FC2ブログ

仕事のこと、父のこと


私の就職と双子の保育園が決まってドタバタな毎日が
はじまってから約2年10ヶ月が過ぎた。もうすぐ3年と思うと
それこそ長かったような「あれ、まだそんなもん?」のような。


4月に社長が引退され、その後は社名と事務所を新たに
K隊長がボス業を引き継いだのが5月。
私はそれまでの7時間勤務から、1日平均3時間勤務に。
(1日4時間の週3日出勤にし、フリーの仕事をする日も)


仕事内容は、そのまま引き継いだお得意さんの
広告類のデザインやSNSの更新作業。

それに加えて、最近は文章を書く仕事も来るようになり
K隊長がテーマを考え、私がざざっと情報収集をして
内容を提案し、先方のGOが出たらそれを記事に仕上げ
紙面のデザインを完成させる、という流れが増えてきた。

一応DTPデザイナーなのだが、デザインしてる時間より
文章を練っている時間の方が最近は長い気がする。

文を書く勉強はしたことがないけど適当に書くだけなら
好きなので、任されれば好きなように書いてみて提出。
そのまま採用されて「え、大丈夫だったんだろうか」と
思う間もなく次の仕事がくる。みんな、軽く投げるよな。。

が、好きな作業ばかりなので全く苦にはならない。
3時間や4時間は瞬きも忘れて過ぎていくような感覚。
若い頃にずっと私が求めてやまなかった状況はコレだ。

でも、先方からOKは出ても肝心の反響面の手応えが
ぼんやりとしか感じられず、自分の気持ちが悪いので
マーケティングの勉強を始めることにした。
もっと早くにするべきだったのだが
とにかく昨日から始めることに決めた。

勉強と言ってもまずはネットで仕込んでみるだけなので
いつどこででもできる。昨日は朝からミスドで1時間半。
家にいると掃除洗濯ブログがしたくなるので外に出た。

昨日は、ミスドにモーニングセットがある事を初めて知った!
ミスドのロイヤルミルクティーが好きで、
ミルクティーとシナモンドーナツを頼んだら安くて驚いた。
(せっかくセットで320円なら高いドーナツ選べばよかった)

ロイヤルミルクティーはおかわり無料なので2杯いただいた。
3杯目もいけたりするんだろうか?2杯までなのかな?
まあ2杯で充分幸せになれるのだが。


勉強した後、職場近くのパン屋さんで昼を食べ、出勤。

「隊長、私マーケティングの勉強を始めました」
「んっ?!おお!私はもう一つ事務所を借りたよ」
「えっ!!どこに」
「すぐそこだよ近いよ」

ええー!むっちゃ覗きたい、今見たいと思ったが
打合せと作業が始まったらコロっと忘れてしまい
詳細を聞き忘れた。
隊長がお茶とみかんを用意してくれていたのに
一瞬にして4時になっており、双子のお迎えへ。
ああ今週も夢中で仕事した。パートなりに。


そうして夜になって、双子が眠って、夫が帰ってきて
家のことが片付き私もベッドに入って眠ると、
ほぼ毎晩、父親の夢を見る。


夢の中では、病気になる前の元気な父だったり、
体が動かなくなってきてるけどまだ会話できる父だったり、
もう寝たままで会話もほぼできない今の父だったり、
色んな状態の父が夢に出てくる。


夏が過ぎたくらいの頃から、父の死について
考えてワッと泣いたりするようなことは、なくなった。

父はもうすっかり、ネンネの子供か赤ちゃんみたいに
なっていて、介護する母もある意味では手がかからず
身体的負担が減ってきた。

父は今、毎日自宅で栄養点滴なので、食事ももう無理やり
1日3回も口に押し込んで夫婦で疲れ果てる必要はなく、
完全にオムツになったのでトイレの途中で2人で倒れて
怪我したり、散歩で玄関の階段で動けなくなることもなく、
母は、一日ずーっと寝入る父を見守るばかりとなった。


一時は父の徘徊に付き合って休めず
夜は突然の大声で眠れず
何を作っても食べてもらえず
痴呆とパーキンソンの症状はどんどん進み、
先が見えない不安でいつ介護鬱に陥っても
おかしくない状態だったのを、乗り越えた母。

私は今は月に1,2回実家を訪ねる程度になっていて、
ふだんは毎日往診に来てくださる先生と看護師さん、
リハビリの先生、3日おきに父を入浴させに来てくれる
お風呂屋さんの若者3人、毎週来てくれる歯医者さんや
ケアマネさん達がこまめに両親をサポートしてくれている。

父の病状と点滴の事で、預かってくれるデイサービスが
なくなってしまったので、週1度の自由もなくなった母を
支えるため、在宅で頼れる福祉には全て頼っている。

2ヶ月に一度ある、父の膀胱がんの検診も往診で
お願いできるようになったので、また心配事が減った。
私が仕事を休んで駆けつけるようなことは今はほぼない。
(逆に今なら余裕で駆けつけられる仕事環境なのだけど)


8月9月に我が家におたふく旋風がきた頃
私はしばらく実家に行けず、父の顔を見るのが
だいぶ久しぶりになってしまった時があった。

脳が萎縮していく病気なので、認知症が日に日に
進んでかなり悪化している父は、もう私と双子が
顔を見せてもさしたる反応を見せなくなった。

ほぼ眠ってるか、起こされてもぼーっと宙を見ている父。

ただ、何かの拍子に双子が満面の笑顔で
父の視界に飛び込んだことがあり、その時父は
「こども・・・」と小さな声で言ったあと、
涙をポロっと流したのだった。

「リポとカポだよ、あなたの孫だよ」と笑顔の母。

分かってるから涙が出たのであろう父。
心では分かっているけど、頭では思い出せなくて
思い出して喋りたくても頭も口もうまく働かない。
だけどじぃじの、孫への切ない愛情は
あの涙で充分に感じられた。


同じ日だったか別の日だったか、
父のあるようでない視界に、ひょいっと私が
入ることができた日もあった。

「あ、今、父ちゃんと目が合ってるわあ」
と私が言うと、母が横から
「お父さん!Nだよ、Nが来てるよ!」と声をかけた。

父は、孫に言った時と同じように
目に涙をためてひと言
「かわいい」と言った。

ウケる母。
私も笑ったけど泣きそうだった。
心では分かっているけど頭では思い出せない父は、
可哀想なのに、たったひと言で愛情を表現するという
すごい技を手にしていた。

父ちゃん分かるよ、
私も、リポカポが「かわいい」んだ。
かわいいかわいい、私の大事な娘たちだよ。
だから父ちゃんの気持ち、今むっちゃ分かるわ。
こんな気持ちで私のことを思ってくれて
本当にうれしい。父ちゃんの娘で、私は幸せだ。
そんな難しい身体で、伝えてくれてありがとうね。


私に合っていたチャンネルはまたひょいっと外れ、
父は赤ちゃんに戻りスプーンをぺろぺろし始めた。
笑う母と私。もうある意味、究極の癒しの存在だよ。。
でかい、白髪の、点滴付きの赤ちゃん。


父のこの病気に痛みが伴わないことにいつも安堵する。
長い時間をかけて父の心と人生を奪っていく病だけど、
痛みで苦しませることだけはないのが、唯一の救い。


今、実家の和室から庭を経由して外へ出られる、
長~~いスロープを作る工事をしている。
全く歩けなくなってしまった父を車椅子で散歩に
連れ出してあげられるように。

「最初から、玄関の階段に手すりをつけるよりも
こっちをやればよかったね」と言う母。
玄関の階段から廊下、二階の階段まで手すりを
つけたので、今回とほぼ同額の工賃を払ってたらしい。

「うん、でもこれからも玄関だって使うんだし
自分のために手すりあった方がいいじゃん」
「まあね」

とは言え、私もいつか家を建てるなら
最初からバリアフリーで建てると思うな!笑




来週USJに行ったら
お土産持って実家へ行く。
その時にはスロープの工事も終わっている予定。
しばらく父の顔を見られないので、何となく気が急く。

まあ、寝顔しか見られないのがオチなんだけど
早く会ってひと安心したいと思う。




スポンサーサイト

生死をかけて(?)生き方チェーーンジ

空き時間にくだらないサイトを見てくつろいでたら、
ラジオからノラ・ジョーンズが聞こえてきて
いきなり涙腺がやられた。。音楽、キケン。

ノラ・ジョーンズは父親の影響で聞くようになっただけに、
ラジオやなんかで、それこそ父親が元気で音楽を愉しんでいた
当時の曲が流れたりなんかすると、もうあかん。
その頃のお父さんに会いたくて堪らない気持ちになる。

何かをしてほしいわけじゃない。
ただ、父親が楽しそうにしている姿を見たい。
趣味の写真や、読書や、音楽鑑賞。居間で映画を観て
母と機嫌よさそうにソファに並んでいる、普通の姿を見たい。

想像しただけで幸せになれるぐらいだから、
今実際にあの懐かしい光景が見られたら号泣するだろうな。

もっと両親のそんな日常を横目に見させてもらえると思ってたなあ。
老後を楽しみながら、チビ達の成長を見ては喜ぶ姿。
もっと見たかった。



一昨日様子を見に行った時の、両親の状態がちょっと堪えた
もんだから、今日は音楽一つで調子が崩れてしまった。。

ああ。
こんな思い、チビ達にはさせたくないなあ。

病気にはなりたくない。
例えなったとしても、頭だけは正気でいたい。

誰だってそうだろうけれど。



じつは最近、あまり体調が良くなかったりする。

仕事に行けないとか、家事ができないほどの事では全然ないけど、
「体調が万全じゃない」と感じる状態がずーっと続いているというか。

まさしく「もう若くない」っていう感じがバシバシ、してる。。。
体の色んな器官が衰えてきたのが分かる。
精神的にも、色々と納得できていない思い(主に両親のこと)が
あるせいで、本来の元気さとはかけ離れている気がする。


身体が不調で心も不調というのはマズイ。
こういうのを無視し続けると、取り返しのつかない事が起きて
自分にも周りにもシンドイ状況を招いたりするんじゃなかろうか・・・



この4月だけでも、随分と生活の変化があったのだけれど、
5月からはもっと、今までと全く違う生き方をしてみようと決めた。

またも勢いで新調してみた手帳の月間スケジュール。
5月のページを、過去の自分に見せたとしたらきっとビビるはず。
・・・いや、そんなビビらんかな?笑
かねてからの願いが叶っただけのことだから、ただ喜ぶのかな^^


まずは5月某日、ずっと憧れで目標でもある人に会いに行く事になった。
9日、何年も先延ばしにしていた矯正歯科のカウンセリングに行く。。。
10日に、新オフィス(仮)に行く途中で見つけたピラティスを習いに行く。
いい感じだったら、週1~2回のペースで通って身体を鍛えたい><

あとは、毎週火曜か金曜どっちかを平日休みとして固定。週休3日~!
加えて出勤時間を午後のみに設定。12時から16時の4時間勤務。
自由になった午前は、フリーで戴いた仕事&勉強(読書)にあてる。
これ楽しみすぎる!!ってかもう数日そうしてるんだけど幸せすぎる!

今までが、朝9時すぎから17時前ぐらいまで職場にいながらも
5時間勤務の扱いだったため、給料が劇的に減った印象はなく、
ひたすら時間セレブになれた感じがする。

しかも、時給アップの約束までしていただいた。

私の願いを全て受け止めてくださったK隊長。大好きっす!
素晴らしくカオスな「新オフィス」を用意してくださったK隊長!(笑)
犬2匹に揉まれながら感謝、感謝、感謝の感謝の感謝です・・・っ
もっともっと、いい広告つくります!!時間を大切に有効活用して!


「新オフィス」が、こないだ見つけたスタバから
角二つ曲がった所だと分かり、むちゃくちゃびっくりした。

午前はそのスタバでグランデサイズをごくごく飲みつつ私事♪→
午後からは角二つ曲がってって新オフィスに移動して仕事♪♪
そんな日々が始まりつつある2016年初夏。

転がしたるぜ~
どんどこどんどこ、いい方向へ!


★★カフェタイム中は脳内カーニバル状態★★

20160501221222722.jpg 

とは言え、本当は「固定収入」が若干減るという不安もあるから
お財布に常に万札9枚を入れて、「ほらお金持ちだろ」と自分を
洗脳している。これ、チビ達のランドセル購入資金+
@なので
その時まで絶対に使えないんだけど(笑)。種銭でおまじない。
究極の9!ってことで、9万円にしてみた。最初は大金にドキヒヤ
したけどもう慣れた。いつもこれくらい持てる人でいたい><!



じぃじ、とっと、おとん、父ちゃん、お父さん


このブログの中でも、
じぃじと書いたり父と書いたり、
なかなか統一できていないのだけど、
基本的に父のことは「父ちゃん」と呼んでいる。

妹も同じくで、姉妹揃って高校生くらいから
両親を「父ちゃん母ちゃん」と呼ぶようになった。

おとん、おかんと呼ぶこともけっこうある。

両親とも、別段それに文句を言うでもなく
私らの好きに呼ばせてくれていた。



父の手術は先週半ばに無事終わり、退院した。
栄養点滴のためのポートが鎖骨近くに付いて、
これから自宅でいつでも高濃度の栄養を
注入することができるようになった。

ポートに針を挿すのは看護士さんでないと
いけないので、毎日の往診?訪問看護?の際に
やってもらい、抜くのは母が担当する。

風邪をこじらせ半月近くに及ぶ発熱で衰弱し、
咳で食事が一切できなくなっていた父だったが
栄養点滴と母の愛情と周囲の助けのおかげで、
難病を抱えているなりにも、体力が戻ってきた。
咳も良くなり、食事もできるようになってきた。

眠ってばかりの父が目を開けるだけで嬉しい。
ついにお別れなのかとも思わされた後だけに
父が小さな煮物を口に入れるだけで愛おしい!

起きてるー!
食べてるー!!
あ、もうひとつ食べたスゴイー!!!
ってな具合に。

ほんとに赤ちゃんでも見てるみたいだ。
オムツしてて股間がボリューミーだし。


パーキンソンの症状が進んできて、
もうたいぶ手も口元も固く動かなくなってきた父。

こうやって、自分の口と喉とで味わって
食事ができるのはあとどれくらいなんだろう。
 ポートが付いて、栄養の心配はもうしなくても
良くなったけど、まだまだ美味しいものを
味わって食べて欲しい。

また少しでも力をつけて、
もう一度外を歩けるようになって欲しい。

父自身も母に「どこか行きたい」と
言うらしいから、このいい季節にまた家族で
散歩に連れ出してあげたい。


父ちゃん 、ゴハンがんばれ。
美味しいもの食べて体力つけてお外へ行こう!
チビ達も楽しみに待ってるよ。




私も妹も 、家庭を持ってすっかり自立して、
親の助けなくやって行けるようになった。
2人ともワーママとして多分けっこうもう無敵。
この歳なら当たり前のことかもしれないけれど、
時々、これってすごいことだと思ってしまう。

それもこれも、父ちゃん母ちゃんのおかげ。
私らを育ててくれてありがとう。感謝してます。
父ちゃん母ちゃんの娘で本当に良かった。

これからのますますの成長、
心配せずに見守っててよね!





今日は、愛知で小さな地震があった。

先日熊本で被災した、母方の祖父や親戚は全員無事で
余震も減りつつあって、ほっとしかけた矢先。


不安になろうと思えば要素は尽きないね。。
でもやれることをやっていくしかできない。

まだ募金ができておらず気持ちが落ち着かない。
今回は二機関に託そうか。
もう、揺れないで欲しい。




1人カフェ、事務所の移転、父親の手術日=双子の親子遠足日


半月近く前の書きかけブログをやっとこアップだ。



微妙に田舎で、コメダ以外の茶屋があまり見当たらない

地域に住んでいるのだけど、先日ドライブ中に見かけた

星乃珈琲に行ってみた。急に仕事が休みになって。


初めて入った、ピアノJazzがええ感じの店内。

一人分の幅しかない、壁と壁の間みたいな席の

キャメル色のソファにすぽっとはまって

ウインナコーヒーをいただいた。至福!


ニヤニヤが止まらない気分で本とノートを開き

近い将来の夢と希望を書き殴るっ。至福!至福!

ずっとこれがやりたかったんだー久々の久々にっ





ザカザカ書いていたら、お得意さんから電話で呼び出し。

ジャズが聞こえたらしく遊んでるのがバレてしまった。
お昼食べてから伺うことにして、エビとアボカドの

トーストサンドを注文。期待以上においしかった!


お得意さん、うちの事務所が急に移転することになったから

私の動向が気になって連絡くれたらしかった。

この辺のくだりは長くなるので書きたくない。

私にも今後の数ヶ月がどうなるか先が読めない状況だし!

よい方向に転がしたいとは思ってる。

とりあえず今を楽しんじゃってるよウフフ。


じぃじが先週、いつ死んじゃうかわからんような

心配な状態になり大変だったりもしたのだけど、

なんとか持ち直してくれ、来週手術が控えてる。 

この先、口が動かなくなっても栄養が取れるよう

鎖骨近くにチューブを入れて、自宅でもできる

点滴のポートを作る手術。

やるかやらないか、じぃじがそれを望むのか、

苦しませるだけじゃないのか、

悩んだりまた泣いたりの数日だったけど

じぃじはまだ生きていく方向だなと家族全員が

思えたので、手術を決めた。来週半ばに入院する。

初日が双子の親子遠足の日と被って焦った!

が、その日は妹がフォローしてくれる事になり

助かった…。どうしようかと思った。




そんなことがあった少し前に、

どピンクのトートバッグを買った。
こんな色買ったの初めてだよ。

とにかく何かしらで勢いを付けたいんだと思う。。

昨日、髪も切った!20センチくらい?

最近ずっと大人しめのスカートばかりだったけど

ダメージデニムも買った。デニム久々すぎる!

全体的に自分をリニューアルできた感じで清々しい。

やるぞ、いくぞ、すすむぞ、あそぶぞ!





新しい事務所が完成するのを待ちつつ、

自分でも仕事をやってみることにした。

まずは、りょーちゃんのサロンのショップカード。

最近やってなかったラグジュアリーな雰囲気での

デザインを頼まれたので、若干ドキドキしてる。

どっかでラグジュアリーな空気でも吸ってこなければ!

さてさてどこに行こうかな。



キサマそれが職場に相応しい姿かっヾ(❀>ω<❀)ノ゙


なんか足入れるとあったかいやつ ¥780
なんかポンポン付いてるレッグウォーマー ¥わすれた
なんかボロくなってきたストール ¥わすれた

fc2blog_20160303090040406.jpg


中に、レンジでチンの小さいゆたんぽが仕込んであり、足湯並の温かさ
来客があると、ここからババッと飛び出しスリッパを履いて対応しに行く。
(レッグウォーマーは履いたままだが誰も気にしないので良しとする)


職場のエアコンも頑張ってくれてるものの、私の席がエアコンの真横すぎて
足元はずっと極寒のまま。病気になりそうなのでこのような対策を取った

結果、凍ったトカゲ状態から脱し、顔色良く健やかに仕事をこなせている。



そんなある日の職場にて。
私の正面で、椅子を4脚並べた上に寝そべり寝息をたてる人物が…
一時は休職か退職、という事になっていたミカエル先輩である。

先輩は、今たぶん46歳。再来年に中学お受験を控えた賢いご子息が一人。
同居して長い義母が倒れて危篤→生還→自宅介護が始まったところで、
その義母に「私の預金通帳どこへやった」と騒がれ不眠続きになってしまい…

職場に避難してきたところ、K隊長により仮眠の命が下されたという。笑



私はネットラジオでミカエル先輩リクエストのジャズを流し、
青白い顔にティッシュをのっけた彼女の細~い寝息を聞きながら作業。
ああ、おいたわしや

 「通帳はちゃんと見つけるから、待っててね」と笑顔で言い聞かせて
あるかも分からない通帳を探す日々だった先輩と旦那さん。。。
(その後、変な場所から発見されて一応ひと段落)

義母が歩くとこぼれるウ〇コの処理だけでも大変すぎるというのに
糖尿病のケア、さらには認知症ド定番の理不尽な口撃まで受けて、、
そりゃ神経も磨り減るよ><


今日も事務所に気分転換的なお仕事&お茶タイムにくる先輩のため、
好物のチョコレート菓子を準備し、休息の場を整える。


ミカエル先輩、社長、と続けざまに介護がらみで退職という展開が起きた
年明けからもう2ヶ月がすぎて、今は不思議な形で先輩には毎日会える
状況になった。彼女が吐き出す「本日の愚痴」。幸い?私にもよく分かる
内容なことが多くて、一緒に仕事しながら近い悩みを分かち合える場が
あるって、有り難いこっちゃなと思うのだった。(そうそうない環境よね)

嫁姑ストレスはずっとあったのに、今まで愚痴なんて全く言わなかった先輩。
こらえきれなくなってしまった今、毎日の仰天エピソードをこぼすたびに
「ごめんね聞いてもらっちゃって」とおっしゃる。
もう、職場でまで気を使わないでくださいっ(!?)
今の私のお役目は、仕事しつつミカエル先輩と語ることだとしか思えない…
大丈夫、今日もお客さんの名刺デザイン良いものできて即OK戴いた
あんまり驚愕のネタがくるとさすがに作業の手は止まるけど(笑)、
ずっと一人でボワ~ンとしてた先月頃より全然、仕事がはかどってる。


そんなこんなな今週末、
私も実家で、気が重いチャレンジが待っていたりするんだよな。。

この数日で父がとうとう、管を入れないと排尿できなくなってしまったので、
今後はトイレへ行くたびに先っぽに管を入れてあげて導尿?をするのだ。
これから毎日、ばぁばが定期的にじぃじを寝てても起こしてトイレへ連れて
行ってその作業をしていく。管を挿しっぱなしにすることもできるらしいけれど、
それやっちゃうとまんま、「寝たきりで尿垂れ流し」の時代がやってきてしまう。
起きて、肩を貸してでも歩いてもらって、必死に用を足したら、必死に立ち上がる。
これだけでも、寝たきりと比べて脳と身体に行く刺激の量は全然違うから
やれる限りやり続けなければ、勿体無い。

また、頑張るための難易度が上がった。。。
ばぁばしか導尿できない、では精神的負担も大きいだろうから、
私も週末行った時だけでもできるように、やり方を教えてもらうことにした。


ふー、いやはや。ときめかないぜ。。。。そらそうさ。

今日も明日も、できる範囲のことを全うして、逃げずに完全燃焼しといた先に
思い描いた以上のナイスな展開があるヨってことで。ひたすらガッツするしか





今日はひな祭り。
私は余裕がなく特に何も準備せずにいたけど(雛人形もないし)
パパが雛ケーキを買って早く帰ってきてくれ、嬉しかった!
チビ達も叫び声をあげて喜びを爆発させていた…耳がキーン!!

雛ケーキは、イチゴクランチがあられでできてたりして、
それがええ具合にマッチして美味!だった!
生クリームとあられのコラボがこんな素晴らしい味わいになるとはっっ

ほろよいピーチも買ってきてくれてて、ますます良いきぶん♪


ミカエル先輩も私も今は、パパの愛情に救われてるところが多い。
幸せなことだね。


明日は金曜日!
仕事終わったら、チビ達と本屋でフライデーナイトフィーバーやー!!


テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

父と母その後と、週休3日ライフ?!


母は無事、岐阜から熊本への長旅(つっても車→飛行機でビューン)を
果たし、父といつもの生活を始めている。日常が戻ってからもう一週間。

熊本で再会できたじいちゃん、めちゃくちゃ嬉しそうな顔をしたそうだ。
引き続き入院なので元気いっぱいとは言えないけれど、話はたくさん
できたらしい。兄姉妹とも、馬刺し食べながら色々語ってきた様子。


その間ショートステイで2泊した父は、やはり食事をほとんど取れず、
それ以前に目を覚ましている時間がほぼなかったらしい。
土曜に私が施設へ迎えに行った時は、よりによって大雨が降っていて、
ますます動けなくなった父を実家の車庫から玄関へ上げるのに20分も
かかってしまった。(想定内ではあったけど大変だった;;;)

その夕方に空港に着き、大雨の中無事に運転して戻ってきた母は、予想通り
ショートステイ前よりやつれて体も硬くなってしまった父を見て、溜め息の嵐。
施設では、いつも母がやっているほどしつこく父に働きかけは出来ないようで
どうしても食事はすぐに中断、リハビリも父を叩き起こしてまではしないから、
自宅での生活に比べて放置に近い状況になってしまっても仕方がないようだ。

父の場合は預けるメリットよりも、リスクの方が大きいとしか思えないのが辛い。


「春になったらまた里帰りしてリフレッシュしてきなよ」とは言ったものの、
私が母の立場なら、やっぱり不安で父をよそに預けたくないと思うだろうな。。

私が母ぐらいスパルタで父の面倒をみられたらいいのだが、娘の立場では
さすがにあれはできない;;;お風呂も。。今は排泄の手伝いまでが限界だ。
(その排泄の方も、頭の線を一本カチッと切り替えないと無理だったりする。)



父と母の状況を、しばらく妹に伝えていなかったので、じいちゃんの件も含め
連絡した。その週末に早速実家にかけつけてくれた妹と、あれこれ話せて
ちょっとスッキリした。シングルマザーでフルタイム勤務+土曜出勤もある妹に
負担を強いるつもりはないので、よほどの事がないかぎり帰省はしないまま
電話でのフォローを頼む、と伝えた。母は自分からは電話してこないので、
また溜め込んで「死ぬ」言い出す前に、私ら娘2人でこっちから電話してこう、と。

元々、母とは妹の方が気が合うので、妹が気にかけてくれれば私も安心できる。
たぶんこの土日も妹は母に電話をしてくれたはず。私もそう毎日かけられないから
すごい助かる!子供の頃にもよく思ったけど、一人娘じゃなくて本当に良かったよ;
そう考えると自分も何とか子供を2人産んでおけたので、ちょっと気が軽い。笑
(なるべく世話をかけない人生のシメ方を選びたいとは思ってるけどさ


ところで、話かわって・・・
まだはっきりとは決まってないんだけど、
私は4月から週4日勤務にしてもらうことになりそうだ。

本当は入社以来ずーーーっと、平日に1日休みが欲しくて欲しくて
でもとても言い出せず(パートとは思えない激務だったし!)
平日フル出勤+休日出勤までしながらここまできてしまってたけど、、、

で、社長の退任が決まってからは業務のシンプル化が進んで
先週なんかは入社以来初めて「ヒマ!まじでヒマ!!」なんて日があったりして!

ある意味コワい部分もありつつの
夢の週4日勤務、週休3日ライフが手に入るかもな展開キターッ!!!

って、今こう書いていてもまだ実感がないんだけど@@

平日に、
私1人だけで、
自由に行動できる日が丸1日!
もらえることになる!
んだよね!?

きっと、その日に実家の母を気分転換に連れ出す事もあるだろうし、
『やりたいけどずっとやれてない!』あれやこれを実行する事もできる


あわただしいばっかりで、充実感はあっても充足感とは程遠い感じだった
私のここ数年間が、4月からちょっとだけ?変わってくれるのかも。
友達とももうちょっと会えるチャンスが増えるのかもっ

そう考えると、すんごい嬉しい・・・・><

チビ達の写真の整理とかアルバム作りをする時間もできるんじゃないか?!
平日の心の余裕も全然違ってきたりするんじゃないか???


などなど、期待は膨らむ。


現時点での夢。
平日休みが叶ったら!スーパー銭湯に行きます。
ジムで汗かいて、炭酸泉に浸かって、岩盤浴して、炭酸泉に浸かって、
マッサージ機でうとうとして、、、ってのを、時間が許す限りやる!!!


ああ、なんてジジむさい夢。

でも楽しみすぎて胸が震えるわあ…


「リポちゃんがお熱です」2016


タイミングよく、会社のイベントが終わった直後に園からの電話。リポ37.5度。
午後はK隊長にお任せすることができたので、13時にリポカポを園で拾って
帰宅してきた。週明けなのに私ももう疲れていたので、若干ホっとしつつ…

リポは微熱で、カポはついでに帰ってきただけなので2人ともウルトラ元気で、
リビング狭しと遊びまわっている。。今日早寝すればこのまま回復するかな^^


会社の仕事、雑務含めだいぶ整理されてきて、
利益に繋がらない仕事は今年に入ってからバッサバッサと削られたため、
私の作業量はかなり楽な量に減った。(一時的だけかもしれないけど;;)

去年は何度も発熱中の我が子連れで出勤しなければならず、しんどかった;;;
でも、アッサリ休めるのはそれはそれで怖いぞ・・・ゆとり→ヒマになったら怖い!
ヒマなのに儲かっちゃうシステムが築けているならいいけど、築けてないから

でも今ばかりは会社の心配までしている余裕はないのだった~。
(心配なんだけど)



実家の母、今週の木曜から2泊で熊本のじいちゃんに会いに行くことを決めた。
自分でちゃんとケアマネさんに相談して、1泊より2泊の方がいいと判断もして、
「飛行機の予約をしてほしい」と私に。嬉しくてもうその場でネット予約した。

「じいちゃんには死んでからしか会えんって覚悟してる」なんて言っていた母が、
父をしっかり施設に頼んで、一人で飛行機に乗って、生きているじいちゃんに
会いに行く。2泊もして、母の兄姉妹と勢ぞろいして話してくると。…やった…!

父は2日間施設で「お母さんお母さん」と昼夜ずっと呼び続けるかもしれないが、
まあそこは、呼んでていただこう。ちゃんとお母さんは土曜に帰ってきますから
(たぶん)

出発の日は会社を休んでサポートに・・・と思ったけれど、母は「余裕もって
予定が組んであるから一人で大丈夫」と頼もしい事を言う。土曜に、母より
一足先に施設から帰ってくる父のお迎えを、私が担うことになった。

ビス(実家の猫)が心配なので、金曜に仕事が終わったら一応その足で
リポカポを連れて実家へ行き、泊まって土曜のお迎えに備えることにした。

これがもし、父をショートステイに頼まず2泊ずっと私が見ていようとすると、、
会社を連休することになる上、昼夜も父の不規則なトイレ介助と突然の大声で
寝不足になりつつ、日中は双子と父の食事を別々に準備し、食べる介助をして~
・・・となるわけで。でも施設に頼めば一泊7000円お風呂付でプロが見てくれる。

双子がもっと大きくて私が専業主婦だったら、家族で365日みるのも現実味が
あるが、実際はこんな状況。父はショートステイに頼む、これが正解でしょう



昨日の母は、もうカリカリと切羽詰った感じが抜けていて、元が短気なわりに
ゆったりと父の食事の介助をしていた。先日の初ショートステイの間でうまく
ガス抜きができたんだと思う。相変わらず無反応な父を、可愛がっていた。

私は珍しく胃痛頭痛生理痛にヤられ、母と話したり父のトイレの介助を1度
できたぐらいで、あとは往復2時間の道のりを運転するので精一杯だった;;
やっぱり、疲れの溜まった週末に、家事もそこそこ隣県の実家へ通うのは
しんどいもんだ~。。。疲れてない時はわりと大丈夫なんだけど。


まだ独身で一人暮らしだった頃、夕飯を作るのがめんどうで実家にひょいっと
寄ってた頃が懐かし~。実家から車で10分の所にアパート借りて「独立ごっこ」
していた当時の私。ああ懐かしい。懐かしいけど空虚な毎日だった。笑

昨日、実家からアパートへ戻ってきた時に、車から降りる前のリポカポが
同じ顔をして同じチャイルドシートに納まったまま、私の顔をじーっと見ている
様子が、絵的にやたらめったら可愛くって可笑しくて、ぶふっと吹いてしまった。
見慣れたようでやっぱり面白い。私の大事な、ぷりぷりほっぺの双子娘たち。
色々重なると大変だけど、娘達のおかげで今の私にあの嫌な空虚はない。
月を見上げるだけで意味なく憂鬱になったりしていたな~。暇だったんだな。。



fc2blog_20160215162221b05.jpg

母娘3人揃分、サンタさんにもらったガラスの靴。これに3人とも
300円とか500円のイヤリングやピアスを飾って喜んでいる。私は指輪も





最近、休職になるはずだったミカエル先輩が毎日のように職場に顔を
出してくださるのが嬉しい。(ミカエル先輩は、旦那さんの親と同居していて、
昨年末から姑さんの介護が大変になって休職する流れになっていた。)

お互いの共通ネタ、介護あるある・ウンコあるあるを話すとスッキリできる。笑

さて、明日はお互い無事に事務所に顔を出せるかなー??^^;



テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

それでもやっぱり平和と言える


職場の近況。日々状況が変わるので記録おっつかず。
時期代表となるK隊長、「社名を変えるんだけど、何がいいと思う?」
「事務所とホールの家賃が○○万円でね、だから今後毎月云々~~」
・・・・パートの私一人では受け止めきれませんパートなりに考えますが・・・
今さらパートとか言ってられない状況なのだと思われるが、どうすれば;;;
とりあえず来週の園の懇談会は行けそうにないので先生にそう伝えた。。



双子娘。ますます天使と悪魔化してゆく。なぜこんなにも性格が違うのか。
双子にとって個性は重要、でも片方は天使で片方が悪魔って・・・そこまで
個性が出ちゃうと生き辛いことになってしまうでしょう。どうなるんだこの2人。
私の愛が足りないせいか?「愛とは?」と思い、あれこれ立ち読みしていたら
「愛とは許すこと」という一節がそこにあった。ああ、それそれ、それだきっと。
何かをしてあげる等は愛でありつつエゴの場合も多いけど、「許し」は確かに
愛していなければできないことだね。私はカポの中の悪魔が許せず、辛い。
カポの嘘や独り占めや自己中の極み的な行動を見るたびにマジかよと思う。
理解できない!でもそんな私だって子供のころは似たようなもんだったろう。

カポだけが悪いばかりのように書いているが、もちろんリポにも悪い時があり
カポが悪魔でなくとっても可愛い時も、もちろんたくさんある。きっと2人は普通。
(あ、頭脳面では普通より遅れを取りまくっているけれど)
愛とは許し。愛とは許し。ああもうこいつキィイィイ殴りてえ!ってなったら、
優しく微笑んで許すまではできなくても、「まいっか。知らんがな」で切り替えよ。



実家の近況。
母が「毎日死にたいって思う。もう逃げ出したい」と電話口で泣きじゃくる。
先週、母方の祖父92歳(双子にとってのひいじいちゃん)が吐血しまくって倒れた。
末娘として可愛がられて育ったという母は、会いに行きたくても父の介護があるし
行けないと泣き、「数日私が見るからじいちゃんが生きてるうちに行ってきなよ!」
と説得するも、やはり色々不安すぎるのか行く行かないとキレながら大泣き。

母「九州に行ったら、お母さんもう帰ってこないからね!!帰ってきたくない!」
私「いいよ、気が済むまで休憩しなよ。帰ってこないならその連絡はしてね」
母「本当に帰らないから!お母さんもう死にたい。情けなくてもういやだ」
私「私ならもうとっくに逃げるか死んでるよ。お母さんは頑張ったよ。休憩して」
母「じゃあお父さんはどうするの!最近は幻覚が見えてご飯も食べないよ!」
私「じいちゃんと違って危篤じゃないから大丈夫。とにかく九州に行きなって!」



翌日。じいちゃんは処置がうまく行ってアッサリ生還。見舞い不要との連絡。
そんな気はしていた。(何度も死の淵から戻ってきているじいちゃん万歳)
さておき母には、故郷で叔父や叔母とも会って、ゆっくりしてきて欲しい。
じいちゃんにも、もう10年以上ぶりになるし会って喜ばせてあげて欲しい。
「お金がかかる」と渋る母と話し合い、ええかげんデイサービスも週1から
もっと増やすべきだし、お金出し渋ってないで今はショートステイも頼むべきと
説得。父と母の年金額、我が家の手取り収入よりよっぽど多かった。使えよ!

「また死にたくなったら、死ぬ前にとりあえずお金を好きに使うんだよ。
 うちはパパが頑張ってるし私も稼ぐで、別に遺産とかいらんから。いつか
 使い切っちゃったら、こっちに来てうちらと一緒に食べていけばいいじゃん」

鼻水をすするばっかりの母。一緒に住むとなると、それはそれで色々ある
のが分かっているので、今はそう簡単には「うん」と言えないんだろう。。

「お金を払えばショートステイ先のプロがお父さんを生かしてくれるから、
 お母さんはその間お父さんのことは忘れて美容院なり花屋さんなり行って
 どっかでお茶でもして、夜は好きなだけ寝なよ。とにかく死ぬ前に休憩ね!
 もし本当に死ぬって決めたら、その前に電話はしてよ。発見が遅れて
 腐ってたら嫌だし悲しすぎる!!わかった?また土日そっちに行くからね」

母、今度は「うん」と言ってその場は収まった。そして昨日、母の帰郷に備えて
父の「練習」として初ショートステイに挑戦。今日の午後3時に帰ってくるらしい。
母は美容院へ行った。母と私以外にも、父の強烈臭い排便に付き添ってくれ
大事に綺麗にしてくれる人材が存在することの有難さ。お国よ感謝します。

まずはこうやってまた頑張って…いや頑張らないで、いこう;; お金を払って。
国の福祉に頼ろう。そして発狂せずに上手に生きて、楽しい思いもゲットしよう。
楽しいと思えるものがあるうちにそれらをやっておきたいものだ~。
父には、もう楽しいと思えるもの、欲しいと思えるものはほぼ消えてしまっている。
母も願望が浮かばなくなってきている。(そうでないと介護の毎日が辛すぎるから)

父ちゃん。バッサリ切り捨てていくようでごめん。だけど生涯ちゃんと大好きだよ。
また週末行ったら何度でもおしり拭くよ。でももうちょい爽やかな匂いだと助かる。




先週はそんな混乱の日々の中、
去年20年ぶりに再会できた小学生時代の旧友2人とお茶する約束があって、
九州のじいちゃんの事もありドタキャンになるかなーと思っていたのだが
何とか約束通り3人で集まることができた。
2人とも、私の斜め上を行くすごい状況で暮らしている。だけどまあ平和だ。
みんな健康で住まいがあり家族があり職があり友人がいる。笑った笑った。
笑いを設ければ人生なんとかなる。ちなみによく笑う人はボケないそうだ。笑おう。
将来子供に苦労をかけたくない。。。


そして昨日は双子を園に迎えに行って、ちょうどよく会うママさんが片目の周りに
見事な円形の青あざを作っていて驚愕。「どうしたの?!」と聞いてみたところ
「物干し竿に激突した・・・」とのこと。青すぎてパンキッシュなメイクのようにも見え
「カッコいいよ!」と思わず賞賛。普通~にしてるからよけいカッコよかった(笑)
ああ、懇談会、行きたいなあ。滅多に立ち話もできない私でも、親しくしてくれる
園ママさんが随分増えた。みんな面白い。働く母同士一瞬で通じるものがある。
と思っているのは私だけかもしれないが(笑)

毎日大変でも、すれ違った誰かと話してガーッと笑うと「今日楽しかったな」と思う。
元が人見知りで集団嫌いで一人が大好き!な自分だけど、他人と関わることの
本当の威力をこの数年で知った。「1人で平気」なのはまだ余裕がある段階までだ。



fc2blog_20160211173319d2b.jpg

ここで唐突に、夫からのクリスマスプレゼント。ガラス製で、付属のスポイトで
中に好きなアロマを入れられる。夫はこれのブルーで、ネックレスを選んだ。
結婚指輪は相変わらず買わないままだが、7周年記念での初ペアアクセ。
プレゼントはいつも夫が選んでくれており、今回も色々探した末のチョイスらしく
私はとっても嬉しく受け取った。(イブの朝、私の机の上に置いてあったのだった)

いつも目につくPCモニターのすぐ横の、貝殻のお皿の中に入れている。
付けてても置いてあるだけでも可愛い・・・・ 夫、ありがとう!



色んなことがあり、まさに生きてるわーグヘェ~ってなる。もうすぐ夕飯の時間。
たった今、母から電話があり
「お父さん帰ってきたよ。あっちではずっと『お母さん、お母さん』って探してたって。
私も一人になってみたら、ものすご~~く寂しかったよ。お父さんにもそう言った」
と笑っていた。笑っててホッとした。。。寂しいだなんて、素敵ではないか・・・・
お父さんとの毎日がウンザリでもう死にたい!な状態とは、大違いな感情だあ。

世の中は面倒なことだらけだが、行き詰まったらとにかく変化を起こしたらええね。
どっちに転ぼうと、とにかく変化の一手を打てば何かが起きる。次の展開くる。
この先も行き詰まるたび何かを変えて、あの手この手やっていこうぜ母ちゃん。
今は毎日は手伝いに行けないけど、いつも気にしてるからね。



以上、近況記録兼ひとりごと終了。
また来る。


テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

スキマ時間で掃除片付けそしてブログ

色んなことに慣れてきた。

難病の父の介護に奮闘する母への(ささやかな)フォロー。
仕事と家事の両立…やりきれないなりにも出来る範囲で「やれた」とすること。
もうすぐ5歳になる双子の育児と言えるのか謎な育児。
(深く考えなければ大丈夫だけど)依然アンバランスな夫婦関係。

どれ一つとっても、安定感ゼロの状態から脱せないものの、
そんな毎日にちゃんと慣れた。これが37歳の私に与えられた日常なのさ。
キツくてしゃーなかった時期もあったけど、お陰様でなんとかなってきてる。

アパートの部屋の中も、鏡の中に見える自分も、意外なほど幸せそう

やれることはやっているので、自分で自分に納得できているからだろうか。

(※ただし、子育てにだけは1ミリも納得できてない。我ながら酷い

いつか全てにおいて胸張れる日はくるのか。
ふつー来ないか、そんな日は。
楽しかったと思えれば良しか。



2015_1107a.jpg

ものを減らし続けている日々の中、最近リビングに「増えた」このひと。
10年以上前に清里で買った、作家:清水康子さんのテディーベア。
実家に置いたままだった、若き日の私の宝物を恐る恐るアパートにご招待。

当然チビ達の恰好の餌食…になってはいるが、今のところ首はもげてない。

癒される。この緑が好きなんだよな。おめめが木なのがまたかわいい。



2015_1107b.jpg

充電中にラグの毛玉を収拾。


makitaの掃除機を買った。
毎度、掃除機をかけるたびに疲れ果てていた自分へのプレゼント!
前のやつが重いわ狭いところに入らないわ、必死にかけてんのに吸ってないわで
もう我慢ならなくなり、12月を待たずしてAmazonで購入。私のサンタ早い~

makitaは、ドライヤー程度の音しかせず、重さもそんな程度だったりするクセに
前のやつより全然吸う…!細くて小さく軽いのでスイスイ各部屋を掃除できる。
コードレスなので、前は届かなかった玄関までしゅーーーーっと吸いに行ける。
階段、前のやつは重くて一段一段が大変だったけど、makitaだと微塵も疲れん。

あえてバッテリー内臓型をチョイスしたので、充電満タンから15分以内くらいで
掃除機をかけ終わる必要があり(替えバッテリーで続けるという事ができんから)
このリミットが非常に良い作用を与えてくれる。時は有限。掃除もほどほどにだ。



fc2blog_20151108005507051.jpg

モッサリと旧掃除機を引きずるチビ達。1人はコード持ち担当。makitaならもっと華麗に扱えるね。



断捨離は日常化しており、先日は我が家からゴミ箱が2つ消えた。
パパ部屋にだけ一般的なサイズのゴミ箱が残ってる。
あとは、写真にある白いホーローのピッチャーがリビングの『ゴミ箱』役。
寝室のは同じくらいのサイズの丸い木箱。どちらも花束の入れ物だった。

見た目もサイズもかわいいので、チビ達の鼻水垂れ頻度が高い時なんかは
そのまま食卓に乗っかっている。チビ達が撒き散らした紙ふぶきを自分達で
回収する時にも、持って歩けるので重宝している。場所を取らないのが魅力。


あ、あと枕も捨てた。押入れに入らなかったから。捨てたのは私のだけ。
枕なし健康法ってのがあったな、と思い、試しにナシにしてみたら快適だった!
今まで低反発の値の張るやつを使ってたけど、私はアレのせいで顎関節症に
なっていたのだと判明。枕をなしにしたら、最初寝つくのに時間がかかったけど
いざ寝てしまったら、ずっと悩んでいた歯軋りと夜通しの噛み締め癖が、
アッサリなくなったのだ…。
どうしても治せなかった横向きの寝相(顎関節症の原因でもある)が、
枕ナシにしてからはわりと仰向けで寝られるようにもなった。

以前は朝起きるといつも、右の奥歯と歯茎が噛み締めのせいでズクズク痛み、
顎から肩がガッチガチで寝起きから既に疲労感いっぱいだったのに、
それらが一発でなくるとは;;; 今まで私は何をやっていたんだろう。。。

いつか右奥歯は抜けるか割れるかしてしまいそうで(実際ヒビが入ってる)
すんごい怖くて、この歳で噛み合わせの矯正?マウスピースでなんとかなる??
と悩んでいたのが、押入れのスペース欲しさに枕を捨てたら改善された。

人生何がどうなってそうなるか分からんもんだ。

とりあえず、ものを捨てたことで悪くなった事は何一つない!
いいことしか起こらないのがおもろい。たのしい。真理が近づいてくる感じ。


今日はチビ達のボロい靴下を捨てた。私の古いカーディガンとパパのTシャツも。
あと、makitaでラグの髪の毛がちゃんと吸い取れたので、コロコロも1つ捨てた。
明日は、またキッチンのグリーンの棚の整理をする。今年何度目だろ。
整理してもいつの間にかまたコチャコチャしてくるんだよなーー

片付け後、どんな良い事があるか今から楽しみだ
ベランダも掃除しよ。


テーマ : 断捨離
ジャンル : ライフ

お盆のできごと色々

今年は、去年なかったお盆休みがあったのでとても嬉しかった!
土日含めて5日間。前後の仕事が大変になるわけだが、それでも…っ



この数日は「久しぶり」な事の連続だった気がする。
こないだ1年以上ぶりに会えた幼馴染えりゃんこと、ほんの2時間
キッズスペースで子供を遊ばせながら積もる話をしたのを皮切りに、
実家の方にある雑貨屋さんに行ってみたり。





何年ぶりか不明だったし、「アンティーク品の多い雑貨屋さん」という
子連れにはハードルの高い場所だったこともあり、常にソワソワして
全く物に目が行かなかった。笑
プレゼントを買うつもりだったが、困った事に雑貨という物にもう全く、
驚くほど興味が湧かなくなっており、相手目線になろうにも無理で、
結局手ぶらで店を出た。もうこれからは食べ物を贈ることにしよう…





じぃじ、ばぁばと散歩がてら買い物に行った。じぃじとのお出かけは
時間との勝負だ。椅子があるたびに座らせてあげ、待たせずに
必要なものを買い揃えていく。(でもここのパン屋さんではけっこう
待たせてしまった。)
ばぁばに誕生日プレゼントのバッグを買ってあげた。先月に目をつけて、
色を迷っていたバラ模様のバッグ。無事に色が決まり、プレゼントできた。
「新しいバッグ5年ぶりくらい」とキャッキャしてもらえて良かった
ばぁば、いつも本当におつかれさま!また一緒に買い物に行こう。





14、15日でみほちゃんがお泊りに来てくれた。やっと会えた…今年初!
彼女への去年の誕生日プレゼント(ずっと会えず車に積んだままだった)を
渡してすぐに、私の今年の誕生日プレゼントを買ってもらってしまった
一緒に行ったフランフランで、前々から欲しくて探し回っていたボックス…
鏡の台になって、読みかけの本やら小物やらを仕舞えるやつ…を
見繕ってくれた。私が買おうとしてたのよりもっと素敵なのを見つけて
もらえたのでとても嬉しい!ありがとうみほちゃん
彼女は我が家に持参のウイスキーをボトルキープ(?笑)していったので、
きっとまた近々泊まりに来てくれるはず。来月にでもどうやろかっ
久しぶりに恋の話などをして、ときめかせてもらった。これに適うものなし。
恋愛は大人の事情が絡むほど学びも深くなってくね。自分との戦いも。



fc2blog_201508192140471b3.jpg

16日にはこれまた久々のたかちゃん一家に会えた
いつも遊びに来てもらっていたけど、知らない街の知らない道を通って
今回は私とリポカポがお宅に突撃させてもらってきた!
上の白い写真は、白いソファに擬態しつつ私のバッグに侵入中の
美しい白猫、松くん。常に真顔だけど大らかで朗らかな印象の松くん。
絶妙な具合に社交的な松くん。ずっと一緒に居たいと思わせる松くん。
ブルーと金のオッド・アイの梅ちゃんとのツーショ写真を何枚も撮ったが
1枚もピントが合ってなかった。。。彼らが可愛すぎてワナワナしすぎた!
たかちゃんとも積もる話がありすぎ、半日ではとても時間が足りなかった。
また遊びに行きたい楽しかったなっ
それにしても、彼女とはネット上で知り合ったのが最初の縁だった
はずなんだけど、何だか不思議だ・・・家はほんの45分で着く距離で
実家より近かったし!!「縁」ってあるんだな、と、改めてしみじみした。



fc2blog_20150819221349691.jpg

そんなこんなで、とても良いお盆であった。
ずっと後回しになっていた夏の捨て祭りと大掃除もできたしな。
(写真は、棚の中身を棚板ごと全部出して捨てまくっている所)

ミニマリスト(物を限界まで持たない人たち)の心得、
「一番好きなものだけを身の回りに置く」って考えだけじゃ全然甘くて、
「二番目に好きというモノの侵入を許さない」コレだ!と思ったお盆。
私には、まだまだ「1番好き」と思っちゃうモノが多すぎている、、、
究極、いざという時に何としても持ち出したいモノのみにしたい!けど、
そう考えるとハテ、特に何もなかったりもする。
唯一失ったら立ち直れないのは、チビ達の写真データだけかもしれない。

まだまだモノは減らせそうだ。





で、盆休みが明けたら、アパート前の公園の木が超大胆に減らされて驚愕。
ちょ・・・っと、え、なに、聞いてないよコレ 森林伐採はんたーい



(ああ実家の状況記録もしときたかったけどもう長すぎるからやめとく)


ワーママ2年生の双子育児+週末介護な日々:2ヶ月目

写真はやっとUPの5月分。
今日久々に自分のブログを覗いたら広告が出ちゃっててびっくりした。
そうか1ヶ月以上更新してなかったか;実感としては20日くらいだった。
6月は存在しなかったかのように一瞬で7月になってしまった。


fc2blog_20150705202810832.jpg

じぃじは昼夜オムツ着用がデフォルトになった。
時々、トイレへの誘導が間に合わなくて大や小をもらしてしまう事が増えて、
じぃじ本人の粗相に対する不安と、世話する側の負担を軽減させるためにも
オムツ導入は悪くない決断だった。

小学生のころ、「♪アテ○ト~~♪」とふざけていたCMのあれを
我が父が装着しているのを見た時のなんとも言えない気分。

半袖Tシャツからチラリとオムツを覗かせて突っ立っているじぃじは
見慣れてくると結構かわいかったりもするのであった。。
オムツってのは凄い。65歳のおじいさんが着用しても
赤ちゃん的キュートさを醸し出させてしまうとは。



fc2blog_2015070515112319d.jpg

5月は毎週リポカポを連れて、週末介護しに実家へ行っていたのだが、
2人揃うと滅茶苦茶騒がしく、わがままを競い、ケンカも絶えない彼女らなので
6月後半からは1人夫に任せ、もう1人を私が実家へ連れていくようになった。
(写真はそうする前の、できるだけ外にお出かけするようにしてた時に
花フェスタへ行った時のもの。何年かぶりにここの満開のバラを堪能できた)



fc2blog_20150705150904a94.jpg

アイスクリームを食べるリポカポ。
徘徊防止で車椅子に乗せられたじぃじ、写真を撮ってあげると喜ぶばぁば。



fc2blog_20150705151657f0f.jpg

リポカポはあちこちでバラの花に顔を突っ込み、香りをかいでいた。
じぃじは置き物のようにじっと車椅子に座っている。景色は見なくなって久しい。
車椅子から下ろすと、ゼンマイ仕掛けのオモチャのようにどんどん進んで行き、
どこかへ行ってしまう。ので、リポカポ以上に目が離せない。



fc2blog_20150705203629e0f.jpg

私が昔から一番好きなエリア。
何の雑念もなくここで、「きれい」と感じるだけだった若い頃が懐かしい。



fc2blog_20150705152428d34.jpg

実家近くを散歩。
去年の6月以来、丸1年美容院に行けず伸びきった私の髪。
1年間で4回美容院を予約したけれど、4回とも行けなくなってキャンセル…
(当日チビ達が高熱を出したり、私が休日出勤になったり何だりで;;)

でも昨日ついに、美容院に行けてカットとパーマしてもらってきた………!
やっと、やっとだよ!いい感じにウェービーになれて嬉しいっ

あと、先日仕事帰りにイオン寄ったらバーゲンが始まっていた!ので、
慌てて他の店も回って80%オフで980円のきれい目タイトスカートと
1450円でOggiぽくなれるビジューカットソーなどなどをGetした。

ボトムスでも1980円しちゃうと、もうお高く思えてしまうここ数年。
それこそ元値がそれだと買う気がおきない。7800円が1980円になってれば、
やっと納得して買える。セール価格じゃなくて、処分価格まで行ってないと
さほど喜びを感じられないという…。すっかり節約主婦感覚が染み付いたな

でも毎日ちゃんと好きな服を着て、「」ってなってから出勤しているのと、
週末介護に行くんでも、娘どっちかとおしゃれして、実家に着く前にどこかで
お茶するのを自分に許してやることにしたので、わりと満足度のある日常が
築けてきてるかもしれない、新たに。
(スキマすぎて誰かと遊んだりまではできていないけど



6月上旬は、私の不安と不満とどうしようもない疲れがピークに達していて、
なのにマイペースというか基本他人事な夫と、もんっっの凄いケンカをして
初のプチ家出をしちゃったりなんかもしていたのだが;;;

家出までしないと伝わらない(してもほぼ伝わりきらない@@)のが悲しい
ところだけれども 我が家はこの難関の始まりを家族の亀裂に至らしめず、
今回も絆っぽい方向のものに換えていく事ができるだろうか……

悲しすぎてどうしても夫と口をきく気持ちになれなかった3週間を経て、
一昨日ぐらいから何とか会話を復活する方向にはなってきている。

仕事と夢?に忙しい夫に、多くを望みすぎているかもしれないとも思いつつ、
やっぱり少しでもいいから、家のことと娘たちのことを助けて欲しいのだ。。
頼まれたから、じゃなくって、この状況に気付いて、助けたいなと思って欲しい。
増してや、お得意の「頼まれてたけど忘れてた」なんてのは、ここまできて、
この期に及んで、、ほんとにほんとに、冗談じゃない!つーわけなのだ。。。

あと、私が怒りのバリアを解いたら、半月もせずまた元のマイペース長男風に
戻ってしまういつものパターンも、もういい加減やめてほしい懲りてほしい。
ちっとも改善されない毎月の使途不明金の件も合わせてね



ああ、、、、 もうこんなくだらないことで悩みたくない争いたくない。

もっと楽しいことにエネルギーを使いたいよ~

リポカポをどこか大喜びするような所に連れてってあげたいよ~~


双子育児+夫の世話+ほぼフルタイム勤務+親の介護=アホ

ブログに向かうものの、ノロケもどきと自画自賛がダダ漏れしてるだけの
内容になる悪寒がすごすぎて頓挫… の繰り返しをしてた。
それでも書いておいたら良かったのに、考えてるうちに母親業で中断され…
いつものパターンか。
そうこうしているうちに、また変化がやってきたので、最近の事を記録する


fc2blog_20150603211114a74.jpg

実家の庭で、じぃじばぁばの帽子をかぶって花摘みするチビ達。摘み過ぎて夕方凄い事に…



今回もメタクソ長いので畳む。

続きを読む

テーマ : 働くママ
ジャンル : 就職・お仕事

キーワードは「底冷え」

お手手ボタン(…じゃない拍手ボタンだった)を押してくださった皆さま、
コメントまでくださった皆様、ありがとうございます。
朝起きてから読まさせていただいて、起きぬけから涙涙でした。。
ありがとうございます!!追って個別にお礼したいなと思っております

コメントで色々な方がご心配くださっていたのが、
「1人で抱え込みすぎ」、コレでした。


K隊長に父親の事を聞かれて、両親の状況を話し、
日頃から夫の愚痴なんかも聞いてもらってはいたのでその事や、
まだまだ大変な双子育児、そして仕事。

K隊長にも、まんま言われたのでした。「色々抱え込みすぎてる」と。


(以下、すんごい長くなってしまったので畳みます;;)

続きを読む

テーマ : ママのひとりごと。
ジャンル : 育児

上司とドライブ

今日の記事はどのカテゴリーにすればいいのか分からなーい。


月曜日、週明け早々に退職を決めてきた夫に卒倒させられた私。
火曜は脳みその細胞がバラッバラになったような感じのまま仕事をし、
水曜は、悩みに悩んだ末、たまたま会社の貸しホールでの占いイベントに
いらしていたY先生に、立ち話ついでにブワーっと夫の件をぶっちゃけた。


Y先生のイベント関連の広告を作るお仕事を私がさせてもらっていたので、
日頃から可愛がっていただいていたこともあり、ついつい甘えが出てしまった。
半泣きの私に、Y先生は「社長とA顧問に相談されるといいよ」とおっしゃる。

社長にー?と思ったが、「社長を通した方が、色々と今後の流れが良くなるから」
とのアドバイスだったので、そうしてみることにした。

私の悩みは、①夫が突然会社を辞めてしまったので、かなり近いうちに
生活費が立ち行かなくなること。(子供手当ては全額貯金してるが、それは
リポカポのお金であって、父親の愚行のフォローに使っていいお金ではない。
で、私の稼ぎは生活費の補填と、車検・自動車保険代の積み立てに当ててる。)

②夫が1ヶ月以内に転職を果たすか、果たせそうな活動を見せてくれなければ
私が正社員で転職をしようと思っているが(たぶんすぐ決められる自信がある)
その場合、今の職場のみなさんに物凄く急に、相当なご迷惑をかけてしまうこと。

③私が正社員になった場合、夫が結局だたのヒモに成り下がりはしないか?
逆に、夫がまたどこかに雇用されてくれた場合、また夢が先送りになった事で
夫の士気やら生きがいやらがますます低下し、彼にとっての家庭が「墓場」化
してしまわないか??(それは私にとってものすごく悲しいことなのだった)

④どっちが正社員でやるにしても、色んな意味でもう実家で暮らした方がいい?
 (田舎なので、通勤でけっこうな時間と体力を使う事になってしまうが)


以上のよーな事を、私ったらまじで社長にもぜーんぶ、話しちゃってみた。
事務所にその時居合わせた大先輩ミカエルさんも、普通に聞いてた。

社長は、「A顧問に、相談に乗っていただけるように話を通すね」と仰り、
ミカエル先輩は「離婚しなよ」    …DAYONE--


そしてその翌日に、何も知らずに出勤してきたK隊長(最近すっかり仲良し)が、
「ねえねえ、だいじょうぶ?夢にnozoccoさんが出て来たんだけど大丈夫?」
とおっさるので、「え?何の夢でした@@」とびっくりして聞き返すと、K隊長が
「お父さんは、元気?」と私に聞いたのだった。

私、そこでいきなり崩壊。


げんきじゃないです。おとん、もう自分で歯が磨けないです。
まだ64だけど、認知症とパーキンソン症候群がどんどん進行してて、
もうお風呂に入っても自分じゃ身体を洗えなくなってたらしくて、
でもそれをおかんには黙ってて、
どうにもおとんが臭いからおかしいなと思ったおかんが一緒にお風呂に
付いて行って、身体を洗ってあげたら全身がアカでヌルッヌルだったって。

おかんは、何を話しても返事が戻らず、口をポカーンと開けて横になってるだけの
おとんにどんどん絶望的になっていて、「毎日、行く先が真っ暗にしか思えない。
死ぬのを待ってるだけみたいな気持ちで、何もやる気が起きない」と私に言う。

今年からせっかく病院に通い出して色々検査も進めてきたけど、
病名が分かったり、薬が出たりはしているけれど、良くなる気がしない。と言う。

私も、隣の県に住んでてたまに顔を見に行く程度だけど、
おかんと同じようにしか感じられないのだった。父のお先、『真っ暗』、としか。

難病指定されているだけあって、お金があったとしても無駄、って領域に入ってる。
『どうにもできないぞこれは』という、『しかも悪化しながら長く長く続くぞこれは』という、
ズドンとした絶望感に、考えないようにしてても無意識下で常時襲われてる感じ。

そこへ。つい4年前の父親の姿が。男前で頼りがいがあって仕事熱心で
ひょうきんでたまに超自分勝手だった、ふつうに元気だった頃の、
ほんの4年前の父親の姿が浮かんできたりもするもんで、、
思い出すと切ないわ悲しいわで、まだ生きてるのにもうほとんど死なれたみたい。

普段はフタをしてるけど、たまーにおかんと電話した時にそのフタを2人で開ける。
そしてちょっと泣いて、またフタをして、切り替えて日常をなんとか回す。
そうやってこの数ヶ月をやり過ごしてきていたのだった。
たぶん妹も遠からずそんな感じだろうと思う。
妹はシンママ1年目だから忙しすぎて、フタ開ける余裕もないはずだけど…



話を戻す。

そう、職場でね。思いがけなさすぎるK隊長に、そのフタを急に開けられたわけだよ。
そうしてみたらさ、夫が無職になる事よりも何よりも、実は私は父と母の状態の方が
ずっとずっと心の中の一番の重しになっていたらしいっていうわけなんですよ。
ある程度の親離れはしてたつもりだったけど、娘なんだから当たり前の現象かね。。

で、朝っぱらから事務所でえぐえぐと泣く36歳の新入社員が、どうなったか。

あれよあれよと言う間に、翌日の仕事は返上になり、K隊長とのドライブが決まり、
ドライブしてきましたよねーー人生相談のドライブ。行き先は、私の実家。


うう、時間になっちゃったから続きはこの次に。


久々にお手手ボタン付けていいですか。元気足りない。。

テーマ : 働くママ
ジャンル : 就職・お仕事

sidetitleCalendarsidetitle
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle