FC2ブログ

餓死も辞さぬ!?強情インコがペレットを食べる方法~!

今日はイン子育ての話。

も~~~この1ヶ月の間で一体何度
「セキセイインコ ペレット 食べない」とか
「インコ ペレット切り替え 餓死」
とかを検索して彷徨ったもんだか;;


でも既に知ってる情報しか見つけられなくて
かなり手こずったけど、何とか達成できたぞ!


うちの超強情で全くペレットを食べないセキセイ
インコでも、餓死させずwそこそこ短期間で
シードからペレットに切り替えできる
効果的な方法を見つけたので……!
実践してみた一部始終を記録しまーす。



2019_0930a.jpg

「ペレットなんて死んでも食べないぞ!キリッ」
いや膨らんでますやん正直辛いんしょ~?;;

(セキセイインコは弱って体温下がると膨らむ)



リル生後4ヶ月。3ヶ月の時に我が家へ迎え、
落ち着いた頃を見計らって始めたのが
餌(シードからペレットへ)の切り替え。

前回ポッちゃんにも頑張ってもらったのだが
リルは超強情で、なっかなかに大変だった…!

全くペレットと向き合わないので、「もういいか」
と思いかけたのだが;; 下手すると寿命が
3~4年で終わっちゃうセキセイ、ペレットなら
病気知らずで20年近く生きる例があるわけで…。

考えれば考えるほど、ここは頑張り所やろ!
と、心を鬼にして切り替えに励みましたよ~。



2019_0930b.jpg



しかし、普通の手順を踏んでも、リルは全く
ペレットを食べずに痩せこけていくので
まさか死んでも食べないタイプなのでは?と
青ざめつつ、色々試すこと約3週間……。


結果的に、ペースト状にしたペレットの中に
あわ玉を埋め込んで与える方法にしたところ
急激に切り替えが進んだ
のでした。
(※詳しい手順はステップ5にて紹介)






初代のポッちゃんの時はこんな大変だったか?
と何度も思ったので;;
いつかもう1羽を迎える時のために
リルでの苦労と手順を覚え書きしておくとする。



2019_0930c.jpg

↑お腹が空いて低体温になって(死にそう)でも
断固ペレット拒否中のリル。
長期戦を乗り越えていただくために
9月にして保温アイテムを稼働させて挑んだ。
※暑すぎてワキワキしていないか温度管理要注意










ペレット切り替えステップ1

まずは一般的な方法から。
ペレットお試し用サイズを数種類ゲットし、
「エサ入れの中にいつものシードと、
ペレットを一緒に入れる」からスタート!



ペレットをガン無視して全く見向きもしない。
ペレットを5種類も用意したけどダメ。。




ペレット切り替えステップ2

ペレットを粉末状にしてシードにふりかける。



特に効果なし。しれっとシードだけ食べとる。




ペレット切り替えステップ3

夜にお腹いっぱいシードを与えて体重を確認、
翌朝から夜まではペレットのみを与える。

夜になったらシードをお腹いっぱい与えるが、
また翌日の朝から夜まではペレットのみにする。

こだわりの薄い子ならここで空腹に耐えられず
ペレットを食べるが、夜になればシードを
もらえることを覚えて我慢する子も多いよう。

長期戦になってもいいから低リスクで!
という方針ならこの方法で数週間がんばる。



※リルは1週間ではぜんぜん動じなかった。
ペレットには見向きもせず(食べ物と思ってない)
激しく瞬間移動しながら夜のシード待ち。
膠着の予感……;;; よってステップ4へ突入。









ペレット切り替えステップ4

※以降は超頑固な子向け、かつ危険を伴うやり方。
※自己責任で※日中そばにいられる時期に行うべし



夜にお腹いっぱいシードあげるのをやめる。
徹底して餌入れにはペレットのみ。

体重や、動きの活発さをチェックしながら、
寝る前や出かける前のみ、ほんの数粒シードを
手から与え、ギリギリの状態を注意深く見守る。
(※飼い主は長時間の外出はしないこと)

ペレットを一緒に食べるフリをしたり、
なんなら実際に食べたりつまんで与えたりを
繰り返す。シードはあくまでも、寝る前や
席を外す時に命綱程度に数粒与えるのみ。





(デジタルスケールは0.1g~計測可のもの推奨)



ちなみにリルの場合、
「シード欲す!!」と高速移動しているうちは
まだ余裕がある様子だった…。一応、体重の
2割以上減ったら危険
というボーダーラインが
あるようだが、リルは2割減くらいじゃ超元気で
3割減っても大暴れ→やはりペレット食べない。

「餓死寸前のインコは殻やゴミまで食べる」とも
「いやペレットがあるのに死ぬ子だっている」とも
聞くし、リルの場合はどっちだ~!?と悩んだ…。



じわじわと1~2gずつ体重が減り続けていたリル、
開始から半月で31g→21gまで激減!

とうに赤信号状態だが、それでも食べない!

確かポッちゃんの時はとっくに食べてたぞ~
そして、リルと違って分かりやすく
「死にそう」な雰囲気を出しまくっていたっけ……







リルの(死にそうにない)動画も撮っとけばよかった!
ぜんぜん違う!!こんな風には一度もならなかった。
むしろポッちゃんより遥かに軽~くなってたのにっ

「キミ、致死体重だけど絶対まだいけるよね」
「ドラゴンボールに残像拳って技があったね」
って感じの常軌を逸した動きを見せていたな。。
(早すぎて1羽に見えない感じの)




ペレット切り替えステップ5
(最初からコレをやるのが一番かも♡)

※周囲がめっちゃ汚れるけどな!

ペレットを粉状にしても全く口に入れないので
ペースト状にしてその中にシードを埋め込む。



ペレットペーストの中に、目の前でシードを
ポトポト入れてみせると、必死でついばんだり
掘り返したりしてシードに食らいつくリル。


シードに付着したペレットがついでに口の中に
入って、味に慣れるというのが狙いの方法だが
殻付きシードだと剥いて食べるので、
あんまりペレットが口に入らない??


それに気づいてからは、ヒナ用のあわ玉
(ふつうの剥き餌でもOK)を投入することに。


殻を剥かなくてよくなった分、食べ方が
ザックリになってペーストも減りだした!
しめしめ、ついでに口に入ってるようだぞ^^



ちなみにペレットペーストを作る時は
わざわざ擦り潰したりしなくてもよいので楽。
水をかけて放置→柔らかくなったら練るだけ。






↑このMazuriのスモールバードメンテナンスが
サクサクで、粉末にもペーストにもしやすい。

(リルを買ったショップでも与えられていたもの)
Mazuriにズプリームのフィンチ用を混ぜると
粒がシード並みに小さいので騙されていたw






ペレット切り替えステップ6

体重が復活したら、ペレットペーストに混ぜる
あわ玉の量を減らしていく。

しつこくあわ玉をさがして掘り返す必死な姿を
見ているとつい笑いが…(ごめんなさいねウフフ)

しばらくペレットを掘り返しては
「もしもし!?ヘドロしかありませんが!?」
みたいな視線を寄越すリルだったが、
ある日ついにペレットのペーストを完食~!!

開き直ったかのように、ペーストをがつがつ
食べまくる!!カゴと周囲、ドロッドロ…!
雛でもこんなに汚さないぞw




ペレット切り替えステップ7

以降数日はペレットペーストを与え続ける。
(腐りやすいのでこまめに交換を)

隣の器にも、ペレットをカリカリのまま入れておく。



カリカリペレットには見向きもしない。
…おーい… 赤ちゃん返りかー?




ペレット切り替えステップ8

ずっとペースト状でというわけにもいかんので
カリカリ状で食していただく訓練に入る。

ペレットを完全にはドロドロにせず、
一部のみ水をかけて軽く潰す程度で与える。



ペーストっぽい部分を食べながら、自然と
乾いた部分も食べるうちに、カリカリもOKに…!



2019_0930d.jpg



リルがペレットをそのまま食べるようになって
今日で4日目。体重がとうとう元の31gに到達!

昨日は5種類全てのペレットを嗜んでらっしゃる
お姿を拝見したため、これにて切替修行は完了。


いや~~めでたい……!!おめでとう!!
がんばったねリル!!えらいぞ!!

しかもまんざらでもなさそうにビュッフェしとるな♡





↑うちはこの装備+チラシで覆ったりしたけど
それでも修行中の汚れっぷりは凄かった。
(フン切り網の上にもチラシ敷いた方がいい…)





まだあわ玉やシードが大量に余っているので、
さらにペレットが定着してから
スキンシップ時のおやつとしてあげる予定。

手乗りにはなってるけど、リルはエサ目的以外で
自分からカゴの外へは出て来ないお方なので、
今後チョロく餌付けされてくれると嬉しい^^





↑コレも!とまり木の目の前に設置できるので
ガン無視中でもついつい突つかせるのに便利w
T型ローパーチは体重測定が一発でできて便利
どちらもホムセンだともっと安いよ!





今日もリビングで家族が食事を始めると
リルもこちらをチラチラ見ながら
ペレットの味比べをし始める。

幸せそうに「ピルルルン♪」とか言ってるし。



あのクリっとしたお目目、
ポリポリついばむクチバシの動きと音、
たまに出す面白い声。

トリ、和む~~… やっぱり可愛いわぁ。。。
どうか病気知らずで長生きしておくれ^^



2019_0930e.jpg



ところで、めっちゃ水飲むようになったね☆
(ワカルよ、私もペレット食べたからw)


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

猫とばぁばとセキセイインコ

3連休初日、実家に来ております。
ばぁば元気。じぃじはスヤスヤねんね。変わりなし。

一泊するので、先日我が家に迎えたセキセイインコの
リル(命名:カポ)も一緒に連れてきて、ご挨拶。



2019_0914a.jpg



猫のビスばぁさんが今日もスルースキル高すぎるので
リルを頭にのっけてみたが、予想通り無関心に終わった。
(※普通の猫さんには真似しないでくだ略)



リルは6月上旬生まれ。
近所のペットショップで、生後2カ月半くらいの頃に迎えて
そろそろ2週間になるところ。ビビりなりに慣れてきた。

手乗りだが、多分メスらしく静かで大人しい(今のところ)。
滅多に鳴かず、朝の日光浴タイムの時だけ
ピルルルと素晴らしい声でさえずっている。

実家でも何羽も飼ってきたセキセイインコ達の声は
みんな似てたけど、この子は違うので最初おどろいた。
森の小鳥っぽい透き通った声をしてて
もっと聞かせて欲しいんだけど、今は朝限定らしい;;


リルの飼い主はカポ。
双子娘が2人で飼う!ということで迎えたが、
夢中になっているのはポッちゃんの時と同じくカポ。



20170929220348bef.jpg


2年前に迎えた先代ポッちゃん↑は、去年の5月に
あろうことか逃がしてしまい、今も戻ってきていない…

カポは泣いて泣いて落ち込み、私もショックすぎて
その話はそれから1年が過ぎるまで全くできずにいた。

最近やっとこさ、諦めはついてないけど気持ちの整理が
いや、まだできてないけど、、また時々ペットショップに
行ける気分になってきて、ポッちゃんのいない寂しさが
我が家に小鳥がいないという違和感に変わってきた。



20170923174254685.jpg


ポッちゃんはあーだったね、こーだったねと話しては
またセキセイインコ飼いたい、というカポに
そうだねと返すだけだったのだが



2019_0912c.jpg
(職場の子がくれた日めくり↑怖い)



こうして再び迎えてみると、しっくり………

朝の餌やり→指にとまらせてチュッと挨拶→日光浴。
仕事に行って、帰宅したら肩に乗せてくつろいでると
双子が帰ってきてリルと遊んで(リルまだビビってるけど


やはりうちには小鳥がいるのがパーフェクトな状態だった



2017_0928a.jpg
生後一ヶ月、1人餌になりたてホヤホヤのポッちゃん



ポッちゃんが相当可愛かったので
あの子がいない分の心の穴は埋まらないんだけど
いつもあのシルエットを探して付きまとっていた喪失感は
おさまった気がする。



リルは手乗り崩れになる寸前で迎えたので、まだまだ
借りてきた猫状態でキャラが判明していないのだが、
どんな子に育つのか楽しみ…^^


妹一家が文鳥を雄雌2羽飼っていて
2羽ならではの動きや遊び方がむちゃくちゃ可愛いので
いつかは我が家も2羽飼えたらいいなあ
ポッちゃんが戻ってきてくれたらなあ
などとぼんやり妄想している。



リルを迎えたのは、私が子供の頃に何羽かインコを
育てて得た経験を、双子娘にも贈りたいと思ったから。

犬や猫やウサギやリスやモルモット達も可愛かったが
セキセイインコとの時間はまた特別なんだよな><!

お世話もしやすくて、でも、1日でもご飯をあげるのを
忘れれば死んでしまう可能性もある。

リルを育てることで、双子娘なりの愛情と責任感の
成長に繋がればすてきだろうし、何よりも単純に
インコとの日々を楽しんで子供時代のよい思い出に
してくれたら嬉しいなと思う。



リルさん、これからよろしくね!


2019_0914b.jpg


ビスばぁさんも変わらずのんびりでヨロシク☆






セキセイインコのポポタ改めポッチャン(雄?→雌)

生後半年になった我が家のセキセイインコ。

雄かなと思ってたけど、鼻が青くならないし
割と静かで落ち着きがあるので、雌みたい。

昔、実家にいた雄達はたえず喋って動いて
スーパー騒がしかったので、違いに驚く!



2018_0126a.jpg


鳥だけど、実家の愛猫ビスに似た性格をしてる。

握られるの嫌いなくせに、噛まずに我慢するし
かまってちゃん度が低く、大人でマイペース。
そしてすごーく穏やかで、優しい…

ビスと違うのは
ビビりでなく好奇心は旺盛で、誰とでも遊ぶ所か。
双子娘はすっかりこの子の虜になってしまった^^

ビスは忍者の域に達してて気配がないからなぁ;
(美猫なのに常に押入れかベッド下で見えない



2018_0126b.jpg


最近、襟元の片側だけに黄緑の丸い模様が
増えた。たぶん近々反対側にも増えるはず。

換羽期まっただ中で、1月に入ってから
目に見えて羽根の抜ける量が増えた。

春には色柄が変わってたりするのかなあ?



2018_0126c.jpg


今日は私が仕事休みなので、いつもは窓際に
置いてあるキャリー遊園地をテーブルに設置。

一緒におめざ食べて寛ぎタイムと洒落込もう。



2018_0126d.jpg



性別不明な中、徐々に呼び名がポッチャンに
なっていった元ポポタ。ペットショップで買って
きた時に渡された紙には、「イエローフェイス
スカイブルーレインボー」と書いてあり、
後日インコ図鑑のような本で見た
ポッチャンと全身そっくりな色の子は
「オパーリングレイウィングイエローフェイス」
と書いてあった。

…そんな種類のセキセイインコらしい。



2018_0126e.jpg


一番好きなのは、この止まり木兼かじり木。
基本、ここで羽繕いして寛いだり



2018_0126f.jpg


お気に入りのオモチャと激しくじゃれたり、



2018_0126gg.jpg


いつの間にかおもむろに中に入ったりしている。

(何かあった時、いつでもキャリーに入れる
状態でいてもらうために、この遊園地を
作ったので、第二の家になってて一安心…)



2018_0126h.jpg


餌は、従来の殻付きミックスシードから
ペレットへ移行した。これはけっっっこう
大変だった@@;シードとペレットを混ぜ
ながら少しずつ移行させていく方法と、
一気にペレットに替える方法があって
うちでは一気に替えたので、最初は
ポッチャンストライキして断食状態に;;





↑ペレット切り替え当初のションボリ動画



食べなきゃ死んじゃうので、最終的には
しぶしぶ食べてくれるようになり、今では
ガツガツ美味しそうに食べている。

4種類のペレットを試し、その内3種類が
好みらしいのでローテーションしてる。

たまに、まだ残っている嫌いな1種類を
あげると、エサ入れを覗き込んだ瞬間に
目の輝きが消え、悲しそうな瞬きをして
ゆっくりと項垂れていく…。分かりやすい
落ち込み様に、思わず吹いてしまう。。

ストックは好きなやつだけにしてあげよう…


ペレットは栄養バランスがほぼ完璧で
病気を防ぎ、長生きさせてくれるらしい
ので、慣れてくれて本当に良かった。

インコにとって良い条件が揃えば、
なんと20年くらい生きてくれるそうだ。
(うまくいったら私が還暦くらいまで
一緒にいられるってこと?!)



2018_0126i.jpg


ブランコは乗るより落とす方が好き。なぜ…

メインの鳥かごに帰す時、このブランコも
一緒にかごに戻すんだけど、そこだと下に
落とせないので、ちゃんと乗って揺れてる。



今、このブログを打ってる私の横で昼寝中。
小さ~~~い声で、「ピ、ピピ、チュピピ…」
と寝言を呟いてるのがたまらん可愛い

この後、肩にのっけて皿洗いに付き合って
いただきます。




以上、
ポッチャンの生後半年記録おわり。


そろそろ双子7歳の成長記録もしなきゃだな!
母子手帳のページも終わっちゃったし(寂)
あれって6歳までしかページがないのね~


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

コトリの姿をしたコビト


ポポタ(ポポコ?)、生後3ヶ月ちょい。


20171106113558dbc.jpg


洗い物をしてる間や、ソファで本を読んでる時は
常に私の肩にとまっており、たまらん可愛い。

洗濯物干しや着替えで私の動きがせわしなくなると
ソファのここか、キャリーにつけた止まり木に行く。



2017110611360063c.jpg


私が在宅中は基本リビングで自由にしているポポタ。
ただいま換羽期、トゲトゲした新しい羽根が生えて
古い羽根がほわんほわん抜けてあたりを漂ってる。
(リポカポが争って拾い集めては宝箱にしまう)



201711061136019da.jpg


朝食の席では真っ先にカポの味噌汁をすすりに行く…
次はリポが落としたご飯粒かパンくずをついばむ。
毎度阻止しようとするが一瞬で目的を果たすポポタ。
狙うのが私でなくガードの甘い双子なのがあざといw



20171106113603d17.jpg


私が仕事から戻って何か食べ始めると、
放鳥時の拠点にしてあるキャリーで餌をついばむ。
本能にしたがって集団行動をとるのが微笑ましい。



20171106113604119.jpg


日光浴をしながら、公園で遊ぶ双子を眺めるポポタ。
2人のことが大好きなようで、一緒に遊ぶ時は
めちゃくちゃ動きが早くなり、爆笑を誘ってくれる。



20171106113606abc.jpg



カゴの中も大好き。
リポカポが赤ちゃんの時に使ってたベビークリップを
オモチャとしてぶら下げたら、友達認定したらしく
右から話しかけたり左から話しかけたりと超ご機嫌!


保温用にほんのり温かい寄り添いヒーターと、
20ワットの電球タイプのヒーターをつけたので
その時々で好きな温度の場所に移動して
居心地よさそ~に過ごしている。



20171106113607c28.jpg

鳥かごの冬支度は済んだけどリビングはまだ…


カゴのすぐ横にあるメダカ水槽が大好きで
油断するとここで水浴びをするポポタ(@_@)
足がつかないのでカルガモみたいに泳いでて
最初見たときはめちゃくちゃビビッた!

ちゃんと浮くから溺れてる感じではなかったが
何かあってもいけないので水槽には蓋をした。。



ちなみにメダカたちは六匹とも変わらず元気!

産卵ラッシュは終わって(オスが未熟で無精卵…)
水温が下がったせいか水も汚れにくくなり
ひと月近く水替えしなくても大丈夫になった。

そろそろエビを飼ってもよさそうだなぁ~

メダカ達はそれぞれ少しずつ大きくなった。
普段はスイスイ泳いでいるのが、私が近づくと
皆して正面顔になりこっちを見ながら停止する。

目がキョロンとしてて愛くるしいやつら!

早くまた卵うまないかなー(ちゃんと産まれるやつ)




そんなかんじで、
小さきものたちに日々楽しませてもらっている。

双子とセキセイインコが戯れる様子は
悶絶ものにめんこくて、スマホの動画が
増えすぎてしまうのが現在の悩み。

また整理しないとなぁー



テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

最低気温が12度。インコの夜の保温どーしよ

本日無事に小学校での初めての運動会がおわり、
完全燃焼の双子娘とパパが布団に撃沈してから
せっせと食器や弁当箱を洗って、風呂すませて、
今やっと私もベッドにもぐりこんだところ。

はーーーー つかれた。日焼けした。


運動会の記録はまた今度PCでゆっくり。



2017100100011945d.jpg

セキセイインコのポポタくん、
今日もどこまでも私についてくる。

テーブルで遊ばせてても、
私が洗濯物を干しに南の窓際へ行けば
ブーンと飛んできてすぐ目の前にとまるか、
肩に着地する。鷹匠にでもなった気分だぞ…



201710010001214dc.jpg

昨日から続けて、夜が12度まで冷え込む。。
10月を目前にして急激に秋深まってきてる~。

慌てて鳥かご保温対策にブランケットを出した。
包んだら、でかい忍者の頭部みたいになって怖い。



20171001000122fc2.jpg

餌入れの辺りだけ光があたるようにして
あとはすっぽり包んであげた。
実験的に、カゴの天井にレンジでチンの保温材
ゆたぽんを乗せてみた。

室温が25度ある状態で、カゴの中は3度くらいしか
上がらず、朝には室温と同じに下がっていたので
真冬にはこれじゃ駄目そうだった。


小鳥用のヒーターを買わなきゃだな。
なしでも越冬できるだろうけど、
ストレスなく長生きしてほしい。


昔から秋冬支度が大好きな性分なので
トリに関してもやはりワクワクする。

この週末で家族分の衣替えもしておきたいな。


2ヶ月続けて旅行に行くことが決まったので
その準備もしておかないと…っ

なんか運動会終わったそばから
またそわそわする。。
身体だけはしっかり休めておくべしだな!


ちゅわけで、おやすも。

疲れたからいい夢見たい…


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

明日は運動会なのに脳内がトリすぎて困る

20170929220348bef.jpg

窓際のドリームキャッチャーがお気に入りで
放鳥中は時々ここにいる。
心地良いのかすぐ寝る。



201709292203505f3.jpg

朝から癒される…

もう可愛すぎて頭がおかしくなり
ポポタを握ったり口の中に入れたりしています。

※嫌がりません。

私の両手の中でピッピ言いながらうっとり
目を閉じて、頭をなでて欲しい角度にして
差し出してきます。まじ食べたい…!!!!


双子娘のほっぺは実際にかぶりついて
愛でているのだけど、トリは小さすぎて
かぶりつく加減が危ういので
口の中に入れるだけで耐えているのです。


ちなみに私が小学生の頃に雛から育てた
セキセイインコも、私の口の中に
つっこまれていました。

中学の時に妹が育てていたセキセイインコも
私の口の中につっこまれていましたし、
高校生の時に私が育てたセキセイインコも
やはりつっこまれていました。


ああ、懐かしい味わい…


明日は小学校の運動会なので、
一旦人間のお母さんに戻って
正気でお弁当作りしなくては…


お天気も良さそうだし、
規模もでかいし、はりきってかんとなー!


つわけで今夜は早寝!
おやすみなさい。
ポポタ食べたい


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

トリが手の中にズボッと入ってきます

出勤前に更新したいのにトリが…
タイピング中の手の形がツボすぎるらしく
右手と左手交互にズボズボ入ってくるので
その状態でタイプしてるとちっとも進まない

マウスのカチカチも大好きらしくクリックに興奮してるし
キーボードにうんこしまくってる困るーがわいすぎるっ



2017_0928a.jpg



2017_0928b.jpg



2017_0928c.jpg




夜にカゴから出した時も、やっぱりこうなる


2017_0928d.jpg


手が離れると慌ててチャカチャカ詰めよって
一生懸命手の中に入りなおそうとする。

まだ雛っぽくてかわいい…



2017_0928e.jpg


ウチに来て三日目でこれやるようになった。
でもなぜかキーボードの上でしかこうならない。
つーかテーブルの上は好きじゃないっぽいのに
ノート広げるとすぐ乗ってくる!足場感が好きなのか?
電磁波の影響が気になるからほどほどにしないとな;;





テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

インコのポポタと、ワタシの馴れ初め


ほんとは、去年からずっと文鳥に惹かれていて、
いつもペットショップに寄っては鳥さんコーナーを
親子で眺めておりました。


私の妹が、白文鳥とノーマル文鳥を飼っていて
その子たちのあまりの可愛さにすっかり虜に
なってしまったのが、最初のきっかけだったかな?

文鳥の雛がショップに出始める秋ごろに、
ピンと来る子がいたらお迎えしようと考えていた。
(春もシーズンなのだが双子の入学等で忙しく、見送った)


鳥さんを迎える前に、今年は思いがけず金魚にハマり、
メダカにハマり、次はエビか?
レッドチェリーシュリンプいっとく?
…という感じでアクアリスト見習い期に突入し、
色んなペットショップを親子で見て回るのが日常になり…


カポはハムスターとゲテモノ系、リポはなぜか鯉にハマって
それぞれ楽しく見て回る日々が続いておったのでした。



で、今は9月なので
まだまだ店頭に文鳥はいないシーズン。

なので、昔実家にいたボタンインコやコザクラインコ、
セキセイインコたちを懐かしいなーと毎回見ているうちに
ある日、とってもきれいな色の一羽を見かけ…


「うわーやっぱセキセイの可愛さはたまらんわあ」と
執拗に眺めていたら、上段のとまり木にいたその子が
私をじーっと見つめ、なぜか下のとまり木に降りてきた。

おっ?と、お互いしばらく見つめあっていたら、
さらにすぐ手前のエサ入れの所まで寄ってくる。

そしてさらに私の顔スレスレの籠の網にへばりついて
じーーーっと見つめ続けてくれるではあーりませんか。


そんな子、今まで他にいなかった…@@
(大抵の子は自分の世界でピロピロと独り言ってる)

もうワタシ、それでハートをズビシとやられてしまった。

実家の愛猫ビスと出会った時のことを思い出すくらい
「あ、これは…」というしっくり感をビシビシ感じてしまった。

わーーーー
台湾旅行が終わってから運命の文鳥さんと出会う、って
予定だったのが、大きく筋書が書き換えられていくーーっ

どどどうしよう…アパートだから静かで小さな文鳥さんを
選ぶって決めてたのにああでももう店員さんに言ってる私
「この子って触らせてもらうことできますか」「できますよー」

あ、もうだめだーー この子うちに来るわーー…っっっ



2017_0926a.jpg

↑手続きの書類を書きながら撮らせてもらったポポタ


店員さんに籠から出してもらったポポタは、ホヤホヤの
手乗りインコとして上手に私の指にとまってくれ、
抜群にパッチリとした綺麗な丸いおめめと、
しっかりした両足と、きれいなお尻(健康の証)を間近に
披露してくれた。…もう迷う理由も見つからなーい><!

という流れのまま、ポポタはうちの子になることに決定。


そこから超高速の鳥さんグッズ収集が始まり
準備が整ったその足でポポタを迎えに行き、今に至る。



2017_0926b.jpg

↑リポカポと朝ご飯&グルーミング中のポポタ。このあと
テーブルにこぼれたカポの豆乳やリポの卵焼きを試食;;




ポポタ、お店にいたどの子よりもお目目がでっかくて
キラキラしているわりに、とーーっても小声な子だった。
動きはしっかりしてるんだけど、とーーっても物静か。

どこかフクロウに似た知的な雰囲気を醸し出している。

お喋りでひょうきんな子が多い印象のセキセイインコ
なので、私の中ではニュータイプな印象だ。




2017_0926c.jpg


昨日は、
11月の台湾旅行中にあずかってもらうことになった
実家のばぁばにポポタを紹介してきたのだが…

片道45分の道すがら、シートベルトをした籠の中で
ポポタは余裕で毛づくろいをし、急カーブの多い山道でも
ガツガツと餌を食べていた。明らかに普段と違う状況に
置かれているのに、めっちゃ通常運転だったポポタ…



2017_0926d.jpg


これはこれは、心臓に毛の生えたセキセイインコ様だぞ。

強い男・強い女が大好きな私は
そんなポポタの余裕っぷりを見るたびに胸躍らせている。



2017_0926e.jpg

実家に到着後、周囲を見回すとものの数分で寝た人↑



うちに来た当日にはリポカポの手から餌食べてたしな…
ショップの店員さんたちに、これまですっごく可愛がられて
育ててもらったのだと思われる。素敵なことだ><!



と、いまブログぽちぽちやってるキーボードの上で、
ポポタは私の高速に動く指とタイピング音に興奮して
膨らみ、ピヨピヨいいながら手の中に潜ったり出たり
して遊んでいる。これがツボなの?ツボなんだね??
かつてない興奮具合だね??そういう面もあるのねw
てかタイピングしづらいんですけど笑



まだまだ生後2か月未満なもんで、
これから声がでっかくなる可能性もあったり
全然知的なフクロウじゃなくてヒョウキンなインコかも
しれないんだけど、この先どんな風に成長してって
くれるのか、とっても楽しみにしている。



リポカポは初日から「ポポちゃん来てくれてよかったね」
「かわいいね」「うれしいね」ときゃあきゃあ言っており、
パパも指にポポタをとまらせるとしばらく返してくれない。
あっという間に人気者になったポポタ。

もちろん一番夢中になってるのは
金魚の時同様にこの私なのだが…;;

私がお世話するんだから、いいんだもんねーっ



というわけでポポタ馴れ初め記録おわり。

明日はリポカポの眼鏡のことを記録しにこようかな。


テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

ポポタとブランコ


全く揺らされることのないブランコ。笑




そろそろいつもの長文書きなぐりブログに戻りたいところ
なんだけど、あっちゃこっちゃでアレコレしてて
なんだか落ち着いて座ってられない


夜にもう一回ゆっくりブログアップしたいな~



出勤前にメダカ卵の小鉢を水替えせねば@@
(な、なんかすぐカビてしまうのよね;;;)

テーマ : セキセイインコ大好き
ジャンル : ペット

ポポタとファミリー

201709251627051d5.jpg

わたしとポポタ。(基本ずっと手にとまってる)



20170925162706791.jpg

パパとポポタ。(肩にいる)



201709251627083cc.jpg

カポとポポタ。(手からエサ食べてる)



2017092516270980c.jpg

リポとポポタ。(おはようの挨拶タイム)



実家が動物好きで、
いろんなインコを育ててきたけど、
この子は特別賢い予感。
順応性もめちゃくちゃ高い!


この子に影響されて、家族も私も
またちょっと成長できそう(*^_^*)


sidetitleCalendarsidetitle
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleProfilesidetitle

のん

Author:のん


2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。




★愛用した双子用ベビーカー★
ベビージョガーシティミニダブル
(使用レポのリストはコチラ)

大活躍の後2人が年中さんの時、
同じ園で双子ちゃんを授かった
ママさんにお譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ超現役な状態だったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 


★双子が乳幼児の頃の育児環境★
賃貸2LDK、車なし(キッツゥウ!)
食材や日用品は全てネットで調達、
実家は隣県で緊急時しか頼れず…
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児





2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場も小回りバッチリ!
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
ベビーカーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高です♪

双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになっていきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;


双子が小学生になり帰宅が14時台に
なった2017年春より午前中勤務に。

小3になった現在は9時~14時勤務。
(双子は早くも思春期に突入した)


そんな感じで現在に至る。

双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
その先なんかほぼ天国ですよ…!
(お勉強は大変ですが)笑
がんばりましょうね><!!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、マイペースに
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle