FC2ブログ

おっぱいどうして

はい、夜中の日記です。


リポカポの髪を洗う時は、赤ちゃんの時からいつも私の膝の上に
向かい合って座らせて洗っている。
そろそろ、こうして洗うには二人も大きくなってきたので、
今後どうしようかと考えたりする近頃。

今日もカポを膝の上にのっけてシャンプーをしていたら、カポが
「ママ、おっぱいが下…。上なのに」
と言う。

最初意味が分からなかったのだが、すぐに私の乳が垂れている件について
言及しているのだと判明。

リポカポは、ディズニーやプリキュアなんかの女の子キャラの胸を見ては
「早くおっぱい大きくなりたい」などとよく言っており、日頃の観察が進んだ結果
ママのおっぱいのフォルムが間違っている事に気付いてしまったらしかった。

カポ 「どうしてママのおっぱい下?」

加齢によって垂れたからですが… この意味、通じますか。

私 「疲れたんじゃない?」

カポ 「つかれると、下?なんで、つかれるとおっぱい下?」

私 「おっぱいに聞いて

カポの髪をしっかり洗ってやりながら、『この話、早くパパにしたい!』と
ウズウズ。明日事務所で社長と先輩方に会えたら真っ先に聞いていただく。
カポに少し常識が身に付いてきたら本人にもこのネタを聞かせる。
全くもって失礼だけど可愛い。失礼こきまくりすぎて可愛い。罪が無いね。

私もよく母親の乳を見て、茶色いだの乳首がでかいだの言ってたっけ;;;
「あんたたち(私と妹)が吸ったからでしょ!」と冗談半分でキレられてたっけ。
いやはや、罪深いね。笑
明日母親にも電話でこの話しよ。

リポは、ママの乳のフォルムやサイズなどの細かい?点までは
とくに見ていないのか、とりあえず、お風呂に入るたびに「おっぱい」と
言って短時間吸っている。赤ちゃんごっこらしい。何歳までやるだろう。


風呂から上がったら、カポがガチガチを歯鳴りをさせて「寒い」をリピート。
のぼせてたはずなのに? 厚手のパジャマを着せたら収まったものの、
嫌な予感的中。そのまま熱を出し始めた。

布団に入れた時は7度2分。明朝までにどうなるかな。
明後日は情報誌の入稿日。。。

でも私は落ち着いてる。
熱を出して嬉しそうなカポ。ご機嫌のカポはしみじみ可愛い。


今夜は洗濯物を干しながら、先週借りてきた「風立ちぬ」を観てた。
あちこちがドリームタイム。
監督、弾けてるな!観ているとこっちも勝手に生き返らされる。
あと自分は日本人だなと知らしめられる。音とか色に。すごいや。
日本の未来に戦争は無しで頼む。ああ誰に頼めばいいんだ一体。

DVD返すまでにもう1回観たい。
映画館へ行けば良かったな!




私信:たかちゃん。ガシッ!!いっくんもとは意外だ!!そうなのかっ
やっぱりわざわざ悩みこむような事ではないんだね。
今日もカポ、園で一式びしょびしょにして帰ってきたよ(笑)
おかげでこれからぜんぜん気にしないで見守れそうやわ・・・


私信:Kちゃん。そぉなのおお~~~?!
なんだよー安心したよーー!!そんなパターンもあるのね。皆色々か。
今の立派な姿(笑)を知っているだけに、説得力があるわ。ありがとう!



スポンサーサイト

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

「当たり前じゃん!」

fc2blog_20150509192417120.jpg


新社会人と高校生の娘さんがいる友人が、チビ達を見ては
「こんな頃があったのになあ。小さい。かわいい」
と言うので、
「つい大変さにばっかり気を取られちゃってんだけど、
 やっぱりこの小さい時期は楽しむべきなの?」
と改めて聞いてみたら、タイトルのご返答をいただいた。

ちなみに、十代後半は全く可愛くないとおっさる(笑)
そうなんだろうな。自分の十代後半を思い出せば分かる。。
(大人になったらまた変わってくるんだけどね…)


こないだ、わりと着替えが早く終わったカポに
「おおー!もう着替えができたの?かっこいい~!」と言ったら

「別にかっこよくないし」

と返された。幼児独特の、とても愛らしいハスキーボイスで。

それを聞いた瞬間、頭の中で「ガーン」という音が………
と同時に、カポの言葉を「可愛くない」とハッキリ思った私。
ああ、こうして我が家の天使その1はますます天使じゃなくなっていき、
私の未熟な母性もどんどんこじれてしまうのだろうか。

一方リポは、着替え終わって「リポ、かっこいいー!」と胸を張っていた。
この子が可愛いのはいつまで続いてくれるかな(涙)
続いてくれなくても母親がめげるわけに行かないのがつらいところ。


年中さんになったリポカポ。
年少の時もそうだったけど、リポはクラスの中でも一番行動が遅い。
カポはそうでもない様子だが、今だに園でお漏らしをして帰ってくる。
年中の中では、こんな風にほぼ毎日お漏らしするのはカポ1人だそうだ。
「別にかっこよくないし」とか嘯くクセして、今日は昼間っからオムツのカポ。

ばぁばには、「病院に連れてった方がいいんじゃないの」と言われ…
先生達は、「小学校に行ってもこうなら気になるけど、今はまだ小さいから」
とのこと。私もそうだと考える。とくに病的な事ではないと感じている。

それよりも、リポのみんなとのズレ具合の方が心配だ。。。全てが遅すぎる。
だけど、私もそうだったからなあ。
小さい頃のあだ名は「のんびり屋さんのノンちゃん」だった。
でも、リポよりは「行動が遅い」自分に危機感を持っていた気がする;;

のろまな私はともかくとして、パパに至っては集団生活が全くできず
保育園には通えていなかったらしいから、こっちの方が遺伝的に怖い。
当然幼稚園にも通えず小学校からやっと集団生活を始めたというパパ。

色んな意味で、先が思いやられる……

肝心要の、運命を味方に付ける術を、どうか身に付けてくれますように。
どうか私が、根気良く娘達を見守れる母性を持つことができますように



fc2blog_20150509191920801.jpg
初めてのイチゴ狩り中のリポ。リポは狩り専で、カポは見事に食べ専で写真にも写ってない;;


今日は、K隊長オススメの「ターザン」を観た。
ディズニー映画はあらかた借りて観たけど、ターザンはまだだった。
大人になって初めて観た「ターザン」。観はじめて数分で涙がドロリと出てきた。
ストーリーはとても面白く、私の隣でリポカポは声を上げて夢中になっていた。

まだ赤ちゃんのターザンを育てていく、ゴリラのカーラの表情を見ていたら、
リポカポを壊れ物のように大事にし、怒鳴った事なんて一度も無かった頃の
自分を思い出して、なんでか変に泣けてきた。

いやいや、私には始めっからカーラのような母性は備わってはいなかったけど、
でも私にもそれなりに、ただひたすら優しく出来ていた時期が確かにあったん
だよなあ…、と。それが、こんなになっちゃって、もうとても戻れそうにもない。
…なんて打ちひしがれてないで軌道修正したいと常々思ってはいるのだが!!

ゴリラ達の群れの中で握力もなく手がかかる人間の赤子、浮いて馴染めず
差別を受けるターザンを、同じ生き物として尊重し大切に育てるカーラ。
あれを観ていたら、それに対する自分のチンケさにめまいがしそうだ@@
学年で1人だけお漏らししてくる、学年で一番行動が遅い。
それが何だってんだ。っていう話だ。

でもやっぱり、2人の子供が揃ってこうだと私のダメージは小さくないのだった。
リポカポはいまだに1~10の数字が言えない。3歳前から教えてるのに。
ひらがななんて、自分の名前意外は「し」しか分からない。
家で二人に教えていると、危機感でイライラして頭がおかしくなりそうになる。

世の中キレイ事だけじゃ渡っていけんはずだ。。キレイ事にも真理はあるが。



まだ仕事に忙殺されていた3月のこと。
時刻や車のナンバー等で、あまりにも「23」という数字を見るので怖くなり、
会社でイベントがあった時にスキマ時間で霊視をしてもらった事があった。(初)
もともと、23は十年以上前からよく見る数字で、自分のラッキーナンバーだと
思っていたのだが、最近の遭遇率が異常すぎて恐ろしくなっていたのだった。

60過ぎの、優しくて普段は超天然ボケの占い師さんに視ていただいた結果は、
「23は強烈な数字」
「あまり良い数字ではなく、23から解放されないとあぶない」
「前世が男性で、その男性が23という数字を通して警告してきてる」
「23に関する何かを、○という漢字にたくした」←○は私の名前
「家庭と、職場でも、自分が希望の星であることを自覚しなければならない」
「自覚が足りていない」
「自覚を持って『希望の星』になることで、23から解放される」

「このままではいけないよ、修正せよ、という警告だよ」と続ける占い師さん。

「お子さんは?」と聞かれたので、「娘2人がいます」とリポカポの名前を言うと、
「リポさんはあっけらかんとしてるから大丈夫。カポさんが心配だって言ってる」
(↑前世の男の人が。もしかして例の「奥さんっ!」って呼んだ人だろうか;;;)

カポのことを言われたら、急に涙がぶわー!っと出てきた。

その日、紙に書き込んだメモがあるので以下に転記しておく。

・占いを受けた9日は「寿」、数字の頂点。ここで段階を変える?という日。
・カポにもっともっと愛情と光を。
・仕事をしてても、「今、どうしてるかな」と気を向けてあげて。
・疲れていても、少しでも愛情を注ぐ。もっと言葉をかける。
・自分可愛さばかりで出来ていないのではない。本当はできる人。
・まだ育児ノイローゼを引きずっている。無理はしなくていい。
・リポカポとも、けがれも病の影も見えず、まっさら。今なら間に合う。
・23を見た時は、自分を修正しなさいというサイン。子供をではなく自分を。
・子供達に光を向ける事で、3人とも幸せになり、それを見るパパも幸せに。

「努力は全部、あなたに帰ってくる。ちゃんとできますよ」

最後に、占い師さんが笑顔でおっしゃった「お幸せに」が、物凄く嬉しかった。



この時の事は、霊とか過去世とか「???」な私にもやはり衝撃で、
以降、なるべくカポを特に気にかけ、
気管支炎で初めて顔を合わせた医者に「仕事7割」と啓示wされてからは
より家庭を優先にしていけるようシフトチェンジし、、、
だけど、やっぱり、どーーーーーしても、カポとは心が衝突してしまう日々。

4月になり、進級したカポの出席番号を見て「ウウッ!」となる。
23番……
肝に銘じ直せと言われているようだった。
(ちなみに別のクラスであるリポは24番だった)




fc2blog_2015050919404804f.jpg

カポとデート。巨峰ソフトを食べ、ワークショップでコースターを作り、インドカレーを食べた。


あと半年余りで5歳になる、私の娘たち。
自分でも分かる。娘たちがどう転がるかは、パパではなく私にかかっている。
パパ含め、我が家そのものがどう転がるかが私にかかっている。。。
(どうやら会社までも。面接時からA顧問に「救世主」ってプレッシャーかけられてる)
重い役割だなあ 絶対そんな器じゃないのに… 前世で逃げたツケってか?


私は逃げずに頑張り続けられるのだろうか。…特に母親業。
正直、自信がない。


もっかいターザンを観よう。
さすがディズニー映画、母親視点抜きにしても面白い!
出会えて良かった。


sidetitleCalendarsidetitle
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle