FC2ブログ

双子4歳ハッピーバースデー

今年の双子娘の誕生日は土曜日。朝から忙しかった。
まずはカポの病院…まだ止まらない咳の薬をもらいに行くのから始まり、
昼間は素朴に、ちょっとだけ特別?なことをあれこれやって、
シメは去年と同じケーキ屋さんにオーダーしていたミニーちゃんケーキ。



前々日の夜に、またもや夫婦喧嘩をやらかしたばかりだったので
誕生日当日はどうしようかと若干アレだったものの。そこは夫婦ともに
ちゃんと切り替えて、チビ達には楽しい1日を送って貰えたと思う。。


リポカポは、ドレス+かねてよりご所望だったティアラ(500円)で着飾って
「4歳はいつもニコニコ、仲良しでイイコでがんばる」との誓いを立てて
くれたはずが、、、その翌日である今日、ブログ更新中の私の背後で早速
物の取り合い大喧嘩をブチかましとります…。今日これで何度目だよーー
う、うるさい。。叫び声で耳がキーンとなる。ひどい罵りあいだ。。。醜い
4歳からは知的で優しく美しい『プリンセス』になるんじゃなかったのかよ。

って、分かってるわよ。なるわきゃねーわな。
だって30代半ばのママですら、誕生日が来たぐらいじゃ変わらないものねぇw 

本日も、そんな変わらぬ一家の日常が過ぎてゆく~


だけど確かに、遅れぎみながらも双子は徐々に成長してくれており、
パパも元気でお勤めしてくれており、
私も楽しく働けており、
掃除すればちゃんと綺麗になるアパートで、お腹いっぱい食べられる毎日。
多くはないけれど貯蓄があって、パパの部屋には小銭が転がっている…
有名な「世界がもし100人の村だったら」で例えるなら、
私らは100人中で8人しかいない恵まれた層にいるのだな。
(パソコンなんか持ってるのなんて100人中でたった2人だったはず)


そんなわけで、
今年も我が家は愛娘たちの誕生日を、豊かに幸せに過ごす事が
できたのであった。そのことに感謝できる事に、また感謝なのであった。


隙をみて、誕生日の写真と1日の記録を追々アップしていきたい。
おやつの時間になったので、
これからケーキの残り半分をたいらげます。




テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

そして誰もいなくなった…?!



入社した時はここで7名の女性達が賑やかに働いていたのだが、
異動や退職で1人減り、2人減り、3人減り、ついには先日より
K隊長&大先輩ミカエルさんまでもが他部署のヘルプで駆り出され…

この広い?事務所で、最近は私ひとりがポツンと
…いや、『ポツン』と表現するにはあまりにクルクルと
立ち回っていて空気が騒がしすぎるのだけれど´д` ;

でもほんとに、ひとりぼっちで仕事をしている。。。

電話の応対も接客も、管理系も、本業のデザインも文章を起こすのも
もう上の指示を待たずに提案→採用されるの流れが出来てて
わ~自分、使い物になるコマに育ってまったなぁと感じる。

もはや超人的存在に思えるK隊長とミカエル先輩は、有能すぎて
今度はキーさんのお店のコンサルみたいな任務に就くことになり、
行って早々に客入り率を大幅アップさせている様子。
その場に居るだけで運気をアゲるお二人……持ってるなぁぁぁ



そのようなパワーは特に持ってはいない私、昨日はお熱のカポを
お膝に抱っこした状態で、このガランとした事務所でテンパっていた。
半年ぶりの子連れ出勤、やっっぱり集中できずしんどかった!!


カポは熱が7度4分の風邪っぴきで、元気ハツラツだけど登園はNG。
かと言ってこの日は隣県のばぁばの所まで預けに行く余裕もなく、
仕方なくカポを連れてひとまず出勤。
最近考えていた、
今後の在宅勤務についてを社長と隊長にご相談してみたのだった。

今までは実家頼みの綱渡りでなんとか凌いできたけれど、
今後は本格的にじぃじの介護で忙しくなるばぁばに無理させたくない。
それこそ、ばぁばが風邪でもひいたら私は両親の世話役として
実家に帰らせていただくので仕事どころの騒ぎじゃなくなる(@_@)

病児保育って手もあるけど、私の薄給でやったら大赤字だ!



と、いうような事を話してみた結果、
まだクリアできない問題点が多いため、あえなく保留。となる。。
が、会社側もうちの事情は全て知っているだけに、
前々から私の今後の働き方について頭を悩ませていたらしく、
何とかなるように皆で検討を続けて行こう!という事になった。

この冬は特に特に、双子の病気と締切りが被る危険が相当高い。
このまま、私以外にデザイン編集する人間を増員せず続けるなら
在宅でやれる環境も作らんことには取引先に被害が及ぶ事態も
避けられなくなるはずで…(園でインフル流行り出したしさ!)



私は自分のピンチも会社のピンチも回避したい~~っっ
昨日の段階でクリアできないとされた問題のうち、一つは
解決の糸口みつけたよっ。


何とか、なると思うんだよっ



ワーママとして迎える最初の冬。厳しい越冬になりそーだが
何とか乗り越えたいガムシャラにでもなるべく皆で幸せに(((o(*゚▽゚*)o)))

この矛盾、はてさてどうなるか。



※ちなみに本当の本心は子が病気の時は普通に休みたいっス…( ´ ▽ ` )
もっと欲を言えば専業主婦になりたいっスψ(`∇´)ψ



おわり。





リアルタイムむりむりむり

いつも振り返り的な記録しかできない…
けどしないよりはええか!



これ⬇︎、運動会の時の絵、だそう。



上側の上手な絵はリポの友達が描いたもので、
仲良しの四人の中にリポの姿も描いてくれていた。

その下にあるグジャグジャが、リポの描いた絵。
すごいレベルの差。リポの顔?と、隣にはバナナ。
なんでバナナなのでしょう……他に無いのでしょうか…





これは、半年前にカポが描いた、じぃじとばぁばの絵。
カポは割と順調に画力は成長していってる様子で、
よく「お、上手じゃないの」と言える絵を持ち帰ってくる。


そんなカポがある日、口元に歪んだ笑みを浮かべながら
私に「これママー」と見せてくれた絵がこちら。⬇︎






一目見てジェイソンを思い出した……
これが私か、へええ!そっかぁ成る程ー!似てるかも!?!

一緒に見ていたパパ、嬉しそうに爆笑。
「カポ上手だなー!ママに似てるね!
このギザギザの波動?!みたいなの、
ママが怒ってる時に出てるやつだねー?!」

………言ってろ!!


ちっ、
ママだって日々怒りたくて怒ってるわけじゃねーぞーっっ
確かに怒りすぎなタイプの母親だって自覚はあるけどさ!
だからと言ってそんな自分を責めることもしませんよーーフン



一昨日からカポの熱で実家に来てて、(今回は一晩で下がった)
仕事から戻るとばぁばと一緒になって
リポカポを叱ったり、抱っこで可愛がっては、
また怒鳴ったりを繰り返してる。
こんなもんでしょ3歳育児。・゜・(ノД`)・゜・。



幸せな家庭には、太陽のような笑顔のお母さんが不可欠だ
とかよく聞きますが、これほど厳しい言葉ってない気がする。
正論だと感じるので心の中に置いてはおりますが……
実現にはそれこそ周りからのビッグなパワーが必要やん?!
ひとりでてきちゃったら神やん?!
私は神じゃないから普通に無理だったよっ´д` ;


それこそ最近は随分と気持ちと暮らしが楽になって、
魔物みたいに怒り狂うような事は無くなってきたけど…

産後からの「すぐ怒る自分」がまだデフォルトになってて
切り替えが間に合ってないのが悲しい。

あと少し、色々やったら切り替えに進めるような気はしている。

色々というのは、年内にあと二回ひとりでお茶すること、と、
年内にあと10回、仕事帰りに1人でゆっくり本屋に寄ることと、
そんな日に履くきれいなピンヒールのパンプスかヒールのブーツを
ゲットすること。(すっごくヒールを履きたいのです最近!!)



これ実行したら切り替えるぞーーー
少なくともカポにジェイソンと思われないレベルにーー



ふっ…( ´ - ` )


喜びすぎてもいけないらしい

以前キーさんに、腰痛をその場で治して貰えた日のこと。
嬉しいのと、痛くなくなったのを確かめたいのとでテンション高く
飛び跳ねていた私に、通りすがりのY先生がおっしゃった一言。

「あんまり喜びすぎないほうが、いいのよ。
 足元をすくわれちゃうから気を付けて。
 嬉しい時も、悲しい時も、なるべく触れ幅をコントロールよ。
 ニコニコしてるのはすごくいいの。辛くて泣くのもいいのよ。
 でも、触れ幅はできれば小さく、なるべくなだらか~に。
 起伏が激しすぎないことが運気キープのポイントだからね」

鬱々としてたり、イライラしていることが多いと『よからぬもの』が寄ってくる
っていうのは聞いていたけど、露骨に喜びすぎることにも同様のキケンが
あるんだそうな。

普通の人間関係といっしょで、『調子に乗ってる』輩がいれば、叩いてやろうと
イロイロなものたちまで寄ってくるらしい。…こわいじゃないの。。


夫が内定をいただいた日に、ちょうど前の会社から「改めて送別会を」という
電話を貰っていて、明らかに調子に乗りかけている夫の様子を見ていたら
Y先生の言葉を思い出した。。


あれから、何か嬉しいことや嫌なことがあるたびに「バランスキ~~プ…」と
念じて?過ごすようにしてきていたからなのか、夫が露骨にハイテンションに
なっている姿はとってもキケンな状況に見え、思わずY先生の話をしてみた。

そうしたら、夫は意外と素直に聞いてくれたのでホっとした。
「送別会では謙虚にね。自慢話は要らないからね。ありがとう!でお別れね」
なーんていう、オッカサンみたいな内容になってきても、「そうだね」と頷く夫。
少し前なら、私の話は大方「要らぬ説教」扱いで聞き耳持たない感じだったけど…


代わりに、というのも違うかもだが、
夫が「俺はスゴイ」「俺は天才」的な言動や空気を、外で発したりせずに済むよう
私が『はい、わかってますよ』という空気を家に満たせておけたら良いのだろうなあ。
心がけましょう。。今は私にも少しずつ余裕が生まれつつあるから、やれるでしょう。
(9月の私には無理だったけどっ)

止まってるように見えるナメクジみたいなペースだけど、
本日も進化したくて歩いてまーす。ヌルヌルリ


ああ、
まいさんからメッセでいただいた言葉も、ここに置かせていただきたいな
(いいっすか??いいっすか???)←返事できないのにここで聞く…

『一つ難を越えると、また問題は形を変えてやってきます』
↑からのくだりがね、ドーンと腑に落ちてきたのよね…
これからも夫婦で、うん。ただ仲良しこよしな夫婦ってんじゃなくて、
相手を自分の鏡だと思って;;降りかかる物事も全て鏡だと思って、ですね。
あ、まいさんがおっしゃりたかったのとは違う話になってきてるぞ

『なんやかんや言って、最後はふーふ』


ドーン!(笑)

その時々で、その日によってで、
私には色んな解釈がもらえる味わい深いメッセージ。

まいさんありがとう…!




9月に、拍手ボタン押してくださったみなさま
さらにコメントで励ましてくださったみなさま
あれからいつも感謝しています。
(ご心配をおかけいたしました…っ)

我が子らをすこやか~な大人に育て上げるその日まで
できればその先の老後まで?
まぁその頃の籍はどうなっているかは分からないけど
夫婦の課題には正面から取り組み続けていこうと思う次第。
(※ちゃんとこなさないと来世でまた同じことやらされるって言うしネ!)



以上。

最近ぐぐっと進み始めた実家のアレコレもまた記録しに来たい。



テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

sidetitleCalendarsidetitle
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleProfilesidetitle

のん

Author:のん


2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。




★愛用した双子用ベビーカー★
ベビージョガーシティミニダブル
(使用レポのリストはコチラ)

大活躍の後2人が年中さんの時、
同じ園で双子ちゃんを授かった
ママさんにお譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ超現役な状態だったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 


★双子が乳幼児の頃の育児環境★
賃貸2LDK、車なし(キッツゥウ!)
食材や日用品は全てネットで調達、
実家は隣県で緊急時しか頼れず…
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児





2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場も小回りバッチリ!
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
ベビーカーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高です♪

双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになっていきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;


双子が小学生になり帰宅が14時台に
なった2017年春より午前中勤務に。

小3になった現在は9時~14時勤務。
(双子は早くも思春期に突入した)


そんな感じで現在に至る。

双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
その先なんかほぼ天国ですよ…!
(お勉強は大変ですが)笑
がんばりましょうね><!!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、マイペースに
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle