
切れ系ママスタイルが板についた者同志だったりする。



2017_0617_0915a.jpg


今日もテンション上がりすぎで聞かん気MAXな我が子らに、
「走るな」「騒ぐな」「壊れ物をさわるな」
「ケンカすんな」「オマタ抑えてないでトイレに行け」などと
こまめにキレながらショッピングモール内を歩き回った。


すっかりハロウィン仕様になったモール内が
楽しくてたまらない子供たち。

いつものように、子供が遊べる場所をひとつひとつ
巡回して、私ら母親がヘトヘトになるまで付き合った。



2017_0617_0915b.jpg



最後に寄ったエイ〇ンの中に、なぜかどこよりも
充実したオモチャコーナーがあり、今日はそこで
エンドレスな遊びにフィナーレを迎えさせることに。


しかし、夕飯の時間になっても「まだ帰らない」と
断固譲らない3人。豆椅子に座って遊ぶ子供らに対し
近くに椅子もなく立ち尽くして耐えるのみの母親サイド…

「だめだ、もう足がむくみすぎて血管やばい」
「止まってるとほんとキツいよね;両足パンパンだわ」
「キツいしお腹すいた…なんでこの人たち平気なの」
「楽しすぎて空腹を感じなくなってるっぽいよね」

などと二人でブツブツ話してたら
そういえばここ電気屋じゃん、マッサージチェアは?!
という流れになり、店内に期待通りのオアシスを発見。

血管ビキビキの脚を癒すため、2人でマッサージチェア
展示コーナーに突入した。

「うあーーーーーきもちいいーーーーーーー」
「あーーーーいいねーーーー快適ーーーー」

ほんの15分、つかの間の休足タイムにうっとり…

と思ったら、私が座った方のマッサージチェアが
ウィーンとリクライニングし始めた。
『自動』『全身』の設定にしていたので、普通に身を任せて
いたら、そのままさらにリクライニングが加速?していき、
どんどん頭側が足より低い角度に下がっていく。

突然隣で逆さまになった私の姿に、Uちゃんママ大爆笑。
私も今日は人前でこんなふうに足を頭より上にあげる
予定はなかったので、落ち着いたミセスファッションに身を
包みつつ逆さになっている自分が面白すぎて大爆笑w

リモコンを見ても、笑いが止まらないのと逆さまなのとで
よく読めず、しばらくその状態で小刻みに揺られ続けた。
適当に操作して何とかまたUちゃんママと肩を並べるも、
話が佳境に入るとおもむろに逆さリクライニングが再発動
するので、そのたびに大爆笑ww


あー、思いがけず笑ったなー、腹筋と顔が痛かったw

若い頃はしょっちゅう、くだらないことで笑いが止まらなく
なってたけど、久々にあの感じを思い出した。

ここ1年くらい、あんまり笑わなくなってた私だったので、
久々に腹を抱えて苦しいぐらい笑えてなんだかホッとした。


そんなこともあって今日は
人生、爆笑しなきゃソンだなーぐらいに思えたので、
これからは意図的にもっと笑いを求めてみようかな。

お笑いを見る、ぐらいしか今は思い浮かばないんだけど;



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

は?!卵?! ~メダカ退屈じゃない日記~

リポの顔面の擦り傷、この3日で順調に
治ってきてる。よかった…

擦り傷自体より、縁石にズベッと打ち付けた際の
細かーい点描みたいな内出血の範囲の方が
多かったようで、その赤い点々たちも徐々にへって
随分マシな見た目になってきた。痛みもないそう。


それでもまだ目の回りにパンチ食らった風なので、
幼い頃の私だったら登校が憂鬱だったろうけど、
リポはもうほとんど気にしておらず、普段通りに
遊び回ってはしゃぎ回っている。さすがだ~。。。



2017_0914a.jpg



そんなホッとできた今日、
メダカ水槽の水替えをペットボトルで済ませ
何となくモヤっと苔むしてきたホテイアオイを
水道で根っこ中心にジャバジャバ洗い…

戻して、ふと目に付いた赤メダカの姿に違和感。

なんか…謎の球体が1粒、おなかにくっついてる。

なんか丸い、半透明の… ってか、どう見ても卵。
うちのメダカの稚魚のおなかに卵がくっついてる…

えっ なんで? どういうこと? 誰の子?!
だってアンタたちまだ子供じゃなかったのっ?!

てゆーかメダカって確か水草に卵を産みつけるんじゃ
なかったか?ヤバいさっき猛烈に洗ったがねーー!!



母に電話。

「おかあさん!メダカが卵産んでるんだけど!」
「えーーー?!あはははははは」
「くれたメダカ、赤ちゃんじゃなかったっけ?」
「もう大人になったんだわ。赤い方のメダカでしょ」
「もう?!あれ、卵が取れちゃってる、どこいった?!」
「まだ産むわ。ひひひひどんどん増えるよ~~~」


まだこの5匹を飼い始めて2週間たったばっかなのに
飼い慣れる前にまさかの展開きた。

産卵の最盛期らしい春でも初夏でもないのに
よっぽど東の窓際の環境が良かったのか??



2017_0914b.jpg

メダカは卵も稚魚も水槽に放っておくと食べられて
しまうらしいので、慌てて3.5リットル水槽を再稼働。

弱めにエアーで、そこへ赤メダカ夫婦を隔離してみた。



最初は一時メスだけにしてたのだが、(お腹パンパン)
その後は卵を産む気配がなく、残されたオスが
隣の水槽から切なげに独り壁ドンし続けているので、
やっぱりつがいで隔離することにした。

2匹でいればまた産卵するはず、らしい。



「赤いのが生まれたらお母さんにちょうだい!」

「え、なんで?こないだめっちゃ生まれてたやん」

「赤いのは3匹しかいなかったの。2匹あんたに
あげちゃったから、お母さん赤がもっとほしい」

「そうだったの?偶然つがいでウチにくれてたんやね。
卵で持ってく?産まれてから??」

「どっちでもいいよ」



まだ卵らしきものを1粒見ただけなのに交わされる取引。

このあとすぐ双子娘のお迎えだったので、道すがら
近所のママさんに「メダカの赤ちゃん生まれたらいる?」
「いる!」と更なる取引をしてしまった。
(このママさんもお祭り金魚全滅で水槽が寂しい状態)



無事にメダカベビーがお目見えするといいのだが…


本当に生まれたらみんなうちで飼いたい気もするけど
また過密させて金魚の二の舞になったら大変だもんな。。







メダカにも相性があって、メスが追い回される感じでなく
寄り添って泳いでる感じだと、相性がいいらしい。

うちの2匹、常に寄り添って泳いでるわ…
いつの間にこんなに仲良しになってたもんだか


メダカ、毎日微笑ましい。


いち早くメダカ水槽の増設に気付いたリポが
このたびの卵発見報告に目を輝かせていたので、
双子にメダカのナイスなベビーを見せてあげられたら
とっても嬉しいんだけど。


また産んでくれるかなあ^^;; もう全部産んでて、
私の見たあれが今季最後の一粒だったりして。

てかホテイアオイの根っこ!
寄りによって今日ジャブジャブするんじゃなかった@@



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

中途半端なら要らないもんね

私は今、1週間のお小遣いを2,000円に設定している。
私1人分ではなく、双子娘と3人分でのお小遣いです。
そしてこのお小遣いは、100%、飲食に使われまーす。

週1回、すき屋とかサイゼ、ココ壱あたりで安く食べると
3人分で1000円ちょい。残ったお金で2回ミスド行ける。
その際ドーナツは108円のやつを1人1個までね♪
ジュースは絶対に頼まないぞ^^ 無料のお水一筋だ!
(糖分摂取量をマシにするためにも☆)
という感じで、制限しなければいくらでも使って(食べて)
しまう自分に、1週間単位で縛りをかけておるわけです。



一昨日、先輩ママとのランチでこの話をしたら驚嘆され、
めっさ笑われた。「まじで?!足りるの?!すごい!」
3人分ならもっと使おうよ~と彼女は苦しげであった。

私としては、1週間で2000円も食い物(それもジャンク)に
払うのは自分では使い過ぎかもー;;という認識だったから
「もっと使おうよ」と言われて安心しかけちゃったのだが(笑 

これをやめられたら、きっとこの下っ腹も引っ込むだろうし
月に8000円も貯められるじゃん?!ってやっぱ思うのー;


……ま、やめらんないんだけども。



2017_0617_0911a.jpg



で、この時のランチが1500円のコースで(おいしかった♪)
月曜日だったから、「今週、私とリポカポあと500円だわ」
つったらまた爆笑された。先輩にゃ~ありえないらしい

調子に乗って、今やってるあらゆる節約倹約ネタを語ると
彼女の笑いは止まらなくなり、私はかなりの快感を得た。
やっぱ私、ピエロになってる瞬間が最高に気持ち良くて
我ながら輝いてると思う。(←

いやいや、そんでも一応、あんまりケチくさいというか
みじめっぽいのは笑えないから気をつけてんだけどね?

見た目と暮らしがちゃんとしつつ、けなげなネタがいっぱい
ある主婦って、良くない?良くないっ??(しらない)



で。この日一番、熱く語ったどうでもいいテーマは、
「たくさん働いてたくさん稼いで贅沢にお金使って暮らす」のと、
「週に2日働いて、あとは家でゴロ寝もとい超省エネ節約生活」
今ならどっち選びたい?みたいな話で、

現状がたくさん働きガッツリ稼いで贅沢できてる先輩ママは、
断然ゴロ寝を選択。彼女ほど働けないパートの私も、同じく!


「残業も厭わず稼ぎに稼いで、家事は外注、エステ行き
放題で、ランチにディナーお洒落し放題!にも憧れるけど
今は、虫が草ァ食って満足してる程度でいい気分~~」

「なにそれwww」

言葉足らずで通じなかったが、今の私は一時期までと違い、
過剰な労力も無駄な消費も抑え、ある物で静かに生きたい。
そんな気分なのだーーーー…


この心境は、間違いなく去年からしばらく続けていた
やりたいこと全部やる・欲しいもの全部買う活動を
全うした賜物というか成れの果てだと思われるのだが…



いや~~~

今、ますます不満がないわあ~

満たされてるよーーー?ワダスーーー?

ローンとか長期のお金の縛りは一切ないし、(賃貸やし)
老後に備えての貯金と投資はうまくいってるし、
将来の生き方がこの先どういう風にでも転がせる。



モテ体質の先輩ママは、未来の夫も現在
選び中だから、その楽しみもあるというね!

彼女は、いわゆる一般的な女性が求める高条件の
男性を探して、離婚以来ここ2年ほど婚活していて、
最近「顔よし」の条件だけ外し、活動を新たにした所。
↑顔は福山級が良かったそうだが、さすがにな。笑


「バツイチ子なし」の条件も絶対!!という中、
ちゃんとコンスタントにお相手が現れてて、
この夏は年収1千万超えの男性とお付き合い。

「僕が君の住みたい街に引っ越すし、
家もそこに2軒目を新築するよ」
って言われたそうだ!

見た目タイプじゃないけど、ちょっとだけハゲてるけど、
いい人だし話も合う、心を決めちゃおうかなっ…って
思ったけど、最後の最後で判明した彼の職種が原因で
先日別れを告げてきたとのこと。

「ええーーー!!なんで!ラブホ経営でもしてたの?」

「笑。それもアレだけど、違うの。〇〇〇ェ〇の人だったの。
 昔でいう、ねずみ講みたいな商売の」

「ああ~~;;; で、でも一応立派な自社ビルもあって
 ちゃんとした会社ではあるって聞いたことあるけど」

「うーん、そうなんだけど、やっぱりどうにも気になって
 結局、『お別れしましょう』って言ったの」

そうなのーー@@もったいないような気がしまくった私
だったが、それから何度もその彼に引き留められたと
いう話の中で、彼のLINEの文章に毎度くっついてくる
とあるものを聞いて思わず大爆笑。

職業病なのか?先輩ママさんを引き留めようと頑張る
切なそうな彼のメッセージの末尾には、新発売らしき
ドライヤー等、〇〇ェ〇商品へのリンク画像が!

さすが副業なのにこれだけで年収1千万いってる理由が
分かったわーーーっちゅかコレまじで病気じゃないっ?
普通に流れ的におかしいし、フラれて追いすがる中でも
商品リンク貼ってしまう神経って一体(笑笑笑

さすがに、「明らかに変な人だねw」と私も納得できた。

いや~。しかし今回の人とは、穏やかに続いてそう
だったから、ついにゴールか?!とそわそわしてた
だけに残念だった…けど、件のLINEを見返しては
吹き出す先輩ママを見て、もっかい笑っちまったよ。
あー可笑しかった… 世の中ふしぎな人がいるわ~

営業手法だと思おうにも、あれじゃ手間暇かかりすぎ
だし、流れ的に成功率めちゃ低そうだしな;;笑




先輩ママは、バツイチ子持ちで今40代半ばであっても
絶対に妥協しない。もし私がその立場で、婚活3年目
だったら変人でも妥協しちゃったかもーなんて思えたので、
その気高さ(?いや、マトモさ慎重さ)見習わねばだわ

一見、理想高すぎで非現実的にも見られそうだけども、
仕事でも子育てでもしっかり成果出してる先輩ママを
尊敬している私なのだった。
(ちなみにモテ体質同士で大変だった元旦那さんには
 ずっと復縁を迫られているらしい)


なんせ娘さんがね~とっても素晴らしいんだよね!!
心優しき秀才に育ってる。いつ会っても素晴らしい。
同じ1年生なんだけど、育て方が私と全然違ってる;;

一言で表すと、何もかもが丁寧なの。

名前の呼び方、促し方、注意の仕方、遊ばせ方
娘さんへの関わり方のすべてが丁寧!
時間がない時でも『尊重すること』を欠かさない。

フルタイム勤務で忙しいはずなのになあ~。


この日は我が家の双子についての悩みも聞いてもらい、
私でも、そしてお金をかけなくても出来る良いことが
まだちゃんとあることに気付かせてもらいました^^;

最近、うちは私と夫のDNA的にもう仕方がないわー
くらいに思ってしまっていたところもあったしね。。。


あっ、また自分のついでに夫もバカみたいに
書いてしまったけどもし結婚相手を福山か夫で
選べるとしても私は断然夫がいいんだけどね
あっ誰もそんなこと聞いてないねっ



2017_0913.jpg

どうしてもLUSHUを覗くのが好きな双子娘。


話変わって、今日は夫が、一体全体どうしたのか
魔物にでも憑かれたかのような機嫌の悪さで帰ってきた。

こんなことは初めてだ;;

夫がこんな露骨に「機嫌が悪い」と全身トゲトゲした
雰囲気になったことって、今まであっただろうか。。

3年前とか夫婦仲が最悪の頃に喧嘩した時には、
そりゃあ「怒っている」って状態にはなってたけど…

どうしたの?と聞いても「別に」しか言わない夫。
なんかあった?と聞いても疲れ切ったような溜息を
吐いただけで黙々と晩御飯を食べていた。

その後、喧嘩をおっぱじめた双子娘に大激怒!

こわかった;;; まじでどうした夫。

今日はもう何も聞かないけど;;;



もやもやしつつ、私は読書でもして穏やかに寝よう。

夫も明日には穏やかに戻れてるといいけど…



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

リポ転倒、顔面キズだらけの鼻血ブー



2017_0617_0911b.jpg



いつものように近所のママと交差点までお迎えに行き、
子供たちと合流して家に向かっている途中。


リポが縁石の上を歩きはじめ、そしてすぐにコケた。

なぜかスローモーションみたいにゆっくりと倒れたリポ。

ぼて!とか、ドサッ!とかの音もなく、ぐにゃ~っという
感じでコケたので、誰も「あっ」とか「キャーッ」とか言う
でもなく、あららーーーという感じで、私がうつ伏せの
リポを起こしてみると……うげげげ!!


左の瞼から鼻っ柱、左頬にかけてズリッといってるー!


どういうわけか超静かなリポ。
でも、周囲のざわめきと共に「えぐ」と静かに泣き出した。

うわーん!とまでは泣かなかったけど、涙に誘われて
鼻から赤い汁が…;;;縁石の角に鼻っ柱ぶつけたかっ!
よく見ると、縁石の端の跡と思われるストレートラインが;;


可哀そう><!と思うより先に「言わんこっちゃない」感が
先立つ冷たい私;;入学以来、毎日「あぶないからやめろ」
と言われ続けてきたのに、一向に縁石の上を歩くのを
やめなかったリポ。思わず、「リポ、とうとう神さまからの
サインもらったね」(バチ当たったね)と言い放ってしまった。


「ママがいくら言ってもリポが聞かないから、神様がそのうち
車道側に倒れてもっと悲しいことになっちゃう前にーって、
教えてくれたんだよ。もう縁石の上なんか歩かないよネ☆」

「えぐ」

悔やみきったような顔で頷くリポ。


リポの悲惨な姿を見た、他の女の子たち。口々に
「私も」 「私も」 「私も絶対、こんなところ歩かないー」

……リポ、皮肉にも皆の反面教師になれまちた……




痛みにすすり泣きながら、帰宅して見た鏡には
まばらに赤く擦り切れた自分の顔;;;

リポ、大ダメージ。

それこそ頼まれても縁石の上など歩かない大人へと
成長できたことでしょう。たぶん。。。(せめてもの願い;)



まったく。
賢い子は、やらかす前にやめるだろうに、
うちはパパも双子娘も(私も)やらかさないと理解しない。


範囲はちょっと広いけど、かすり傷ではあるし、
前歯が折れなかっただけ良かったものの。
やれやれ;;見るたびに私のなけなしの母性が呻くよ。。


早く治るように、毎日紫雲膏ぬりぬりしようねリポ…
激クサイし色が真っ赤だけど良く効くんだってよ?コレ。

「シクシクシク…」

激色の紫雲膏を塗られ、まるで半殺しの目に遭った
インディアンのような仕上がりとなった自分の姿に、
さらに絶望するリポ。


宿題の音読が、涙と嗚咽ですすまなーーーい^^

計算カード? できるわけなーーーい



本屋さんで大好きなお友達と待ち合わせしてたけれど、
「どこにも行きたくない」と涙が止まらない哀れなリポ。

これはいかん、と奮い立たせて本屋には連れ出した!

↑本屋のキッズスペースで遊ぶうちに前向きになれて、
 今日は嫌がりもせず登校してってくれました。…ほっ


パパに協力してもらって、最初は気づかないフリの演技
→気づいても「目立たないよ?」「リポはかわいいよ」と
繰り返し言ってもらったのも功を成したかな^^;



ふふ、、、昨日はせっかく先輩ママさんとランチしてきた
んだけど、なんだったっけな?めちゃ笑ったんだけど
なんだったっけ??…はーーー;;;

思い出し次第、そのことも記録しに来たい。。


兎も角もリポの傷がいち早く回復しますように…


どうして結婚するんだろ

今日はみほちゃんとアウトレットで遊んできた。



2017_0910a.jpg



何年振りなのか思い出せないアウトレット…

前よりお店がだいぶ増えてほどよく賑わっていた。

強い日差しに秋の風が気持ちい~~いお天気の中
おしゃれな街並みの中を目移りしまくりながら進む



2017_0910b.jpg

みほちゃん大好きな双子娘、うきうきでお散歩。
ママがいなくなっても気づかない。笑



2017_0910c.jpg



初めてのモスカフェに入ってお茶しながら、
タイトルの件について語り合ったりした。


「どうして結婚するのか」

例えば恋愛・結婚のスペシャリスト(?)だったら
なんて答えてくれるのかなあ。


私は、経済的に無駄がなくなるから?
ってのが最初に思い浮かんだ。笑
↑自分や周りが当初そんな感じだったから。


結婚しようってぐらいの間柄の2人なら、大抵の場合
毎日の通話料や会うたびの食事代、交通費なんかが
バカにならなかったりするのと、1人暮らししてたら尚更
不経済だから、一緒になれば一気に無駄がなくなる。


って、でもそれなら同棲するだけでもいいじゃん。
ってことになるのだが、それは本当にそうだっ

なのに同棲だけじゃなくて籍も入れたのは、
やっぱり「結婚したかったから」なんだよな。



帰宅してから、夫に

「ねえねえ!なんで結婚したの?」
と聞いたら

「知らない」と言うので、

「だよね。たぶん私が『結婚しよ』って言ったから
おねだりを叶えてくれた的なノリだったよね」

「ウン、そうかもね」

夫、「そもそも、結婚っていうものは本来
公的に所有権を示す手段にすぎなくて云々」?
みたいな事を言っていたので、

「私はね、あなたが大好きだから結婚したんだ☆」

とオープンハートしてやったら、夫、
「そうなんだ☆彡」とインコみたいな変顔になった。

「そう!あなたと家族になりたかったから結婚したの」

「…福山の『家族になろうよ』でも歌おうか…!」



私は今までこのよーなことを言うことは皆無だったので
夫、キレの悪い反応してたなー。



この時、私が言い忘れてた『本音』は他にもありまして、

「もう独身は寂しいから嫌だったの☆」ってのと、

「人妻になってみたかったの☆」と、

「もう30だし妊娠のリミットが気になってたの☆」と、

「この人なら私の言いなりになってくれるなと確信し略」


……こんなところかな??



要するには
「他には居ない、私にはこの人!うん。大好き!」と
本能が悟ったから入籍に向かって蠢いたのだと思われる。

↑当時まだ26歳で計算外だったらしいが
 夫は私の策略に付き合ってくれたわけだ


つっても、もともと付き合う前後に夫が
「一目みて結婚すると思った」と発言し、
付き合いだしたら「俺の子を2人産む」と予言したから、
私もその気になったって筋書きから成ってんだけどね!


で、私は当時の彼の謎な先見力に
今とっても感謝しているのだ。

(なんせ最初はタイプじゃないから圏外だったもんな!
 あのセリフがなければ、今ここに双子娘はいなかった)





世のみんなは、どうなんだろうなー。

なんで結婚する・したい、んだろう。

昔と違って結婚せずとも何とでもなる世の中なのに。





ちなみに、明日お茶する約束している
先輩ママ(バツイチ婚活中)は

「もう働きたくないから。
 養ってほしいし、家買ってほしいから!」

と、婚活スタート時にキッパリと言っていた。



ハイわかりまーす!
ほんとキレイごとじゃないよねそうだよね☆

あらゆる欲と、他力への期待の果てに行きつく場所、
それが結婚!

みたいな? 

ひゃっはは!


………明日、またそんな話をしてみよう。

楽しみだ。

…なんつー日記だ。



みほちゃん、共に「ラク」と「安心」集めてこーね☆

さすれば勝手に愛とやらが積立貯蓄されてゆく…っとな?

今日も楽しかったよ。旨いクレープありがとう


テーマ : 旦那さんのこと。
ジャンル : 結婚・家庭生活

1日世界旅行 リトルワールド2017(3)

前回のリトル記事(2)で、台湾をヌボーっと通過し
食べ物のことしか記録できなかったわけだが、、、

11月に本物の台湾に行く?!という展開となり、
なんだか世界旅行も夢ではないような気分に
ならなくもない…そんな調子づいた週末であります。



2017_0617_7a.jpg

しかしこう身近にリトルワールドがある環境で
育つと、(実家がこのすぐ近くなんす)
「バリ島?あ~、行ったことあるある。5、6回くらい?」
的な感覚に陥ってしまうことがある。

最後の方のインドエリアもだけど、なかなか雰囲気が
あるんだよね!←実際の国には行ったことがないから
余計に「へえー!」ってなれる、というのもあるが。



2017_0617_7b.jpg

バリの衣装も人気で、よく若い女の子達が着ている。
その眩しい姿をカメラ小僧(おじさん)達が一眼レフを
光らせてバシャバシャ撮ってるのもよくある光景。

高校の頃に同級生8人で行った時そんな風に囲まれ、
後日その時撮った写真を郵送してくれたおじ様がいた。
さすがにいい写真で、みんなの良い記念になってたなぁ

なんて、リトルワールドを楽しむ家族の姿を見ながら
昔の思い出にも浸る。もうあれから20年か…怖
最近、思い出がいちいち20年以上前のことに
なってたりするので、しみじみ歳月感じてしまうわ;;



2017_0617_7c.jpg

これは、スコール体験コーナー。

挑戦者は備品の傘(どれも骨が折れまくり)を差し、
スタンバイしたら自分で体験開始ボタンを押す。

すると、スピーカーから「ゴロゴロゴロ・・・ドカーン!」
という雷雨の幕開けの音が鳴り響き、舞台の屋根から
ピューーッとシャワーもとい雨が降りかかってくるのだ。

中途半端な雨量にギャラリーが失笑を漏らす頃を
見計らったように、雨の激しさが急激にアップ。

挑戦者「うおおお!!!傘、意味ね~~!!!」

笑いながら見てたから雨がどこからどう降ってたのか
分からなかったけども、とりあえず私が見た挑戦者の
男たちは膝下がずぶ濡れになって、それぞれの
パートナー(彼女や嫁)に微妙な笑いを提供していた。

個人的には、降ってくるのを待って構えてる状態と、
シーンとしてる中、嘘くさい雷の音が聞こえてくる
あたりが一番可笑しかった笑

リポカポも挑戦し、ちゃっかり涼んでおりましたとさ。



2017_0617_7d7.jpg

なるべくフレームアウトさせてるけど、実はけっこう
人がたくさんいるんです。



2017_0617_7e.jpg

春~初夏と、秋のリトルワールドは歩いてるだけでも
気持ちが良くて、土日はちょうどいい感じの人出で
賑わっている。賑わいにつられて双子も楽し気!!



2017_0617_8a.jpg

インドネシアバリ島を後にし、お次は
ミクロネシアヤップ島の家へ!



2017_0617_8b.jpg

ちなみにこのエリア、寂れててねえ~~~
飛ばす人も、多いのよね~



2017_0617_8c.jpg

こう、緑萌ゆる夏場なら周囲の木々の勢いで
まだなんとか見られるんだけど、冬はヤバイ。



2017_0617_8d.jpg

(この巨大な「お金」を見ると、毎度イラッとしてしまう私だw
 当時の事情は分かってんだけどさ; 現代って便利~)



2017_0617_8e.jpg

↑朽ちてきてます。

写真右側に黄色いスタンプ台。その隣の石のテーブルと
椅子にて、ちょっと休憩をした。この日は湿気がなくて
木陰を渡る風がそれはそれは清々しかった。

スタンプの順番で争う双子の奇声も遠く聞き流せる~



2017_0617_8f.jpg

↑ヤップ島の海を模したと思われるこの池には
 立派な錦鯉が泳いでいます。



2017_0617_9a.jpg


さあさあ、
まったりしたムードがさらにまったりしたところで、
お待ちかねドイツバイエルン州の村へ!

ドイツビール!!ホワイトソーセージーーー!!



掃除、夫、台湾旅行

今日は出かけずに家事だけする日と決めていたので、
起きた時の格好のまま掃除洗濯アイロンがけ開始。

途中で顔を洗ってオールインワンジェルをベタベタに
盛って更にアルガンオイルを馴染ませ(パックのつもり)
ぬめぬめメタリックフェイスで家事の続き。



夏休み中ずっと双子がいたせいか、リビングを綺麗に
保つ気がおきず、掃除もほとんど放棄していたので
今やっとその反動?がきて、掃除欲に駆られている。
(ブログも同じような状態)



2017_0909.jpg
逆光でメダカ水槽消し飛んだ


公園で遊ぶ2人を見るためにダイニングテーブルを
窓際に置いていたのを、基本の位置に戻した。

やっぱこっちのがスッキリするし掃除しやすいわー!



で、右側に写ってる幼児用の車のおもちゃ…


これ、掃除のたびに「邪魔や。もうええやんコレ」と
思うのだが、双子娘、なかなか卒業してくれない。

ほぼ毎日これを乗り回し、乳母車として人形のっけたり
カートのように使ったりと、おままごとアイテムとしても
欠かせない存在になっている様子。


まあそれはいいとして、
なぜか時々夫までこれに乗ってるのが…;;

先日などは、リポが「うっ!うううっ!」と呻いているので
何事かと思ったら、夫が乗った状態の黄色い車をリポが
これ以上ないくらいの前傾姿勢で一生懸命押しており…

やっとこさ私の横までたどり着くと、夫がアホ面で一言、

「YOねえチャン、オトコ足りてる?」


私の返事を待たず、黄色い車は子供部屋に向かって
通り過ぎていった。

───夫、、、  

表情といい、シチュエーションといい(無精ひげの
タンクトップ+トランクス姿、何より背後に娘;;;)
完璧なキモさだったぞーーーーー

ますます車のおもちゃ捨てたくなったわ;;;;






そんな我が家の夫だが;仕事は頑張ってくれている。

双子娘への関わり方にも、溢れる愛情を感じます。

てか溺愛だよねもう。可愛くて仕方がないらしく
双子といる時はだいたい声が裏返っちゃってるもんね。

その様子を見てると、私は子供の頃の自分と父親を
思い出して、懐かしい、幸せな気分になることができる。

で、目の前の娘達の幸せも手に取るようにわかるので
それに心底、安堵できたり安らげたりするのだった。
↑まー、ええ話やね



でもホントにさ。こないだなんか恨めし気なカポに、

「いいな~ママは。パパみたいな人と結婚できて」

とため息交じりに言われ、あらまあ!と困ってしまった。

パパ、めっちゃ愛されてんよ!!!

(※リポにも全く同じことを言われたことがある私)




ふふっ、これも私の長年に渡るパパ育ての賜物ね

と本気で思いつつ、夫の存在に深い感謝を繰り返す日々。




そして… これはまだ詳細が謎なのだが、
11月に台湾に旅行に行くことになりそう(!)で、

「えっ?台湾ってことは、海外?
 海外ってことは、リポカポもパスポート作る?
 えっ?えっ?えっ?」

っとなっている。昨夜から。



テッ

テンッション! 

やばし!!!


リアル台っ湾っっグルメっっっ!!

リポカポと、ヒコーーーーーーーキ!!!



あっだめだめっ、だめよアナタ

嬉しくってもアガりすぎずよっ!

そうそう、悲しくってもヘコみすぎずで、

感情のジェットコースターはもう卒業!で

安定した幸せを継続させながら、
イメージ通りに育っていくって決めたのよねワタシ。




と、最後は自分への言い聞かせになってしまったが
今日の記録はここまで。


また変な日記を挟みつつ、夏のお出かけ記録も
進めていきやーす。


では。



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

メダカ生きてます

お祭り金魚たちは
最初の1週間で半分になってしまったのだが

ばぁば宅から移住してきたメダカたちは、
5匹とも元気に一週間を突破した。


朝、カーテンを開いたら、しばらく水槽を眺めて
ぼーっとするのが日課になってきた。







この存在感の薄さから、金魚たちの時ほど
話しかけたりしてないんだけども

それでも目をこらして見てると、
向こうも私の顔をじっと見ているのが分かる。
キョロっとした目玉がちゃんとこっちを見るんだよね。


金魚とは全然違う、時々「今ワープした?!」と
思ってしまうような突飛な動き方が笑える。

全員が水中でずーーーーーーっと完全静止してて、
「写真か?」と思えるような状態の時もあるし…

(↑水流セーブがうまくいってるようで何より)







ふふっ

なんてつまんない動画なんだろう。

この退屈さに癒されるわぁ…




こんな感じで時々
メダカ退屈日記でもつけてみようと思う。



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

1日世界旅行 リトルワールド2017(2)

前回より、愛知県犬山市にある野外民族博物館
リトルワールドでの1日を記録しておりまーす。


そんで、気づいたんだけどこの日一連の写真、
あんまりリトルにフォーカスできておらず
人物中心の写真ばっかり;;

なので、いまいちリトルワールドの魅力が
前面に出てきておりませんで^^;

しまったなー!もっと売店の雰囲気とか(超楽しい)
建物や各所のディティールを撮っときゃ良かった。
怪しいものからうっとりするような素敵なものまで
色々ありすぎて、本当いつ行っても楽しい所なので。



2017_0617_3a.jpg

うーん、悔やまれるが仕方なし。
ある写真で雰囲気だけお伝えできれば幸い


つわけで、ハイ!前回からの続き。

ここは北海道アイヌの家。(あれ?まだ日本)


なんかマタギ?アニメとコラボしてたのか、熊とか
漫画のキャラクターの等身大ボードみたいなのも
あった気がする。リトルワールドお得意(?)の
当時の人々の姿を表した蝋人形(かなりブキミ)も
あった気がする。

双子娘は入れる小屋全てに入ってキャッキャしてた。



麦わら帽子が、新しい方の茅葺きと同じ色^^

2017_0617_3b.jpg

ちなみにこれは保育園の通園帽子を再利用中。笑


この日は初夏とはいえ、もうかなりの日差しだったから
帽子が大っ活躍していた。

そして、この茅葺き屋根のアイヌのおうちの中は
いい感じにひんやり涼しかった。意外と広かったし!
これで冬はどれくらい温かくなるもんなんだろう。
あれば囲炉裏でごはん体験とかしてみたいわ~

(ちなみにアイヌのエリアでは特にショップ等はナシ)



2017_0617_4a.jpg

↑ここは、たぶん台湾。…たぶんで申し訳ない;;

台湾でも中のお部屋が覗けて、周辺国の衣装
数種類貸し出されている。なぜかアオザイとか、
ラストエンペラーの衣装、チャイナドレスときて、
あとは中国伝統衣装。ちゃんと男女用、子供用も
あって、家族で着たら相当煌びやかなことになりそう。



いやー、しかし私ここでは何してたんだろう??
写真がない。スタンプ台でも探してたのかな
食べ物のことを考えてたのは覚えてるんだけど
他が;思い出せない。つーか何もしてない、たぶん。



2017_0617_4b.jpg

夫と双子が台湾の家を見てる間に、嬉々として
ここのメニューにチェック入れてたのは覚えてる。

あと、カポが「」と騒ぎだして
慌ててトイレを探してダッシュしたのも覚えてる@@


そのあと、この台湾のお店でお昼を食べようとしたら
テーブルが全部埋まってて!
その辺の岩?に腰掛けようとしたら灼熱で座れず、
結局肉まん買って食べ歩きする羽目になったという。


やっぱアジアンフードは人気だねー
台湾ラーメンと小籠包食べたかったな!

でも散歩しながらのタピオカジュースは美味しかった。
ココナッツ・ミルクティー味両方買って4人で回し飲み。

双子はでっかいタピオカにキョドりながら飲んでて
どうなるかと思ったけど、最後は美味しそうにしてた。




2017_0617_5a.jpg

北アメリカ、インディアンの村に到着!!

怪しさしか感じられないインディアンの男性の歌声が
どこからともなく響き渡ってくる。

ティピ(インディアンのテント)の写真がコレしかない…
チラ写りしてるのはナバホの家(木造でちょっと近代的)。
どっちとも中に入れたのに、その時の写真がない。


このすぐ横で、超簡易的な弓矢でのバッファロー狩り
(バッファローの形をした的に、吸盤の矢を射る)も
体験でき、双子娘も挑戦したのだが、写真がない。

私は高校時代が弓道部で、一応弐段なのだが
ここのバッファローが狩れたことは一度もない。。

双子娘、残念賞のインディアンシールをもらっていた。
当たらなくても楽しめるバッファロー狩り、おすすめ^^



2017_0617_5b.jpg

これは…なんだったっけなあ~…

トイレだったか、燻製か何かを作る所だったか(違いすぎ



このすぐ近くの、アラスカ・トリンギットの家。
立派なトーテムポールがそびえ立ち、
中も意外と広くて個人的に楽しいんだけど
この日はうっかり入り忘れてしまった。

外観が地味だからか、けっこうみんなに
飛ばされてるんだよねココ。笑



2017_0617_6b.jpg

その先に見えてくるペルー、大農園領主の家。

いつもここに到着するのが待ち遠しい。
ここまで通った地点の中で一番広いエリアかも?


昔偶然、生のラテンギター×生歌唱をバックに
本場のフラメンコダンサー達が踊っているのに
遭遇できたことがあり、それがあまりに格好良くて
思わずフラメンコ習いに行った時期がある。

(10年以上前。仕事で過労で倒れてからフェード
アウトしちゃったけど;;)



そういえばペルーにあるカフェに入ってみたいのに、
タコス食べたいのに、また入らずだったわ!

…で、またリトル行きたくなってくる、っと。


全制覇できた人とかいるのかなー??
いつかは制覇してみたいなーー



2017_0617_6a.jpg

謎の巨大魚パネル。
(※調べたら世界最大の淡水魚「ピラルク」らしい)


ペルーのエリアは領主の家がメインなだけあって
お金持ちな雰囲気が漂っている。
写真が全然ないけど;;色んな階級の部屋があって
お嬢様っぽい部屋とか、学生の部屋とかあったような。

貸し衣装も細かい装飾でスカートがポンっと広がった
ものがあったりして、ここで初めて双子娘が衣装を
着たがっていた。


ペルーのショップは、いつも必ず覗いてしまう。

若い頃は猿の絵が彫ってある石とか、ミサンガとか
不思議アイテムをよく買ってたっけ^^
アルパカのほわほわした置物とか可愛いんだよね。

エリア外れに、唾飛ばすので有名なリャマの小屋があり
双子に見せたかったのだが、この日は空っぽだった。
あれーどこいっちゃったんだ??唾飛ばしすぎたか?



2017_0617_7a.jpg


お次は、インドネシア・バリ島貴族の家へ!!



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

1日世界旅行inリトルワールド2017(1)

スマホの写真と一眼レフの写真が混在するけど
ガッサガッサと並べていきやーす



初夏の晴天のある日、愛知県犬山市のリトルワールド
へ家族で遊びに行ってきました!


一昨年ぶりに訪れたリトルワールド。
双子は世界一周スタンプラリーに挑戦することにし、
赤いパスポート型のスタンプ帳(1冊300円)を購入。

入館ゲートからすぐの本館展示室にある撮影スポットで
最初のスタンプ台を発見。大興奮で、われ先にとケンカ
しながらパスポートにスタンプする双子…。

さて夕方までに仲良く世界一周、成るか?


「世界旅行、行ってきまーす!」

2017_0617b.jpg

↑巨大写真パネルの前で撮るだけなんだけど、なかなか
臨場感ある写りだ~(足元の剥げた指定線がポイント)




「野外民族博物館」と銘打たれた不思議な世界

つまらない、という人と、大好き!という人に別れる
傾向があるけど、私の周囲では断然好き派が多い。

決して派手さはないんだけど、じわじわ来るのよね。

広さ的には、全く立ち止まらず進めば1時間かからず
1週できるのかも。実際は当然立ち止まりまくるけど。

子供と一緒だったり、食べ歩きや貸衣装好きな人なら
それこそ丸1日居ても時間が足りないと感じるはず。



2017_0617e.jpg



敷地内はわりと坂道が多いので、前に実家の両親と
車椅子を押して回った時はかなりハードだった!
(そういえばこの日の事ブログにアップしてないなあ;;)

でも、リトルワールドはバスやトゥクトゥク等の乗り物で
巡ることも可能。夫も通りすがりのトゥクトゥクに興味を
示していたものの、今回はスタンプラリーがあるから
見送り~。いつかは乗ってみたいもんだね



2017_0617c.jpg

スタンプラリー、私はやった事がなく、双子娘も初めて
だったけど、これが普通に回るより楽しさ倍増だった。

我が子がパスポート持ってちょろちょろ走り回ってる
だけで妙に笑いが込み上げてくる… 和むわー



ちなみにスタンプ台が隠れている(?)地点は13箇所。
全部集めるとプレゼントがもらえるんだって。

よし張り切って集めてこーー♪♪



2017_0617d.jpg



…っと、その前に、ちょうど近くのステージで
「ウズベキスタン国立サーカス」が始まった!

ので、座る。なかなか良い席ゲット。

“シルクロードのロマンがつまったエキゾチックな
サーカス”だってっ。
小さな会場はすぐ満席になった。

神の速さで近くの国から地ビールとコンニャクをゲット
してきたパパ…(まだ朝ですが;;)。そして唖然とした
顔でダンスや綱渡り?を眺める双子娘に挟まれて、
謎のお国の、たま~に笑いを挟んでくるショーを
楽しみましたよ。ああ、リトルワールドって感じだー♪



2017_0617_1b.jpg

ショーを見終わり、走りたくて仕方のないリポを筆頭に
一同、改めて世界への旅をスタート。



2017_0617_1c.jpg


最初に迎えてくれる国は、日本!笑

鹿児島と沖縄の昔ながらの建物があり
中に上がって見学できる。(すぐ座る人たち)

夫が写真をたくさん撮っていたのだが…なぜか瓦だけ、
植物だけ、リポカポの顔アップだけ、等、全景がない。。
私もはしゃいで写真撮るの忘れてたらしく、1枚もない。

ので、残念ながらここでは雰囲気までしか載せられず;




エリア内では、揚げたてのサーターアンダギーや
シークァーサージュースでグルメを楽しむ人々が。

沖縄民謡が流れてて、ちょいとウキッとなる。

夫がオリオンビールを発見してか、売店に吸い寄せ
られていたのを引き留める私。アナタ、さっき呑んだ
ばかりでしょう せめてドイツまで我慢なさい



2017_0617_1a.jpg

本当は私も沖縄そば&らふてぃ食べたかったけどね~
なんせ先はまだ長い。気をつけんと本当に食い倒れる。





沖縄では早速、あのカラフルな民族衣装の貸出が…!

高校生の頃から同級生たちと何度か遊びに来てる
私だが、確かまだ沖縄の衣装は着たことがない。
(最初だからと毎度ついペースを抑えてしまう人;)

今度こそ「リポカポと3人で着ちゃおうかなっ」
と思ったのだが、あっという間にリポが隣のエリアに
走り出て行ってしまい、あわただしく移動。



2017_0617_1d.jpg

パスポート効果で既に旅に夢中のリポ。
沖縄で早速増やせたスタンプに2人とも大喜びしてた。



というわけで、
ロクな風景写真がないまま次へ続く~~


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

双子娘の七五三参拝用の着物を予約

久々の1人ミスドにて、点心を食らいながら更新。


気になってるのに毎度ウッカリして寄り忘れてた
スタジオアリス。さっきやっと、双子娘の七五三
参拝用の着物を予約してきた。はーースッキリ!



201709051359387b5.jpg

↑懐かしき4年前の七五三参り



無事に、運動会の代休の平日で、希望の着物を
2人分お揃いでゲット。勿論無料!らっきーや。


3歳の時と同様、参拝用は私の好みで選んで
キラキラ着物じゃなく正統派の赤にした。

うふふ!リポカポはこけしみたいな和顔だから
着物は正統派のが一番似合うんだよね(○´∀`○)


今年は赤は赤でもベースに白が多いデザインで
とっても素敵な着物が選べた。嬉しいなぁぁあ
なんなら撮影の時より楽しみだぞっ(>_<)♪


運動会の直後だから、きっと2人とも
恐ろしく真っ黒に焼けてそうなのがアレだが;



20170905141822a20.jpg

(夏に買ったこのヘアゴムを紛失。諦めつかん)



あと1時間で双子娘が帰ってくる。

点心おいしかった。
残り時間は、おかわりカフェオレを飲みながら
読書を楽しむとしましょう。



あ、メダカ達は五匹とも元気っす。(今んとこ)



アクアリストになりたいの ~不運にも選ばれしメダカ達~


えっさほいさ~。アクア初心者記録メダカ編~。


金魚用に買ってた水作エイトコアSに、水流を抑える
水作エアパイプユニット ミニを接続して、準備万端(?)

ばぁばにメダカの赤ちゃん達をもらってきたよっと。



2017_0903a.jpg



でもね、

メダカってビックリするほど存在感が薄いんだよ。
実は↑の写真、メダカ写ってんだけど見えなくない?



…さておき、
とりあえず自己紹介でもしていただくとしよう。


2017_0903b.jpg

「どうも、初めまして。僕たちたぶん白メダカ。双子です」


………どこだよ。  どっちとも見えねえよ。

(※中央・若干下寄りに1匹、右上に1匹います)





2017_0903c.jpg

「ハロー。水中で際立つ純白ボディーが自慢だよ」


かろうじて見つけたけど… 釜揚げしらす?




2017_0903d.jpg

「(紹介省略)」


キミは大きさがあるからなんとか分かる!目も青いし。
でもボディーの淡いオレンジが小石の色とほぼ一緒!

これとそっくりな子がもう一匹いて、やはり目立たない…



ほんとにすぐ近くまで寄ってみれば居るのが分かるけど、
ソファから眺めた場合はもうぜんっぜん。空の水槽みたいw


でもまぁ、こうしてささやかに泳いでいる姿を
じっと見つめる時間は、けっこうオツかもしんない。





5匹の現状が丸わかる8秒動画をアップしてみた。
(8秒もいらんシンプル具合だけど)




↑ごめん音が鳴る…



底砂の真ん中が富士山みたいになってるのは
中に水作が埋めてあるから。
ちっさいメダカが吸い込まれないように…
あと底面フィルター的な効果?が狙えないかな~と。



水槽は午前中だけ朝日が当たる、東の窓際に設置。
でも様子を見てまた場所を変えるかも。


ホテイアオイが光合成できないと枯れちゃうのと、
昼間~西日の強い日差しは避けてあげたいから
この東の出窓周辺が一番いいとは思うんだけどね。


そしてここならPCに向かってる間、目の端にメダカが
ちろちろ泳いでる様子が窺えて、大変癒されます~




お裾分け元の、ばぁば宅での飼育環境とは
だいぶ違うけど、うまく育ってくれると嬉しい。


ばぁば宅では、30cm水槽にエアーも濾過もなしで
ホテイアオイを3つ浮かべて、半屋外飼育している。
ちなみにお隣さんから貰ったメダカ達だとかで、
品種なんかは謎。色んな色が混ざってるっぽい。


ばぁば水槽の水はグリーンウォーターになっており、
全部で何匹いるのか不明。でも30匹はいる!

そしてどんどん産卵し、次々と生まれる赤ちゃん達は
隣のもっと小さい水槽に分けられており、
我が家はそこから5匹を譲ってもらったのだった。



あの様子を見てると、うちの8リットル水槽に
メダカ5匹ならエアーも濾過器も不要な気がする…。
あって悪いもんでもないので、念のためうちでは
水作エイトを稼働させておくけども。


うまくいったら、ここにエビ2匹に来てもらう予定。
なぜかリポが、食べるエビは嫌いなくせに
小さいエビは飼いたがってるんだよね。あとパパも。

(つってもパパは海水の「ホワイトソックス」が
欲しいそうだが…色んな意味でうちではムリ~)



2017_0903e.jpg

(やっぱり何もいないみたいw)



3分眺めたら、メダカのことは忘れて外遊びする双子。

みんな一緒にすくすく育つのだぞーーー





アップし忘れてた、いつかの街歩き


以下、けっこう前にUPし忘れてた写真でも。



2017_0506aa.jpg


前に記録したラッセンの展示会の後のこと。



2017_0506b.jpg

チビ達が「まだ帰りたくない」と言い、私も同じくで
せっかく久々に都会に来たし…と散歩でもすることに。

公園で遊んだり、コンビニでサンドイッチ買ってきて
のんびり食べたりして、


2017_0506c.jpg

途中アンティークワールドに迷い込んだりしながら



2017_0506d.jpg

地下鉄にも乗って、いつぶりかのテレビ塔へ。


パパとママが出会った頃よくデートしてた場所だよ~
なんて話しながら散歩。あの当時からもう10年か

お互いまあまあ変わった?けど、今でもまあまあ
仲良しこよしで暮らしている。
これからもほどよく変わりながら続けていきたいねぇ~



2017_0506e.jpg

スポットライトと天気の加減でなんだか不思議な色に
なってたテレビ塔。実際はシルバー1色だったよね。

昔、残業中に職場の窓から眺めてたのが懐かしい。



2017_0506g.jpg

それから地下街散策してたら、また小腹がすいてきて
私の強い希望でカフェタイム~
家族4人だといつもファミレスとかフードコートだけど
たまにはねっ^^



2017_0506f.jpg

ちなみに、可愛らしいカフェだなーと思って入ったら
奥の方はラグジュアリーテイストになっていた(!)
ご満悦な双子娘と、美味しくいただきました~

ちなみに店名は OSLO COFFEE(オスロ コーヒー)


oslocafe.jpg

栄店じゃないけど↑サイトから画像拝借。
外から見た時はまさにこんな雰囲気で、いい感じだった

そしてコーヒーの味に夫が唸っていた。美味しかったらしい!


エアロプレスとハンドドリップの2種類の
抽出方法にこだわる北欧がコンセプトのカフェ。
ノルウェーサーモン・デンマークチーズなど
北欧食材を使用した軽食やスイーツも取り揃えています。


↑と、紹介にあった。

すてきだったので、また栄に行ったら寄りたいなあ



2017_0506h.jpg


双子コーデでウィンドーショッピングを楽しむ双子。



こうして見ると、やっぱりお揃いって可愛いわ。
また同じ髪型になってくれますように。。。





というわけで、、、


夏休みが終わってみたら、それはそれで開放感があり
平日は1人時間がかならず確保できる日々が戻ってきた。


アップできてないお出かけ写真がたまりにたまってるので
ええかげんこの秋で全部アップしとかんとなーっ



しっかし、
毎日の計算ドリルは今思うと結構大変だったんだな。
夏休み中ドリルさせて採点して、遊びに連れ出したら
もう、夜にPC開く余裕なんてなかったもんね;笑

双子娘も私もホントよくがんばりましたー、だわ。
(肝心の成果の方は謎だが!!)



さて、ジンジャーチャイでも淹れて飲むべ。



続・アクアリストになれなくて… ~そして誰もいなくなった~

お祭りで双子娘が掬ってきてから
ぴったり1ヶ月がたったその日…

あれほど強靭だった最後の一匹の金魚が
あれよあれよと色あせ、頼りなく水流に
揉まれ始め、横倒しになって浮かび始め、、



201709022244304ef.jpg



塩浴もむなしく、あっという間に
逝ってしまいました…





なぜだーーー




週に2~3回、3分の1程度の水替え。
エサは毎日でなく様子を見て少量ずつ。
水温も適正範囲だったのになぁ…

背鰭や尻尾はキレイだったし
エラも異常なさそうだったのに…



かなしい。。。



しょんぼりした水草の残骸を捨て、
石や飾りを洗って全部出し、あとは
エアー兼フィルターの水作エイト君が
残るのみとなった、寂しき我が家の水槽。


多めに入れて8リットルなので、
金魚一匹でも手狭ではあったけれど
上手に飼えてる人もいるのになあ。。



ひとつ心配だったのは。小型水槽に
してはわりとサイズのある濾過器を
投入してあったから、もしかしたら
水流がきつすぎて衰弱させちゃった
のかもしれない、という点。



ガラスの小鉢を入れた時、金魚がいつも
中にいたのは、止水域を見つけて休んでた
からだったのかも。

一度、出口を見失って狂ったように
中で暴れ泳いでたから、慌てて小鉢を
取り出したんだけど…
また入れといてあげれば良かったなあ。。




ああ、なんにせよ悔やまれる…

かわいかったし、だんだんと
双子娘も愛着を持ち始めてて、
金魚の寿命に興味を持ったり
(なんとギネスでは43年!)

「リポとカポが高校生になっても
 うちに一緒に居てほしいな」

なんて言うようにもなっていただけに。




…そう思うと、

今年うちにやって来てくれた金魚たちは
ほんの短い間で、双子の情緒面を
ずいぶん成長させてくれたらしい。



最後の一匹がいなくなった時は、最初の頃
みたいに死骸に興味本位で騒ぐこともなく、
何とも言えない顔で静まり返っていた2人。

悲しかったり寂しかったりしてたんだろな。




そんなこんなで。今日、私が
「ばあばんちのメダカの赤ちゃんを
 もらってこようか」
と提案したところ、かなり急かされた。



あはは。
一度でも『我が家に生き物がいる生活』を
してしまうと、その素敵さの虜にもなるよね。



よし。

じゃあ今度こそ
最後まで育ててあげられるように!


メダカについて色々と調べ、
水流を抑えるパイプもゲット。

底砂はあるけど、念のためメダカ用の
細かい砂も追加で入れて…



明日、実家でじぃじの顔見るついでに
メダカたちをお裾分けしてもらってこよう。


ばぁばは昔から植物でも何でも
長生きさせる天才なので、
あの才能も少し分けて欲しいところだ(~o~)



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

sidetitleCalendarsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle