FC2ブログ

2019GW 板取「モネの池」へ!郡上でキャンプ(4)

ゴールデンウィークの郡上の朝は、ロンT+パーカーでは寒く、
6時ごろ起床した時は暑がりのパパもニットを着こんでから
上着を羽織った。一応持ってきておいて正解だったわ…

バンガローではまだ双子娘がスヤスヤ。

(お布団+毛布でちょうどよく眠れ、快適な夜だった~)


双子が起きてくるまでにパパは朝風呂→朝食の準備。
その間に気温はじわじわと上昇していった。



2019_0506a.jpg

パパセレクトの100均朝食セット。(このあと紙皿も登場)

本当はアウトドア用の食器が欲しいみたいだけど
我が家は車が軽なので、省けるものは省かないと。。

洗い物がないと楽だし、すぐ次の事ができていいしね☆



2019_0506c.jpg

起きたら裏起毛トレーナーにパーカーを羽織った双子が
バトミントンをしている間に、自然園はあっという間に
半袖OKの気温になっていた。

10月に泊まった時より差が激しい? 
でも寒い時間が少なくて、今回の方が快適だなーと感じた。
さすがゴールデンウィーク。



2019_0506b.jpg

パパがスキレットで焼いたソーセージでこさえてくれた
ハンバーガーを、クノールのカップスープをお供に
美味しくいただく。

裏山からは鳥のさえずりが…… 


来られてよかったなあ、
両親もここに来たいだろうなあとぼんやり。

歳をとるごとに強く思うわ。
好きなことを気が済むまでやっとかんとなーと。


まあ、私の両親は若い頃からアウトドアしまくってたので
その当時の様子を思い出すとちょっとだけホッとする。
少なくとも元気な間はめいっぱい遊んでくれてたからね。



2019_0506d.jpg

もはや水着と化した昨日のワンピで小川で遊び、
キャンプ場内をのんびり散歩したりして、
チェックアウトまでの時間を楽しんだら
この日の目的地へと出発…!


前回時間切れで行けなかった板取にある
通称「モネの池」を目指して30分ちょいのドライブ~~


……のはずが、
ナビが狂って(前も郡上周辺でエラーに;)
例によってまた道を間違え、時間をロス。

そろそろこの展開にも慣れなきゃアカンのだが
どうしても険悪になってしまうパパとママ。
全く気にせずいつものハイテンションでじゃれ合う双子娘。
(空気が重くならなくて助かるのだが)騒がすぃ……!!


迷いついでにコンビニでお昼ごはんをゲットし、
グーグルマップでなんとか目的地にたどり着くことができた。



2019_0506e.jpg

突然目の前に見えてきたエメラルドグリーンに
夫婦で「フォーーーッ!!↑↑↑」とテンションが上がる。

板取川の白谷ダム湖を見渡せる小瀬見橋。
なんてきれいな場所なんだ~~~

この時ちょっと雲が出てきちゃったんだけど
快晴の下ではもっともっときれいなはず!!



行ったことない場所って迷ったり遠く感じたりで大変だけど
こういう小さな未知との遭遇がほんと楽しいなーと思う。



2019_0506f.jpg

そしてそして、小瀬見橋から数百メートル車を走らせて
モネの池に到着!!無料駐車場があるので車はそこに。



2019_0506g.jpg

湧き水でできた小さな池なのだが、色が不思議で水が澄んでて
なんとも神秘的な「モネの池」。
錦鯉がこれまた不思議なハーモニ~~。

6月には睡蓮の花が咲いて美しさがピークになるそうな!



2019_0506h.jpg

この時は薄曇りになってしまったのだが、
晴れていて、前2日の間に雨も降っていなければ
最高に澄んだ状態で青々と美しいモネの池が拝めるそう。

薄曇りでもこの美しさなので、快晴で
睡蓮の花まで咲いてたらどんななんだろうか!!

また見にきたい><!と思ってしまった。
もうすぐ紫陽花祭りも始まるようなので、
道を覚えてるうちにまた来ようかなあ♪
これからいい季節だし。



鯉愛好家のリポカポもモネの池を長いこと眺めていた。
もっと小さい頃だったらすぐにどっか行っちゃってたろうけど
景色を楽しめるようになってきてるのが微笑ましい。

前よりゆっくり観光できて助かるわー^^;



ベンチがあったので、ここでお昼をいただいたのだが
だんだん風が出てきて肌寒くなってきた!!
膝下のデニスカに素足だった私、慌ててハイソックスで防寒。



2019_0506i.jpg

お昼の後は、またもや「川!」「川!」と言いだした双子娘と
モネの池からすぐの板取川へダッシュ。



2019_0506j.jpg

わあ!!!この川、たぶん来たことある。
子供の頃よく板取でキャンプしてたから、ここでも泳いだはず!

懐かしい……と感慨に浸る間もなく双子の「入る」コールが。
いいけど、寒くない!?;;;



2019_0506k.jpg

またもや水着と化したワンピース1枚になり、ザブザブ……

澄み通った板取川の水、真夏でもめっちゃ冷たいのだが。
子供ってすごい;;;



2019_0506l.jpg

泳ぐまではいかなかったものの、腰ぐらいまで浸かって
双子娘は水遊びを楽しんでおりました。

途中、だんだんと空模様があやしくなってきたため
頃合いを見て撤収~~っ

これはやっぱり、睡蓮のシーズンに水着を持って
再来せねばだわ……^^



2019_0506m.jpg

双子娘が「もう一回郡上の鯉にエサをあげたい」というので
関インターでなく郡上インターから高速に乗る事にし、
戻りがてらさっきの白谷ダム湖に寄ることに。

ちなみにモネの池から歩いて行けそうな距離。
車だと2分くらい?
ちょくちょく駐車場があるのが助かる。



2019_0506n.jpg

ボートと船着き場があり、カヌー体験もできるようだったが
誰もいない…!!



2019_0506o.jpg

モネの池は人が多かったのに、ここはびっくりするほど無人!
こんなに綺麗なのに、そしてGW中なのに、なぜ…!

不思議だが、とにかく美しい場所であった。
そして双子が川遊びをすませていて良かった…
(まだだったらぜったい泳ぐって騒いだはず;;)



2019_0506p.jpg

この後、車に乗った途端ガクッと寝落ちした3人を乗せて
郡上八幡に戻り、またいがわ小径の鯉と遊んでいたら
雨が降ってきた。

高速に乗ったとたん、今期初?のゲリラ豪雨に遭遇し
ワイパー全速でも前が見えず、かなりの恐怖を味わった;;


みんな大好きサービスエリアで雨脚が弱まるまで待機し
無事に帰宅。GW最終日だったせいか、高速は嘘みたいに
空いてて、今回行きも帰りもスイスイだったのが嬉しかった。
(次回も最終日狙おうかな~~)



というわけで
2019年GWの郡上旅行記録は以上!


また近いうちに岐阜方面へ遊びに行きたい^^



テーマ : こどもとお出かけ〜♪
ジャンル : 育児

2019GW 双子8歳と郡上の自然園でキャンプ(3)

城下町から車で数分の距離にある郡上八幡自然園に
今年もお世話になってきました。
やっぱり大人気でGWはバンガロー全室埋まってた!
(うちが予約した時にはもうGW全日中のラス1だった)



2019_0505uu.jpg

前回とは反対側のエリアに当たったので景色が違って新鮮!

相変わらずどこもかしこもキレイ!
宿泊客のマナーもよくて騒ぐ人は誰もいない。
ほどよい笑い声と子供たちが小川で遊ぶ声、
それに鳥のさえずりが聞こえてくるという理想郷~♪

ガチキャンプにはないほどよい安心感もあるのが
この施設のよいところ^^ (お風呂トイレも清潔なのだ!)



2019_0505u.jpg

家族4人がゴロゴロできるバンガロー。
テントじゃないから荷物を降ろせばすぐ寛げるのが嬉しい…

屋根の下にテーブルとベンチもあって
もし雨ふりでもタープ不要。なんて気軽なんだ~っっ

(私は幼少期にガチキャンプしすぎてトラウマなので
 こういうの本当助かる…。便利でラクチン万歳!)



ちなみに広さは6畳くらいあって、スマホも充電できる。
【去年の秋に泊まった時の写真】

布団と洗いたてのシーツも借りれて、
トイレは外だけどすぐ近くにあるから全然問題なし!

双子娘は夜でも2人で勝手にトイレに行けてました^^



2019_0505v.jpg

子供に大人気の小川。この翌日も朝早くから賑わってたな~
我が家の双子もほぼずっとここにいて、靴がびしょぬれに;;
クロックスを忘れたのはイタかった。。。



2019_0505w.jpg

小川の下流でアマゴのつかみ獲りイベントがあったので
双子娘も参加。追いかけ回すわりに怖がって掴めず、
カポはほぼ死にかけの弱ったアマゴをなんとかゲット。笑



2019_0505x.jpg

他の子供たちよりかなり時間がかかり、もうダメかと^^;;

でも施設の優しいお兄さんたちが助けてくれて
無事1人1匹さばけることになった。



2019_0505y.jpg

さばき方の説明前に満面の笑顔。

私も子供だったら一緒にやりたかったな~~!!
つかみ取りには自信がっ ←ばぁば直伝。披露する場なし



2019_0505z.jpg

「こわい」「なにこれ」と内臓諸々にビビりながらも
がんばってアマゴをさばくリポ。

カポはというと、様子を見ていた施設のお兄さんが
代わりにみんなのお手本としてカポのアマゴで
実演してくれた。(ほっ;;)

カポは、つかむのも怖くてムリだったからね~^^;;



2019_0505z02.jpg

子供達は20人以上いそうだったけど、実演してもらった分
早かった双子娘。1番に塩焼きコーナーに並ぶ。



2019_0505z03.jpg

だいぶ美味しかったようで、一瞬でペロリであった。

いいな~~~アマゴ……

1人1匹で700円。しかも子供限定イベントだった?から
パパママは美味しい塩焼きにはありつけませなんだ。

そう考えると去年の大滝鍾乳洞のマス釣りはお得だったな!
やっぱりまた行かなきゃな~~



2019_0505z04.jpg

5時にソッコーで一番風呂を貸し切り状態でいただいて、
戻ってきたらパパが焚火で夕飯の準備をしてくれていた。

昼間の半袖ワンピから、デニム×長袖+パーカーになった
双子娘と暖かい火を囲む。これがやりたいのよねパパは♪

前回と同じく、私は運転以外はほぼ何もせず
パパの美味しいキャンプ飯をガツガツいただきやした。


今回も色んなお肉とパエリアうまかったーーー!!!!!

これならGW中全部キャンプでもいい笑





(2日目につづく)




テーマ : こどもとお出かけ〜♪
ジャンル : 育児

2019GW 双子8歳と郡上の自然園でキャンプ(2)

引き続きGWで行った郡上八幡城下町での模様を。



2019_0505k.jpg

前回泣く泣く見送った、吉田川ガーデンテラスでの
優雅なカフェタイム。今度こそ!と思ったら、
振り向いたときには誰もいない。(身内が)

暑かったので今年初のアイスで
ヘーゼルナッツなんちゃらをゲットしたので、
観光客のみなさんに混ざって
テラス席で休憩したかったのに~~;;



2019_0505l.jpg

景色もこんなにいいのに!!藤が咲いてるよっ

…あっ、もう3人ともあんなところに下りてる。。。
(光でトんでるが写真右あたりにミリサイズで写ってる)



2019_0505m.jpg

そんなにか。。そんなに川が好きか。。。
いっそもう泳ぐか??

確かに青くてきれいでワクワクするけどね。
ここテレビでも有名な飛び込みポイントだしね。



2019_0505n.jpg

子供にはたまらないらしい、親水遊歩道。
(追いかけるにはちょっと大変だけど;;)

双子娘はここでも水に入って遊びたがったが
そろそろ親も全身ずぶ濡れになりかねない展開が
予想されたので、なんとか我慢していただいた。

次は水着を持ってこようね……


ちなみに足元は子連れなら絶対スニーカー推奨!



2019_0505nnn.jpg

遊歩道から河原へ降りるコース?は大体こんなですから!

超自然な感じの階段っぽくなってる場所もありつつ、
こんな岩肌っぽい所を我が子を追って進むわけなので
スニーカーが安心っす。。

大人だけでデートならヒールでテラスにいればOKだけど;



2019_0505nn.jpg


ひとしきり川を覗き込み、石の上をピョンピョンしたら
あのでっかい鯉たちに会いに行くことに。



2019_0505o.jpg

ここ、もっと長かったらな~~!大好きな「いがわ小径」。
いつまでも歩いていたくなる景色だよ。

…でも数十メートルで終わる。(小径だけに)



2019_0505p.jpg

今回もパパに鯉のエサを買ってもらい、
大喜びで鯉たちを探して追いかける双子娘。

うっかり動画ばかり撮ってて写真がないけど
水に手を入れて鯉の頭をちょっとだけ撫でては
キャーキャー言って、それはそれは賑やかであった。

先に、屋根の下の餌やり場で鯉を集めていた男性が
手を鯉に吸わせていて、「チュバッ!チュバッ!」と
かなりの勢いで吸引されており、外国人観光客が
大ウケしていた。男性は「痛い痛い」言いながらも
楽しげだった(慣れてるっぽかったな)

それを見て双子娘もマネしたくなったところで
超巨大な鯉が目前で突然ドバン!!とジャンプ…!
恐怖の形相になった2人に思わず大爆笑してしまった笑

鯉もアマゴたちも、時々ジャンプするのよね~

(前にただのフナとかマスかなと思ってたお魚、
なんとアマゴだったー!ドット模様が超キュート♡)



2019_0505q.jpg

いがわ小径の突き当りに階段を発見し、また河原へ降りる。



2019_0505r.jpg

好きだねぇ……



2019_0505s.jpg

カポのポージング笑




この後は、川向こうをちらっと散歩して、
前回は行けなかったお洒落な小物や雑貨があるお店へ。
パパより、例のピアスをプレゼントしていただいた☆

「卒業」しているだけに全く予期していなかったので
よけい嬉しかったなぁ…^^

ピアスはその場で装着!
双子娘に「いいな~ママ~いいな~」と連呼されながら
郡上散策はこれにて終了!

いつもの1日500円の駐車場に戻ると
車内が結構な温度になっていた。
もうそんな季節だよね~~~っ



今回は、郡上八幡城には寄らないことにして、
ちょっと早めにパパお待ちかねの自然園キャンプ場へ
向かうことになった。



2019_0505t.jpg


3へつづく~



テーマ : こどもとお出かけ〜♪
ジャンル : 育児

2019GW 双子8歳と郡上の自然園でキャンプ(1)

2019_0505a.jpg

去年の10月にも行って、とても楽しく快適だった郡上の
自然園にキャンプに行ってきた。

5月晴天の郡上は、半袖でも長袖でもちょうどよく爽やかで
最高に心地よい気候。まさにゴールデン!な季節だった。



2019_0505b.jpg

前回以来の高速道路で行ったが、やはり今回も色々間違え
遠回りしまくり、4時に起きたのに着いたのが9時(大苦笑)

7時前に着くぐらいの時間に出発したのに……^^;;

冬の京都キャンセル事件を反省?し、夫婦で協力したものの
前回初めて郡上に行った時の倍、迷いまくるという結果に。

下道だけならナビでどうとでもなるのになー;;;

まあ、なんとか朝のうちに無事ついたので良しとしよう。。。



2019_0505c.jpg

郡上八幡の城下町は初夏の陽気で、どこを見ても輝いていたよ。
前に来た時には気付かなかった、可愛い小さなお顔を見つけたりね。



2019_0505d.jpg

そして前回は河原で遊んでばっかで行けてなかった宗祇水も発見。
こんな目立たない路地に石畳の小道があったとは……
メインスポットの1つなのに前回は気付かなかったんだよな^^;



2019_0505e.jpg

人の流れについていくと、赤い橋が見えてきた。
浴衣の若い女の子がとても絵になってた。



2019_0505f.jpg

川が見えてきて、走り出す双子娘。宗祇水を見事に素通り。



2019_0505g.jpg

今回も郡上散策より川遊びメインとなるのであった……

そして、ものの5分でリポが尻もち!
ぱんつびしょびしょ!!!



2019_0505h.jpg

着替えはあるが、また別の場所でやらかすであろうことを
考えるともったいないので、パンツはここで乾かすことに。

日向にバーンとおっぴろげて、乾くまで早めのお昼ご飯を
食べたり、また水遊びをしたりしながら待った。

その間、ずっとノーパンだったリポ……
お天気よくて良かったねw

(パンツは無事30分で乾いた)



2019_0505i.jpg

街散策をしたいパパママをよそに、引き続き川を求める双子。
吉田川沿いの河原を行けるところまで探検してみた。
5月の山、川、空の美しさよ!



2019_0505j.jpg

また川に落ちそうだったので、城下町のメイン通りへ移動。

前回は横目に見るだけになってしまった
吉田川ガーデンテラスで、今日こそお茶しよまい……!!


テーマ : こどもとお出かけ〜♪
ジャンル : 育児

小2双子娘と郡上で初キャンプ(3)

郡上2日目、一泊した自然園を後にして
この日はパパが行きたい場所を巡ることに決定~!


2018_10_33a.jpg

「鍾乳洞に行こう!モネの池も見たい。阿弥陀ヶ滝も!」
いくつか観光スポットを提案してくれたパパだったが
まさか1か所しか行けないとはまだ知る由もないのだった…



2018_10_34.jpg

というわけで、まず向かったのは大滝鍾乳洞!
(って、ここしか行けんのだがw)

小さなログハウスは、急斜面を登るケーブルカーの乗り口。

写真がないけど、ここへ向かう途中で川沿いの道路わきに
車をとめて川遊びをし、時間をロス。双子娘が川がチラっと
見えるたびに遊ぶ遊ぶ言うため、既に自然園前の河原でも
時間をロスしており、もうお昼近い時間になっていた~



2018_10_35.jpg

ギリ午前中の透き通った空気の中、森の中をグイグイ登る
ケーブルカーでの移動は爽やかだった。もっと長く乗りたいっ

と思ったら、なんだかリポの様子がおかしい。
「怖くない?」を繰り返しながらパパのお膝の上へ。
あれれーーーー
絶叫マシンを前にした時に近い状態になっている@@



2018_10_36.jpg

いよいよ大滝鍾乳洞の入り口前に到着!したものの、
真っ暗な洞窟を目の前にリポのビビりスイッチがON!!
「怖くない?」から「怖い~!」の段階に入ってしまった;;

でもせっかく来たんだし、オバケがでるわけでもなしっっ
勇気を出して挑戦だーーエイエイオー!!と盛り上がって
みたが、リポめっちゃ弱々しいガッツポーズで半泣き。

カポも密かにビビッている様子だったけど、
イエーイとテンションアップしてくれたところでいざ突入!



2018_10_37.jpg

大滝鍾乳洞、有名なだけあってかなり深くて長かった……!
そして、当たり前だけど暗い~~~~

探検好きのパパママは「おおっ」「スゲー!!」となるも、
双子娘にとってはただの湿った暗闇でしかないらしく
サッサと通過してしまおうとばかりに早足で進んで行く。

途中何度「おーい!まってーーー!走るなーー!」と
叫んだことか;;; (すげー響くから恥ずかしいし)

そして、入ってすぐは「さぶっ」となり上着を羽織ったのに
階段を登ったり下ったりするうちに滝汗が噴出!!
足は乳酸でパンパンになってきた。



2018_10_38.jpg

景色に慣れてくると、鍾乳洞どうこうよりもここを掘り進んで
道や階段を設置していく、という労力の方が気になってくる
(絶対やりたくない!てか無理!)



2018_10_39.jpg

でも、テレビでしか見たことがなかった鍾乳石を目の前で
見るとやはり迫力が違った。暗くて全然撮れなかったけど
滝なんかもあって、懐かしのグーニーズを思い出したり…
冒険・探検感がすごい。



2018_10_39b.jpg

いや~~、これじゃ全然わかんないな↑この階段、思わず
ゾッとするほど傾斜が急で長かったんだよ~~~

双子娘は意外と果敢にトントコ降りてくれたので良かった…

洞窟を進みながら、私の頭の中はグーニーズと
ドンキーコングがずっとグルグルしていた。



2018_10_40.jpg

何分くらいかかったんだっけ? 無事に外の世界に到着!
(鍾乳洞の写真ほぼナシ!!笑)

後ろにいた女性二人が「楽し~!めっちゃ楽しかった~!
もう一回通りたい、もう一周やらない?ねえねえ」と
すっかりハマっている様子だったのが面白かったw

が、双子娘は振り返りもせずじゃんじゃん山を下りていく~

パパママはとってもエンジョイしたんだけどなあ^^;

上がった息をおさめて冒険の余韻に浸るヒマもなく
はるか先を行く双子娘に「まてーーー!走るなー!」;;

まあ、洞窟内で「おんぶ~」「抱っこ~~」言われるよりは
良かったのか?(もうその時代が100%過ぎたことを再確認)



2018_10_41.jpg

さっさと下山し、ソフトクリームを食べたりお土産屋さんを
ひと巡りした後、お蕎麦と飛騨牛めし(お握りみたいなの)
をいただいた。飛騨牛めしは双子娘がほとんど食べたので
私は一口しか食べられなかったけど;美味しかったなー!



2018_10_42.jpg

そして、見たらやらずにはいられない?次はマス釣りに
初挑戦してみることになった。またさっさと先へ進む双子。
(写真中央に小さ~く、勝手に進む2人が写っている)



2018_10_42b.jpg

釣ってるところの写真、ナシ!!(動画はあるのだが;)


パパ以外は釣り自体が初めて。しかも、こういうところの
釣り糸はクモの糸ばりに細~~くって、うまくやらないと
すぐ切れるようになっている。この場合のコツってのがある
ことも知らずに、私は竿と餌をもらってすぐ釣りにかかって
しまったため、1発目で糸を切られてしまったのだった;;;

パパに、「何やってんの!ここにうまく釣る方法が書いて
あるのに、読んでからやりなよ!」と叱られ、、、

しかし、読んでからやったパパも、1発目で失敗……
ええええーーーーーー

「やっぱなーオレ昔っから釣りヘタなんだよなー」と
過去のトラウマ発動するパパw ありゃりゃりゃ。


双子娘も「やる!やるーー!!」と手足をバタつかせて
パパにサポート申請するも、「ママにお願いしなさい」
と華麗な指示をし、キリッと動画撮影係になるパパ。

結局、初心者でやる気だけは満々のママが
双子娘の釣りサポーターをやることに……



2018_10_43.jpg

コツ1、マスが餌に食いついても、すぐに引き上げない。
コツ2、しばらくマスを泳がせて弱ってきたら、ゆっくり
静かに引き上げる。だって。(・_・D フムフム


4本あった釣り竿はパパママの失敗であと2本のみ。
これは失敗できないと緊張したが、コツを知っていれば
なんのことはなかった。マスはエサにすぐ食いつくし、
あとはただただ、弱るのを待って、タイミングを見て
そっと真上に吊り上げるだけーー!

カポは見事に2匹を吊り上げ、ジャンピング万歳!!
3匹目も釣ったが惜しいところで糸が切れてしまった。

先にやったリポは、まだママが手探り状態だったせいで
1匹目を釣ったときにたぶん糸が弱ってしまい、2匹目が
陸に上がる寸前で糸切れして逃してしまった~~~
半泣きで悔しがってて、可哀そうで可愛かった^^;

またやらせてあげたい。次はパパママの分の釣り竿も
託そう。たぶん次は絶対もっと釣れるぞ!!



2018_10_44.jpg

釣れたてのマスはその場でパパが捌く!(ママできない)

海育ちで、子供時代は釣り竿でなく、海に潜って
モリでグサッと「獲ったどー!」するのが得意だったパパ。
じぃじと同じく、一応漁師の息子なのでテキパキ捌ける。
双子娘もパパの手仕事を惚れ惚れ見学していた



2018_10_45.jpg

炭火でじっくり焼いて、パパとママは1匹を半分こ、
双子娘は贅沢に1匹ずつを丸かじりしてモリモリ完食!
美味しかったねー!みんなが好きなのがよく分かるわ。

来年も郡上に行ったら絶対またやろうーー♪



2018_10_46.jpg

さあ次行くべ!と思ったら、ヤベッ陽が暮れてきてる@@

パパが「モネの池!モネの池~~!!」と騒ぎながら
改めて場所を調べると、「全然近くねー」ことが判明。

でもモネの池、
検索してみたらナニコレすんごい綺麗じゃん!



e7a32_0002983206_1.jpg

↑こんなん。(画像こちらからお借りしました

ええーーーー行ってみたかった@@
でももうそんな遠くまでは行けないっっ
でもまだ微妙に時間ある、どうするどうする~~?

で結局、また郡上城下町に戻ることに……^^;



今度は郡上城近くの無料駐車場を発見することができ、
そこに停めて散歩しようと思ったら!双子娘が目の前の
公園で遊びたがり、パパは電池切れになって半目に…。

仕方ないので、パパには車でネンネしてもらいつつ
双子を公園で遊ばせることにした。
ママ、ヒマ~~。城下町歩きたい~~
でもパパがもうムリだなこりゃ;;;



2018_10_48.jpg



周囲の情報を検索してみると、そういえばこの近くにある
道の駅にまだ行っていなかった!ここに寄るか??

そうこうしているうちにさらに日が暮れてきたので、
双子を回収し、助手席で寝ているパパはそのままに
道の駅「古今伝授の里 やまと」へ向かって出発!
(起きてから行き先を事後報告w)


道の駅は自然園から10分くらいの所にあり、足湯や
温泉にも入れるのでキャンパー達にも人気らしい。

着いてみると結構新しい施設で、ブライダル会場もあり
ちょうど新郎新婦が庭園で撮影をしているところだった。
双子娘が早速乱入してアワアワ;;;


きれいな水路では立派な錦鯉も泳いでいて、
鯉愛好家のリポがまた大喜び。
足湯施設や飲食店は結構にぎわっていて、どこに入る?
とウロウロしてるうちに「どうせなら温泉に入っちゃおう」
ということに…。で、これは大正解だったー!

2日間、けっこう身体を酷使していたので
さすがの私も足パンパンでちょっと眠気も出てきており、
帰りの高速を運転する用のパワーをチャージしたかった。
(パパ免許持ってないから交代できないし)



2018_10_47.jpg

↑なぜか浴場前にあったハロウィン仮装セット。好きね~



温泉は内湯と露天風呂があって、すっごくいい湯だった!
施設はよくあるキレイなスーパー銭湯的な作りなんだけど
お湯がいいのがよく分かったのでザブザブ浸りまくった!

あの温泉に毎日続けて浸かってみたーい><
めっちゃ美肌で健康になれそう……

双子娘も浴場内をあちこち移動し、いろんなお風呂に
浸かって楽しんでいた。
なぜかそこらじゅうにアヒル隊長が浮かんでいたので
それにも大喜びしていた。


男湯ではパパも露天風呂から見える山と月を満喫、
「あれはいい湯だったねー!」と大満足で出てきた。
パパも復活できてよかったよかった!

と思ったら、入浴後18時すぎに店舗エリアへ戻ると
飲食店が軒並み閉店してる~~~@@はやっ!!

お土産屋さんはギリやってたので、実家と職場への
お土産を何とかゲットして、夕ご飯はコンビニに。笑
最後ショボくなってしまったが、お風呂で全員ご機嫌に
なってたのでその勢いで楽しい帰路につくことができた。


それにしても温泉の威力って本当にすごいのね!!
歳だからこそかな?今回すごく復活したのを感じたわ~

またシーズンが来たら郡上に行く予定なので
その時は自然園の檜風呂とここの温泉にまた入ろう^^

そして次こそモネの池や阿弥陀ヶ滝も見たい。
もう川に引っかからないようにしないとなー笑






(おしまい)


テーマ : 家族でお出かけ
ジャンル : 育児

小2双子娘と郡上で初キャンプ(2)

ブログにログインできなくなったり忙しかったりで
秋以降キャンプネタの更新がストップしてたのだが
冬休みの間にちょっと進めておきたいー!

近況までは一昨日ざっくりゲロッたけど、
双子の二年生二学期のまとめ記録もしたーい!

あと職場で「オバサン」って言われたこととか
更年期ネタでイジられたこととかも書きたーい!!
なのに冬休みあと1日しかなーい!!!
しかもお茶の予定が入ったからもうブログ書けない?
双子娘の算数と国語の復習もまだ足りてないし…
冬休みもう一週間ほしい(>_<)


と、とりあえず今日は、やっとこさ!
2018年10月に郡上の自然園でバンガローキャンプを
した時の記録を…(たぶん次回あたりでおわる予定)



2018_10_16a.jpg

郡上城から見えた城下町の中にこじんまりとある
いがわこみち。城のお侍さんに「鯉がいるよ」と
教えてもらっていたので、行ってみることにした。

なぜか大の「鯉愛好家」であるリポ(水色パーカー)
エサをあげることができると知って大興奮!



2018_10_17.jpg

よ~く見ると、水の中の黒っぽい影は鯉の大群。。
でかーーー!キモーーーー!!!でも可愛いーー!
いややっぱキモーーーー!!!

錦鯉の3倍くらいデカい黒の鯉たち。
どいつもこいつもパンパンに太っている!



エサは、ビューンと一瞬で下流へ流れてってしまうが
それでも結構な確率で鯉たちの口の中に入っていた。
さすが日頃の鍛錬のなせるワザだね?!
というかこれで生きてるんだもんね君ら

鯉がエサgetするたび謎の苛立ちと愛おしさに襲われる私。
なぜだろう可愛いんだけどなんかムカつくあの感じw
今思い出してもムカつくww あの「パカ~」って開く口がっ


双子娘らは純粋に大喜びしながらせっせとエサをあげていた。



2018_10_18.jpg

3人が覗き込んでいるのは、
よくテレビでも見かける吉田川の飛び込みポイント。



2018_10_19.jpg

こんな景色です。
高ぇよ……

猛暑の中なら確かに飛び込みたくなるかもだが
若くないと心臓やばそうね~~;;



2018_10_20.jpg

絶景かな!



2018_10_21.jpg

階段を降り、再び親水遊歩道をお散歩。
(私以外みんな走って移動するから写真が無人に;;)

またひとしきり河原で遊んでから、キャンプ場へ向かった。
郡上の観光スポット、まだ半分も回れてなかったけど
例のごとくパパがけっこうヘバッてきていた上に、
双子娘もめずらしく電池切れになりかけていたので
(城までの山道と階段のせい?)
お楽しみは翌日に回すことに…

ママはしっかりドーピングしてきたから
まだまだ超元気だったんだけどな~
つーかみんな走りすぎなんだよw



2018_10_22.jpg

午後3時すぎ、キャンプ地の自然園へ到着~!

周囲のバンガローでも家族連れのキャンパー達が
火を起こして夕飯の支度を始めていた。

暗くなる前に我が家も準備を整えねば~~



2018_10_23.jpg

毎年大人気で、シーズン中は全室埋まってしまう
自然園のバンガロー。広さは6畳くらいだったかな?

運営陣と利用者とで大切に使ってきて、バンガローも
外のトイレも炊事場もキレイなことで有名らしく、
実際とても清潔で居心地よかった…!!



2018_10_24.jpg

布団が貸し出してもらえるんだけど、この布団に
パリッとした真っ白なシーツを借りてきて使うの。

ちなみに布団はちょっと小さめ。
身長高い男性は絶対はみ出す。175超えたらやばそうw
我が家の158cmの夫はジャストサイズな様子であった。



2018_10_25.jpg

荷物を整え、大体のテーブルセッティングを
してから、自然園の中を散策することに。

バンガローのすぐ前を小川が流れていて、
小さな子供たちが葉っぱを流したりして
延々遊んでるのが微笑ましかった。



2018_10_26.jpg

可愛い景色。
上の方に石釜があって、ピザ焼き体験ができると。
こんな所で焼いたら美味しいだろーな!



2018_10_27.jpg

念願の焚き火と夕飯作りに取り掛かるパパ。

彼は毎晩YouTubeで、キャンプや焚き火や
野外クッキングの動画を観まくっており、
この日は大層張り切っていたのだった。

私も「今日は何もせず食べさしてもらうぞ!」と
やる気満々!!!今回も運転がんばったしーーっ
相変わらずパパの方が料理うまいしーーっ
(つくづく逆転夫婦)



2018_10_28.jpg

日が落ちるとさすがに寒くなってきたので
みんなテーブルでなく焚き火の近くに集まって
パパが次々焼いてくれるバーベキューを堪能。

野菜と鶏、豚、牛肉に、アサリやエビ、鯛まで
登場して、途中からはチーズやマシュマロも(笑)
ソーセージも数種類あって酒が進む進む。

味付けも色んなスパイスを持ってきてくれてたので
飽きずに食べ続けてしまったよ!毎日頼みたい…

双子娘も大好きなパパ料理に食らいついていた。
焚き火に照らされる双子の頬肉がまた最高であった。



2018_10_29.jpg

ご飯のあとは、夏にできなかった花火を!
筒型のやつを贅沢に三本いっぺんに立てて着火し、
一家でフォーーーーッ!!!となっていたら
通りすがりのちっさい男の子もフォーッ!!と狂喜!
本当に心から楽しそうでこっちが嬉しくなった(笑)
子供って、花火って、キャンプって、いいねー☆



2018_10_30.jpg

↑パパ作、美しい熾火。
パチパチ鳴る音にうっとりしながら
動画を撮影していたのが笑えた。
夢が叶って良かったね♪



このキャンプ場には、なんとお風呂がある。
それも、丸くてわりと広い檜風呂が!!
昔のキャンプでは考えられない快適さ…

うちは遅めの時間に行ったので貸切状態で、
私も双子娘も丸い檜風呂の中でワニさん歩きをし、
グルグル回りまくってお湯に流れを作って遊んだ。
お湯は気持ちいいしお風呂楽しいしで
双子おおはしゃぎ!

流れるプール状態にしてから逆送ワニさんを
したため、後で腕と手の平が筋肉痛になった…



サッパリした後は、可愛いバンガローに戻って
真っ白いシーツの布団で「おやすみなさい」。

双子娘もすっかりキャンプが気に入ったようで
楽しいね楽しいねを寝るまで連発していた。

30年以上前の子供の頃に親と何度も行った
ガチなキャンプと比べて、
ここはなんて楽で快適なんだろうか!
(赤ちゃん連れの一家もいたし!!)


ガチキャンプのしすぎでトラウマになり、
テントよりホテルが大好きに育った私でも
ここなら毎年来たいなーと思えたのだった。



2018_10_31.jpg

いや、それもパパご飯があればこそか!
翌朝もパパが張り切ってキャンプ飯を作ってくれた。
アルミホイル×焚き火でパエリア~☆
エビとイカとアサリが入っててめちゃ旨だった…!
おかわり、おかわり~~っっ!


バンガローのデッキにテーブルセットもあるのだが
寒かったのでまた焚き火にくっついて食べた。

ちなみに食卓にしているのはアウトドア用のベンチ。
それに、携帯用の超軽量チェアを合わせて座ってる。
(見えないから空気イスしてるみたいだけど(笑)



2018_10_32.jpg

↑キャンプ満喫のカポと、人知れず発熱中のリポ…
(後で気づいて焦る!すぐひいたから良かったが)



さて、腹ごしらえできたところで
荷物をまとめて、また郡上散策に出陣だ。

まだまだ焚き火を楽しみたかったパパは
名残惜しそう。チェックアウトがなければ
もうちょいここで遊んだんだけどね♪

来年は二泊しちゃいますかー?




2018_10_33.jpg

(3)へ続く。

テーマ : 家族でお出かけ
ジャンル : 育児

双子娘もうすぐ8歳、郡上で初キャンプ(1)

やっと夫婦のスマホ両方から写真を送り合ってPCに整理;;
一ヶ月も過ぎてしまったが、10月13、14日で郡上へ遊びに
行った時の写真とメモを貼っていくー



↓編み笠なのにリトルグレイ風な双子

2018_10_03.jpg


10月半ばの郡上。晴れていたので昼暑く、
日陰にいるときと朝晩は寒くて厚手の上着が必要で、
汗だくになったかと思えばブルッとくるんで大変だった。



2018_10_02.jpg

郡上城のふもとには有料駐車場がいくつかと、
小さな無料駐車場があるんだけど、それが見つからず
手前の有料に停めてしまった^^;1日500円だったかな。

そこからガシガシ上り坂と階段を15分くらい上り続け、
滝汗が噴き出してきたところでお城に到着。



2018_10_05.jpg

ボチボチ観光客がきており、外国の方々に混じって
城内探検してきた。夏に犬山城に入りそびれた双子は
大喜びで階段を駆け上がり、走るな言ってもすぐ走る;;
郡上城からの景色、良かったのに全く見てなかった~



2018_10_04.jpg

パパをお殿様にして、双子娘交代でお千代さん?に
扮して喜ぶ。(どっちがどっちか分からん写真ばかり)



2018_10_06.jpg

紅葉はまだまだだったが、たっぷりの木々に癒される。
子供の頃はよくこのあたりに親と遊びに来ていたので
どこを見ても懐かしく感じた。双子娘も覚えててくれるかな~



2018_10_07.jpg

しかしこの翌々日、夫婦とも前スネが激しい筋肉痛に…。
(もう翌日ですらない)



2018_10_08.jpg

城から城下町を見たらさっそく行きたくなり、
侍姿のガイドさんに「いがわこみち」の位置を教えてもらった。

宮ケ瀬橋を渡る直前に、五平餅で腹ごしらえ。
クルミが効いててうまかったー!!



2018_10_09.jpg

宮ケ瀬橋から、吉田川親水遊歩道をのぞむ。



2018_10_10.jpg

吉田川、きれい。遊歩道沿いの和風で味のあるテラスを
ゆっくり通りたかったのだが、川に興奮した双子娘が
走ってどんどん先へ行ってしまい、テラス沿いのお店は
全く見られなかった;;;



2018_10_11.jpg

テラスに目もくれず猛ダッシュで小さくなっていく双子娘。。
ママはここで茶~したかったぞ~



2018_10_12.jpg

(夫婦で待てコラーと叫んでやっと追いついた)



2018_10_13.jpg

子供は「景色」なんてどうでもいいんだな~。体験重視…
あっという間に階段を見つけて河原へ突進していった。
サワガニを見せてやりたくて探したらすぐ見つかり、
思ったよりデカくてママおどろいた;;
(動画しかないから載せられないけど7~8センチくらい)



2018_10_14.jpg

双子娘はお土産屋さんより何より
「川」に超反応することが発覚。
これ以降、何をしていても「川!川!」と言うように。笑



2018_10_15.jpg


つづく

テーマ : 家族でお出かけ
ジャンル : 育児

秋の長野旅行2017(2)

今日もキーボードの上でインコに手づくろい(※
インコにとっては羽づくろい)されながら更新。



恵那インターから塩尻インターまで各所SAで遊びつつ
確か3時間くらいだったか?(時間みとくの忘れた)
午前11時前に、無事おばちゃんと合流!やったー

何事もなく来られて良かったよーっ;;と、
楽しみにしていたお蕎麦屋さん前で記念写真!

心配していた母とK隊長に、無事到着のLINEを送信。


出発前日、仕事が終わって帰り際に

K隊長 「一応高速に乗ったことあるなら、
何となく感覚は覚えてるでしょ」
私 「乗せてた友達4人が『キャーー>▽<!!』
って叫んでたのしか覚えてません;;;;」

というやりとりを最後にしていた。ので、訃報でなく
喜ばしい知らせを送信できて本当に良かった。。



2017_1014d.jpg



4年ぶりに再会したおばちゃん。
明らかに前よりシュッとしてて髪もショートになって
もう還暦すぎてるのに前よりキレイになっていた!

気のせい程度じゃなく、最初おばちゃんが登場した時
私が手を振ったら、夫が「なに知らない人に手ふってんの」
と、おばちゃんだって気づかなかったぐらい笑
(それはそれでどうなんだ夫!)



2017_1014e.jpg


「おばちゃん綺麗!綺麗だし痩せたし元気そう!!」

一時期はケガや体調不良で心配続きな時があったから
嬉しくて色々聞いたら、何と最近「いい人」ができた
んだって!(おばちゃんは若い頃ご主人と死別されてる)


中学の同窓会がきっかけで、元同級生の方と
お付き合いし始めたんだとか。
馴れ初めとか聞いてたら、還暦超え同士なのに
も~可愛いのなんので、おばちゃん、良かったねぇえ
と感激しきりだったよ。。。
ええもん見せて&聞かせてもらったわ~……っ



2017_1014f.jpg

夫のおばちゃん(血縁はないけど親代わりしてくれてた)
なのに、夫、恥ずかしいのか車では常に双子と一緒に
後部座席に行ってしまう。。


安曇野までのドライブは私がおばちゃんの助手席で
楽しませてもらってしまった。おばちゃんはもっと
夫と話したかったと思うんだけどなぁ^^;;


2017_1014g.jpg



安曇野商店街で散策&お土産選びをしたあと、
おばちゃんおススメの「ちひろ美術館」へ行くことに。



2017_1014h.jpg



しかし、この辺りから私は後に控える別件について
考えてしまい、ドキドキし始める。

ドキドキしながら、素敵な建物に入館~~っっ


2017_1014i.jpg



うちの母親も大好きな画家、いわさきちひろ氏の
作品と、愛用品や、超お嬢様育ちだった彼女の
生い立ちが記されたパネルなどが閲覧できる施設。

黒柳徹子さんが協賛されてるんだよね。



2017_1014j.jpg



建物の外もだけど、中のいたるところが
子供も楽しめる造りになってて、
全部にひっかかってたらなかなか進めない。笑

(その辺はまた次の記事で記録)



2017_1014k.jpg



日本の子供特有の素朴な可愛らしさを描く
いわさきちひろさんの絵。むかーし母親が
子供の頃の私と妹によく似た絵がある、と
言ってたように、ここで私も我が子2人に
良く似た絵を見つけて嬉しくなったりした。



2017_1014l.jpg


夫が「まじでそっくり!」と興奮気味に
この二枚が表紙になっている絵本を探していた。

グッズコーナーで色とりどりのポストカードや
小さな額縁に入ったちひろの絵を見つけた夫が
双子娘と大喜びしている様子を、おばちゃんが
嬉しそうに眺めていた。



20171105203603d65.jpg


うさぎの椅子。
可愛すぎやし……っ

おばちゃんを誘って一緒に座った。


「ねぇおばちゃん。今夜ってさ、
本当にアカスリに行くの?」

「うん予約しといたよぉぉお!!」

「ほっほんとに?!?! えっ、でもさ
ほんとに全裸なんだっけ。ぱんつは?」

「はかないよ?」

「ええっ!でもさ、色んな体勢とらされる
んだよね?? 紙ぱんつとかは?」

「ないよ(^O^) スッポンポンだよ!」

オーノーマジカル??
オバチャンマジカル?
オーノー



20171105203601121.jpg

芸術に集中できなくなった私をよそに
ちひろ美術館鑑賞タイムは続く。



(ほんと昔から駄目なんよ
人前で全裸なるの。。)



テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

初秋の長野旅行


腰痛になるの、毎度ソファに長時間座った後
のような気がして仕方がない。
ノートPCはソファにかけてダイニングテーブルで
広げたいんだけどな…


警戒しながら長野旅行の記録をちょっとずつ。


2017_1014a.jpg



実は今回、急に行くことを決めたものの
あまり気が乗らなかった長野旅行。

なんせ旅費がっっ
双子のメガネで8万飛んだばっかだったし
(まだ助成金も振り込まれてない;)
もうすぐ台湾行く用に貯めてある分がギリギリで、
その直前に家族泊まりでどっか行くなんて予算がっっ


しかも、予算がとれないとなると
4年前みたいに名古屋から特急しなので電車の旅~♪
なんてできないから、車で高速使っていくしかない。


でも、うちのパパは車の免許持ってない。

しかも私は今の車を買う前5~6年ペーパーで
ここんとこ何とか運転に自信はついてきたけど
高速道路なんて十数年前に1回走ったきり。

その状態で、夫と娘たちをのせて命がけでドライブして
愛知から長野まで行くなんてぜったい嫌だーー@@;


…と、最初は抵抗していたのだが、

4年前と同じく私たちを呼んでくれた女性、
夫のお母さん代わりでもあり、私にとっても大事な
長野のおばちゃんが、「じゃあ私が名古屋まで行って
助手席で長野まで案内してあげるから、高速に慣れる
ように一緒にがんばろう!高速に乗れると楽しいし
今後何かあった時も助かるよっ」と驚愕の提案を@@


「えーーー!!そんなの申し訳なさすぎるよ@@
てゆーかそれじゃおばちゃんの存在が気になって
余計運転に集中できないから!その案はナシで!!」

おばちゃん「wwww」


実家で母親に「こわいよー、どーしよっかなーー」と
ぼやいてみたら、普段は超心配性な母が
「大丈夫じゃない?」と一言。

えっ、そう・・・??

じゃ、じゃあ、行ってみよっかなーーー???



というわけで愛知から長野まで、高速ほぼ初の
私の運転で雨のなか!行ってきたのでありますよ。。


あいにく14,15日ともに天気悪かったので
いい写真がほとんどなかったんだけどね;;
ささやかな旅行記としてここに記録しておく。




2017_1014c.jpg


まずは問題の高速道路!

今回は、高速料金をちょっとでも抑えたいのと
セキセイインコのポポタ(ポポコかもしれん子)を
実家に預けたいのとで、愛知県内から乗らず
岐阜県に入って実家寄って、もうしばらく下道を
走ってから恵那インターで高速道路にイン。



恵那の雄大な山々と、もののけ姫のオープニングかっ
って感じに荘厳な朝もやの風景に家族で「おお~」と
なりながら、命がけの高速ドライブがスタートした。



20171101075152226.jpg


が、いざ始まってみたら、
命の危機を覚えるような展開はとくになく、
むしろ下道よりずっと安全じゃん。くらいの
とても快適でエキサイティングな時間が待っていた。

信号がないって、きもちいいーー!!
当たり前だけどスイスイ進んで、景色もいいし
空でも飛んでるみたいな気分だ。


ちょい憧れだったサービスエリアにも入りまくり、
双子の「こんなの初めてー!」をたくさんいただき、
なにこれ楽しい毎月通ってもいいじゃんと思う私。

それに、ドライバーとして何となく自信もついた?

おばちゃんありがとう、言ってた意味が分かったよ!
と幸先のよい出足となったのだった。



ま、

本当に怖れるべきは帰りの高速だったんだけどね。


2017_1014b.jpg

↑恵那のSAであからさまに漏れそうなカポ。
 楽しくてトイレ行ってる場合じゃないとな。




つづく



テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

1日世界旅行 リトルワールド2017(5)

愛知県犬山市の野外民族博物館リトルワールドに
行った時の記録のつづきでーす

2017_0617_10a.jpg

ここはフランスのワインとチーズのお店、アルザス

10年以上前、それぞれ東京と京都に住む友人4人が
愛知まで遊びに来てくれた時にも、リトルワールドに
一緒に行ったんだけど、ドイツのお店メルヘンバルトと
このアルザスでみんなキャーキャー言ってたな~。

グルメはもちろん、女性にはたまらない、レトロ可愛い
ポストカードや雑貨なんかに次々目移りしちゃってね。
美味しそうなクリームチーズもたらふく買ってた覚えが…

当時買ったポストカード、今も大事にとってある^^


2017_0617_10b.jpg

写真中央の建物で貸出されているアルザス伝統衣装
めっちゃおすすめです!
(きっと誰もが目にしたことのあるあの衣装~♪)



2017_0617_10c.jpg

アルザスのショップでワインとチーズに興奮しているパパを
置き去りに、双子娘はイタリアへと猛ダッシュ!
あのスタンプ台が見えてしまったのねーw



2017_0617_10d.jpg

ドイツで酔っ払った母親にポーズを付き合わされるリポ。



2017_0617_10e.jpg

フランスから追いついたパパが、イタリアのレストラン
アルベロベッロで、ピスタチオのジェラートをゲットし、
あっという間に双子娘にたいらげられていた。

あのピスタチオジェラートは、うますぎたと思う…!

『イタリアのジェラート協会に認可を受けた本物の味』
なんだそうだ。←今サイトで調べた

次は私も買いたい。そして絶対に1人で食べるぞ。



2017_0617_10f.jpg

ドイツビールの酔いが冷めないまま、今度は母娘で
イタリアの貸衣装(ロミオとジュリエットの衣装らしい!)
を着てみることに。私はたぶん、例の東京京都の友人
たちとドイツで男装した時以来のチャレンジ。

パパはさっきの王子様で疲れ切っていたので、パス。笑

2017_0617_10g.jpg

ハンガリーの衣装をチョイスしたリポも加わり、記念の一枚!
ああ~いい写真…と思ったら、私の首から上がまだまっ赤。
これだと見えないけど、目つきもモロ酔っ払いであります。
(コップ半分も飲んでないのに;;もう分解できないのよね)



2017_0617z.jpg

300~500円と気軽な料金で着られるのが魅力的な
リトルワールドの貸衣装。(↑はどれも500円)

でも、一応15分程度で返却ってことになっており、
時間になっても呼び戻されはしないものの
あまりゆっくりとは着られないので、
子供には事前の言い聞かせが必要かも^^;

双子娘、毎度脱ぐ時には名残惜しがって仏頂面に…



でも、可愛く撮れた写真を見せるとなんとか納得して
くれていた。着たまま世界旅行できたら素敵だけどね♪
その場合この値段じゃ到底すまないからね♪♪




このエリアでやっとこさ、リトルワールド半周あたり。

ここからは上り坂で、国的にも喉が渇いてくる感じの
エリアに突入する。そして写真が激減~。

リトル記録はあと2回くらいで終わるかな?



というわけで、今回はここまでーー

おやすみーっす


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

sidetitleCalendarsidetitle
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleProfilesidetitle

のん

Author:のん


2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。




★愛用した双子用ベビーカー★
ベビージョガーシティミニダブル
(使用レポのリストはコチラ)

大活躍の後2人が年中さんの時、
同じ園で双子ちゃんを授かった
ママさんにお譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ超現役な状態だったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 


★双子が乳幼児の頃の育児環境★
賃貸2LDK、車なし(キッツゥウ!)
食材や日用品は全てネットで調達、
実家は隣県で緊急時しか頼れず…
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児





2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場も小回りバッチリ!
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
ベビーカーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高です♪

双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになっていきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;


双子が小学生になり帰宅が14時台に
なった2017年春より午前中勤務に。

小3になった現在は9時~14時勤務。
(双子は早くも思春期に突入した)


そんな感じで現在に至る。

双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
その先なんかほぼ天国ですよ…!
(お勉強は大変ですが)笑
がんばりましょうね><!!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、マイペースに
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle