FC2ブログ

私と双子の社交性がキケンな件、その後

この記事で記録した、タイトル↑の件について変化があったので記録。



まずは改めて書いてみる。

双子ママにとって、自分1人での子連れ外出はほぼ不可能ってほど難しい

以前、病院で声をかけてくれた双子ママさんが「どこにも行けないよね
と開口一番に同意を求めてきたぐらい、双子連れでの外出は難しい。。

私にとって一番の難関は、(色々あるけど)出かけた先でのトイレ。

1人で双子ベビーカーで出かけると、自分がトイレに行けない。。。

トイレのある空間自体に双子用ベビーカーが入れない場合もあるし
それだと遠い廊下に双子を放置してトイレの方へ行かなきゃならず、
そんなんできるか!っちゅう話…。で、仮にトイレの敷地内に入れて
個室内にベビーシートがあっても当然1人分しかないので、
もう1人はおんぶとか抱っこしながら用を足す事になる。…んだけど、
月齢が上がって子がビッグになってくるとそれも物理的に無理になる。

かなり広めの障害者用トイレのある施設なら、ベビーカーごと中に
入れるんだけど、残念ながらそういう所ってあまり多くないんだな。


じゃあ家を出る時にトイレ行っておいて、すぐ帰ってくればいいやん
と思ってあちこち行ってた時期もあったが、小はそうできても大がね。
大って、いつ来るか分かんないし、来たらもう止められないやんね?


ベビージョガー押しながらてくてくウォークしてると、腸内運動が活発に
なるらしく、双子と外出中ほぼ100パーの確率で大に襲われる私。


ここだけの話、

一回漏らしました。









少しだけね。







それに懲りたってのと、真冬になってベビーカーじゃチビ達が寒すぎる
ってのもあって、気づけばすーーっかり引き篭もり生活に突入。

一時はいっそ車買おうかと思ったけども、ベビーカーで車まで移動→
2人をチャイルドシートに設置→目的地まで2人に泣かれ→2人を
チャイシーからベビーカーに移動→帰りに1人でまたそれをやる
※しかも自分がウンコしたくなる前までという制限時間付き
…って流れが果てしなく面倒そうで、やっぱり車はジュニアシートの
年齢になるまではやめとこう、と思い直して今に至っている。。
(わざわざ車要らずな地域に引っ越して来たわけだしね;)


…そんな経緯で、この冬の間に続いてしまった引き篭もり生活。おかげで
チビ達の人見知りは鉄壁レベルになってしまい、身内以外への怖がり様が
ものすごくて、さすがにそろそろ何とかせねばと焦り始めていた最近…。

焦っても、誰かと触れ合うためにはうちの場合わざわざお越し戴く事に
なってしまうので、地元の友人やママ&キッズ達はそうそう誘えない
(地元は地味に遠い上、子連れで出かけるのが大変!ってイメージに
すっかり縛られちゃってる自分には、尚さら誘いづらいというかね

でも、『春になったらがんばろう』とここで目標を立ててた事もあり、、、
とっても春らしく暖かかった先日、思い切ってとある行動を起こしてみた。

同じアパートに住んでるママさんに、「うちの双子と一緒に遊ぼうぜ!」
という内容の手紙と私のメアドをいきなり押し付けた
のだ。。。



以下、なんか長くなってきたので畳む。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

❤双子うさうさ達のるーつ❤

お茶をお出ししましたらば、うさうさ達、お手紙を携えておりまして

2012_0222a.jpg

拝読してみると二匹のうさ達の生みの親は、私が編み姫さまと崇める
凛々ちゃんであることが判明びゅーりふぉーさぷらーーいず

(そうです↓この素敵すぎるケープを編んでくださった凛々姫さまーっ

2012_0222b.jpg

見て見て~~~うさうさ達、なんとリポカポのリュックになるという
けなげな使命を請けて我が家にやってきてくれたんだって


2012_0222c.jpg 2012_0222d.jpg

届いた日、お昼寝から覚めたチビ達は枕元にいるうさうさ達を発見して
弾けんばかりの笑顔!!それぞれにしょわせたら、お互いの背中にいる
うさを抱っこしようと自分の方へ引っ張っては相方をひっくり返し~という
コントみたいな状態に

笑えるけどお外でこうなっては大変だということで、リュックだというのが
分かるまで、おうちの中でもマメにしょわせてあげることにした。
(というか私がおうちでもしょってる姿が見たいからってのが大きい

2012_0222e.jpg


うさうさ達は柔らかくて、手足や体部分は綿ナシになってて軽いので
チビ達まったく気にならない様子。今朝は、お風呂上りに着替えたら早速
抱えてて夫がしょわせてあげたらキャッキャ言ってはしゃいでたらしい。
だってこんっなにかぁいいもんな~~チビ達も相当気に入ったんだな。


2012_0222f.jpg 2012_0222g.jpg

でもってこのうさリュック達、ボタンを外すとおなかがオープーン!されて
オムツがちょうどいい感じに入るようになってるんだよ
Lなら2枚、Mだと3枚も入るのでママ大助かり!
このポッケもうさ全体の作りもぜんぶ凛々ちゃんオリジナルらすい
私だったら本を見たって習いに行ったってこんなハイクオリティなの無理だよっっ
やっぱすげーな生粋の編み姫の血…ブラボー


2012_0222h.jpg

うさうさ達の居場所は、我が家で一番目立つソファの上に決定。
ここならチビ達がいつでも抱っこしに行けるし、何より私が癒される

そして、手前のうささんの耳もとにあるのは凛々ちゃん作の髪留め
土台が黒のフェルトになってるパッチン留めで、実際髪に留めると
レースの部分だけが映えてとっても可愛い!!何気なく添えてあった
ママへのプレゼントに感激してしまった…そして、お手紙に号泣

着たきりカーディガンのポッケに入れ、一息つくたびに読んでまた涙。。
きれいごとだけじゃとても語りきれない私のボロボロ育児ライフだけど、
今まさに同じく新米ママから成長しつつあるって状況でがんばってる
凛々ママからのメッセージ、ほんわかほんわかと心に沁みました

凛々ちゃん、いつもありがとうね~~~~!!!

って今コメ欄ないのにここで言ってどうする。
今度はお外でうさリュックなチビ達を撮って、またメールするね

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

さぷらーーーいず!!!

2012_0220a.jpg

ピンポン鳴ったから玄関あけたら、なぜかそこにはウサギさんが…


2012_0220b.jpg

リビングにお通しし、くつろいでいただいています。
彼らは一体どこからなぜ我が家を訪れたのか

話していただけるだろうか。

まずはお茶、お茶をお出ししなくっちゃ…っ



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

バレンタインだったね。

↓去年の写真。。。

2012_0215a.jpg

週末~週明けは吹き荒ぶ木枯らしのよーに荒れ狂いながら育児してた。

先日の土日は、例のイベント(夫が企画+プロモーションを担当)が
ついに当日を迎えて週末まるっと家に居ない状態が続いた所へ、運悪く
チビ達の昼間の鬼泣きや夜泣きが2人同時勃発でそりゃもう酷かった。
「こんなん1人じゃ無理!!なのになんで私は毎日毎日1人なの!」
とか思ってるそばから、窓の外はよそのパパさんとお子さん(※ママ抜き)
がキャッキャと公園で遊ぶ姿が3組もあったりして、その光景を横目に
土日はずーーっとボロボロのブチギレ育児。で土日が過ぎても当然
また月火水木金と、1人育児の一週間が始まるわけで、それを思うと
いつものど~しようもなくしんどく辛く腹立たしい心境に陥ってた私。

今日のイベントが終わったらパパはしばらく自由になれる、だから
この週末と来週までのしんぼう!って分かってはいるんだけど、
精神的肉体的にいい加減ダメージが蓄積されすぎちゃったんだろね;;
(夜も双子の連携攻撃で3時間しか眠らせてもらえてなかったしな…)

そこへ来てピンチの時に電話しても出ないのがまた!万一の場合でも
頼れないんだこの夫はと思うと余計に育児の不安&鬱憤MAXに…


でイベント終了の夜、夫がワインを持って会場から帰宅してきた頃には
私の思考能力は完全停止。寝付かないカポを真っ暗な部屋でおんぶして
強制ネンネの架橋に入った所だったので、夫がリビングに入って来ても
「おかえり」も言えず即行で電気をブチっと消し、背中を向けて無言で
おんぶゆらゆら。カポが眠ったら、ここ最近の疲労でそのまま私も気絶。

夕飯なんて食べれてなくて、当然夫の分の食事も何の準備もできてなか
ったけど、また起きて作る余力なんてあるはずもなく。(台所にはご飯も
適当なパンとかも一切ない状態だったので、夫は冷蔵庫にあったキムチ
か何か?だけをつまんで眠った形跡があった;;)

夜中のミルクでいったん起きて、ついでにトイレに行って戻ってきたら、
ミルク飲み終わってまた泣いてたらしいカポを抱っこゆらゆらしてる夫
がいた。いつもだったら寝てるか音楽聴きながら作業してて気づかない
のに、あの晩ばっかりは私の様子が気になってたのかね;

寝ぼけたまま「ありがとー」だけ言って夫を自室へ戻らせた覚えはある
けど、部屋が暗くてどんな様子だったかは??
でもあの一瞬の『夫の育児参加』が効いて、翌朝は平時の自分に戻って
目を覚ますことができた。


そんな荒んだ数日の末に迎えたバレンタイン。

チョコなんて準備できてるはずがなかったさ。

13日&14日も、ここ最近で最悪の寝不足だった上に立て続けの雨
「余裕があったら近所のスーパーに買いに行こう」と思ってたものの
老体に鞭打って雨の中を双子連れで買い物…ちゅう選択肢は、ない

バレンタイン当日だった昨日の夜。
夫が帰って来てもバレンタインの「バ」の字も言わずにやりすごそうと決め、
せめて夕飯にしゃぶしゃぶの準備をしてからチビ達を寝かしつけた。



そして、普段よりマシな21過ぎに帰宅した夫。
妻にバレンタインを無きものとされているとも知らず帰宅した夫…。

何気にそんな予感はあったんだろうね。
夫、逆チョコを携え余裕の笑顔でリビングに入ってきて
「ノン、いつもお疲れ様!」と、私の大好物、ベルギー製の
ルメトルトリュフを手渡してくれたぁあ…あ



以降ノロケ傾向なので畳む。



続きを読む

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

脳、とりあえず踏みとどまってる ^-^

2012_0213a.jpg

1人と見せかけて


2012_0213b.jpg

2人いますよ摩訶不思議



2012_0213cc.jpg

(さらにもう1人とか2人とか…居るお宅ってすごいよな)
 毎日がむばる多胎ママさん達に幸あれ……っ




夫から聞いた、ちょっと可愛い話。

以前、仕事で打ち合わせしたカフェ経営者のパパさんが
お店でお茶しつつ娘さんの話をでれでれ聞かせてくれたそうな。

娘さんは5歳で、も~可愛くて可愛くて仕方ないちゅう日々で
仕事が休みの日は必ずママチャリでタンデムデートするんだとか。

ある休日、いつものようにデートしながら娘さんに
「パパと○○ちゃんは、いつまでこうしていられるのかなあ」
と尋ねたら、
「彼氏ができるまでじゃない?」
と答えられ、

「それはいつなの?」
と尋ねたら、
「50年後くらいじゃない?」
と答えられ、

「そうなんだー。その時、パパは何してるのかなあ…」
と尋ねたら、

「死んでる」

と言れたらしい。



パパさんの衝撃を想像して爆笑してしまった。
打合せの席には他にも数名パパさんが居て、だいぶ盛り上がったらしいw

でもさでもさー!『50年』ってアナタ!!
夫は 「50歳まで彼氏できない予定なのかな」なんて笑っていたけど
違うっしょ!

娘ちゃんは、パパが死んじゃったらやっと彼氏を作るつもりでいるから
50年後なんだってば!

パパ達がその辺を解かっててネタにしてるのかは謎だったけど
可愛すぎて涙ちょちょぎれちまったよワシャー

しかし
5歳児にして50年なんていう長期的人生プランをすぐ口にできるとは
なんて賢い娘さんなんでしょう。感動しちゃったよ何だか

幸せなパパさん、これからも娘さんと仲良くねー ちゅうお話でちた


あーあ。こどもって、可愛いね

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

双子の寝室・こんもり冬バージョン

私の検査結果。卵巣腫瘍の姿はすっかり消えてくれているらしい。ほ

でもすぐ再発する体質だから、このままホルモン治療の方は継続っぽい。
なんとかハゲてはいないけど、あと何年?ピル&抜け毛とのお付き合いが
続くのかしら。。。(効果的で楽な治療法なので文句は言えんのだが!)

あと、毎度「絶対に貧血だ」と思いながら受ける血液検査も、これまた
かなり良い状態だった この眩暈はやはり寝不足によるものか…
なんにせよ自分が健康体であると確認できて、非常に心強い気分だー


2012_0207a.jpg

無事に検査も終わり、夫も入稿まで漕ぎ着けた水曜にアパートへ戻ってきた。
じぃじばぁばの家で気分転換もできた私とチビ達。また昼間はママしかいない
低刺激な日々が始まるけど、なんだかんだとおうちが一番楽しいみたい。
なんせ暴れ放題いたずらし放題だからねえ


2012_0207b.jpg

↑この、家中の布物ワタ物を集めて作ったような島?は、リポカポ共用の
寝床:冬verであります…。昼間は激しくダイブしたり、マッタリくつろいだり、
布団以外は家具もほぼ無い空間なので積み木やブロックをぶちまけたりと
2人が好きに遊んでいるのだが、、、この寝床、秋に準備した当初↓とは
かなり様子が変わってしまった。

2011_1005b.jpg

夏場は実家でも1人1枚大人用の敷布団をあげて広々だったんだけど、
体一つで眠る夏と違って冬だとそれがマイナスに働くことが判明。
べスポジを求め、一晩中2人してモソモソぐずぐず寝返りを打ち続け、
ただの障害物と化した掛け布団の中を這い回る双子の気配とぐずりで
私も眠れなくなり、せっかく長く使える寝具を揃えたのに失敗かー?;;
と、途方にくれた時期がしばらくあったのだった。


で、試しに敷布団一枚の上に2人を寝かせて、家中のクッションや枕で
寝返り一回分くらいのスペースに囲ってあげたら、安定感が得られたのか
急に寝相が落ち着いて、わりと大人しく布団の中で眠ってくれるように…。
ちなみに↓の昼寝時同様に双子間の仕切りは不可欠だけど

2012_0119d.jpg


せっかく買った3枚の敷布団だったが1枚は押入れに入り、
2つ買ったカトージのベッドガード↓も今は1つしか使っていない。

2011_0924e.jpg

また2人の成長に伴って日の目を見る日がくると、いいんだけど…

ところで一番奥にある私の敷布団。(実際は普通に伸ばして敷いとります)
わりと頻繁に干してたのに、裏側のシーツがポツポツとカビてしまった;;
原因は私の、季節問わず多い寝汗!そして床に敷き詰めてあるコルクマット。
いつも朝起きてすぐに敷布団を上げるんだけど、毎朝必ず湿ってて、
ちょうど私の居た形にコルクの色が濃くなってる;;
布団の表側は全然湿ってないんだけどね~~。全部下に通してるんだね。凄い。

チビ達の布団は全く大丈夫なので、たぶん私の寝汗がありえない量
なんだと思われる

卵巣腫瘍が見つかった時、漢方専門の先生にお世話になってた時期が
あったんだけど、その時に寝汗が多いかを聞かれて多いと答えたら
毎度そこをチェックされてたんだよね。なんかホルモン系か自律神経系か
(どっちか忘れた)の不具合の表れみたいで、見過ごせない点らしい。。

今もぜんぜん寝汗治ってないんですけど、大丈夫なのかねえ;;
きっと問題点はホルモン治療でねじ伏せてる感じなんだろーなーーー


以前と違って、お金と時間と手間をかけて根本治療ってわけには
いかない現状なので、とりあえずは今の薬を毎日1粒飲んで、
寝汗と布団のカビ対策はコレ↓に頼るって方向で行くのが現実的かな。


2012_0207c.jpg

うふふ。コレ。真ん中のレトロな風貌のコレっす。
持ってる人にはフツーに何だか分かるんだろうけど
先月までの私だったら「何コレ」っちゅう物体

話に聞いてた通り、確かにコレぁ極楽アイテムだーーー!!!


珍妙な使用中の風景はまた後日に記録。(するかもしないかも

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

おててつないでおさんぽおさんぽ

3ヶ月ごとにある私の卵巣腫瘍の定期健診と、

2012_0205d.jpg

夫が参加するイベント前の最後の週末とが重なったので、

2012_0205e.jpg

昨日から私とチビ達は今年初の実家へ大荷物と共に移動し、

2012_0205f.jpg

ばぁばと一緒に、念願の公園まで手つなぎお散歩をしたりしている。

チビ達は嬉しくてたまらない様子で、奇声を上げつつてくてくてくてく!
前に散歩した時と比べ物にならないくらいスムーズにお散歩できた。
お外を歩く小さな二匹のムチムチ、かんわいかったぁ~~
ばぁばにフードをかぶらされてオットセイの子みたいになってんのがまたw

この日はブランコとシーソーで遊んでみたよ


2012_0205a.jpg

アパートを出る前に、イベントで配る夫作のポストカード(印刷会社から
届きたて)をフレームに飾って来た。
厚手で素材感のある紙に刷ってあって、なかなかの雰囲気に仕上がってる。
当日たくさん捌けるといいねえ!!


2012_0205b.jpg

まだ私がチビ達を妊娠するよりずーっと前の、夫が無職だった頃に
作ったこの作品。植物の根元、ここの辺をよ~~く見ると…


2012_0205c.jpg

ちっちゃなちっちゃな赤ちゃんが座ってるんだよー
私のお気に入りポイント…。せっかくなので、今作ってる作品にはぜひ
赤ちゃん二人入れてください~ と言いたいけど、言わないけど

今作はどんな路線で作ってるのかもまだ知らないので、見せてもらうのが
楽しみ。だけど何だかんだで全っ然製作時間が足りてなかったもんなあ

今は実家から作業がはかどるよう祈るばかりだ。。。
(チビ達がいない分かなり没頭してやれるはずだけど)


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

炊飯器が壊れ、離乳食作りに変化が。

下書き保存のまんまでウッカリUPが遅れてしまった;

二日連続で雪が降るとはっ

2012_0202a.jpg

昨日は朝起きて、何気なくカーテンを開けたら吹雪いていたので驚いた。


2012_0202b.jpg

チビ達の目にも留まるくらいの大きなぼたん雪がボンボコ降ってきて、
クリスマスの時よりも立派な積雪。慌ててJRの遅れを確認するパパ。
チビ達はワーワー大声を出してはしゃいでいる。こんなちっさくても、
雪を見ると無条件に楽しくなれるのが子供の感性なのだね


2012_0202c.jpg

でもその後雪はすぐやんでビカーッと晴れてきて、みるみる溶け始めた。
輝く青空と真っ白な雪、大人になっても心躍る景色
家計財布の残高の事も忘れられるほど心洗われる清々しさだ



先日、夫が1人暮らし時代から長年使い続けてきた三合炊きの炊飯器が
ついに壊れてしまった。。見た目もすっかり黄ばんでてデザインも古く、
『炊飯』のボタン1つしかない超シンプルな炊飯器だったけど、
超厚釜でけっこう美味しくご飯を炊いてくれる人であった。
小さくて置き場所も取らず20分足らずで炊けるので、いつの間にか
私もこの炊飯器を愛しちゃっていたんだけど、突然のお別れ到来

夫が次の炊飯器をネットで探して「これどう?」と持ちかけてきても
ちっとも興味が持てず、今月は急な出費も困るしで、
とりあえずの策としてスチームクッカーで炊いてみることにした。

2012_0202.jpg

我が家のクッカー君、うちにやって来た当初からわりと1階部分しか
使われていなかったんだけど、これからは炊飯の役目もできたので
常時このような2階建ての格好で活躍することに…。

かさ張るからと仕舞われていた2階部分だけど、久々にこうして見ると
なかなか壮観だわ~ 

ちなみに、ご飯は2合炊くのに40分かかる…。40分も蒸すんなら
その間2階は色んなもの蒸し放題できちゃうよ!ってか乗せるだけ
なんだから乗せなきゃ40分間の電気代が勿体無いってもんよ!!


ってことで、炊飯器が壊れて以来、やたらめったら蒸してばかりいる私。

チビ達の離乳食にも、温野菜が登場する率が激増。
メインのおじやも、今までだとオクラと納豆を磨り潰しておかかONして
醤油と昆布つゆで仕上げ~♪ちゅうお手軽なのが中心だったんだけど
(これが良く食べるんだ!)、最近は里芋とニンジンをほわっほわに
ふかしたやつをご飯とひと煮立ちさせてトロトロおじやにしたら大ウケ
ごま油&鶏がらで中華風にしたり、コンソメとチーズでドリアにしたり、
醤油+昆布つゆに戻ってみたりと、味付けはテキトーなわりに大きな口で
パクパク食べてくれる事が増えた

料理が大嫌いなだけに離乳食にも全く燃えられない私だけども
クッカー君のおかげで、ご飯を炊きながら毎日せっせと野菜の皮を剥き
次々乗っけて蒸して~、というリズムができ始めた。

炊飯器とのお別れは悲しいけど、チビ達にとってはいい結果になったな
ということで、悲しみは薄れーの炊飯器買い替え資金も不要になりーの
で、結果オーライ ムフォフォフォッ

しかもだね、クッカー君で炊いたご飯がバリ旨なんだよこれが
炊く前から「美味しいんだろうな」とは思ってたけど、
そりゃも~素敵な、輝く宝石のような炊き上がりになる!
水加減さえうまくいけば!

固め好きのウチの場合、お米2合なら水300ccでやるとビンゴな感じ。
スチームクッカーに付いてたレシピブックの通りの水加減だと
離乳食にちょうど良さげなやわやわご飯になる。



そんなこんなで、ここ数日はご飯を炊くのが楽しみの一つになった。
今度は何を一緒に蒸そっかなー

テーマ : 離乳食・幼児食メニュー
ジャンル : 育児

やってしまった…

カポの時は初めてだったから慎重に切ったのに、


2012_0202d.jpg

リポの前髪、やってしまった。。。 もろ斜めブツ切り;


2012_0202e.jpg

すまんリポ。明日学校じゃなくて良かったね


(学生の頃とか、髪型失敗した翌朝は気分最悪だったよな…)

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

子供が喜ぶ遊びネタ(お金かからんやつ)が欲しい…

母ちゃん特製プレイコーナーに、お布団すらいだー登場!!!

2012_0201j.jpg

面白がってるかどうかのバロメーター、カポの変態舌の長さほぼMAX!

2012_0201g.jpg

ダイブ!クライム!!短い足で全力で今を生きる双子!

2012_0201h.jpg

2人とも変態舌で遊ぶ遊ぶ。これはいい運動になるぞっ(=早く寝てくれるかもっ)

2012_0201i.jpg

いい笑顔だー!よし、これから毎日お布団すらいだー登場決定!





2012_0201k.jpg

…と思ったけど2分半で飽きられた。

2012_0201l.jpg

ふ、そんなもんよね子供って。。。


2012_0201m.jpg

お次はベランダにカーペットを敷いてお外遊びもどき。。

2012_0201n.jpg

遊びの神よ、
私の脳に次なるおうち遊びネタを授けてくれ……



てかパパっ 早く一緒に遊べる状態になってくれぇ…っっっっ

テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

双子1歳2ヶ月、お手伝いでびゅー

2012_0201a.jpg

カポちゃん、それ取って♪

2012_0201b.jpg

ママにちょーだい?

2012_0201c.jpg

ありがとう!!

2012_0201d.jpg

助かったよー!嬉しいなあ!!(ママ最近腰痛なのよ~)

2012_0201e.jpg

これ全部、ムチュメに手渡してもらって干した洗濯物。うーん感動の光景

前までは洗濯物干し中にチビ達に群がってこられると「ぎゃー!」だったけど、
今は内心ワクワクしながら洗濯物を持ってくる自分。すぐに気づいたカポが
こうしてお手伝いし始める姿に毎度めろめろ… ふ~~、めんこいぜーー

リポも「ちょうだい」「どうぞ」のアクションを覚えたので、きっと出来るはず。
でも今はカポがお手伝いに夢中で、このポジションを渡さないので試せないという

カポは日に日に親の言ってる事を理解してきている様子。
「リポちゃん呼んできて♪」と頼むと、「あきゃー!」と叫んで走って行き、
寝室で遊んでいたリポと一緒に戻ってくる…というような事が増えてきた。
リポの「なんか用スか?」て顔と、カポの「呼んできたがなー」て顔がまた
明らかに意思疎通できてる感があって、たまらん面白い

リポはカポよりまだまだ赤ちゃんな感じだけど、リズム感では1歩リード中で
最近は手拍子が、ワルツならちゃんと優雅に三拍子、タンゴだと「タン、タタン」
と拍置きできたりと、曲に合わせてしっかり変化をつけるようになってきた
そして今日もやはり、しまじろうが大好き!こちゃれDVD大好き!
今ではEテレ系のどの番組のDVDより大喜びで観るようになった。
あと、ミルクなしでセルフネンネできる回数が徐々に増えてきてるなあ~


2012_0201f.jpg
ヘビロテすぎてずぼんのゴムが伸びてしまった。

ミニピアノはカポの方が積極的にひいてる。
童謡のCDをかけるとピアノの前に座って一緒にひくようになった。
たまにキーが合っててびっくりする!絶対偶然だけど。
リポはピアノの上に乗っかる方が好きみたい。。。(壊れるよ)


夜の寝かしつけは、ほぼ2人同時に眠ってくれるミルクに頼ってる状態。
まだ夜中は前と全く変わらず、一人につき2~3回は起きてくるので
そのたびに背中トントンorミルクで寝かしつけの繰り返し。
カポがなぁあ、いまだに1時間ごとにぐずる日があるからなあ;;
最近はもう、「いつまでこんな夜が続くんだろう」とかすら思わなくなり
「もうずーっとこのままなんじゃん?」という諦めモードで過ごしている。

毎朝しんどいけど、しゃーないよね今は 
また色々試してみるのは春になってから!ってことで。今は寝室寒いしな


しかし双子のケンカが日に日に激化してきてるので、
仲裁用の体力確保のためにも、ちょっとずつでも眠れるよーになりたい。な。。


そんなこんなな、双子1歳2ヶ月の記録でありました。
やべ、また体重量るの忘れてるわっ;;


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

sidetitleCalendarsidetitle
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle