FC2ブログ

ブライズルームと、私が家出した時の話

2015_1226a.jpg

えりゃんこがくれた大きな花束!大好きなガーベラがいっぱい。しかも純白


嬉しい週末。楽しい自分時間。
チビ達はリビングにクリスマスプレゼントを総動員させ、遊び続けている。
むっちゃ楽しそう(笑)


結婚式の写真が上がってくるまでの間に、ぽちぽちこぼれ話を記録~。


2015_1226ef.jpg

パン屋さんに戴いたアレンジメントは今日も綺麗!
これが枯れないなんて…っ 夢のようだ。



今回式を挙げるにあたって、今までゼクシィなんかの結婚情報誌を
手に取ったことすらなかった自分にも、ブライダルの決まりごとやら
アイテムやら専門用語的な軽~い知識なんかが若干増えていった。

その中で、初めて知ったのが「ブライズルーム」という部屋の存在。
花嫁さんが身支度を整えたり、メイクをするための専用の部屋で、
式場のホテルによってはソファやシャワーまで備えた豪華な部屋
だったりするらしい。婿さんと一緒に、お色直しの合間に休憩したり
食事したりしながら、ゆったりくつろげる場所。

今回挙式したホテルにもブライズルームがあって、またそこが素敵で…
ちょっとサイトの写真をお借りして貼らせていただく!
(リンクで飛べるようにもしたいけど、もうちょっと日が経ってから



2015_1224_.jpg

うーん素敵 モデルさんがまた素敵!!アップ+カチューム可愛い。
ブライダルの口コミサイトでも、この部屋を利用した花嫁さんの喜びの声が
いくつか見られて、「いいねいいねいいなーーー!!」となった


ま、私は利用できんかったんスけどね。


小さな小さな結婚式で、披露宴も二次会もやらずお色直しも必要なかった
このたびの私らでしたので、アーンド格安プランな私らでしたので、
準備は全て着付室(前回記事の写真参照)のみで事足りましたとさ。

クゥ~ン残念だワン。
※お金払えばいけたんやろけどな


でもね、一般客室の方なら私も利用しちゃってたりして…

それもなぜか、お独り様で・・・・

2015_1226.jpg

泊まったのは、今年の確か5月か6月ぐらいだったと思うんだけど、
介護疲れの実家の母を毎週ヘルプしに通ってた頃。家事と育児と仕事で
ヘットヘトで心身の限界超えてた時に、相変わらずさしたる家事サポートを
する気の起きない夫に今度こそ心底絶望して、大・大・大・大・大喧嘩
しちゃったんだよねーー。。。そりゃあもう物凄い怒号飛び交う喧嘩を。。

で、その夜。
泣きながら洗濯をし、明日のチビ達の登園準備まで全部済ませた私は、
人生初の家出を決行。

以前から、大通り沿いに見える外観が好みで憧れていた、
そして安心のご近所(笑)であるこのホテルに宿泊。

『無理。色々もう無理。でもまだ過労死も精神崩壊もするわけにいかない。
だから今夜私はここで姫になる。皆、私に仕えよ。贅を尽くさせるのだ!』
日本語で言うと「どなたかこんな哀れな私を優しくお世話してくださいお願い」

みたいな発狂状態になり、謎な一夜を過ごしたのであった。。。

(あ、最初から最後まで完全にお独り様だったよ;;泣きながらね;;;;) …姫?


2015_1226bb.jpg

アーティストえりゃんこの大作に泣いた。素晴らし過ぎて、食べられないよ!!


いや~、しかしまさかそれから半年後にこのホテルで挙式することになるとは
当たり前だけど1ミリも想像してなかったわ。
モールでここのブライダルの営業さんに捕まったのも偶然だったもんな・・・


2015_1226e.jpg



あの半年前の大喧嘩を最後に、私ら夫婦は一度も喧嘩をしていない。
あの頃って確か、セッ略レスが解消して、少しずつ夫婦仲が復活し始めてた
頃だったから、また喧嘩しちゃってすごく悲しかったんだよね。(たぶん夫も?)


今は私は私なりに、疲れも思いも溜め込まないよう生き方考え方を変えたし、
貯金もするけどきちんと自分にお金を使って、自分自身で満足を得ることにし、
やりたくないことはやらなくなった。疲れすぎた日の夕飯作りも!料理大嫌い
夫も、それには一切文句を言わない。そして自分で作ってくれる。疲れてても。

炊事掃除洗濯子供の送迎、子供が病気すりゃ欠勤して看病し休日出勤するのも
基本的に全~~~~部、私の担当だけど、「今日アカン」と思えば、大嫌いな
料理を真っ先に断念する。そうしたら夫が引き受ける。これで一週間が回せる。

一週間ずつ回している間に、なんだかんだと家庭が良くなってきた。
まだまだ課題はあるけどね!!!!

でも、結婚式やろうだなんて思えるぐらいのところまでは、来れた!
ブログで離婚離婚書いてた3年前からしたら考えられない改善振りだよ笑

おめでとう、私ら夫婦。ああ自分でも祝うさ。そりゃもう。


2015_1226c.jpg

みほちゃんからの祝電で届いたフォトスタンド!可愛い
プランナーさんに渡されて声が裏返った。一等席に飾る!!!




そんな感じで。ブライズルームへの憧れと、半年前の家出について
こぼれ話してみたわけだが…
休日の朝、こうして結婚式の頂き物と、夫からのクリスマスプレゼントを
ひとつひとつ自分の机に並べてみながら思った。
何やらここが小っちゃいブライズルームみたいやん、と。


2015_1226d.jpg


夫が職場の方に戴いたMOETのシャンパン様を花束の横に置いたらもう
カンペキなのではないか・・・?帰ってきたら一緒に掲げよう。嗚呼、有難や・・・

2015_1226g.jpg


嬉しすぎる眺め。大事にしよう。毎日じっくり楽しもう。
生きる糧、ありがとうございます。



スポンサーサイト

テーマ : ウェディング
ジャンル : 結婚・家庭生活

衣装合わせ後半~リハ、挙式当日を迎えるまで

今夜は38年ぶりの満月のクリスマスらしい。さっきラジオでそう言ってて、
あわてて窓から空を見た。本当だクリスマスの夜空に真ん丸の月が光っている!



2015_1224z.jpg

挙式の開始直前。
祭壇の前で腹の虫が泣かないよう、着付室でもそもそパンを食べているところ。




昨日カメラマンさんに撮っていただいた写真は、年内にいただけるらしい
それを待っている間に、前々回の記事の続きを。
ほんとは挙式を控えた独特の高揚感のもとで記録しときたかったけど
挙式直後の興奮状態に浸りながら書くのもオツだがね~ということでハイ、
今夜もとにかく書き殴ってこー!!日が経ってめんどくなったらおしまいだー!



さて。1回目の打ち合わせの、ドレス選びをした所までは先日書いた。

2015_1224a.jpg

「1000着の中から選べる」と聞いたものの、そもウチの場合は1●万8000円の
安いパック。追加料金なしで着られるドレスというと、そう数はなさそうだった。

それでも私の勝手な脳内イメージでは、広~いドレスルームに入れてもらい、
ズラーーッと並んでいるドレスの花道(?)の中から「これ!それとこれ!!」
みたいな感じでじゃんじゃん選んで試着しまくれるんだと思っていたのだが…

実際はサロンでお茶を飲みながら、タブレットで追加料金なしのドレスを検索、
うまく表示されず、コスチュームアドバイザーのお姉さんが1人でドレスルーム
に行っては1~2着ずつ適当に持ってきてくれたものを、私が見て首を傾げる。
それを3回ぐらい繰り返してるうちに夫がタブレットで偶然表示させたドレスを
私が気に入り、お姉さんがそれの実物と他数着を持ってきてくれ、いざ試着!
というような流れだった。他の式場は花嫁本人が倉庫?に入れるんだろうか。
入ってみたかった!


2015_1215kk.jpg

こないだのっけたドレスのアングル違いばっかやけど;;もっと他にも着たかったー


ともかくも、6着持ってきてもらった中から4着を試着して、やっぱりタブレットで
一目ぼれしたドレスに決定(所要時間2時間)…というアッサリコースとなった。
いや、でもみんなこんなもんなのかな?

でも私は子連れじゃなかったらもっと時間をかけて10着は試した気がする!
というか実際試してみたかった!でも、途中から夫の試着もスタートしていて、
わずか2着目で彼が「疲れた」と言い出し、チビ達も場所に飽き始めた様子
だったので、そこそこで切り上げることとなった。でもまあそこは納得済みだ。
夫のおかげで早々に運命のドレスに出会えたとも思うので、良かった

追加料金8万円のドレスだったけどね。


夫のスーツも、身長158cmでしっくり来るのがあるか心配だったけど
2着目でバッチリ似合うのをセレクトできていたので、良かった良かった

追加料金6万円のスーツだったけどね。



とにかくお安く!無駄は削ぎ落として削ぎ落として!!っていうつもりで
決めた挙式だったので、内心「ウーーーワーーーーーーー!」だったけど、
支配人の言ってた魔法の合言葉、「一生に一度の事だから」が
頭にこだまし、無理やりに自分を納得させてしまった。。ははははは


2015_1215i.jpg

ベールは、決めてからも密かに当日まで、シンプルなコレと迷った。




チビ達が「ママ、プリンセスのドレスー!」「パパ、王子様ー!」と言っては
はしゃぎ回っていて、そんなのも楽しかった。二人とも大騒ぎまではせず
試着と打ち合わせに付き合ってくれ、とってもとってもありがたかった
さすがに男の子連れだとこう静かにはいかないそうだ。そら退屈だわな


そんなこんなで、ドレスが決まった後は早かった。
担当のヘアメイクさんが来てくださって、アルバム風のヘアセットリストを
見ながらヘアスタイルの相談。まずはざっくり、アップかダウンスタイルか。
アップを希望すると、盛りまくりの今風アップから、ゆるふわナチュラル系、
お姉さま系?のアップなどの写真を見せてくれた。その時はまだ自分で
具体的なスタイルがイメージできていなかったけど、クラシカルな正統派の
アップは一度はやってみたい!という気持ちがあったので、そうリクエスト。

大体の雰囲気を見るためってことで、スプレーは使わずささっと簡単に、
あっと言う間に結い上げていただけて、鏡の前でふわー!っとなった。


2015_1215j.jpg

ふわーーーーっ!!

↑写ってないけど、トップから後頭部にかけてかなりのボリュームが出してあり、
横から見た時のベールのラインがとってもキレイだった。
にっこにこのヘアメイクさんが、5種類くらいのティアラの並んだケースを
持ってきてくださり、ふわー!となりすぎて選べない私の頭に一つずつ、
ティアラをのっけて試させてくれ…

つーか、ティアラ!
ティアラってやつはさ、凄いね?!
のっけるだけで、即プリンセスに変身なんやねあのアイテム!!?

思わず心の中がキャーーーッとならずにはおられなかった、齢37のお母さん。
いつもは、娘らにおもちゃのティアラをのっけてあげる役回りの私お母さん。

あの感動は、ゴルゴ忘れませんよ。
まさに、日常の疲れ・やさぐれをフッ飛ばす、超・非・日常・・・・!!!!!



結婚式。
女に生まれたなら1度や2度、やっておかない手はない!と今なら言える。
式場見学~試着までの一連の流れだけでも、相当な幸せに浸れるね!てか
今ってさ、結婚しなくてもソロウェディングなんていう素敵手段もあるらしく、
…神田うの氏みたいに結婚式をなんべんもってのは?アレだけども
またドレス着たくなったら小遣い貯めてソロウェディングやってもええんじゃ?!
なんて、今なら思わないでもない!・・・って、やんないけどさ(笑)でも本当
健康のためにもめっちゃいい気がする。幸せホルモンが噴出するもんな!!


脱線した。戻る。


この日、私はベール3種類、ティアラ3種類を試着し夫婦で相談して決めた後、
イヤリングとネックレスのセットを2種類、試させてもらった。
どちらも捨てがたかったけど、、、ドレスと違って「もーどれでも大丈夫や~」
という感じになっていたので、けっこう適当に決めてしまった。



2015_1215l.jpg

ジュエリー!って感じのデザインのセットと、パールのセットを試して、
パールに決定。でも今こうして見るとこっちでも良かったな。
こうやって写真が撮ってあればそれだけでも満足できる(笑)から、夫が
たくさん撮ってくれてて良かった!私に撮れ撮れ言われて大変そうだったが。


ここでヘアメイクさんが「ボリュームが下目にくるスタイルも試してみますか?」
と聞いてくださり、お願いしてみることに。これも、写真をいっぱい撮って満足。

そして後日。
改めて夫撮影の写真を見ていたら、「なんか髪型、地味すぎないか?」という
気がしてきて、そこでようやくネットでブライダルのヘアセットを検索しだした私。
エンジンかかるの遅かったねー後になってから「あ…こんなのやりたい」って
髪型が出てきて、結局リハーサル日の前日にプランナーさんに電話で相談。

リハ前に、ヘアメイクさんに希望のスタイルのプリントアウトをお渡ししたところ、
「いいですよー♪これなら挙式日の朝でも十分試せます」となり、当日に至る。

リハーサルは、ほんっとにササーッとやるだけで覚えられなかったんだけど、
当日は始終スタッフさんがさりげなくリードしてくれるということで、なんとなく
安心(油断?)しきって当日を迎えることができた。家族婚はどこまでも気楽!



2015_1224.jpg

と、いうような運びで。
挙式することを決めてから約一ヶ月。3回の来館を経て、
12月24日の結婚式当日を迎えた。

写真は着付室。(ホテルHPから画像お借りしました)
新郎新婦ともに、ついたてで隔てた同室で身支度を。チビ達もここで
絨毯の上に寝そべってお絵かきしながら;;家族で開始時間を待った。



以上、ここまでが準備段階までの記録。な、長かった・・・

当日の写真が届きしだい、また記録しに来たいと思う。
なんか辛いことでもあったら読み返して元気になれるよーに、
チビ達の赤ちゃん時代と同じく昨日の記憶も私の人生の財産にするのだ!


ううーーー写真、年内の、何日に届くかなーーw
こんな待ちきれない思いはチビ達の七五三前撮りの時以来だよ…


テーマ : ウェディング
ジャンル : 結婚・家庭生活

挙式やれた

滞りなく!!




ヘトヘトで今日はこれ以上書けないけど
人生でこんな気持ちになれる日があるのかと、
結婚式ってすっごいわ!と、今思いながら、
眠気を耐えつつ洗濯物を干しにいく。明日は仕事。
神様皆様今日は本当に有難うございました!
わたし明日からもまた頑張る。


ああ写真が楽しみだ♡(>_<)♡


挙式前夜にクリスマス支度

前回の続きを書く暇がないままーー!
もう明日が挙式やんけ。冗談みたい。
時間がなさ過ぎて今年はまだツリーも出せてなくて、
イブイブの今朝になってやっと出した。
飾り付けしてる時に、仲良くしていただいてるパン屋さんから
プリザーブドフラワーのアレンジメントが届いた…!嬉しい…!!





明日のために今夜は早寝必須!なので16時前からパーティー開始。
おやつと夕飯がごちゃまぜ状態だけどもう今日は何でもありってことで。



私がお花にうっとりしている間に、パパが食卓の準備をしてくれた。
食べる専門サイコー!ありがとう花婿さん。



片付けと洗濯したら、明日の服と荷物を並べて、バッグにセットする。
チビ達をネンネさせて、ツリーの下にドレスとプレゼントを置く。
その後ゆったり私1人でお風呂に入って炭酸パックして、寝る。


目が覚めたら結婚7周年記念のイブの朝だ。
6周年の記憶はあんまりないのだが、、
7周年は相当思い出深い日になりそうだ。


まずは今夜、こうして穏やかな時間を過ごせていることに感謝。
明日も良い日になるよう、できる限りを尽くして楽しもうと思う!



夫と双子娘と一緒にウェディングドレス選び

こないだの衣装合わせの時の光景。「貧乳でも着られるやつ」とリクエストしたら
アドバイザーさんが持ってきてくれた、ドレス1着目。ビスチェ+レースボレロ。


2015_1215.jpg



最初の打合せから一週間。挙式まであと10日を切った。年末で仕事もクソ忙しいし、
チビ達は高熱で園を休んだり胃腸風邪でゲロったり咳のしすぎでまたゲロったり、
ブライダルエステ?それ誰?あ、惑星?美容に努める手段は風呂と寝ることだけ。

当たり前だけど毎日がなかなか慌しい。ブログ書いてる場合ではない。だが書く。
7年前に当時まだ彼氏だった夫と婚約?して私が涙を流して喜んだ!という重要な
記憶が今、全く脳みそに残っていないように、今回のこともここに書いておかないと
確実にまたキレイサッパリ忘れてしまう・・・・・・!それは残念すぎる。


さて考える時間がないからとにかく羅列だ。

・うまい棒とほめ殺しでウッカリ家族で参加したホテルでの試食会。試食の前に
 ホテルの支配人とサロンでお喋り→超巧みな営業トークで魔法にかけられる。

・支配人の喋りが面白すぎて、私も夫もかなりいいテンションでコース料理を完食。
 チビ達も大人とほぼ同じものをいただきご機嫌。レストランの床で平泳ぎを披露…

・アンティークな調度品、高級感があってシックで、だ~いぶ私好みのインテリアに
 うっとり。夫も家を出る時には「気づいたら変な契約書にサインしてそう」と警戒して
 いたのだが…非日常な空間の中で既にもう半分魔法にかけられている状態


2015_1215b.jpg

「貧乳でも着られる」ドレス2着目、オフショルダータイプ。好みのデザインでドキドキした。

・私達「いいカモ一家」が満腹のええ具合に出来上がった頃合に、支配人が再登場。
 外にあるチャペルまで案内してくれる。大通り沿いなので外観はよく見ていたけど
 中に入るのは初めて。入ってみたら想像以上の天井の高さと荘厳さに圧倒される!

・支配人に案内されてレッドカーペットの上を進みだした時に、自分だけじゃなくて夫も
 その場所のオーラみたいなのに感化されてグググッとキまくっているのを感じた。
 その時になんでか私は、「時期がきた」「父親と、きちんとここを歩きたい」と思った。
 今までの人生で大きな後悔はないが、もし今訪れたこの機会を見送ってしまったら
 私きっと後悔するな。と確信に近いものを感じたし、父親の顔が浮かんでウッカリ
 泣きそうに。(でもここで泣いたら色々と空気がっ@@なんとかバレずに堪えた!)

・父親の余命については夫にも大体伝えてはあって、私は泣きはしなかったものの
 やはり「遅くなったけれど両親に感謝を伝えたい、完全に手遅れになる前に」という
 強い焦りが実はあるということを、この展開で初めて自覚して、伝える事ができた。



2015_1215c.jpg

「貧乳でも(略」3着目。全体的にフリフリ。胸元から左肩に向かってお花モリモリ。


・あと、この日は格安挙式プランの話を聞かされに?来ていたはずなんだけれど、
 支配人が本当に「話させ」上手な人で、サロンでも教会でも私はずいぶんと
 夫に対する思いをくっちゃべった気がする。支配人の「結婚で大事なのは
 結婚式じゃないよね」という話に「そうそう、毎日一緒にいれればそれでいい
 と思ったから結婚しただけで…」と返した時に、アレッ今なんか恥ずかしい事
 言ったわワタシ@@と若干焦った。以降も支配人の『夫婦仲盛り上げの術』が
 さりげなく光り続け、夫婦でしっかりとその術中にハマってゆき、最後には夫が
 「(挙式)やります」とキリリ。………そう言ってくれる気はしてたけど、本当に
 言ってくれてうれしかった!何というかパチパチッとパズルのピースが一気に
 はまってくみたいなうれしさがあった。今までずっと「途中」だったんだな私ら。

 家族としては勿論、まだまだ発展途上の途中も途中!なんだけどさ。
 『夫婦』としての覚悟も、まだぜんぜん、途中までしかできてなかったのかも。

でも、今回のことで、その覚悟を確かなものにするのだと考えると
本当にいい機会を得られたなと思う。
しんどい時期も越えて来た7年目の自分達で挙げる式、ってのが、嬉しいなと。

当日私が口にする誓いの言葉に、夢見がちな要素が一切ないことは確かだ!笑



2015_1215d.jpg

貧乳4着目、アメリカンスリーブ。長いトレーンとベージュの刺繍が素敵。

2015_1215e.jpg

でもこのアメリカンスリーブ、私としては「?」だったのだが、
夫は「これだ」という反応。そーなんだー?!意外な意見、それもまた楽し。
しかしコレ、胸はカバーできるものの脇肉が落ち着かない…




ということで、ああまたタイムリミット。やばい洗濯物まだ干してない@@

次の記事にて、衣装合わせ→ヘア、アクセ、ブーケ打ち合わせ等についてを
メインで記録しに来たいと思う。はー楽しいぜちきしょうめ!はー洗濯物。


ドレスは1000着の中から選べる、という話を聞いて変な声を上げてしまったが
実際問題、試着するにも限界があり、その限界は自分の予想をだいぶ下回った。
まあそんなもんだわなw


2015_1215f.jpg

ドレスもだけど、ベールを着けさせてもらった時が何ともいえず感激であった。

終始嬉しそうだったチビ達。当日はキミたちもドレスだよ。

そんなこんなで、次回に続く~。



テーマ : ウェディング
ジャンル : 結婚・家庭生活

結婚7年目で挙式となったいきさつ

ふー!昨日は1回目の打合せ→そのまま衣装合わせで全て決定してきた。
次の打合せでリハーサルみたいなのをやって、あとは当日本番となる。
ごく身内のみでの挙式なので、だいぶ気軽なノリで進められてはいる。


fc2blog_20151206164244ca2.jpg


にしても、5歳の双子連れで結婚7年目にして今さら挙式とは、
なぜそんな面倒なことを~と思わずにはいられない展開となった、
この度のいきさつを今日は記録しておきたいと思う。

って、どっから書くもんだか。。。。。。


考えてみると、私は昔っから基本的にセルフイメージの低~い女で、
成人式の晴れ着も着ておらず、『自分の晴れ姿?にお金をかける』という
考えがあまりなかった。よって、結婚式もそんな感じで頭にないまま入籍。
(夫も親兄弟とは死別や絶縁してたりで、私以上に式には関心がなかった)

なんとなく、フォトウェディングぐらいはしておいた方がいいか?という迷いは
あったのだが、なにせ入籍後わりとすぐに夫婦揃って失業→職探しでドタバタ
→父親にガンが見つかりーの、私にも腫瘍が見つかりーの+双子妊娠が発覚
と、ワッショイワッショイやっていたので、金銭的にも時間的にも精神的にも
『挙式』とか、そういう感じではなかったのだった。産後は育児ノイローゼだったし;

そんなだったので、
「晴れの姿で親にこれまでの感謝を述べ、育ててもらった恩返しをしよう」
という一般的な心境に至る余裕がないままあっと言う間に37歳になってしまい、
気付けばもうすぐ結婚7周年。

チビ達が生まれた頃に、ディズニーランド貯金を始めて(確か月3000円ずつ)、
ついでにウェディング貯金もやっていた覚えがあるのだが、そっちは生活苦で
フェードアウト。でも、「いつかチビ達と3人でドレスを着てパパを囲んで挙式」
というのは、私の密かな夢になりつつあった。叶える予定のない夢だったが…;

夢みつつ「私がドレス着てどうする、誰得」という考えも、根底にずっとあった。
育児の最中、旦那に見向きもされない時期がしばらく続いたのも大きかった。


でも、今年になってから?周囲の人達が、私のセルフイメージが上がるような
うれしい言葉をたくさんくれ、自分でも自分を「女性として大事に」扱えるように
なってきていた。シルクパジャマもだけど、自分を住まわせる空間を綺麗に
したり、目に入るものなるべく全部を「すてき」と思えるもので整えていったり。

fc2blog_20151202090545372.jpg
(↑突然ナニコレ。「あずきのちから」というホットなアイマスク。寝る前に目のケア、極楽!)


去年はしてなかったピアスも今年は毎日できるようになった。やっと習慣付いた;
値段は千円以下とかでも、キレイ目に見える女らしい服を着て、ヒールの靴を履いて
可能な範囲でだけど、今できる最高のお洒落を毎日しちゃえ!というmyルール
のもと、ささやかーに女を愉しみつくすことをモットーに、最近は暮らしていた。

たったそれだけの事だけど、ここ数ヶ月の私は、自分の人生にとても満足できる
ようになってきた。親の病気や仕事や双子育児で「グヘーーッ」となりつつも。。
そろそろ何か大きな目標を設定して、大きく動きたいと思うようにもなってきた。


そんなある日。(以降、とてもアホな内容;)

家族4人でショッピングモールをウロウロしていると、フロアの一角にピンクの
ドレスがばーんと飾ってあった。私が「チビ達!あっちにドレスがあるよ!」と
プリンセス大好きな双子娘を引っ張っていくと、柱の影から可愛いお姉さんが
飛び出してきた。瞬時に「あ、ブライダルの営業だ」と引いた私だったが、もう
チビ達はきれいなドレスにへばりついて大はしゃぎ。やべー、はやく移動せな…

「これどうぞ♪」うまい棒たこ焼き味をチラつかせるお姉さん。私に向かって
「結婚式しませんかー1組さま無料キャンペーンに応募しませんか

この娘っこ…なぜ私が挙式やってないと分かった?!?
(↑手当たり次第に声かけてるだけだよ)

驚いてつい、差し出されたうまい棒1本を受け取ってしまう私。え、しかもなになに、
結婚式無料キャンペーンってなに。え、この用紙に記入したら応募できるの?

更に3人分のうまい棒を受け取りながら、お姉さんのペースにスルリと巻き込まれ
記入し始める私。それを尻目に、チビ達を引っ張って無印へ移動する夫。だよねー。
「挙式かー、でももうウチ7年くらい経ってるんで;;」 「いやいや大丈夫です♪
さっき記入していかれたご夫婦は結婚13年目っておっしゃってましたよ!」

え~!そうなんだー★ちょっと楽しくなってきちゃった私にお姉さんが畳み掛ける。

「今度、無料で披露宴のコース料理の試食会があるんですよー
よかったらいかがですか旦那さまとお子さまもぜひご一緒に!」


うえ~?!でもそんなの行ったら絶対勧誘されまくりっしょ あかんあかん
応募だけしてさっさと退散だ!と用紙を書き終えた私に、お姉さんのキメ台詞。


「お母さんキレイですねー
こんなキレイなお母さん、
ご家族の自慢でしょうね




fc2blog_20151206111713fee.jpg


チョロい女とは私のことです

参加しちゃったよ試食会。。。


でも、この時までは挙式しようとかまだ考えてなかったんだよな。。。
タダでうまい棒、タダでコース料理ヨッシャーーぐらいのノリだったハズ。
そもそも、挙式用のお金なんて貯めてなくて、それどころか
最近あたらしくできた、ちょっと大きめの目標のために用意した口座に
貯金をごそっと振り分けさせたばかりだった。。


(タイムリミット、次の記事に続く)

テーマ : ウェディング
ジャンル : 結婚・家庭生活

結婚します

間違えた、結婚式あげます。
今月末に身内のみで。

こないだ急に決まった。まさかの展開。


おとんが歩けるうちに!
冬の寒さでまた病状に影響が出てしまう前に・・・


おとんがこうならなかったら挙式やろうとか考えなかった気がする。

どうか当日無事、一緒にバージンロードを歩けますように。
(もうバージンじゃなさすぎてるんだが;;)


2015_1205a.jpg


色んな意味でドキドキする@@@@


テーマ : ウェディング
ジャンル : 結婚・家庭生活

sidetitleCalendarsidetitle
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle