アラフォー退職(予定)から転職への推移キロク


何が記録済で何がまだだったか分からなくなってる;
忘れる前にとりあえず近況というか経過を記録しておく。



まず3月半ば
自分の生き方、働き方、つーか在り方そのものに
ここ数カ月モヤモヤしていたので個人コンサル受けた。



実は、現職の仕事内容に2年前から飽き始めていた
こと、でもK隊長との関係が良好で、日々さらに良く
進化し続けていたため、本心に気付けてなかった。
そのことに、コンサル(つーかほぼカウンセリング)を
受けたことで気付いてしまい、現職卒業を決意。
新たにやってみたい職種をいくつかピックアップ。



翌日、K隊長に率直にぜ~~んぶ伝えた。

・通算20年やってきたデザイン業だが、一旦手放したい
・自分に飽きてしまい、今後クオリティーが保証できない
・今の待遇には感謝しかないが卒業の時期だと強く感じる
・年齢的にターニングポイント、異業種に挑戦したい!
・双子の成長に伴い、収入を大きく上げる必要性を感じる
・夫がまた独立したい言いだしたのでその危機感もある
・本社に支障が出ないよう引き継ぎは責任もってやる
・K隊長個人の仕事は、出来る限り今後もサポートしたい


という旨を、「本当はもっと前から限界がきてたのに、
隊長と働くのが楽しすぎて気付けてなかった^^;」と
打ち明けた。隊長、なぜか「ごめんね、ごめんね」って
何度も謝りながら泣いてしまい、謝るのは私の方!!
と何度も頭を下げ、2人してごめんの応酬に…;;

隊長が謝ることなんて何もないのにと本当に焦った。


だいたい夫がふわふわドリーム発動しなかったら
私もモヤることなく現状維持した可能性が高いし><;;
(それはそれで長期的に見ると良し悪しなのだけど…)


しかしとにかく、私は様々な理由によって前進せねば
ならない状況に至っており、そうすることに決めた。



一番やってみたい職種に応募。面接日が決まる。



現職の本社から呼び出しを受ける。

・A社長に「辞めたいそうだけどK隊長のせいでしょ」と
しょっぱなからあり得ない事を言われて驚愕。
全力否定するが「いや、絶対そうとしか思えない」と
断言するオッサンもといA社長に思わずブチ切れ。

しばらく、「全くちがいます!」「いやいや僕にはそう
見えます」「本当に違うんですけど!」「いやいや~」
もう腹が立ちすぎて涙でてきた;;

本当のこというと、私は本社がずっと嫌いだった^^;
てかA社長が苦手だった。壮大な目標を掲げるけど
具体的な策は全く練らず、低賃金のパート女性達に
丸投げとメチャ振りを繰り返すあの経営スタイルが
ずっと嫌いだった。でも冒頭からそれは言えんので;;
あくまで自分の問題で転職が必要なのだと伝えた。




「正直、仕事に飽きちゃった☆彡」「自分のデザインに
魅力を感じられなくなってて、会社にとってプラスになる
仕事をしていける自信がない」「K隊長がいたからこそ
こんな私でも今までやってこられたが、限界だと感じる」
夫がフワフワなので今すぐ収入を上げる必要がある
「やってみたい職種があり、近々面接を受ける予定」
「そっちもパートなので、突然辞めたりはせず、現職の
引継ぎもしながら、ご迷惑にならないよう進めたい」




A社長の答え
その職種はきみに合ってない、きみはデザインの人。
本社勤めになるのはどう?


もうムリ、飽きたの。てか本社で今やってるあの仕事と
この仕事って無駄じゃない?無くてよくないか?

A社長
必要な仕事。でも大きな改善がいるとボクも思ってる
ちょっと、みんな来て~



本社のスタッフが集合。。


(長いのでつづき畳む;;)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

風邪っぴきアラフォー、未経験ジャンルの面接受けてきました

4年ぶりの面接は、一昨日の火曜日でした。

先週末はまた土日とも本社や隊長に呼ばれて
出向いたこともあり、気管支炎が治ってくれず;;

(↑でもすごくいい話ができて、そのことも
書きたいけど長くなるのでまた今度@@;)


面接を控えながら絶不調で不安になったけど
こないだのビジネスカウンセラーさんが言ってくれた
「その風邪は浄化の風邪!流れが良くなるサイン」
という言葉を励みに、前向きなイメトレに励んだ。


面接前夜は咳で熟睡できない状態だったものの、
夫が買ってきてくれたベンザブロックのドリンクが
けっこう効いて、なんとか声は出るように><!

でも顔が。咳のしすぎと食欲不振で本気の死体風。
しわクマたるみクスミの無法地帯になっていたので
炭酸シートパックと美顔器で必死の救済を…;;

当日は咳止めを飲み、吸入タイプの薬も使って
トローチをなめながら(全部病院で出してもらった)
面接場所のオフィスに到着。咳、封印!スマイル!


オフィス、超でかい。
1フロアが近所のスーパーより広い…。
そして受付が宇宙空間風で、無人。
やたらスマートな電話がポツンと置いてあり、
受話器を上げると受付嬢に繋がる。

数分後、女性に案内されたスペースで
面接が始まった。

オフィスの広大さに、あくまでパートとしての
面接であることを忘れ、正社員面接並みの
ド緊張に襲われかけた私だったが…

面接官(男性1人)にちょっくらおどろいた。

だって、超カワイイ迷彩服を着ていたから。
&ヘアスタイルが葉加瀬太郎風だったから。
両方の鼻から一本ずつ鼻毛が出ていたから。
そして何より私よりだいぶ若者だったから。


とうとう面接官が年下の時代に…
私も本当に歳を取った…

という心境からスタートした面接ではあったが
咳は一発も出さず、かすれ声も「セクシー」と
言えなくもないよ?程度にハキハキ話せた。
ここはさすが四十路、心臓に毛がフサフサ。

前半は、私の履歴書と職務経歴書と、
会社の業務内容に沿った定番のやりとりがあり、
どれもうまく受け答えできたのだが、後半大崩れ!

「では質問です。あなたはどんな人ですか?」

この質問から大崩れした。

なぜか今回、こういう系の質問に対する準備を
私はしていなかったのだ。思わず、えっ?!と
異様にびっくりしてしまい、3秒ほど考えた後

「お調子者です!」

と言い切っている自分がいた。

面接官は、驚愕の表情で「お調子者…」とリピート。
下を向いて、それをメモっている。

「では、周囲の人はあなたをどんな人だと言いますか?」

「……変な人?」 (なぜか疑問風に言ってしまった;;;)

面接官、さっきと同じように「変な人」とリピート。
下を向いてメモっている。
(笑ってた、どう見ても笑ってた)



あとは長所と短所について聞かれ、面接は終了。

短所については、仕事のスピードが遅いこと。
でもそれは最初の慣れないうちだけで、
慣れればそれなりに早くなることと、家で子供が
待ってるので嫌でも時間内にすませるよってこと。笑

長所は本好きで学ぶことが好き、ビジネス書が好き、
パソコンが好き、仕事が好き!と、好きを羅列してきた。
果たしてあれは長所としての答えになっていたのか;;

後半はとにかく妙な勢いだけになってしまった;;;;


でもまあ、「出せたな」と思いながらその場を後にした。
すごくやってみたい職種なので、その熱意は確実に
伝わったという手ごたえもあった。

あれで駄目なら駄目だし、
四十路だけに色んな意味で誤魔化しも効かないし?

スッキリハーーー♪♪な気分で帰宅した。

結果は10日後までに連絡があるらしい。




面接は夕方だったので、春休みの双子娘はばぁばに
預かってもらっており、その晩は久々に実家に泊まった。

ベンザブロックのドリンクをこの日も飲んで、爆睡した。
(これノンカフェインだしよく効くしで本当に有難い!)
それまでより随分咳が減って、数日ぶりによく眠れた。

次の日も、ばぁばとしゃべったり布団を干したりしては
昼寝して、夕方までごろごろし続けて、かなり回復。
じぃじがぼんやりデーで、コンタクトが取れなかったから
もう一晩泊まりたかったが、予定通りアパートに戻った。

春休みの間に、また泊まりで行くとしよう。次は2泊で♪



怒涛の気管支炎面接劇(?)を終えてほっと一息、
やっとブログを書けるだけの余裕が戻って嬉しい……

結果の連絡がくるまで春休みを楽しむぞーー!

とまったりしてたら、
今日は登録してない番号から3回も
電話がかかってきてそのたびにドッキドキ@@

結果がわかるまで毎日こんなかよっっ!


って思ったら3回目は面接受けた会社からで
なんと「採用」の電話でしたキターーーー!!!!



やった!やったーーーーー!!!

えっ?まじで?!もう??いいの???

まじだまじだ、ばぁばに連絡だ>▽<!
吉報ワッショイ!






お願いしていた4月16日から、まずは希望通りの
週3日で採用していただけることに。

職種は、ライターっす><!
大丈夫か!こんなメタクソな文章書いてるやつが
本当に仕事で書けるのか!でもやってみたいの。
やってみてだめだったらクビ差し出すまで^^;

だめだった場合の、次にやってみたい職種が
何気にもう1つ!あるから、本当に向いてなくて
苦しかったら華麗にそっちへ方向転換します

なんつって、でも本当にやってみたいのは
文字を打ちまくる仕事なので、頑張りたい^^!!

最初の1か月はかなり厳しい研修があるそうで
脱落者が多いんだって。ひえええ……
1時間で2000文字のコラムを上げ続けるとかなんとか

かなりやばい?
でも初心者だからそのヤバさが分からない!笑


20代の若者達に混ざって、修行がんばりまーっす。

デザイン一辺倒だった人生に、新しい一歩だよ☆彡

祝。



テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報
ジャンル : 就職・お仕事

気管支炎様の再来、オネエボイスで面接か?


毎年この時期恒例。得意技の気管支炎ですよ。
喉いってー!と思ったらキタよキタよ、咳地獄。
そして昨日から声がどえらい状態ですよ;;

超低音かカッスカスの高音しか出ないから
仕事で不便。家では我が子に声が届かない。

来週の火曜日、4年ぶりの面接があるんだけど
どうなんだこれ。オネエ声の中年女性どうなんだ。

面接までに治るかなあ~…

不安すぎるので咳止めゲットしてこなければ;;



これからしばらく履歴書やら職務経歴書やらの
準備でゴソゴソいたす。

また結果を記録しにこよう。




ところでね、

こないだ、初めて「コンサル」っちゅうもんを受けたの。
きっちりマンツーマンのやつ。

本当はビジネスコンサルだったんだけど、
私はメンタル面のアドバイスを仰いでみた。

2年くらい前からそのカウンセラーさん(女性)を
チェックしてて、「タイプや♡会ってみたい」と
狙っていたら、普段1回5万円の個人コンサルが
お試し価格3,000円で期間限定募集されてて…


行ったよね。物凄い勢いで行ったよね。

どうだったかっていうと

ウルトラすげかった@@@@@@@@@@

めっちゃすげかった@@@@@@@@@@

今まで出会った誰にも導き出せなかった
私のためだけの、最・重・要な答えが、
開始からものの20分で降臨。

年下のチャーミングなカウンセラーさんなのだが
本職がビジネスコンサルタントでありながら
「自称心理学オタク」だとおっしゃるだけに、
物っ凄く勉強されているのが分かった。

私のややこしいアラフォーな悩みに対する答えが
ポンポン出てくるんだもん、ほんとすごかった!!

親や、夫、仕事のこと、自分の思考のクセのこと
相談した全ての悩みが解決。めちゃすごくないか。

今週私はまた風邪をひいた自分に凹んでたのだが
風邪をひいたことすら「良いこと」に思えてきたぐらい
考え方を変えてもらえた。まじすごくないかコレ。

そして我が家のトンデモ夫に対する私の受入れ方が
ちゃんと正解だったことも分かり、モヤモヤが消えた。
おかげで今後も、夫本人を無理に変えようとせず、
たびたびのトンデモ行動に不安を覚える必要もなく
このままじっくり続けていけそう。肩の荷が下りた…

あとは、
「パパに負けてもいい!」この呪文を唱えるだけ

職場で先輩後輩として出会ったこともあり、
夫婦になった今でも内心彼と張り合っていた私。
分かっちゃいたけど、これが私ら夫婦にとって
すごく良くない流れを作っていたのだと理解した。
分かっているのにそこをずっと治せずにいたけど
もう大丈夫。今回のことでしっかり理解したぞ。

仕事のことも、本当は自分がどうしたいのか
っていう深層心理と、私本人が気付いてない
ビジネススキルまで発掘してくださった。

いやはや、これぞ転機。すごいっす。
本物って、いるんだなあ…と思ったわ。


コンサル時間、ほんとうは1時間だったのに
彼女はめちゃめちゃ親身に…というか熱中!
って感じで沢山のアドバイスをしてくださり、
終わってみたら2時間半がすぎていた。
(もちろん追加料金もなく@@)
私が気づかなかったらもっと続いてたと思う。

天職に就いてるって、ああいう感じなんだなーー
感激×感動×感謝の連続を生み出されておった。


と、そんな衝撃の2時間半だったのよ。
最後は嬉しさのあまり涙してもうた…

御恩わすれませぬ!
またお会いできるような(…ン万と払えるような☆)
開いた自分になれますように!


さあ、とっとと風邪なおして冬にバイナラしましょ
面接がんばるんババンがバンバンバンっ
また来週~~~っ


テーマ : 働く母のつぶやき
ジャンル : 育児

つべこべ言わずに働き続けまっす

ちょっと前の日記。

納品ついでにサラベスでモーニング食べてきた。
すごく浮かれた。美味しかった~~っ


2018_0316a.jpg



半月ほど前、遅まきながら「ライフシフト」を読んだ。

今の自分のまま、何とか人生を逃げ切ろうとしていた
ナマケモノサイドの私が、やっと死んでくれて
芯からスカッとした!もう迷わず喜んで働き続けるわ。

しかしバリキャリサイドの私もとうの昔に死んでるので、
ライフシフトを読んでからの自分はどう新生されるのか。

これからの長い(はずの)人生、
健康を守るためにもワークライフバランスは最重要で、
長く長く楽しく働き続けるためにも仕事を選べる自分で
あり続けたい。歳をとっても、その時々でひらりひらりと
新しい職種に挑戦していける柔軟さも養いたい~~



もうすぐ2年生になる双子娘にピカピカの合鍵を準備し、
毎日のように求人サイトをチラチラチェックしている最近。
双子に合鍵を託す時期はまだ先の予定だけれど、
いつかの時のために春から練習してもらうことにした。



2018_0316b.jpg


久しぶりに見た求人サイト。(種類増えたな~~)

これから自分が身につけたいスキルを得られそうな、
尚且つちゃんと母親としての部分も削りすぎずに
続けられそうな…そんな都合のいい仕事を探す私…

K隊長との仕事も、このまま並行して続けたい。
今なんか特にどんどん仕事来てるし@@;
明日も日曜日だけど出勤することになったし。


昨日ふと、「隊長、私も隊長みたいにダブルワーク
トリプルワークしよっかな。できるかなぁ」と相談した。
「何やるの?!」とワクワクされ、「まだ決めてません」
と答えるとポカンとされた。隊長は回転早いもんなw
なんせほぼ365日仕事してるしな。(好きだから)


私にも、もうずっと憧れている業種はあるんだ。
でも採用してもらえるか分からなさすぎるし
ハズカチーからまだ言えない…

でも実際探してみると、その業種でもわりと
「ダブルワークOK」と表記してる会社が
ちょこちょこあるので、希望が湧いてきた。


どうなるかな…


ダブルワーカー+フリーランス活動、
想像つくようなつかないような^^;

双子娘の帰宅と宿題の時間に間に合う形でしか
働かないつもりだけど、今よりハードにはなるから
しっかり体力の基板を強化しておかなきゃだ@@



今年はついに四十路だから、ちょっと前までは
不安しかなかったけど、ライフシフトを読んだら
たった四十路程度で不安になっている場合では
なかったと気付いた。。

『人生100年時代』という言葉の効果たるや。
一応まだ、私の世代ではそこまで到達しないのに
何だかすごく意識を変えられてしまったよ。

同時に、老後への明るい希望も得られた。笑



2018_0316d.jpg


私の「ライフシフト」仕掛け人、りょーちゃん。

まったく、いい本を教えてくれてありがとうだよ。
おかげでキッパリ自分の進行方向が決まったわ~

もう漠然とモンモンせずに済むと思うとホント清々しい!
ただただ、進むべしやな。楽しめる速さで、少しずつ。
疲れたらその都度仕事を手放して休めばいいんだから。



2018_0316c.jpg


りょーちゃんとはお互い、夫のケアと自分の仕事での
激しい消耗が悩み所なので、
アラフォー的・健康美容ネタが始まると止まらなくなる。

またこんな風に素敵な場所でリフレッシュしよーね。



2018_0316.jpg


待ち合わせる前に、一人でブラブラ散歩を
してみた、日曜の朝の名駅前。
気持ちよかったな。なんかパワー湧いてきたし。
またふらっと散歩しに行きたい。


テーマ : 働く母のつぶやき
ジャンル : 育児

「しつけ」と「虐待」、今昔 (2)

春到来!バタバタしてて遅くなってしまった;
(1)に続き、妙な記事タイトルでいきやーす。



今回は私の母親にまつわる、笑えるような
笑えないような思い出を書いてみる。

そんで私自身の「しつけ」に対する思いも
俯瞰して見られたらいいなと。


※そんなにヘビーな話じゃ~ないけんども
虐待とか体罰とかそういう話が苦手な人は、
前回以上に読まない方がいいかもかも;;






私の母は、現在65歳。
熊本の山育ちで、牛やヤギを飼い畑をやる
農家の次女。子供の頃から親を手伝い、
家事全般をこなす「よくできた娘」だったそう。

両親は仲が良く、いつも連れ立っていた。
普段は早朝から夫婦で畑仕事にあけくれ、
夕方には仲良く疲れ切って帰った玄関で
倒れこみ、そのまま眠りこけていたそうだ。

くたくたの両親を起こすのが可哀そうで、
母達3姉妹は進んで協力して夕飯を作り
洗濯をし、着物なんかも自分たちで縫い、
小学生にして完璧な親孝行ぶりだったと
いうことで、、、私は小さな頃からずっと
母にその話を聞かされながら育った。

最初は「へーすごい」と思ったのだろうけど
覚えているのは「ま~たこの話か^^;」という
面倒臭さとプレッシャーばかりだったりする。


祖父祖母も認める、頑張り屋で親孝行で
完璧な娘時代を生きてきた母だったので、
父と結婚して、年子で産んだ私と妹にも
親孝行であることを強く望む節があった。

私と妹が5~6歳にもなると、家中の掃除に
玄関前の掃き掃除、犬の散歩とエサやり、
食器洗いや洗濯物の取込み&畳みなど、
朝は5時台から、夕方は学校から帰るなり
毎日、練習がてらにやらされていた。

母からするとどれも大した仕事ではなかった
のだろうけど、まだ1年生かそこらにして
「働かざる者、食うべからず」の決まり文句を
繰り返されながら強制的に手伝わされるのは
正直いつも苦々しくて嫌なものだった。


それはさておき、納得できなかったのが
テレビや漫画がほとんど禁止だったこと。

夜は、20時になると私と妹の部屋がある
2階のブレーカーが落とされ、まだ宿題が
途中でも真っ暗闇!で、寝るしかなかった。

たまに階段でこっそり宿題の続きをやって
いると、そこのブレーカーも落とされた。笑


妹はわりと素直に従っていたものの、
私は自我が強く反抗的なタチなので
6歳7歳の頃にはもう相当な勢いで
母の命令に背き、よその家と比べては
毎日のように言い争うようになっていた。

そんな中、私や妹が、手伝い等の言いつけを
守らずグズグズ言うと、母は竹製の1m定規で
娘二人の手足をビシバシと叩くのだった。

血こそ出なかったが、あれをやられると
幅広の超立派なミミズ腫れができ、
痛みより見た目の迫力で、私も妹も
ギャアギャア泣いた。


(長いので続きたたむ)




続きを読む

テーマ : 子育ての悩み・疑問
ジャンル : 育児

関節痛終了☆毎日のお迎えも終了♪♪


日曜は全身痛かったが、熱は一瞬の微熱のみ。
月曜朝には、病院に行くまでもなく関節痛消滅。
最初から最後まで咳や倦怠感もなし。Bフシギ。
ずっと身体が軽くて普段通り家事できた。

ので、昨日も今日も元気にK隊長と仕事もできた。
(あ、隊長と身内以外にはまだ接触せんとですよ一応(^_^)ゞ)

そして明日から隊長は出張に行ってしまう。
あーあ、やだなー。張り合いないんだよなー
早く帰ってきてーーーー(T_T)

ってか本当に今回もうつらないのかな隊長…
今更ちょっと心配になってきた(^^;)
けどうつんないんだろな。
摩訶フシギな気功使い様…!



帰宅後、レトルトのマッサマンカレー食べて
一息ついていたら双子娘が帰ってきた。

2人が一年生になってから毎日通学路の途中まで
迎えに行っていたのを、先週から2~3日おきに
して様子をみることにしている。

まだまだ「うげ!あぶなっ!」と思わされる事も
あったけど、もうそろそろ子離れしなければ…
もうそろそろ我が子を信じてもいい時期では…
と、一緒に迎えに行っていたUちゃんママとも
思いが合致。

Uちゃんママは当初、三年生まで迎えに行くかも
と言ってたけど、予定より早く安心できた様子。
よかったねーー♪

やっと我が子を家でのんびり待つだけの時代に
片足だけ入ることができた。

当たり前だけど、めっちゃ楽だわーーーっ

Uちゃんママの「一年間、がんばったよねー」
のLINEに、ほんとそーだあーとしみじみ。

家が遠くて、同学年の下校班のほとんどが
途中でいなくなってしまう双子娘とUちゃん。

校区はずれの、しかも大きい交差点だらけの
場所に住んでしまって、可哀相なことした
と思っていたけど、、歩くようになってから
3人とも風邪や熱で休むことが全くなくなった!
これには本当にびっくりだ。

前は、もし次引っ越す時は学校の近くに…と
思ってたけど、今なら断然ちょい遠めを選ぶ!笑

私自身も、めっちゃ遠い学校に通い続けて
姉妹そろってほぼ皆勤賞だったもんな(○´∀`○)

交差点だけまだ心配だけど、そこはもう
子供達にシッカリしてもらうしかない。


そういえば、うちの前の公園…。ここ数日で
お母さんの付き添いなしで遊びに来る一年生が
急増した。もうあと1ヶ月で、みんな二年生。
春休みはさらに親離れする子が増えるんだろな。



ふふ。じつは今日は夕飯でボケてしまい
手抜きメニューをやたら豪華な品数で
作ってしまって手抜き感を得られず疲弊
…という失敗をやったことを書こうとして
全く違う内容になりましたとさ(*_*;

思いがけず自分の手抜き料理の品数豊富さを
実感し、ちょっと楽しくなった今夜だよ♪
ちなみに例の安ワインのボトルを開けて
呑みながら書いてるしゃーわせ(@▽@)ウイー



次の更新は昨日のやつの続きになる予定。

どくどく…っ


テーマ : 働く母のつぶやき
ジャンル : 育児

「しつけ」と「虐待」、今昔 (1)


なんか妙な題名になってしまったが…


うちの家系のしつけと虐待?について、
思い出がてら書きたくなったので書いてみる。

(親子3代分に渡る長い話になりそうなので
分けてアップしていくかもかも)

※決して暗~い話ではないけども
虐待とか体罰とかそういう話が苦手な
人は、読まない方がいいかもかも;;





2018_0305.jpg

UPしそびれていた年長さんの頃の双子娘。左リポ、右カポ。



先日、ひっさびさに鬼気迫る勢いで我が子にキレた。

我が子っていうか、やっぱりカポ。
リポじゃなくて、やっぱりカポ。。。


カポ、ただ私の目の前に居てくれるだけの時は、
めんこくてめんこくて思わずチューして抱っこして
しつこく頬ずりするのが止まらない!って程度には
愛情を持っているのに、時々、恐ろしく真っすぐに
「こんな子いらない」と思わされることがある。

とっくに育児ノイローゼは脱してるのに、
この瞬間に関してはまだ完全になくなっていない。



今回私が、どんな理由でキレたかの言い訳は
長いのでバッサリ省き、どんな有様でキレたのか、
その様子のみにフォーカスしたいと思う。。



まず、
カポにキレた瞬間、頭の中でプツンという感覚がした。
これは育児ノイローゼだった頃以来だと思う。

でも当時と違うのは
「やばい、キレるのやめなきゃ、我慢しなきゃ」と
思いながらもキレるのが止まらない、という感じではなく
「よし、キレよう」と思ってキレたこと。
昔と違って、今回はキレる必要があると判断してキレた。


ま、キレ方は全く冷静じゃなかったけど;;;

本来キレることが正解とも言えないわけだし。

ただ本っ当に憎くて憎くて超激ハラが立って
もう頭バクハツして吹っ飛びそうだったのだ…!

要するに、自分の身を守るためにキレたわけだ。



さて…。久しぶりにキレた私は、さっきスーパーで
買ってきた安ワインのボトル(未開封)を引っ掴むと
右手でブンブン振り回しながらカポめがけて突進した。


↑これだけで相当怖いし通報モノの光景なわけだが

かろうじてワインボトルはカポの頭上で寸止めし、
代わりに握り拳を思いっきり脳天にめり込ませたいと
思ったけど寸での所で平手に切り替えベシッと一発。
当たったのは指先だけ。逆にこっちの手が痛い。
でも私の殺気立った形相にカポは縮み上がっている。


仕事中に思い出す時はあんなに愛しい我が子が
この瞬間はひたすら憎たらしい存在でしかない。

腹たつ!苛立つ!殴りたい!蹴り飛ばしたい!

毎日どれだけ促しても理解せず繰り返すなら
もう言葉なんかかけても無駄でしょ!

実際そんなふうに叫んでた気もする。完全に半狂乱。


愛情と世間体の両面から、カポにケガさせるわけには
いかないため、私の怒りのエナジーは手近な物体へ。

カポ以上に私も大切にしてきたランドセル(実家の親
からのプレゼント)を、回し蹴り。リビングわきの廊下
まで回し蹴りを繰り返し、中身を飛び散らかしながら
子供部屋までサイコ配送。

リビングに戻るとカポの首根っこ(上着の襟)を掴み、
廊下をジグザグ引きずって子供部屋までサイコ配送。
↑アンタの顔なんか見たくない!!等叫びながら


子供部屋に放り込まれ、ドアを閉められた所で
泣き出すカポ。ああ、ギャン泣きしてるけど昔より
泣き声のキンキン具合がまろやかになったなー
と頭の隅で成長?を確認しながら、まだ収まらない
怒りのままに「ああ!!むかつく!!腹立つ!!」
と叫びながらリビングに戻った。



そこでは、リポがテーブルに向かい、宿題の
仕上げをしていた。それはもう必死の勢いで。
(ママ怖すぎで御免)

そんなリポを見てもまだ怒りは完全には収まらず、
私は床に落ちていた折り紙をズタズタに破っては
巻き散らすという愚行でエナジー発散に努めた。


↓ちなみにキレて暴れていた時の私の心境↓


くそがき!くそがきーーっっ!
毎日毎日親の忍耐力を試すような真似ばっかしやがって
ハハハハ思い知れ!お前の母親は耐え忍ばねえぞ!!
そんなに試したいなら今すぐその結果を知ればいい!
見ろーー!これがお前の母親の腹ん中の毒だヒャッハーー!
どうだコレが見たかったんだろコレがぁあー満足したかー!



↑さいてー





この騒ぎの途中で、カポと遊ぶ約束をしていた
同級生の女の子たちがうちに到着してしまい、、
先に宿題を終えたリポが代わりに遊びに出て行った。

カポのフォローや尻ぬぐいにも慣れてしまったリポ、
申し訳ないやら頼もしいやら。

友達が来て、行ってしまった気配で、
あれだけ動かなかったカポがやっと動き始め、
30分後にはうちの前の公園でリポ&友達と合流。

私もエナジー発散し終わったので即通常運転となり、
パパはまた午前様だったが夕飯は3人で楽しく食べた。



カポが無傷だったからこその、普段通りの夕飯では
あったものの…。久しぶりに全開でキレにキレてみて、
やっぱり私って変わってない。成長してねーなーと
しんみりした。
※今更しょんぼりとか自己嫌悪でなく、しんみり;;


カポがカポであるように、私もずっと私のままだ。。

思春期の到来が思いやられる。
いやいや、せめてそれまでに私が成長しなければ…
いやいやいや!違う、私は成長なんてしないぞ。
カポが成長しなきゃ意味がないんだ。
いやでも私の成長あってこそのカポの成長なのかエンドレス…


その夜の入浴タイムは、リポがわりと早く湯船で
ゆで上がって出ていったので、私は慌てて洗髪を
済ませ、カポだけが浸かっている湯船に入った。

一日の終わりに、狭い湯船で双子を抱っこ
するのが、私のささやかな楽しみ&癒し。

トリートメント後で、バレリーナみたいなお団子頭の
カポを膝に抱き、頬ずりスリスリ。満足げなカポ。
この儀式ができるのも、カポが無傷だったから。。

それと、またこうして抱っこしたいと思えるのは、
ちゃんと怒りをあの場で解放させてあるから
だ^^;


きっと今後も、ギリギリの攻防が繰り広げられる
日があるだろう。。だから、ただの一度でも一線を
超えないよう、必ず踏ん張り切らないとだネ。。。

同時に、母親がああまで怒る真意が何なのか
それもカポに毎度キッチリ伝え切る。
ただ恐れを植え付けるだけじゃ情けないもんネ。





そういや、
昔は実家の母も、ちょうど今回の私みたいに
ほぼ毎日キレてたなあと、笑えてきたりもした。

…母の方が頻繁で、だーいぶ壮絶だったけど;;
なんせ私の生意気度もカポの比じゃなかったから。


そのせいか、どのせいか。
母の「しつけ」において私(と妹)は何度か流血し、
気を失ったこともあった。※普段は仲良し

子供時代の母が、祖父から受けた「しつけ」は
さらに遥か上をいくもので、つい先日も母と
その話をして笑ったのだった。

昔のしつけって、すごかったよねー、と。^^;





というわけで、
自分でも最終何が言いたいのか謎なのだが
また次の記事にて、続きを書いていこうと思う。


テーマ : 双子の子育て
ジャンル : 育児

この記事を読むとインフルBに感染します


お二方さま、コメント返信いたしました^^!
ありがとうございます~!


2018_0304a.jpg


またちょっとブログ滞ってしまった。
時の流れ早い。


先週あたりで色んな迷いが次々と吹っ切れ、
順調に仕事に身が入ってきたところで
再び身体に異変が。


金曜の夕方、双子連れで本屋めぐりをしていたら
右の足首が微妙~に痛い。
トイレで手を洗ってフリフリすると右手首も痛い。

「立ち読みのしすぎで疲労骨折したか?骨粗鬆症?」

などと思いながら帰宅し、眠る頃になると首も痛い。
肘もなんとなく痛い。あれ、膝も痛い。

…んっ? なんか知ってるぞこの感覚……!


思い当たったのは、去年初めて双子娘が患い、
私も初めて貰ったインフルエンザと同じ症状~!


去年はインフルAだったけど、今はBが流行ってる。
Bは、ほぼ熱もなく元気で感染に気付きにくいらしい。
Aと違って熱は出ずとも消化器系の症状がでやすい
人もいるらしい。→帰宅後、突然の下痢に襲われた


まさに今の私じゃん。。。
(熱なし。他ではない関節痛。食に関係ない下痢)


K隊長にLINE。

『インフルBになりました。明らかに全身の関節が
おかしです。でも熱もダルさもなく元気です。月曜
出勤していいですか。作業に支障なさそうですが
万が一隊長にうつったら…来週出張ですよね』

K隊長から電話。

「来て来てー♪どうせ金曜の時点で私に
菌まき散らしてるって。大丈夫大丈夫!」

…いつもながら頼もしい上司だぜ…
(↑氣功使いだから感染しない。去年もそーだった^^;)

しかも今めっちゃ仕事きてるしな。
私ものってるところだから休みたくない。


※もちろん仕事の前後は一切どこにも寄らず
ウイルステロにならないよう気をつけるのだが
…本屋… 気付く前に、行ってしまったなーー…
しまっったなーー…;;;

こうやってインフルブームは増殖していくのか;;;



Bは初めてなったけど、現状びっくりするほど
風邪症状が全くない!(下痢すぐおわったし)
去年のAの時は高熱が出て寝込んだんだけど。
違いにびっくりだ。


関東の方ではもう収束に向かってるって話だけど
まだ流行ってる地域のみなさん、気をつけて~~

関節痛なんかは気にするほど痛くないけど
数日間、人に会えないのが不便だよね^^;
家族間感染の対策も面倒だし;;;



やれやれだけど、心が元気になってるから良かった。
精神の安定って宝だなあ……もうグラグラしたくなーい


っていうかやばいぞ、今気づいたけど
木曜日、高校の同級生たち8人とランチしたぞ!!
内、フランスから来てる子が2人。。。。。
久々の再開だったからめっちゃハグしたぞ?!


う、う、うつしてたらどうしよう……@@@@@@





テーマ : 働く母のつぶやき
ジャンル : 育児

sidetitleCalendarsidetitle
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
sidetitleProfilesidetitle

nozocco

Author:nozocco
2010年11月29日一卵性双子を出産。
ぷっくぷくの女の子リポ&カポを
ひーこら育児中。

愛用した双子用バギー
ベビージョガーシティミニダブル
(カテゴリーに使用レポを記録)
2人が年中さんの時に、同じ園の
生まれたばかりの双子ちゃんに
お譲りしました。
相当乗ってたけどガタがくる所か
まだまだ現役行けそうだったので
使ってくれてるのを見かけるたび
とっても嬉しい^^ 



育児環境:賃貸2LDK、駅近、車なし
徒歩10秒で公園、徒歩10分で児童館
食材や日用品は全てネットで調達、
隣県に実家、非常時は両親にヘルプ
夫は帰宅が遅いため平日は1人育児


2014年、保育園に入園が決まり
送迎用にダイハツのタントを購入。
園の狭い駐車場でも小回りバッチリ
軽だけど天井が高く、雨の日車内で
チャイシーベルトするのに便利!
双子バギーもピッタリ収納できて
双子ママの愛車として最高の車♪


双子入園前に私はパートで就職。
10時から17時の時間帯で勤務。

2015年、父が幾つかの難病を併発し
実家の育児サポートは頼めなくなり
週末は介護の手伝いをする生活に。

2016年春より12時から16時勤務。
(これぐらいがちょうどいい…)
パートと並行してフリーランスの
仕事も受け始める。

年長あたりから双子娘の免疫力も
すっかりついて、わりと計画通り
働けるようになってきました。
それでも余裕・予備日必須ですが;

そんな感じで現在に至る。
双子ママのみなさま、
5歳にもなると大分ラクですよ!
がんばりましょうね><!




昔からの趣味でもありストレス発散
手段でもある日記を、ほぼ日手帳と
このブログで楽しんでおります。

情報発信というより物思いの捌け口
もしくは記憶整理用の場所と化して
いるので人様にはかなり読み辛い筈;

育児母の戯言ってことでお許しを~。

sidetitleWedding Anniversarysidetitle
sidetitleLinksidetitle
sidetitleブログ内検索sidetitle
sidetitleCountsidetitle
sidetitle〒Postsidetitle




sidetitle人生のたびレシピsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle