FC2ブログ

家族4人、2LDK賃貸での部屋割り事情(2)

ということで前々々記事の大掃除ネタでも書いていた
パパの仕事部屋…6畳・でかい収納あり、について。
(+最後に私のソファベッド夜バージョンも記録)
今回も、長いよ~~~



まずは、
↓掃除&模様替え決行前のパパ部屋デスクから。

2016_1113a.jpg

中途半端なお目汚し具合で申し訳なし。
ドアをあけてすぐ見えるのがこの光景だったのを・・・



ハンガーツリーだけ残して、机を移動。代わって
ここから見て左手側にあったベッドを持ってきた。

2016_1120a.jpg 

これだけでかなり入った時の印象がスッキリー。
さっそく双子が私物を持ち込んでるけど;


そして、
毎度ブラックホール化していたこのデッドスペース↓

2016_1113b.jpg

まずベッド下の物を全て!捨てたり移動させて、
ベッドの向きを反時計回りで90度変えて、
デッドスペースになってた壁に向かってデスクを
こう↓もってきた。


2016_1120b.jpg 

で、ハイバックチェアが大きすぎて邪魔だったのと
もう8年目でボロボロだったのでこれを機に新調!

ニトリで夫に選んでもらい、前よりフカフカで
コンパクトで可愛いチェアを連れて帰って来た。
これの方が見た目にも実際も圧迫感がない。


厄介なデスク上の、小物入れや卓上収納も撤去。
ああいうのがあると、そこを中心に山ができる;;

日常使いしてる重要な物って実際はとても少なく、
ペン類だけでも厳選すれば即、物が激減する。
夫もそうで、引出しに入る分だけで充分事足りてる。
卓上にまで収納を設けて狭くする必要なんてない~。

2016_1120c.jpg 

カメラや携帯やipodやipad、macbookのコード類が
もじゃもじゃあるので、白いボックスにひとまとめ。
無駄に散らからないようコンセント前に置いた。

PCのコードとタップは、デスク脚元の棚に上げた。
コードが床にないと掃除時のイライラが大幅減!

毎晩出現する酒の空き瓶・空き缶、おやつの袋は
私が黙って毎朝ささっと片付けることにして~…
ついでに本や書類もブックスタンドに戻すので、
もう最初の写真のようになることはない(予定)。



今でも、いつか自分でやってくれるようになれば
思ってしまうのだが、「忙しい」ようなので金輪際
期待しない。そう、8年間変わらなかったんだもの!

忙しい人ほど、身の回りはその都度リセット
した方が作業の効率もよく、後の負担減に
なるから楽なんだけどな~~運も向いてくるし。

後回し先送りタイプはそう簡単には治らんな^^;

とは言え、私が頑張った分だけ夫の部屋自体は
進化していくので、その点やり甲斐がある。


今後の課題は、やはりクローゼット!!

2016_1120.jpg 

一応、左が整理前で、右が整理後なのだが;
夫が怒らない程度での断捨離に留めたため、
本棚が普通に使いやすくなったぐらいで
まだまだ溢れかえり具合がひどい…美しくない…


私の勝手な野望は、夫のクローゼットをもっと
ダンディーに仕上げること!(布団とかアカン)

映画「マイ・インターン」でロバート・デ・ニーロが
演じたベンの、あの超お洒落なクローゼットに
1ミリでも近づけたらいいのになあと思っている。

夫がここを開くたびに、知的で優雅な気分に
なれるような、小粋な空間にできたらなあ。

・・・でも、まだキリンやヒツジなどの動物達を
大切にしている彼なので、ダンディより可愛い、
洗練より盛り沢山を優先する時代は続きそう。


さておき。
大事な2LDKの一室を夫ひとりの書斎として使って
もらうことは、結婚当初からの私の希望でもあり、
今後も彼には仕事で伸びやかに成長して欲しい。

ので、また相談しながらブラッシュアップしていきたい。
(例えただの娯楽部屋と化している時があろうとも)笑



そして、
夫以上に本好きな私の『書斎』的エリアは。
リビングに決まっているよねー
食卓であり、私と双子の勉強机でもある無印のテーブル。

2016_1120d.jpg 

左のクッションは夫のお気に入りで、食後しばらくは
ここに座って携帯みたり双子と話したりしている。
家族憩いの場、のち、夜は私の書斎となる空間。

右の大きな姿見の扉を開くと本が100冊ほど入っている。
下半分は夫婦のCDやDVDと、私のネイル等、小物類も。

以前は、子供部屋のカラーボックスやチェストに
私のものが分散していたけれど、今はリビングに
全てがあるので簡潔で過ごしやすく快適になった。

ここまでコンパクトに纏めるのは時間がかかったけど
心からスッキリ清々しく暮らせるのは本当に幸せ。


2016_1120e.jpg 

仕事の資料や文房具、園のおたよりや写真、
その他の重要なものはこっちのデスクの引出しに。
ここも、どの段を開けても無駄のない状態にした。
(特に3段目は、開くだけで心躍る宝物のみが
 詰まっており、時々用もなく開いてしまう。)



ガッツリ学ぶ姿勢の時はダイニングテーブルで、
筆記用具を使わず読書だけの時はソファベッドで、
というスタイルできている。どちらも居心地良し!

2016_1120i.jpg 

このMoritz(モリッツ)氏は、リクライニング3段階、
なぜか左右どっちかだけを倒すとかもできる。
私は全部きっちり起こすか、全部倒すかのみ。

ということで
以降はソファベッド夜バージョンについて記録しとく。

リビングででもパーソナルスペースを確保したい方の
参考になれば幸い。

2016_1120g.jpg 

寝る時は、中央のくぼみ対策でベッドパットを乗せる。
私のは三つ折りの、中がただのスポンジの軽いやつで、
177cmのベッドに対して余分な13cmをハサミで切った。
普通のハサミだったけど、スポンジなので楽に切れた。

(低反発とかのでも、ホームセンターで売ってる
ラグをカットできるようなハサミでなら切れそうだ)
※ジュニアサイズの敷布団ならそのままでジャスト

この軽いベッドパッドを、ニトリの防水敷き布団カバーで
すっぽりくるみ、その上から好きなカバーをかけると最強。
どんだけ寝汗かいてもソファの生地を痛める心配ゼロよ!
(なんなら万年床にしてもたぶん大丈夫よ☆)


2016_1120h.jpg 

写真左端の木の扉は押し入れ。
朝が来ると、ここにベッドパッドと布団をしまう。
(昼間のっけるクッションと交代)

ここの押し入れを布団収納場所にするために
かなりの不用品を捨てることができた。

が、こんなに近くても、布団をしまわず
仕事に行ってしまう日もある;;

そういう時のために、今後さらに寝具を
寝床感のないものでキメていけると
リビングで万年床も夢じゃないかも。笑


や、かけ布団ぐらいは面倒でもしまうとして;;
敷布団側はファーとかにすれば広いカウチ風に
ならなくもない?と、あれこれ思惑を巡らすのが
最近の楽しみの一つになっていたりして・・・


2016_1119c.jpg 

つっても、ちゃんとやるに越したことはない。


最近読んだ風水の本によると
クッションは金運UPアイテムなんだそうで、
それも偶数がいいんだって。

それまでこっちのクッション3つだったけど
なんか足りない、と思っていたこともあり
喜び勇んで4つ目を買った。・・・充足感・・・!!



こうして明日も思い込みと思いつきで進んでいく。

次なる矛先は、2LDKの個室その2
子供部屋(入学準備編)だーー!!
覚悟しなはれ~~可愛い我が娘っこたち^^!



スポンサーサイト

家族4人、2LDK賃貸での部屋割り事情(1)

窓から見える紅葉もだいぶ葉が落ちて
枝が目立つようになってきた。
今日みたいな曇りや雨の日には
さすがにもう暖房がないと寒い。秋が終わる~


リビングの私専用エリアも冬仕様に切り替わった。

2016_1119a.jpg

さて今日も例によって私だけが楽しい話を。

念願だった『私専用の安眠領域』をゲットした件に
ついて、家族の部屋割りのことと兼ねて記録したい。



晴れていれば12月でも暖房いらずの我が家は
日当たり最高の築16年賃貸アパート、2LDK。

4人で住むにはちょっと手狭な部屋数なのだけど、
この数年で断捨離を繰り返してきたおかげで
不自由を感じることはなく、逆にこのこじんまり具合が
家族まとまりよい暮らし方を引き出してくれ、
「ちょうどいいなー」と思えている。


夏はリビングからの空調が全部屋に行き渡り、
(扇風機での送風は必須だが!)
全員の気配がほどよく感じられるこの風通しの良さ。

簡単に図で描くなら、間取りは南向き正方形で
正方形の下半分にTの字を書けば完成する。

Tの字より上部分が約14畳のリビングで
下半分の右が子供部屋6畳、左がパパ部屋6畳、
それぞれに壁一面分の大きなクローゼットがある。
(水周りや風呂洗面はまとめて西の階段側にある)

家を建てるなら今みたいな間取りで平屋がいい~
とこのブログでも時々つぶやいてしまうくらい
居住8年目を迎えたこのアパートを愛している私。



↓懐かしき、子供部屋を作るずっと前のリビング。
_2012_0830h.jpg 


が。唯一、今の2LDK暮らしで不便に思っていたのが
寝室と言える寝室が作れないこと。

2LDKの個室その1はパパの「仕事部屋」なので
毎日深夜2時3時4時まで明かり点けっぱなしの
PC起動しっぱなし。そこでパパはガッサガッサと
おつまみを食べながら仕事なんだか娯楽なんだか
常にモニターを見続けており、眠れる空間ではなく;;

個室その2は双子が子供部屋として使うようになり
最近では布団を2組敷くのも狭くなってきた。
今後わりと広めの勉強机を買う予定もあり、
それこそ寝室という感じではなくなってしまった。

(双子が夜泣きの赤ちゃん時代までだったな~↓)
_2013_1224j.jpg 


眠れる場所を失った私は、いつしかリビングの床に
布団を敷いて寝るようになっていくのだが、笑
開放感はあるものの・・・掃除ができていないと
食卓下の食べこぼしとそれに絡むホコリなどを
眺めながら眠ることになり、どうにも雑魚寝感が
ぬぐえなかったのだった。。。(これ結構みじめ)


_2016_0717c.jpg 

↑のヨガマットがある部分に布団を敷く。
冬はここにラグがあり、その上で寝てた。
ほぼ床と同化してるけど手前が食事用のテーブル。


_2015_1016a.jpg 

寝床の頭側から見た景色。(写真は去年秋)
少しでも寝床から見える風景が良くなるよう
毎日せっせと片付けて掃除してたな・・・
一番よく掃除してた双子のハイハイ期に匹敵する程。


しかし、いくら掃除した所で拭い去れない雑魚寝感!!
丑三つ時、珈琲を淹れに行くパパの足が鼻先を通過
していくのも嫌だった;;毎晩だし!落ち着かない~!
(双子部屋の隙間だと、裏拳・肘鉄・かかと落としを
食らうためもっと眠れないことは度々記録したか)


・・・ひどい話だ。
ママこんなに頑張ってるのに安らかに眠る場所が
どこにもないなんて・・・!
ただでさえ子供の頃から睡眠障害気味で
静かな個室じゃないと安眠できないタチなのに。。

って、今は家事育児仕事でほどよく疲れてるから
すぐ寝落ちるんだけどさ。それにしても気分的にさ。
みんなみたいに、寝る時ぐらい邪魔されない場所が
欲しいよね。つーか床上30cmの世界に上がりたい。


・・・ということで、
冒頭の画像でお気づきの方もいそうですが
買ったよ。床上30cm以上の安眠領域を・・・!

2016_1119b.jpg 

他でもないリビングにドガンと。笑


人生初のソファーベッド。Moritz(モリッツ)さん。
ネットで発見し、見た目と値段の可愛さに即買い
したのが確か9月?

以下、3ヶ月使ってみての感想。
ベッドに高級感と最高の寝心地を求める人には
不向きと思われるが、私にはちょうど良かった!

まずサイズがいい。幅99cm×長さが177cmで、
リビングでも圧迫感なく、どの配置でも収まる。
(うちだと3パターンの模様替えが可能だった)

そしてソファベッドくさくないフォルムが嬉しい。
素材も。汚れが目立たず暗くない生地がよくて
このローズ系の色は新鮮味もあって気に入った。
夏になったら涼しい色のカバーでもするかな。

ベッドにした状態の写真は、また後日UPしたい^^


寝る時は上に厚さ5cmのベッドパッドをしいて
眠てるんだけど、なんせ地べたの雑魚寝上がり
なもんで、寝心地最高でたまらない・・・!

もう『時間なくて掃除機かけらんなかったー』
って日でも、鼻先にホコリや食べかすが
転がってくることもなく、パパが通過しても
目を覚まさずに済むようにもなった!(歓喜)

家族のリビングにベッドだなんて非常識よなー
と思ってできずにいたけど、このソファベッドなら
寝床感がほぼ皆無なので、変な違和感もなし。

大人3人、子供なら4人は座れるから
むしろ来客用にちょうどいいアイテムだったかも。
我が家のリビングには2人がけのソファと豆イス2脚
しかなかったから;;;

我ながら、いい買い物をした。
部屋は広いまま。見た目もいい感じのまま、
リビングに安眠領域を設けることに成功!


一人でゆっくり眠る場所が欲しいママさん
おすすめっすよこの小さいソファベッド!
私は身長162ですが全くサイズに問題なし。
(頭側は壁につけないと枕が落ちるかもだけど)



・・・はてさて、
喜んでいたら先日模様替えしたパパ部屋と
子供部屋のことを記録するスペースが
なくなってしまった。

ので、たぶん近日その(2)に続く。


今夜もmyベッドでくつろぐ夜が楽しみだ~


私の魔法の杖

夏にせがまれて買ったマイメロとペネロペ。
お祝いでもご褒美でもなく買うのは珍しい。
お店で双子がそれぞれ抱えて佇んでいる姿に
ズギャーンと来て、財布を開けてしまった。

2016_1118a.jpg

マイメロがカポの。ペネロペがリポの。
私がソファに座ろうとすると大抵そこにこの二匹が;;

そして手前の無印のブラシは私の。
テーブルのパンくずや学研の宿題をやる際の消しカスを
これでササっとやっている。使いやすくてお気に入り。



2016_1118c.jpg

で、こちらがmy魔法の杖。
REDECKERのオーストリッチ羽はたき。

前にアクタスで見かけて「欲しい!でも高い@@」と
あきらめたものの、以来半年も忘れられず
先週アマゾンで購入。(断然お安かった!)



2016_1118b.jpg

最初は臭うので外で1週間くらい日干しした。

これのすごいところは、物をどけずに
ふぁさーーーっとホコリを撃退できる
ところ。

アクセサリートレーの中身もそのままで
ふぁさふぁさやっても、ホコリだけが飛んで
中のアクセサリーはそこにそのままある。

ふつうのモップじゃとてもこんなことできないが
適度に張りがあって羽根先はやわらか~~いコレは
本当に使いやすい・・・!


2016_1118dd.jpg

例えばこんな、プリザーブドフラワーのホコリも
やさしくキッチリ綺麗にできちゃう。すげー!
クリスタルがザラザラ乗っかってるシェルの上も
さっさかやればホコリなしに。
今までは細かい場所は面倒で放置
→ホコリびっしりが湿気で固まってガビガビ
・・・となっていたけど、今後はもう大丈夫ー!


この魔法の杖が来て以来、
毎朝窓を開けて各部屋のPCや棚や机の上の
あれこれをささーーーっとやって(数分で終了)、
双子を園に送って戻ってから掃除機、という
爽やかな数日が続いている。

2~3日に一度やるだけでも全然ちがう。

照明の上にホコリがないのがデフォルト
だなんて、ちょっと前までの我が家では
ありえなかった日々が始まった!


夜、ジョー・マローンの黒いボトルが
ホコリなしで艶々しているのに癒される。


マキタの掃除機にこのREDECKERで、
役者が揃ってきた感がする 個人的にヽ(^。^)丿
あとは、
無印の木の取っ手のモップが欲しいなー
そして最後にルンバ!




パパ部屋大掃除で、例のイライラが成仏

まだまだ観たい作品はストックし続けているものの
1日で映画を2~3本観ないと発狂しそうだった
あの状態は治まった。

自分で自分の位置づけがうまくできたらしい。
仕事と映画たちのおかげ。ありがたい。


パパ部屋が、いつの間にか汚部屋に逆戻りしていたのを
金曜の夜から日曜にかけて夫婦で大掃除したら、
さらに完璧に気持ちの切り替えができた。(我ながら謎)

2016_1114a.jpg


先週頭に、たぶん今年初の強烈な夫婦喧嘩をしてしまい
久々に「口もききたくない」状態になっていたのだが;;
パパ部屋大掃除2016をもちかけた所、夫も立場の
改善が必要と思ってか土曜は丸一日協力してくれた。


今回一番なんとかしたかったのはベッドの下と
ベッド足元のデッドスペース。

2016_1113b.jpg 

いつもここに物を蹴り落とす夫。
子供の絵本や、秋中旬に着ていたカーディガン、
タオルケット、ブランケットなどなどがミルフィーユ化。
たまに私がリセットするも、すぐまたこの状態になる。

こんなスペース、いらない。。。ベッド下の不用品も。


そして何より、カーペットの劣化も気になっていたので
思い切って捨てることに。これが大正解だった。

2016_1113c.jpg 

部屋から出せるものは全て隣室へ運び出し、
7年以上敷きっぱなしだったカーペットを剥がすと、
床全体に「ビーチの砂よりも超微粒子な
薄気味悪いうぐいす色の粉塵」が一面にモリモリ!!
あまりの量に、思わず悲鳴を上げて固まってしまった。

上の写真は、やっと写真を撮る余裕ができるくらいまで
粉塵が片付いてきた段階。…本当に凄まじかった…

双子にはトトロナウシカを観ていていただき、その間に
ほうきとモップと掃除機でうぐいす色の粉を必死で除去。

あんなもんの上で、夫は仕事しながら飲み食いして
あんなもんの上で毎晩休んでいたのだ。。。オエエエ!

ひとしきり掃除した後、お香を炊きまくった。
ぜったいよからぬものがウヨウヨいたと思う。
(もしK隊長が視たら大量の青い光が蠢いていたはず;)

さようなら、よからぬものたち。もう会うこともないでしょう。



模様替えもしたアフター写真はまた今度のせるとして…

パパ部屋大掃除2016は、去年手をつけられなかった
大物を退治することができ、予想以上のスッキリ感を
得ることができたのだった。

フローリングになったので掃除機もスイスイだわ!


この日、朝から晩まで
ひとつの部屋で2人いそいそと
共同作業しているうちに、件の夫婦喧嘩の方も収束。
より機能的な配置にバージョンアップしたパパ部屋で、
夫の「ありがとう」を何度か聞くうちに
私もやっと「いつもありがとう」の気持ちを
心に復活させることができた。

・・・やれやれ・・・


ちなみに去年のパパ部屋大掃除2015は、
10月に開催されている。
その記録から以降1年間を振り返る限りでは
部屋主の成長はほぼ見られないことが分かる^^

例えばまた私が、双子出産後の長期里帰り時のように
長いこと家をあけたら、ゴミと腐敗物と虫だらけの部屋に
なるんだろーなーー。(あの時は本当に本当に酷かった)

女は変われても、男って基本変わらないって言うし。。

先々に備えて、本当は夫に自分の身の回りは自分で
最低限整理できる人に成長してもらいたかったけれど
私は昨日で、その希望をキッパリ手放すことにした。

これからは、パパ部屋に落ちてる鼻水付きティッシュも
机の上に無数に散らばっている爪や耳垢も
全て私がかき集めて綺麗にさせていただきます。

もう、「これぐらいごみ箱に捨ててよ!」なんて言わない。
ぜんぶ私が黙ってやるよ。

「夜中に台所使って汚したら片付けてよ。
せっかく綺麗にしてから寝たのに!」とかも言わない。

「いい加減にゴミの日は覚えて自分からゴミ捨ててよ。
唯一のパパ担当の家事でしょ!」とかも。。。



K隊長のはからいで、今の私は1日たったの3時間で
以前とほぼ同額のお給料をいただけるスタイルになり、
働きながら主婦業をこなすに絶好の
ワークライフスタイルを確立した。

・・・ので、やらせていただきます。
家事全般と、子供の教育全般と、夫のケア全般。

フリーでもっと仕事取って稼ぎたいなとも思うけれど・・・
(そうすると夫の協力のなさにまたイライラ発狂になる)


本来当たり前のことだったと思って、やります。はい。
双子娘も成長してくれて楽になってきたことだしね!
エ○動画みた後のティッシュ処理も慣れたもんよ~。
(って、あれは娘達の手に触れないようにしないとな;;)

2016_1114b.jpg 

またひとつ、悟りを開いたかもしれない2016年晩秋。

昨日は家族4人でおでかけして、パパにご馳走してもらい、
アパート前の公園で紅葉を楽しみ、穏やかな夜を迎えた。
めでたし!




あ、でも年末に向けて我が家の断捨離と大掃除は
まだまだ続くー。

例えば1枚目の写真で私が着ている真っ赤なニットとか。
15年前に買ったものの、あまりの赤さに一度も袖を
通しておらず、今年こそ捨てるか着るか決めるべし!
とやっと初めて着たのが昨日。

カポに「ママ、6年生みたいだね」と言われた。

分かるような、分からないような…

夫に「ねえ、これどう思う?」と怖くて聞けなかった昨日。
なので、ついに手放すと思う。
ミカエル先輩のが似合いそうだから聞いてみようかな~
イタリア製だし!きっと喜んでもらってくれる。

うーん、それかもう一度しまいこんで
白髪のおばあちゃんになってから着こなしてみるか?

なんて言ってると服減らせないんだけど、笑
でも私のものはさすがにもう相当に絞れてきた。
成長を感じる。

あとは、キッチンと、床全体の磨き掃除に着手できたら
パーフェクト!!
そこへ到達したら、ルンバを購入したいと考えている。
機種ももう決めてある。2番目に安いやつ。

全ての部屋の床に、物が置かれない状態になったら
日々の掃除はルンバにまかせて、
私はモップで床を水拭きするのを日課にしたいのだ。
今はそんなことできてなくて床が微妙に変色してる…

床を磨くと、いいことあるって聞くよね。
ああ磨きたい。
貧乏神がいないとか、
そんなレベルのもっと上に行けそうっ



来年入学する小学校まで散歩

前のブログをアップしてから気づいたのだが
あのマリークワントのパウダーケースは19歳から使っていたので
来年で20年目になるんだった(!!)

2016_1107.jpg

いよいよ感慨深くなり、同じく妙齢のマリクワ化粧ポーチを洗った。
綺麗になったー!すごい。まだまだ使える。
今日も私のメイク用品の全てを納めて、凛としているよ…!

このポーチは、学年1こ下の妹が高校を卒業して就職したころに
私と一緒にマリクワにハマって買って、愛用していたもの。

数年後、妹が結婚して実家を出る時だったかもっと後だったか?
「姉ちゃんこれ使う?」と聞かれて「うん」ともらって以来の仲。

これも愛着がすごくあったわけではなく、サイズがちょうどいいのと
けっこう入るわりに膨らまず収まりがいいので、何の不満も持たず
ずっと私の傍に居たという。
途中でもっと飾り気のある可愛いやつを使った覚えもあるのだが
汚れたりサイズが邪魔になったりして結局これに戻ってる。

今は化粧ポーチを持ち歩かない人になったので
これは24時間CDデッキの横に置いてあるだけ。
今後もたぶんそうなので、20年後もこのままの姿かも!笑



さて以下はタイトルのこと。

土曜日の夕方、双子娘が来年入学する小学校へ
散歩に行ってみた。

2人には私の前を歩いてもらい、歩く速さや道を渡る時や
曲がり角の時や、大通りでの信号待ち中の様子などを
観察し、「入学までに散歩しまくらねば@@;;」と思う。


リポはすぐに走る。道の向こうに犬を見つけて飛び出す系。
カポはお姉さんらしく慎重。でも信号待ちの時、大通りの
ぎりっぎりまでせり出すのでダンプに吸い込まれそうで怖い。

今まで、お散歩道♪という感じのノホホンとしたコースしか
歩かせていなかったので、これから修行だ。
通学路のどこも珍しくもなくなるまで、通り慣れておきたい;;


小学校についたら、学童保育の建物が見えたので窓の傍へ
行くと、土曜だったので生徒の少年がひとり中にいた。
他の子と別の場所で遊んでいる途中で何かを取りに来た?
という様子だったその少年に「だれ?覗かないで」と言われる。

「ごめんねー。来年からこの子たちがお世話になりそうだから
ちょっとだけのぞいちゃったんだー。お部屋たのしそうだね」
と話しかけると、
「うん学童めっちゃ楽しいよ!!こないだはハロウィンで~」と
鼻の穴を広げて興奮しながら少年は楽しさを語ってくれた。
はなくそがビッシリで、まだうちのチビたちと変わらないなあと
可愛く思えた。けど、やはりしっかりしてて頼もしそうでもあった!

リポカポは校庭で遊びたがったが、
サッカーチームが練習中だしまだ関係者じゃないしで
「またこんどね」と学校を後にし、近場の公園で遊んだ。

帰った後は、マフィンを食べながら学研の宿題をやった。

我が家には「おやつ」の習慣がなかったのだけれど
(とくに必要なかった&リポカポの歯が弱いため)
今後「しゅくだい」を毎日するにあたり、2人にこの時間を
楽しんでもらうため、おやつを取り入れることにした。

おやつは、みかんとか枝豆の時もある。チーズも多い。

「がっけんって、だんだんたのしくなってきた」
「ねー、そうだねーたのしい」
という声が聞こえてきてニヤリ。

一時期、内容がステップアップしたとたん分からなく
なってしまった2人。今はまた入会当初のレベルの
しゅくだいに先生が戻してくれたようで、
揃って得意顔ですらすらやっている。

前はこれも私がついてないとできなかったもんね。
でも今はできている。すばらしい・・・!
数字も100まで読めるようになった。

初夏にまだ「いち、に、さん、ご、じゅう!」とか
言ってたのが嘘みたい。
毎日お風呂で唱えるのはやっぱり一番効果的やね。笑

今後も、ゆっくりペースで、「たのしい」と感じられる
難易度で、続けていけたらいいなと思う。




はい、カレーを食べ終わったところで
そろそろ出勤時間でございます。

行ってきまーすっ



男はさておき、女は何歳であろうとガンガン変われる


出勤前にPCで映画を観ていた時に飲んでたお茶と、小物軍団。


2016_1105.jpg

一番左はマウス。黒い服はやめたけど黒い小物は多いと気づく。
デスクの奥行きがないので、厳選してても物が密集してみえる。

お茶の斜め右上にある丸いケースは、気づけば16年も手元にある
マリークワントのパウダーケース。中身はぜんぜん違うメーカーの
真珠とシルクのパウダーだけど、ケースとパフはマリクワのを
まだ使っている。去年、15年も使っていることに気づいた時から
うわーっと愛着が沸いてきた。じゃんじゃん物を捨てる私だが
こうやって長く残っているものもある。一生物になるといいな。


本題。
最近、狂ったように「映画の秋」してる。


朝っぱらからPCで映画を観て、仕事の後にまた映画を観て、
家事を終えて眠る前にも映画を観ている2016年11月。
こんなにアマゾンプライムの世話になるとは思わなかった。

今まで見向きもしなかった類の映画を敢えて選んでは
頭をガツンとやってもらったり目から鱗を落としたりしてる。
私にはまだまだまだまだ伸びしろってやつがありそう・・・
それをどう伸ばせばいいのか分からなくなっていたのだが
いやそもそも伸びしろなんて大してなくてもう終わってる?
映画を観ていると自分に怖ろしいほど欠けているものや
求めていたものを文字通り突きつけられるので勉強になる。

もうごまかしや現実逃避で満足できる年齢は過ぎたので
映画の中ででも人生の現実を直視することで逆に救われる。

しっかしいくら勉強になった救われたと思ったところで
どうしても日が経てば忘れて元通りなのがこの私なので
突きつけてもらって得たものはがつがつメモしていってる。
そして今も読み返してゾッとしたりガツンときたりしてる。

映画を観て衝撃を受けたけど、具体的にそれを言葉に置き換え
できないことなんかは、レビューを次々に読んでいくと大抵
「そうだ、そうです、それです!」
という答えに辿り着ける場合が多いので、楽しくて有難い。
私は感想文が苦手なのでレビュアーの方々を尊敬する・・・!
彼らのおかげでそれらの映画の真髄を落とし込むことができる。


私が繰り返す日常では得られる学びも悩みの答えも限られ、
同じ場所で足踏みしてるだけの時間が多くなりがちだけど
映画はいいな。ほんの2時間で一足飛びで、誰かの生涯を
通しての深い深い学びを裾分けしてもらえる。

今まで私にとっての映画は自分のテンションを上げるための
ものだったけれど、なぜかアラフォーとなった今はその間逆。
夢や希望を打ち砕かれるストーリーが観たくて仕方がない。
たぶん今ワタシ、転換期。
いわゆる「今の自分をブチ壊したい」状態の人。※アラフォー

でも、もっとビッグになりたい!とかそういうんではないの。
もっと小さくまとまりたい、でもないけど笑
とにかく調和したい自分と。

外に対する悩みはないんだ。
仕事に対する悩みもないんだ。
むしろ幸せしかない。
フリーの仕事でも新規をいただき、
歯の噛み合わせ治療も順調なんだー。

でも家に帰るとイライラする。

居心地最高のリビング、めんこい双子娘と夫。
なんだかんだ健康な体に、天職を与えられている自分。
ほぼ全てを持っているくせに、毎日毎日イライラする。
何が何だかわからない。(・・・生理前でもない)


そんな私の前を、K隊長が今日も進んでいく。
出会った当時は衝突しまくったK隊長。(47歳バリキャリ主婦)
親会社の先輩に、「kと衝突しない人なんていないよ」と
あの当時はよく慰めてもらったっけ。。。

どんな人だよこの人!!とキレながら泣かされてた頃が
嘘みたいに思えるほど今のK隊長は別人級に進化していて
この調子でいくと50代の彼女は神格化されているのでわ
と思ってしまうぐらいだ。

基本的なところは変わっていないのに
全然違う。

今日もあなたに会えて私は本当に嬉しい!と
毎日何度でも思える存在。・・・すごくないかそんな存在。
そんなK隊長はフルオープンで私に心を開いてくれてる。
私も全裸状態以上の勢いで彼女に心を開いているとも。
1分話すだけで爆笑できる楽しすぎる。

K隊長が現れると、
お子さん3人と犬2匹と旦那さんと、私が群がる。笑

ゲスな話しかしてなくてもとにかく晴れ晴れするのよね。

私が日々こんなに救われていることに
彼女は気づいているかしら。。
私の満面の笑顔で大半伝わってはいると思うけれど。


今、一つ残念で、自信を持って言えることは
私は間違いなく誰の救いにも希望にもなれてはいない!
ということだ。

だからイライラしているんだったら話が早いんだけど
私は身勝手なタチなのでそんなことではイライラできない。

だけど『レボリューショナリー・ロード』で
ケイト・ウィンスレットが演じたエイプリルの痛さには
ガツンガツンきた。(今、この時期に観れて良かった)


調和。調和。調和したい。
上がっては落ちることも爆発することも壊すことも
もういらないーーーーー。調和したいーーーーー。
なにこのブログー

はたから見たら別に「調和」できてるんだろうけど
全然できていないんだこれが。

ということで、
地味に発狂してる脳みそが求めるままに、さて観よう。
次の映画はどれにしよう。

(動物園ブログの続きどこいった)


sidetitleCalendarsidetitle
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle